2007年12月31日

おいしい店とのつきあい方 サカキシンイチロウの秘密のノート

■ブックデータ
・書名:「おいしい店とのつきあい方 サカキシンイチロウの秘密のノート」
・著者:サカキシンイチロウ
・出版社:角川書店
・ISBN:4-04-883906-3
・価格:¥1,400
・初版発行日:2005年1月31日

■著者紹介
サカキシンイチロウ
1960年生まれ。慶応義塾大学法学部卒業後、株式会社OGMコンサルティング入社。
現在同社常務取締役。語学力と行動力とを活かし、世界市場を視野に入れた
外食産業のコンサルティングで活躍。手掛けたレストランは数知れず。
豊富な知識でマーチャンダイジング、マーケティング戦略を展開する一方、
柔らかな物腰と巧みな話術でレストラン紹介の分野でも注目されている。
今、もっとも信頼のおける、お店とお客をつなぐレストラン・コンサルタント
である。

--------------------------------------------------------------------
<ブックレビュー>
ちょっといい店に行くときの気負いをなくし、
予約時から円滑な関係をお店と築くために何をすればいいか、
そしてどういう心構えを持てばいいのか、
丁寧に丁寧にアドバイスしてくれています。

極端な例ですが、京都の一見さんお断り料亭は
典型的な「客を選ぶ」店ですよね。
紹介がないと、お金を持っていても入れない。
でも、どんな店だって実は「客を選んでいる」んです。
その店構え、立地、価格帯、内装、店員、サービス、
そういうのをひっくるめた店の「格」はお客を選別する装置。
(いちいち気負わずにその辺のラーメン屋に行けるのは、
 自分の方が店よりも「上」だから、という考え方もできます)
それを踏まえたうえでじゃあ、少し背伸びして行く店(自分よりも
店の方がなんだか「上」な感じ)と、どうすれば対等に、
気持ちよくつきあえるか、それを

予約
待ち合わせ
入店
注文
料理を待つ
ワインの楽しみ方
料理を楽しむ(アミューズからデザート、気配り方面にまで言及)
会計、そして領収書
常連への道

と、実際に体験したエピソードやオススメレストラン紹介を交えながら、
微細に渡って書き記してくれています。
フルコースです。
美食家の常で、ちょいちょい自慢話が入りますが、まあそこはそれ。
(なんで美食家は皆「自慢しぃ」なんだろうね?)


店と客が、お互い機嫌よく料理を楽しむ(楽しませる)。
至ってシンプルなことなんですけど、
バチーンとハマる経験なんてそんなにない。
サービスする側もされる側も人間だから、
人としての「礼」を尽くすというか、
お互い機嫌ようやりましょうよと、
いわゆるWIN-WINでいきましょうよと、
そういう気持ちでいけばうまく行くはずなんですけどね。
「お客様」だから、「お金出す」んだからって、
どんなふるまいをしていいわけではないし、
高級店だからって横柄にしていいわけでもない。

私たちがお店を選ぶとき、
お店も私たちを選んでいるということを忘れてはいけない(怖)!
ということを教えてくれる一冊です。

--------------------------------------------------------------------
◆そのオビ書かせろ! 〜私なら、オビをこう書きます〜
この本のオビ、糸井“コピーの神様”重里さんなんですよね。

「互いの幸福のために。」

うわあ。
このコピーに挑むなんてとてもとても!
なんだけど、あえて、あえて書くならこう!

「おいしい」は舌で感じるだけじゃない

うーん。神の域ははるか遠い…。

--------------------------------------------------------------------
◆こんな人に 〜こんな人に読んでほしい、または読まなくていい。
 読んでほしい:社会人1〜3年生、フレンチデビュタント、
          レストランでの食事を心から楽しみたい人
 読まなくていい:(ちょっといい)レストランディナーがもうすでに
          日常になってる人、
          何でもお金で解決できる人

--------------------------------------------------------------------
◆本日の格付け
☆☆☆★★
「お店と機嫌のいい関係を築く方法」。
言われなくても薄々わかってたことだけど、
ひとつひとつ丁寧に解説されると改めて
「そうだよねえ!」と素直に思える一冊。
外で食事するときはやっぱり、気持ちよく過ごしたいものです。

※格付け基準※
☆☆☆☆☆:とりあえず今読んでる本は横に置いてでもコレを!
☆☆☆☆★:買って読んで、そして読み返して!
☆☆☆★★:押さえとくが吉。
☆☆★★★:時間があれば。または立ち読みでもいいんじゃ?
☆★★★★:読まずに死んでも悔いはない。
★★★★★:ある意味、こう、逆に、読むべき本なのかもしれない…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
はじめましての第一回目です。
メルマガ配信は初めてなもので、緊張します。
1日1冊って、結構な課題を自分に出してしまいましたが、
できるだけお役に立つ情報を、できるだけ自分の言葉で
書いていきたいなと思っていますので、
お気に召しましたら登録してくださいませ!


mainichishohyou at 20:22│Comments(0)TrackBack(0)clip!☆☆☆★★ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔