7/3未明 江西省南昌の病院に訳ありの患者が運び込まれた。

16歳の少年で自宅にて性器を切断したとの事だった。
ロシアで自殺者が続発している『青い鯨』が原因と見られる。

手術は12時間以上かかるとされ、報道のあった7/4 8時現在でも続行中。

自宅でプレイしていた少年は、7/3 夜8時頃、一人で自宅に居た。
何を思ったか自ら包丁で性器を切り取り、痛みを感じて母親に連絡した模様。

少年は内向的でストレスが溜まるとカッとなる性格であった。

対処した医師は全力を尽くすと語っているものの、
性器は輪っか状に完全に切り取られ、繋がるかは不明。

管理人コメント:想像しただけで玉ヒュンです。