昨年個人戦15位寺崎遊月に関する考察です。

このセリフが言われた状況をおさらいしてみましょう。

東一局 親 寺崎遊月 ドラ八萬

画面手前が玄です。

kll













親の寺崎が七巡目に六索を捨てて

llx














玄の手配がこれです。
ここから八索を捨てて、

gy












タンピン三色の11600に振込みます。

そして、例の「地区大会では稼ぎ頭だったようだけど~守りはうっすいね~」
のセリフが入ります。

普通に考えたらこの順目で、八索で当たったら事故です。
守りが薄いとか関係ありません。
どんな守りをすればいいか、こちらが教えて欲しいです。





さらにもう一つ疑問に思う点が・・・

次局を見てみましょう。
kll













玄がこの手から八萬の対子落としをして、

jck













八索を切って片上がり三色の聴牌をする場面です。

この手に対して寺崎が次順捨てた牌は四索です。
(アニメ版では六索を捨てている描写があるようですが、ミスのようです)
vviog













捨て牌はこのようになっています(上家が玄)


ここで考えて欲しいのが玄の対子落としからの八索切りです。
玄がこの状況であがれると考えられる主な役は、役牌、一盃口、三色、平和です。
(ただし、捨て牌と玄の特殊性から役牌の可能性は消して考えます。)

対子落としから手出しの八索切りにより、玄の聴牌気配は高確率で察知できます。
それにもかかわらず、いきなり三色や一盃口、平和の
どれでも当たる可能性が高い四索を切るのはお世辞にも良い手とは言えません。
咲世界では命取りになりかねない一手です。
(ほとんど暗刻で止めていたという可能性も考えられなくはないですが・・・)


上に挙げた東一局と東二局の様子を見る限り、
寺崎遊月はお世辞にも上手い選手とは言えません。









それにもかかわらず、昨年個人戦15位というのは、やはり何か能力を持っているのでしょう。
いろいろ考えてみたところ、三色同順を司る能力だという結論に達しました(適当)

東一局はその能力を使ってあがり、東二局は能力を使ってどこの三色かを読んだんでしょう。
こう考えれば全て成り立ちます!


ということで寺崎遊月は三色の使い手、もしくはニワカです!

・・・結論がひどいのはお気になさらず

_________________________________________



前回の合格報告記事で多くのお祝いの言葉をいただき、ありがとうございました。
コメント欄の調子が悪くコメントできないのでこちらでお礼を申しあげたいと思います。

大学でも咲好きの輪を広げていきます!



_________________________________________



ともきー誕生日おめでとう♪

m_E592B21516-5608c












・・・以上!


※現在コメント欄の調子が悪いのでコメントができない可能性が高いのでご注意を・・・