インド:ワンネスプロセス21日間コース体験記

インドの21日間コースから帰ってきました。

気づくと、じーっと静かに微笑んでいたります。
通り過ぎていく一瞬一瞬が愛おしく、「今、ここ」の完璧な豊かさに浸っている感じです。
帰国してすぐには、何が自分に起きているのかよく分からなかったのですが、少し客観的に変化を観察してみました。

まずマインド(思考)の活動がゆっくりになったみたいです。
以前はぐるぐるめまぐるしい思考の渦に絡み取られて、疲れ果てることばかりでしたが、今は「あぁ、思考が流れてるなぁ」と簡単に客観的になれる。
不安や怖れも相変わらずあるのですが、それらを怖れていないのでらくちんです。
それからイライラすることが劇的に減りました。それはインドのコース中に起きた変化でしたが、今も続いています。

そして心の底に流れるワンネスの意識。
今まで心の奥底にべったりと張りついていた分離感、孤独感がなくなったようです。

さて、この変化をもたらしてくれたインドのコース中の出来事を、これから書いていきますが、今回はあまり整理せず、日記そのままの生な感じでお届けしたいと思います。
ちょっと分かりづらいかもしれませんが、私の弱さも、どろどろしたところも、そのまま伝えた方が、私がまったく特別な人間ではなく、みなさんと同じであることを分かってもらえると思って。
それでは長い連載になると思いますが、どうぞおつきあいくださいませ。

» 続きを読む

インド、ワンネスプロセス21日間コース体験記 その2

上の続きです。
» 続きを読む

インド、ワンネスプロセス21日間コース体験記 その3

その2の続きです。
» 続きを読む

インド、ワンネスプロセス21日間コース体験記 その4

その3の続きです。
» 続きを読む

インド、ワンネスプロセス21日間コース体験記 その5

その4の続きです
» 続きを読む

インド、ワンネスプロセス21日間コース体験記 その6

その5の続きです。
» 続きを読む

インド、ワンネスプロセス21日間コース体験記 その7

上の6の続きです。
» 続きを読む

「からだは知っている」 雑誌 KI no MORI 2006年2月号掲載(原文)

 あなたは体の声に耳を傾けていますか?
 私がアメリカで出会った言葉にソマティック サイコロジー(Somatic Psychology)というものがあります。「ソマティック」とは、「身体の」という意味ですが、心と切り離された「体」ではなく、魂が宿り、心と一つである「体」を指して使われています。自分の体を内側から感じ、気づきを深めていく心理療法全般を指している言葉です。
» 続きを読む

私のエサレン探訪記

エサレンの仲間達 今でも、あのエサレンに降り立った瞬間のことを忘れない。モントレー空港からバンに乗り込み、断崖絶壁の海岸の絶景に見とれながら、いつの間にかたどり着いた。

» 続きを読む

ネイティブインディアンのスピリットに癒された サンタフェセミナー

舞さん通信19〜21号 「サンタフェ・セミナー体験」

2005年の4月後半から5月の連休にかけて、アメリカ、ニューメキシコ州のサンタ
フェというところに行っていました。

» 続きを読む

姿勢と怖れについて

私は電車の中でも街中でも、ついつい人の姿勢を観察してしまいます。
 背筋がまっすぐ胸が楽に広がっているひとは少ないものですね。
 首が前に突き出ている人、腰を反らしてお腹が前に出ている人、いろいろいますが、気になるのは、女性が大抵、両肩先を内側にきゅっと入れて胸が縮み込んでしまっていることです。私も長いことそうでした。
» 続きを読む

エサレンでのゲシュタルト体験

 ここでは、エサレンでのゲシュタルトセラピーの体験談を中心に、過去の思い込みを手放していった私の経験を書きます。
 エサレンにはさすがに質の高い、個性的なゲシュタルトのセラピストがたくさんいたように思います。
» 続きを読む

トランスパーソナル セミナー体験

これは2004年に一週間ほど、セミナーを受けるためにカリフォルニアに行ってきた時のセミナー体験リポートです。

 
» 続きを読む

夢について

 私はたくさん変な夢をみます。そしてよくその内容を覚えています。あんまりいいことではありません。眠りが浅いということですから。それでも、私は夢からいろいろなことを教わってきました。

» 続きを読む

チベット仏教コミュニティーでの体験

 行き当たりばったりで、このバークレーにあるニグマインスティテュートに偶然たどり着きました。
 その後の私の人生を大きく方向づけてくれた、まさに天の恵みの巡り合わせでした。
» 続きを読む

【インド旅行記】

 ずっといつかまとめたいと思っていたインド旅行記。久しぶりに懐かしい日記を取りだし振り返ってみると、忘れてた感動がよみがえってくる。
 東京での生活に紛れて、忘れがちなあのときの気づきを、もう一度しっかり思い出したくてここに書きとめます。
» 続きを読む

西サモア一人旅・1997【旅の始まり】

 もう随分昔の思い出になってしまったけれど、大学の卒業前に私は約1ヶ月西サモアを旅した。
一人で行くと言えば両親に心配かけるし、反対されると思ったので、友だちと行くと嘘をついて出かけてしまった。
» 続きを読む