Adamus. St. Germainによる21の教え

Adamus Saint-Germainというアセンデッドマスターによる
21の教えを翻訳しました。
元の原稿はこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1.私は存在する。私は根源的な「私」という意識である。(I am that I am.)

すべてはここから始まる。これが私という意識の持つ情熱である。
私はずっと存在してきた。始まりもなく、終わりもなく、永遠である。
私は異なる形の中に存在することができる。
今人間として生きているが、この形が消えても私は存在し続ける。
この純粋な「私は存在する」という意識から、すべては流れ出てくる。


2.意識(consciousness)がなければ、何事も起こりえない。

どんな創造や経験も、それを認識する意識なしには起こりえない。
創造を観察し、経験する意識が存在しなければ、創造は可能性としてしか存在できない。
意識は物質から生まれるのではなく、意識が物質の根源である。
意識こそがすべての鍵。
意識によって認識されなければ、何も起こりえない。


3.すべては意識の活動である。

鏡に見る自分の顔から、もっとも些細な感覚まで、
最高の悟りから、暗黒の残忍さまで、
最も深い愛から、最も冷たい無関心まで、
加害者から、被害者まで、
誕生から死まで、

あなたがするすべてのことは、
ただ意識が「経験する」という目的のために、演じられた役にすぎない。

新しい経験がしたいなら、いつでも演じる行動を変えることができる。
それはあなたの自由意志にかかっている。


4.人間という旅は、あなたの意識とエネルギーを経験すること

地球とは、天使的存在達が、波動を落とした現実の中に具現化することで、
意識とエネルギーの関係を発見し、理解するために創られた。

あなたの知覚と、経験したいという望みによって表現されるまで、
あなたの意識は純粋であり、あなたのエネルギーは中立的状態にある。

意識とエネルギーの関係を理解することが、地球上の人生の目的である。


5.エネルギーとはコミュニケーションである。それ以上でも以下でもない。

エネルギーとは、粒子でもなく、フォースでもなく、パワーでもなく、
コミュニケーションである。

それは、自分自身を知りたいという望みのために、あなたの意識により創られた。
意識が、経験したいという望みによって火が付くまで、エネルギーは中立な状態にある。
その経験したいという望みによって、エネルギーは動き出し、
その動きと形態は、常にどのように意識がそれ自身を知覚するかにぴったり合致する。

エネルギーは、常に意識がそれ自身の性質と状態について行っているコミュニケーションである。


6.あなたの現実の中にあるものは、すべてあなたのエネルギーである。

すべてのエネルギーはあなたのもの。それはあなた自身の魂の歌。
他の人の目からではなく、自分の目からしか物事が見えないように、
意識はそれ自身のエネルギーを通してしか、すべてを知覚することができない。
だから、あなたの現実の中のすべては、
あなた自身の知覚によって現在の形に形づけられた、
あなた自身のエネルギーである。
たとえそれが、自然や他者など、自分の外側にあるように見えるものでも、
それを知覚するためには、あなた自身のエネルギーでそれを満たさなければならない。

あなたは自分のエネルギーを通してしか他者を知覚することはできず、
直接に他者を知覚することはできない。
本当はエネルギーは与えたり受け取ったりすることはできない。
それが出来るかの様な幻想は持てるが。
どのようにあなたのエネルギーを知覚し、受け取るかは、完全にあなた次第である。


7.マスターはエネルギーが自分に奉仕するのに任せる。
The Mater allows energy to serve them.

あなたの現実の中のすべてがあなたのエネルギーなのだから、
人生のどんなものも、もはや選択したり、防御したり、拒絶したりする必要はない。
マスターは、人生のすべての瞬間が自身の創造であり、
大いなる自由な自己から、人間の自己へのギフトだと理解している。

エネルギーは完璧な形であなたに奉仕すると知り、
完全なる信頼を持って、流れに身を任せることでこそ、
あなたのエネルギーを最大限に受け取ることができる。

他者があなたからエネルギーを盗むということも、
あなた自身の外からエネルギーを得るということもない。

エネルギーを制限したり、操作したり、抵抗したりするのではなく、
マスターはただエネルギーが自身に奉仕するのに任せる。


8. すべてのエネルギーは解消に向かっている。
All energy seeks resolution.

あなたのエネルギーは、二極性を帯びて形をとり、現実を表すまで、ニュートラルな状態にある。
それは本来、経験を通して自由に流れるものだが、しばしばトラウマ、罪悪感、恥などのせいで、滞ってしまう。
この滞ったエネルギーは、体の痛み、苦しみ、病気となって現れ、
人生においては、繰り返しのパターン、問題、そして困難として現れる。
滞りを手放し、智慧を受け入れれば、
あなたのエネルギーは、その本来の流れに戻り、癒し、問題の解消、再生をもたらす。


9. あなたはあなた自身のワンネスである
You are your own oneness.

時を超えて、螺旋循環しながら、あなたの魂は、それ自身の無数の表現を生み出してきた。
エネルギーはいつでもその本質を見出すので、
すべての人生、要素、経験は不可避的に、その深い内なるワンネスに戻っていく。
過去、現在、未来、すべての可能性は、すでにあなたの中にある。
外側のどんな存在や力にも依存することなく、
自分以外の何者にも迎合することもなく、
あなたのワンネスは独立している。
あなたは、あなた自身のワンネスに戻るという旅の途上にいる。


10.(真実の)目覚めは自然発生する

悟りとは、あなたの(過去世も含めた)すべての部分の完全な統合である。
エネルギーは常にその本質に帰ろうとしている、ということは、
あなたの「覚醒」は、はるか昔にすでに完結していると言える。
どれほど深く経験に没入したとしても、
魂の歌がいつでもあなたを魂の故郷へといざなう。
人間は自分たちの「覚醒」をデザインしたり作り出すことは出来ない。
実のところ、あなたはすでに覚醒していて、どのように覚醒に至ったかを、
時間をさかのぼって旅をするがごとく、経験しているだけである。


11.あなたはあなたの覚醒に対して責任はない。

「覚醒」は、あなたの魂と、(過去世を含めた)すべての人生の集大成である内なるマスターの、望みと導きによって起こる。
人間として表現されている魂として、たったひとつのあなたの責任は、
身体感覚を通してその旅を経験すること。
(覚醒という)行先は確定している。
どのようにそこにたどり着くかはあなた次第である。


12.未来とは癒された過去である。

人間は過去の上に未来を築きがちである。
明日はおそらく昨日に似ているだろうし、
幼少期の傷は、困難な人生を作り出すし、
未完の仕事(整理がついていない思いや関係)は因縁深い再会をもたらす。
しかし、問題を手放し、苦しむことに背を向け、自分を愛することを選べば、
未来は非常に違ったものになる。
すべてのことはただの経験であり、それは今、魂にささげられて、智慧となるのだから、
かつて起きたことは、何も悪くはなかったのだと、あなたは気づく。


13.苦しみは、愚か者と聖職者のためにある。

苦しみが、人間の経験の一部になることは、決して意図されていなかった。
しかし、おそらく、地球に来て、本来の自己を忘れるという原罪意識のためだろう、
苦しみは人間の意識に根付いてしまった。

あなたの個性を強めるためだろうと、
罪を償うためだろうと、
悟るためだろうと、
苦しみは全く必要ない。
あなたはいつでも、苦しむ意識から、楽しむ意識に変えることができる。


14.あなたは誰の(何の)被害者でもない。

人間によって演じられるすべての役は、意識の働きである。
あなたの現実の中のすべては、あなたのエネルギーである。
だから、あなたがそのような役を演じることを選ばないかぎり、
どんな存在も、組織も、あなたを傷つけたり、
あなたのエネルギーを奪ったりすることはできない。
もし、あなたが自分は被害者だと信じるならば、
なたの人生にそのパターンを作り出すだろう。
そしてすべての被害者は、いつでも加害者でもある。
もし被害者意識を手放し、自分の経験に対して完全に責任を持つならば、
あなたは自分自身を解放できる。


15.豊かで健康であることは、存在の自然な状態である。

あなたの魂は、豊かで、幸福で、安らぎと喜びの中にあるのが自然なあり方である。
欠乏や制限、痛みの中に生きることは不自然なあり方である。
あなたの自然な在り方を感じることを自分にゆるせば、
くつろぎとバランスのとれた自然なあり方を取り戻せるだろう。


16.もし人生で何か問題があるのなら、
   それはあなたがまだ、そこから何かを得ているからである。


どんな人生経験あれ、それがそこにあるのは、
あなたがまだそこから何かを得ているからである。
望まない出来事であっても、それがまだ、
なんらかの形であなたの役に立っているから起きる。

あなたが創造者である。
「その問題から何を得ているのか?」と自分自身に問い、
もし先に進む準備ができているのなら、あなたの人生からそれを手放し、
それが智慧に昇華されるに任せよう。


17.90%以上のあなたの生体と思考は、あなたのものではない。

あなたの体のほとんどは、先祖たちの産物である。
あなたのマインドは、家族、教師、友人、ニュース、そして集合意識の、
パターンや、信念や認知や恐れに、従うようにプログラムされている。
それが目に見える形で表現されたものであれ、目に見えない思考のようなものであれ、私たちはそれらを内在化させてしまう。
人間は、内側からくる知覚や経験のすべてを、自分のものにしてしまいがちだが、
何が本当に自分のものなのか、気づきを持って識別することができる。
あなたが選んだものが、あなたのものである。
あなたが欲しいものだけを残し、深呼吸をして、後はすべて手放そう。


18.あなたの魂だけが、あなたに準備ができた時にのみ、
   あなたの傷を癒すことができる。


人生を通して、あなたはあなたの傷から逃げたり、反応したり、執着したり,
カウンセリングを受け、消化し、様々な方法でそれを癒そうとしてきた。
真の癒しは、あなたの魂にその傷をゆだね、魂からゆるしを受け取ることでのみ、見出すことができる。
魂は永遠の忍耐を持ち、あなたが物事にけりを付け、それらを手放す準備ができるまで待つだろう。
そして魂は、すべてを歓迎し、癒し、それらを純粋な智慧に変容させる。


19.肉体的にも、感情的にも、社会的にも、あなたは重力に縛られていない。

物質の世界では、重力は物事をつなぎとめる力であり、それは、思考、感情、信念、集合意識、そしてそれ以上の領域においても同じ働きをしている。
量子力学では、時に「ダークエナジー」と呼ばれる、拡張する重力がある。
それは物質的な宇宙の拡張から、思考、信念、そして感情を広げることまで、すべてを可能にする。人間の制限された視野では、「内側に収縮する」重力しか、見たり、経験したりすることが出来ないが、本当は私たちは、物質と思考マインドの制限を超えていくために、「拡張する重力」にアクセスすることも出来る。


20.人間よりも偉大な存在はいない

テクノロジーの面でも、知性面でも、人間よりも進んでいる存在や文明はあるかもしれないが、この人間という形に宿った天使たち(私たち)こそが、最も深く闇に潜り込み、最も困難なレベルまで忘れ去り、最も傷つき、それでもなお、学び、成長し続け、最終的には思い出すという存在なのだ。
最も暗い夜に、私たちは光を追い求める。
最も深い痛みの中で、私たちは慈悲を選ぶ。
そして今、私たちの智慧は、創造のすべての宇宙に影響を与えながら、あまねく光を放っている。
人間ほど耐え続け、学んで来た存在はいないし、人間の創る芸術や詩や音楽ほど、深く、感覚的なものを創造してきた存在もいない。
だからこそ、人間はすべての中で最も神聖で進んでいる存在だと言える。


21.すべての創造の中で、すべてはうまくいっている。

最も深いやり方で経験し、意識や、エネルギー、そして自己愛について学ぶために、あなたは人間という状態を身につけた。
人間であるということは、決して罰や呪いではない。
それは探求し、創造するための、勇気ある選択だった。
あなたが完全に目覚めて、この惑星から卒業するとき、あなたのストーリー(経験)は、数えきれない存在を、鼓舞し、啓発するだろう。
なぜなら、あなたは「すべてはうまくいく」ということの生きた証明だから。
この知識とともに、あなたは、あなたの「目覚め」にくつろぎ、どんな道を選んだとしても、この惑星での最後の日々を、(すべてうまくいくという知識とともに)経験することができる。
魂を宿す存在が、真に失われることはない。
解決されない問題もない。