Cellid蠅蓮↓蠡舂啻箸侶設現場において、独自のAR技術 「Cellid SLAM」を用い、作業員のヘルメット装着カメラ映像から3次元位置情報を正確に推定したうえ、施工デジタルツイン環境にリアルタイム反映させることに成功したそうです。


d30718-13-9e66dbf35c0394a4ab82-3



出典:Cellid社、大林組

※SLAMとは(Simultaneous Localization and Mapping )の略で、自己位置推定と周辺環境の地図を同時に実行する技術

今回の実験では、複数人のヘルメット装着型カメラからデータ取得し、その情報をゲームエンジンで構築される施工デジタルツインとリアルタイムに統合することが可能である事が確認されたうえ、人の位置把握をより確実なものにしたそうです。

デジタルツイン上をVRで可視化するなどの取り組みは既に行われていますが、それをリアルタイムに統合する・・ということが確認され、更に一歩進んだデジタルツイン上の施工管理が行えるという事です。

今後は位置情報の取得だけでなく、その他の業務管理アプリとの連携を予定していて、画像検知AI等との組み合わせ、Cellid SLAMのAR機能を更に拡張し、遠隔地から現場への作業指示などができるAR Tagの開発も予定されているとの事です。