株式会社要さんは国立大学法人北見工業大学との共同研究で、道路維持管理システム「セーフロードV」を開発し、12月から販売開始するとのことです。

セーフロードVは車種を問わず、センサーを取り付けて走行させるだけで、路面の凹凸を計測することができるシステムでアプリでも管理が行えるため簡易でローコストとなっています。

d38875-13-f1dc04021d55a9c1b41e-0


出典:衢


簡易路面測定装置を車両に取り付け、データを取得、センサーとカメラで撮影しPCに取り込むと、クラウドにアップロードしたデータから位置情報を取得しデータベースに記録するそうです。

現在行っておる路面の点検方法は、道路維持管理車から異常を目視で発見・測定したうえで、車から降りて写真などを撮影する必要がありました。

セーフロードVでは、車から降りることなく、現場の画像を取得することが可能です。

スマートフォン等から写真データをシステムに取り込み、現場の情報を迅速かつ簡単に共有することができ、業務の効率化も行えるでしょう。
(帳票機能が備っているためアプリでデータの管理も行えるそうです)