VMC Motion Technologiesは、国立研究開発法人土木研究所が推進する自律施工技術基盤の一部となる、建機と土壌のコンピュータ・シミュレータの開発をおこなったことを発表されました。


PWRI_KenkiSimulator_03PWRI_KenkiSimulator_000



出典:VMC Motion Technologies


実際の作業環境をデジタルツインで再現し、建機の動き・その環境を高精度にシミュレーションするシステムなのだそうです。
(これはゲーム好きは垂涎でしょうね)

なんと、土木研究所建設DXフィールドにて、油圧ショベルと不整地運搬車による連携作業(掘削・積み込み・移動・荷卸)の自律施工デモストレーションが、実機とシミュレータで実施されるそうです。
(2021年11月24日〜26日に開催・記事発表時は終了)

PWRI_KenkiSimulator_02



地形の計測の操作

物理エンジン「AGX Dynamics」 ※1)によって、掘削・積込といった作業を高い精度で再現しながら、同時にリアルタイムで土量などの計算処理を実現させることが出来るのだそうです。

事前にデジタルツイン上で施工計画を立ててシミレーションを行い、その通りに建機が自立で施工する・・という時代に突入しますね。


※1)GX Dynamicsは高速性と正確性を両立し、高い安定性を誇る最先端の商用物理エンジン。スウェーデンのAlgoryx社が開発を行い、VMC Motion Technologies株式会社が日本での販売、サポート提供を行っている。