images (1)
1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:44:27 ID:UMI
風間「・・・という奇妙なお話しだったんだ。」

マサオ「ヒィーーー!!もうやめてよ風間君!怖いよ!」

ネネ「おにぎりうるっさい!じゃあ次はしんちゃんの番だね」

しんのすけ「うん。じゃあオラがこの夏に体験したお話しを聞かせてあげるゾ」

ボー「ボー、た、の、し、み」

風間「どうせまた変な話なんだろ」フン

マサオ「もうやめようよぉ~」

ネネ「あ?おにぎり?殺されてぇか」

マサオ「」ブクブク

しんのすけ「じゃあ、いくね」

2: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:45:05 ID:UMI
しんのすけ「ウッホホ~イ!今日は待ちにまった旅行だぁ~!」ウッホホーイ

ひまわり「たーい!!」

みさえ「こらこらしんちゃん、ひま、はしゃぎすぎよ」ウフフ

ひろし「しんのすけ!ひまわり!半年前から計画してたもんな!今日は絶対楽しもうな!」

しんのすけ「うん!オラ沢山思い出作ってみんなに自慢するんだー!」

ひまわり「きゃっきゃっ」

3: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:46:21 ID:UMI
みさえ「うふふ、でもあなた海に行くなんていってくれてうれしいわ」

ひろし「ふっこの夏・・・海で沢山泳いで、夜は温泉につかろうではないか!」

みさえ「楽しみだわ」

しんのすけ「とーちゃん!かーちゃん!はやくはやくぅ!!」

ひろしみさえ「は~い!!」

ひろし「(ふふふ、空いた時間で女の子マッサージにいって・・・ぐへへ)」

4: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:46:51 ID:UMI
しんのすけ「海だゾー!!!!」

しんのすけ「とーちゃんみてみて~おまたのけー!!」ワカメモッサー

ひろし「ははははは!!!!しんのすけ!!!みろ!!!」ワカメモッサー

しんのすけ・ひろし「あはははははは!!!!!」

みさえ「ばかばっか・・・」

ひまわり「たえ」

みさえ「私たちはうきわでゆっくり過ごしましょうねー」

ひまわり「たーい!!」

8: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:48:28 ID:UMI
風間「おい!しんのすけ?これのどこが怖い話なんだよ!ただの家族旅行じゃないか!」

ネネ「わたしもちょっと残念ね。」

ボー「ボー、いい、はなし」

マサオ「」ブクブク

しんのすけ「うん、ここまでは良い話なんだよ」

しんのすけ「でも、ここからが本番。オラはこの話を誰かに聞いてほしかったんだ」

風間「どういうことだ?」

しんのすけ「聞いて、考えて欲しいんだ、家族のいる大切さをわかってほしいゾ」

ネネ「えっ?しんちゃん?」

しんのすけ「続けるゾ」

9: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:49:19 ID:UMI
みさえ「あっ足がつった―――!!!やばっ!!!!」

ひま「きゃっきゃっ♪」

みさえ「ひま!そんな笑ってる場合じゃないの!!えっ」

流されていく・・・?なんで?こんな早くっ・・・?

あっ

みさえ「折れ木にぶつかってうきわが割れた!?まずい!!」

みさえ「たすっ――――!!!」

10: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:51:11 ID:UMI
しんのすけ「ん?とうちゃん、かーちゃんが遠くですごい喜んでるゾ」

ひろし「ん?どれどれ―って!!!溺れてる!?!?」

ひろし「まってろ!!みさえ!!今助けてやるからな!!しんのすけはここにいろ!!!」

しんのすけ「ブ、ラジャー!!用意して待ってるゾ!!」

ひろし「ああ!とびきりのを頼む!!絶対みさえを助ける!!!」

11: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:51:53 ID:UMI
ダイバー「いけません!!もう救助の船を用意してます!!
     あなたまで巻き込まれてどうするんですか!」

ひろし「は!?嫁と子供が溺れてるんだ!助けに行くのが夫の役目だろうが!!」

ダイバー「あなたまで死にますよ!あそこに流れてるのは離岸流です!
      普通に行っても溺れるだけですよ!!」

ひろし「くっ・・・みさえ!!みさえ!!!」

ダイバー「大丈夫です!!必ず私たちが助けて見せます!!」

12: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:52:12 ID:UMI

みさえ「もう―――だめっ―――」ゴポゴポ

みさえ「ひま…わ…り…でも…たすか…ほ…かっ」

13: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:54:39 ID:UMI
風間「しんのすけ、これは一体なんの冗談だ・・・!?」

ネネ「しんちゃんのおかあさんとひまちゃんどうなっちゃったの?」

ボー「ボー、しんちゃん、さいごまで、はなして」

しんのすけ「冗談なんかじゃないぞ、実際に体験した事だって、そして
      みんなに聞いてほしいから話すんだゾ」

風間「わかった。もう最後まで聞くから!」

マサオ「」ブクブク

14: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:54:42 ID:xo6
おかしいな?
スレ開いてたら いつものメンバーの声と姿が脳内再生されるぞ

15: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:55:47 ID:CEu
>>14
分かる 脳内再生余裕

16: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)09:57:59 ID:4pW
天才5才児とその仲間と家族の物語である

18: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:01:11 ID:UMI
しんのすけ「葬式も終わったゾ・・・とうちゃん?」

しんのすけ「とうちゃん、大丈夫・・・?」

ひろし「あぁ・・・あぁ・・・しんのすけか。ごめんなぁこんなとうちゃんで」

しんのすけ「オラ、とうちゃんがいてくれればそれで大丈夫だよ」

ひろし「うっ・・・!うぅぅわぁぁあああ!!!しんのすけ!!おまえはいなくならないでくれ!!」

ひろし「みさえと・・・っひまわりの分まで俺が守ってやるからなぁ!!」

しんのすけ「うん、オラとうちゃん大好きだゾ」

19: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:02:16 ID:UMI
しんのすけ「とうちゃん・・・」

ひろし「みさえ・・・みさえ・・・みさえ・・・」ブツブツ

ひろし「ひまわり・・・ひまわり・・・」ブツブツ

ひろし「俺がいけなかった・・・あそこで無理してでも助けにいってれば・・・グッ」

しんのすけ「(あれからとうちゃんは変わったゾ。仕事も辞めて家でお酒ばかり。
       オラは外に出ることも許されない。)」

しんのすけ「とうちゃん、オ・・・オラ・・・お外で遊びたいよ」

ひろし「は・・・はは・・・しんのすけ?おまえまで俺を置いていくのか・・・だめだ!!外は!!」

21: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:07:02 ID:UMI
しんのすけ「もうこんなとうちゃんみたくないゾ。あの日に戻れたらきっととうちゃんを
      なんとしてでも助けに行かせてあげれたのに―――っ!?!?」


―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――

24: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:07:42 ID:UMI
ダイバー「いけません!!もう救助の船を用意してます!!
     あなたまで巻き込まれてどうするんですか!」

ひろし「は!?嫁と子供が溺れてるんだ!助けに行くのが夫の役目だろうが!!」

しんのすけ「(ここは・・・?)」

ダイバー「あなたまで死にますよ!あそこに流れてるのは離岸流です!
      普通に行っても溺れるだけですよ!!」

ひろし「くっ・・・みさえ!!ひまわり!!!」

27: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:09:21 ID:UMI
しんのすけ「(ここは・・・あの日っ―――!?)」

ダイバー「大丈夫です!!必ず私たちが助けて見せます!!」

しんのすけ「とうちゃん!!!とうちゃんが行かないでなにがとうちゃんだ!!」

ひろし「しんのすけ・・・」

しんのすけ「とうちゃんのバカヤローオタンコナス!!かあちゃんとひまが死んでもいいのかー!!」

ひろし「いいわけねぇ・・・いいわけねぇよ!!ああ!俺が絶対に助けてやる!!!」

しんのすけ「そうだ!!とうちゃんかっこいいぞー!!!」

30: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:12:43 ID:UMI
風間「しんのすけ・・・なにが起こったんだ?」

ネネ「時間が戻ったのよー!しんちゃんの思いがきっと伝わったんだわ!!」

ボー「ボー、これは、時間旅行」

ネネ「時間旅行?」

ボー「記憶があるまま、かこに、いける」

風間「なるほど。(しんのすけの夢の話か・・・?)」

31: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:13:21 ID:UMI
ひろし「みさえーー!!!!」

みさえ「あ・・なた・・・!!ガボゴボッ!!!ひまを・・・っ!!」

ひろし「バカヤロー!!おまえも!!ひまわりも!!助ける!!!」

救助船の人「大丈夫ですか!!さぁ!!!捕まってください!!!!」

ひろし「先に子供をお願いします!!」

ひろし「みさえ、大丈夫か?捕まれ!」

みさえ「はい、あなた・・・!!」

しんのすけ「とうちゃん!かあちゃん!ひまわり!!」

ひろし「へ、へへどうだしんのすけ。ちゃんと帰ってきたぞ」

みさえ「しんちゃん!!」ヒシッ

ひま「たい!たーい!」

32: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:13:35 ID:UMI
しんのすけ「オラ・・・オラ・・・よかったゾ・・・うわーん!」

ひろし「しんのすけ!漢は泣くんじゃねぇ・・・ウッ」ウルウル

みさえ「あなた、しんのすけ、ひまわり、大好きよ」

33: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:17:27 ID:UMI
ひろし「夜は温泉だ―――ってね!でも、やっぱり念のため病院いったほうがよくなかったか?」

みさえ「大丈夫よ。ひまわりも無事だし私も平気」

しんのすけ「ぶりぶり~ぶりぶり~」

みさえ「うふふ。愛してるわ」

34: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:17:53 ID:vWk
ちょっと怖e

35: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:23:06 ID:UMI
ひろし「さーって!!もう帰るか!!」

しんのすけ「まだ名残惜しいゾ~」

みさえ「また来ましょうよ。怖いことはあったけど私はあなたの事もっと好きになったわ」

ひまわり「たえたえ!!」

ひろし「くぅ~!!何回でもいってやらぁ!!よし!乗るぞ!!」

36: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:27:15 ID:UMI
みさえ「それにしても、相変わらず小さい車ねぇ・・・」

ひろし「うってかわってこれですか・・・流石みさえ」

みさえ「なにかいったかしら?」

ひろし「いえっ!」

しんのすけ「まっ―――!」

みさえ「後どのくらいでつくかしら」

ひろし「ざっと1時間て所かなって、なんだ?しんのす―――っ!!!!」

しんのすけ「まえみてとうちゃん!!!!」

37: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:28:32 ID:g5g
(アカン)

38: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:32:49 ID:UMI
しんのすけ「う・・・ここは・・・?」

医者「気が付いたか、君」

しんのすけ「ここは?とうちゃんは?かあちゃんは?ひまは?」

医者「・・・・」

しんのすけ「どこ!?どこにいったの!?」

医者「いいか、落ち着いてよく聞くんだ。君のご家族は―――」

39: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:33:59 ID:CEu
ゴクリ(`・ω・´;)

41: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:36:42 ID:UMI
医者「車の事故で、残念ながら・・・。君だけが助かったみたいだ。」

しんのすけ「そんな・・・もう嫌だゾ!みんないなくなった!オラは・・・オラはどうすれば・・・」

医者「君、身寄りは?」

しんのすけ「おうちかえるゾ!とうちゃんとかあちゃんとひまわりがいる!!」

医者「うん・・・そうか・・・。おい、誰かこの子を自宅まで送ってあげてくれ」

医者2「はい。」

42: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:41:47 ID:UMI

しんのすけ「とうちゃん・・・かあちゃん・・・ひま・・・オラは・・・」

しんのすけ「オラ、旅行は楽しかった。でもオラはみんなと暮らしたい。他になにも
      いらない。だから―――」

しんのすけ「過去に戻ってやり直す。あの日を。何度だって」

64: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:21:37 ID:UMI
>>63
>>42が分岐です

43: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:48:45 ID:UMI
海ではとうちゃんのおかけで助かったけどでもそうすると車でみんなが死んでしまう。

車で帰ってはいけないのかな?いや、きっと他の手段でもかわらないのかもしれない。

だから、車で行かず電車で行っても帰りに交通事故に会う。

海に入らなくても、橋の上から落ちてしまう。

もう・・・もう嫌だゾ・・・。オラ・・・オラ・・・こんな辛い思いするなら

もう―――

44: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:49:24 ID:UMI
たった、それだけのことでしかなかったんだ。

45: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:51:20 ID:uN6
世にも奇妙な物語でこんな話あったな

46: 【1210円】【吉】◆XXg4vWSjas 2016/01/12(火)10:51:35 ID:cM8
愛などいらぬ!

47: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:52:27 ID:jDu
沈のすけ

48: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:53:49 ID:UMI
たったひとつだけ試してないことがあった。
やるしか、ない。みんなの為だゾ。そのためなら、オラは。

49: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:57:44 ID:UMI
ひまわり「たーい!!」

みさえ「こらこら、はしゃぎすぎよ」ウフフ

ひろし「しんのすけ!ひまわり!半年前から計画してたもんな!今日は絶対楽しもうな!」

みさえ「うふふ、でもあなた海に行くなんていってくれてうれしいわ」

ひろし「ふっこの夏・・・海で沢山泳いで、夜は温泉につかろうではないか!」

みさえ「楽しみだわ」

50: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:58:26 ID:UMI
しんのすけ「オラ、いかない」

ひろし「えっ?しんのすけ?どうしたんだ?」

しんのすけ「いかない!!オラはみんなとおうちで過ごしたい!!」

みさえ「なにいってるの!いくわよ!」

しんのすけ「いかない!いくとだめだゾ!!」

51: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)10:58:58 ID:UMI
ひろし「しんのすけ・・・」

しんのすけ「いくとっ・・・うっ・・・みんなが・・・ひっく・・・」

みさえ「あなた、どうしましょう。ホテルの予約もしてるのよ」

ひろし「よーし!しんのすけ!!今日は家でパーティしよう!!友達も呼んでな!」

しんのすけ「とうちゃん!」

みさえ「あなた、いいの?この日の為に有給とってまで・・・」

ひろし「ばかやろい、しんのすけがあんなに本気で訴えかけてるんだ
    それを聞いてやるのが親ってもんだろう」

52: 【937円】 2016/01/12(火)10:59:54 ID:MQe
ヒロスィ

53: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:05:15 ID:UMI

風間「よかった・・・それで?その後どうなったの?」

ネネ「あたしも気になる。大丈夫だったの?しんちゃん」

ボー「ボー、たい、へん」

しんのすけ「今、だゾ」

風間・ネネ・ボー「えっ?」

しんのすけ「今この話をしてるのはさっきまでオラが体験してきたことだゾ。
      だから、この後どうなるかはわからないんだ」

風間「今って・・・!しんのすけ!!おまえはこの後家族が死ぬかもしれないのに
   どうして平気でいられるんだ!!」

しんのすけ「オラはとうちゃんとかあちゃんとひまと一緒に暮らしたい。今、その夢がかなってる
だから、オラはその小さな幸せだけでもういっぱいなんだゾ」

ネネ「しんちゃん・・・」

しんのすけ「だから、みんな今いつどこで家族がいなくなるかわからないから
      大切にするんだゾ」

風間・ネネ・ボー「うん」

マサオ「う、う~ん。えっなんの話?」

END

54: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:06:17 ID:UMI
おわりです。

55: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:06:35 ID:Tgr
えっ終わり?

56: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:09:56 ID:xLu
この後トラックが突っ込んできて全員「死~ん」エンドですねわかります

57: 【207円】【凶】◆XXg4vWSjas 2016/01/12(火)11:10:43 ID:cM8
しんのすけ被害妄想入ってるな

58: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:12:06 ID:Avt
こんな終わり方いやですお

60: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:14:53 ID:UMI
ごめんなさいハッピーエンド?な落ちで終わらせたかったんです。


バッドエンドもありますがそっちのほうがいいかしら?

62: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:15:35 ID:Tgr
>>60
こんな尻切れトンボみたいな無理やり感がないんであれば、BADENDも見てみたい

61: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:15:15 ID:Avt
第三のエンドを作ってくれ

63: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:21:15 ID:UMI
でも、何度やっても過去には戻れなかった。
一番思い描いてた現実は過去になってしまった。
幼稚園は別の所に行くことになった。
家は売り払われ施設の下で暮らしている。
残ったのはとうちゃんの形見かあちゃんの形見ひまのよだれかけだけだ。

そんなオラは生きる希望もないままのうのうと18歳の年まで生きている。

そして、施設を出るときがやってきた。

65: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:25:46 ID:UMI
就職も工場で決まり、安月給ながら寮もついてる。

なんていいところだろうか。

ただ、ひとつ思いだせないことがある。

オラは家を売られた事を誰から聞いただろうか。

なんとなく不思議に思っていた。

あの頃は色々ありすぎて誰かから聞いたのかもしれない。

そんなことを考えていたが、一度だけ見に行ってみようと思った。

あの、我が家へ。

66: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:26:27 ID:Avt
まさか

67: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:28:18 ID:CEu
(; ・`д・´)ゴクリンコ

68: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:30:48 ID:UMI
しんのすけ「なんだ・・・これは・・・」

しんのすけ「あの頃のまま・・・?少し古くなっている・・・」

どういうことだ。動揺が隠せない。生活感もあふれている。
きっと他の誰かが暮らしているに違いない。そうだよ。

ひまわり「あの、さっきから家の前でなにしてるんですか?」

しんのすけ「―――っ!!」


69: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:34:46 ID:UMI
しんのすけ「ひま・・・わり?」

ひまわり「えっ?どちら様ですか?面識があるようには思えませんが」

ひろし「ひまわり、さっきから外でなにやってるんだ?」

みさえ「寒いから早く家に入りなさい」

しんのすけ「とうちゃん・・・かあちゃん・・・っっ―――!!!」

ダッ

ひまわり「あっ!ちょっとまちなさい!!」


70: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:37:58 ID:UMI
嫌だ嫌だ嫌だなんだこれは。

こんな世界でのうのうと暮らしてきたのか。

こんな形で願いを叶えるのか。

こんな世界なんていらない。もう―――っ

こんなオラはいらない。

END

71: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:38:08 ID:UMI
おわりです

72: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:39:59 ID:Avt
生きててよかったじゃないか

73: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:41:30 ID:UMI
>>72
精神的バッドエンドにしたかったので

74: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)11:54:40 ID:Avt

75: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)12:02:26 ID:xLu
ぱい乙

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1452559467/