ファンファンからのパリ便り-ブログ編

ブランドリサイクルショップ「メゾン・ド・ファンファン」2022年6月にて閉店いたしました。長年のご愛顧を賜りまして心よりお礼申し上げます。 フランスの日常をお伝えするパリ便りブログはもう少しの間続けさせて頂くつもりでおります。宜しくお願い致します。

雨のブローニュの森とブログお休みのご報告

今日の最高気温は20度を超えました。
それでも、もう10月も中半を過ぎた今、
初冬の装いで出かけると汗ばみます。

先日の雨の日、ブローニュの森にある公園は
美しい紅葉で彩られていました。

1810221

1810222

1810224


蒸気に覆われていた公園の一角、なんだろうと見ていたら
急に水が弧を描いて噴き出しました。
そこにいた子供達はもうびしょ濡れです。
季節外れの水遊びに大はしゃぎでした。

1810225

朝から雨が降っていたのに、
遠足に来ていた子供たちも先生も傘をさしていないのは、
フランスでは珍しいことではありません。

そして、これは別の場所、
セーヌ河畔で雨が降る中の幼稚園児の遠足風景。

1810226

木の下で雨宿り?
付き添いのお母さんたちも傘をさしていませんでした。

フランス人は濡れることが平気です。
基本、乾燥している国なので湿度の高い日本とは
人の感覚も違うようです。


=============================

フランスは大手石油会社の労働組合が賃金交渉で
ストライキをしているため、10月に入ってから
ガソリンスタンドに充分に供給されず、
困った状態が続いています。

先日、タクシーの運転手さんに聞くと、
行列ができる前の早朝にガソリンがあるスタンドを探して
満タンにしていると仰っていました。

このニュースはすでに日本でも報道されていると思います。
フランスの今をお伝えしたいと思いながら、
なかなかブログと向き合う事ができないこの頃です。

閉店後、仕事をしていた時とは違う日常が始まり、
バカンス中に停滞していた事がどんどん動き出し、
ブログが途絶えがちになってしまいました。

来年には日本に引き上げます。
その準備のため、ブログに以前のように向き合うのが難しくなり、
しばらくお休みするしかない、とご報告することに致しました。

つたないブログですが、これは私自身のフランス生活の
アルバムでもありますので、少し落ち着きましたら、
また溜まっている写真を載せたいと思っています。

長年ご覧頂いて心から感謝しております。

2,3ヶ月後、お暇な時にちょっと覗いてみて頂けたら嬉しいです。

残り少ないフランスの風景をもう少しブログに残したいと
思っています。

日本もフランスもまた感染者が増えてきていますが、
お気をつけて、皆様どうぞ良い秋をお過ごし下さい。




パリのカフェ・ご近所カフェが新しく

もうご近所ではないものの、
ファンファン最寄りのメトロ・DUROCの横にあるカフェが
新しくなりました。

cafe4

長年地元の人に愛されていつもたくさんの人が集っていた
カフェがコロナで長い間閉まっているな、と思っていたら
落ち着いた素敵なカフェ・Le standard がオープン。

仕事をしている時はなかなか行く機会がなかったのですが、
最近は友人とのんびりおしゃべりによくお邪魔しています。

cafe3
室内から見た外の風景。

スタッフは若くて、感じが良くゆっくりできる
居心地の良いカフェです。

cafe1

パソコンでお仕事をしている人もちらほら。

cafe6

暖かい日はテラスもおすすめです。

cafe5

先日は軽くランチにクラブサンドを頂きました。

cafe2

後で思うともっとフランスっぽいクロックムッシュに
しておけばよかった。。。

cafe8

夜のカフェも雰囲気があります。

最近フランスで大流行のポケボールなど
簡単に食べられて、テイクアウトもできる
お店が近くの通りに連なっています。
コロナでこういうファーストフードのお店が増えました。

でも、パリのカフェはやっぱりいい!

(ポケボールは丼の中に自分で選んだいろいろな食材を
一つに詰めたものです)


Le standard rive gauche
@lesstandardparis (instagram)
インスタグラムをちぇっくすると美味しそうなお料理も
たくさんありました。






遠足のシーズン

011013


本格的な冬が来る前のお出かけシーズン。

子供たちの遠足風景をよく見かけます。

01101

危険防止用にお揃いの「黄色いベスト」を着せてもらって、
好き好きに歩いているのが小さな時からフランス人らしい。

可愛い、と思わずパシャッ!

我が家の子供たちが小さな時は
こんなベスト着ていなかったけど、
ふらふらと列を離れてもこれなら気づきますね。

昔、幼稚園の遠足の付き添いで、
森に落ち葉拾いに行った時、
帰りのバスが点呼なしに発車してしまって、
数人のお母さんと子供たちがバスを追いかけてきたのを
思い出しました(苦笑)



シュークリーム専門店・Lunes Blanches

マレ地区で「立派だな」といつも何気なく見ていた建物

2809226

先日、気づきました。

2809227

全ての窓に素晴らしい装飾が施されています。
さりげなく芸術が散りばめられている街なのですね。

この建物のすぐ近くにある銀座のパン屋さん「Caree pain demie 」
に食パンを買いに行く時、必ず寄るのがここ。
「Dunes Blanches」です。

2809111

2809225

2809223

お店の中には他の種類はなく、これ一点のみを扱っています。

昔から、もちろん今もフランスのパン屋さんには
クリームがはいっていないシュー皮に大粒の砂糖が付いた
「シュケット」が売っています。
私はシュケットに自分で作ったカスタードクリームを入れて
簡単シュークリームを作っていました。

Dunes Blanches では、シュケットの中に
軽くてふわふわの生クリームが入っています。

dunes-blanches
(写真はHPから)

パクパクっと食べられる二口サイズ。
美味しくて癖になりますよ。

フランス全土に5店舗を構えるお店です。
1個 1,2ユーロ、
1つでも2つでも好きなだけ買えます。

2809224

2809222

昔々の話になるのでしょうか?
フランス人は生クリームよりバタークリームの方が好きだからと、
パン屋さんで売っているケーキは殆どバタークリームで
甘くてどっしり重いのが定番でした。

フランス人の好みも多様になってきたな。。。と
つくづく思うこの頃です。


Dunes Blanches chez Pascal
54 Rue des Archives, 75004 Paris
営業時間 10hー
https://dunesblanches.fr/la-dune-blanche/


オルセー美術館・パリの大作

秋を通り越して一気に冬になったようなパリ。

290922300

来週から天気も回復し、気温も上がり、
秋らしい良い日々になるようです。


メトロ、一号線のコンコルド駅です。

orsey29112


白と紺のタイル張りのホームに曲線が美しい木材のベンチ。
向かいのホームから眺めていて、思わず撮ってしまいました。
パリの中心シャンゼリゼ通りにある駅、
シックだな・・・と思いつつ。

でも、ベンチの腰掛け部分が曲線になっているのは、
ホームレスが寝にくいように、ですね(苦笑)

オルセーでまだ見ていない場所を、
とすみずみ歩いていると、パリを描いた大きな作品に出会いました。

1855年 第二帝政の初期、
パリの南方向から気球に乗って見た景色のようです。

orsey295


orsey291

orsey292


orsey294

そしてその横、オペラ座近くの模型が足元に。
orsey296

何度も通ったものの、
まだまだ見尽くせていないようです。





10月1日、H.Kitchenさんで


011011

10月1日の土曜日、
週末のエッフェル塔は観光客で溢れていました。

道路の中央に写真撮影のために人が列を作っています。
エッフェル塔をバックに撮りたい気持ちはわかりますが危ない。
011010

おなじみのフレンチレストランH.Kitchenさんです。
仕事を辞めてからお昼に伺う事が多かったのですが、
今日でパティシエールのゆきこさんが辞められるので、
久しぶりにディナーに伺いました。

01102
(後ろ向きに写っているのがゆきこさん、たまたま写っていました)


夜のメニュー、ブルーオマールとほろほろ鳥を頂きました。
秋らしくセップ茸やきのこ類も一緒に。

01103
二人前での注文、シェフが取り分けて下さいました。

01106
シェフの北口さんに我儘をお願いして、
ムッシュはマカロニグラタン添え。

今回はゆきこさんのデザートをしっかり頂きたくて、
前菜なしでメイン料理だけでしたが、
いろんな食材が一皿に盛られていて
いつもながら大満足でした。

01104
おなじみのパフェ(いちじく)

01105
レモンのタルトとシャーベットです。

いつもパフェを頼むのでタルトは初めて、
「レモンのタルト、好物だった!」と改めて思い出して
メレンゲとレモンクリームの調和が絶妙に
美味しく頂きました。

H,Kitchenさん開店以来のゆきこさんのデザートと
お別れするのは寂しいですが、
今後、帰国されて三宮で2、3人の小規模な
お菓子教室をされる予定だそうです。

美味しいデザートをありがとうございました。
と感謝して、また再会できる日を楽しみに。

久しぶりの夜のパリの帰り道。
エッフェル塔が紫色にライトアップされているのを
眺めることができて、
ゆきこさんの新しい人生を祝福しているように感じました。
(写真がなくてすみません)


新しいパティシエールさん、
どんなデザートになるのででょう?楽しみです。



フレンチレストラン H,Kitchen (アッシュ・キッチン)
18 rue mayet 75006 Paris
tel 01 4566 5157
https://www.facebook.com/h.kitchen.sasu/




見慣れた風景

今日はよく晴れた秋のいち日でした。

300922100

300922111

夏の帰宅時には毎日この風景を見ていました。

9月に入って日暮れが早くなり、
今日の日の入りは19時30分。

そして日が沈むと急に肌寒くなります。

日差しを避けて過ごしていた夏が終わってしまい、
どんどん暗くなって、少しさびしく感じるこの頃です。

つい先日まで、あの暑い日が終わってホッとしていたのに、
「フランスあるある」のこの急変。

ヒーター恋しいのに
まだ、扇風機が部屋に残っています。
片付けないと・・・。




もうすぐ一年です・オルセー美術館 

一週間ぶりの更新になってしまいました。

この一週間で随分寒くなりました。
アパートのセントラルヒーティングは10月に入ってから。
毎年、一年で一番寒く感じる9月末です。

昨年10月に年間パスを購入したオルセー美術館、
いつまで有効なのかを知りたくて行ってきました。
11月3日まで、もう少し楽しめます。

7,8月とバカンスで停滞していた様々な事が
9月に入り一気に動き出し、雑用に追われる落ち着かない日々を
過ごしています。

そんな中、久しぶりのオルセー美術館はやっぱりいい(嬉)
お昼休みに通った事を思い出します。

orsey29113

今日はコロコロお天気が変わって、
帰り際、自宅近くで大雨に降られました。


orsey2910


5階にあるゴーギャンの展示場の窓から見えるパリの風景です。

右岸の風景はモンマルトルの丘とルーブル美術館。

orssey296

上から見下ろすセーヌ川の風景、
パリって本当にどこを見ても絵になりますね・・・
orsey299

エッフェル塔のある左岸の風景
orsey298



昨年とは違い、バカンス時期でもない平日の昼間も
たくさんの人が訪れていました。
観光客らしい日本人も何人かいらして、
日常が戻ってきているのを感じました。

コロナ渦の人の少ない美術館でゆっくり鑑賞できた経験は
貴重だったと今更ながらにありがたく思っています。

のんびり、散歩するように時間を過ごそうと思って行ったのですが、
ムンクの特別展が開催されていてじっくり鑑賞してきました。

orsey29114

ムンクは「叫び」のイメージしかなかったのが、
美しい色合いの穏やかな作品も多く、
また、近々ブログに写真を残したいと思っています。




しばらく雨の日が続くようです。

先日のよく晴れた日
予定の時間までに少し時間があって、
朝の市庁舎近辺を散歩しました。

2309221

サンジャックの塔です。

2309222

フランス革命で破壊された
サン・ジャック・ドゥ・ラ・ブシュリー教会の一部だった鐘楼です。
この鐘楼で科学者パスカルが大気圧の実験を行った事で
科学的価値が重視されて破壊を逃れたそうです。

2309223

この鐘楼は300段の階段を登って
360度のパリのパノラマを眺めることができます。
(予約要)

見てみたい気持ちはいっぱいですが(笑)


こんな秋晴れの日はしばらくお預けのようです。



La tour saint jacques
Square de la tour Saint-Jacques - 75004 Paris




夏の終わり

シャンゼリゼ通りのマロニエの並木道です。

18092211

秋晴れ、という言葉がぴったりの今日。
暑かった夏がようやく終わったようです。
(日本とは比べ物になりませんが)

18092213

18092212

朝晩冷え込むようになりました。

エリザベス女王の弔問の列に並ぶ人々が
分厚いダウンコート姿で、気温が0度と知りびっくり。
イギリスと比べるとフランスは穏やかで、
良い秋を迎えています。

先日、久しぶりにコロナ感染者の増加が
ニュースで取り上げられていました。
先週に比べて60%以上増えているそうです。
昨日の感染者数は28000人強。
検査していない人も多いようなのでこの数字は
当てになりません。
実行再生算数が1を超えています。

また、少し気をつけないといけなくなりそうです。




プティ・パレでコンサート

1509221

シャンゼリゼ通りからアンヴァリッドに向かう
大通りに立つプティ・パレ・美術館の地下にある
小さなホールでピアノのコンサートがありました。

1509228

1509227

若手ピアニスト・Thom Poirier氏による
ダンスをテーマにした演目です。

バロック時代のバッハ(Ouverture a la francaise)
ロマン派のシューマン(蝶々)
そしてリスト(メフィスト・ワルツ)

全く曲風の違う3曲でした。
知っていたのは、メフィスト・ワルツだけでしたが、
最後に超絶技巧、迫力の一曲を目の前で聞けました。
1時間の短いコンサートを楽しみました。

お昼の12時半開始で、お客様はご年配の方が殆どで(私もですが・笑)
アットホームな無名のピアニストのコンサートが
こんな立派な歴史的建物の中で開催されるのは
芸術文化が一般の人々に身近にある、フランスの懐の広さを
感じました。

プティ・パレの常設展には無料で入れます。
(特別展は有料です)

15092212

向かいにあるのは現在工事中のグラン・パレ。

素晴らしい構えのプティ・パレの入り口への階段を登ると、
特別な場所へ行くようなちょっと優雅な気持ちになれますよ。

15092213

セキュリティチェックの後、
正面の窓からは中庭が望めます。

1509224

1509226

地下の展示室。

1509229

15092211

カフェも素敵です。
近くに来られたら、是非!


Avenue Winston Churchill – 75008 Paris
メトロ 1・13番線:Champs-Elysees-Clemenceau
10:00〜18:00
休館日 月曜日
01 53 43 40 00
http://www.petitpalais.paris.fr/
無料(常設展)















 
















日に日に秋らしく

霧がかかっていた昨日の朝。

1209221

でも、今日はいいお天気です。

1209222

今朝の空。
このところ曇り空が続いていましたが
気温も29度まで上がりました。
でも8月とは違い、自宅にいるとそよ風が心地良いです。

今朝、夜が明ける頃目が覚めると、
冬ぶとんをかけていたのに肌寒く感じました。

朝晩冷え込みます。

夜になると運良く雲が晴れて
冷たい外気に触れながら、
今月もきれいに満月を拝めました。

月の光は良い気運をもらえます。


1209223

猛暑と乾燥で元気の無い葉、
でも樫の実がたくさんなっていました。

1209224

ヤマボウシの実もたわわになっています。


秋の訪れを感じます。



シャンゼリゼのラドュレで

1日中曇り空で風もあり、窓を閉めていても
何か羽織りたくなるような涼しさでした

今年の夏、食べ続けたスイカもそろそろ終わりですね。


先日、シャンゼリゼのLaduree・ラデュレに行ってきました。

raduree4

コロナ前に日本から来た従姉妹の
「フランスで絶対食べたいリスト」に入っていた
ラデュレのフレンチトーストが美味しかったので、
ずーっともう一度食べたいと思っていました。

raduree2

プレーンなフレンチトーストにメープルシロップと
生クリームを合わせて。
以前とは少し違うかな〜?と思いつつ、
これはこれで美味しい。
写真を見ていると、また行きたくなります。

raduree3

友人はアイスクリーム添えを

raduree5

シャンゼリゼの歩道にあるテラスとは思えない、
ゆったり落ち着いた素敵な空間でした。

午後からは行列ができている事が多いので、
朝食やブランチにお勧めです。

La duree
75 Avenue des Champs Elysees, 75008 Paris
営業時間 無休 8時〜22時
https://www.laduree.fr/en/laduree-paris-champs-elysees.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日のPCR検査の結果画面です。

0709221

「negatif」の文字が小さすぎて、
(上から二段目の右端)
喉の痛みが続いていた当日は、
本当に陰性だったのか心配で何度も画面を出していました。

この画面を出すのにその都度、確認コードが必要で、
便利なようで、なんともややこしい。

NEGATIF  と大きく分かりやすく、
ひと目で安心できるように表示していて欲しい!
と思いました(笑)



PCR検査

フランスは鳥もポーズが上手、
一番高いところで、気持ちよさそうです。

0309229

03092210

涼しくなったはずなのに、
そのつもりだったのですが(笑)
昨日から、30度近くまで気温が上がっていました。

夜には夕方の雷雨で一気に気温が下がり、
冷たい風が心地よく部屋の中を流れています。

0509221

虹が大きな大きな弧を描いていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨夜、急に喉が痛くなって、
私の風邪はいつも喉からなのですが、このご時世、
感染の心当たりは無いもののひょっとして?と
朝から心配になり、PCR検査に行ってきました。

陰性証明のためには行った事はありますが、
感染を疑っての検査は初めてです。

コロナアプリで近くの検査場(歯科医でした)
を探して行ったものの、今はもうやっていなくて、
「確か、近くで検査テントがあったな〜?」と歩いていると、
近くの薬局で検査の張り紙を見つけて、
すぐに検査してもらえました。

Carte Vital(保険書)を見せると無料です。
QRコードを読み取り、名前と生年月日、住所を入力。
そして検査です。
フランスの検査は下手で痛いと聞いていましたが、
そんなこともなくあっという間に終わりました。

なんて簡単!

30分後に結果が携帯に送られてきます。
お陰様で陰性でした。

陽性だったら、今、フランスはどうなるんだろう?

発病した日、もしくは陽性が判明してから7日間の自主隔離。
48時間前から症状がなく5日目に検査をして陰性なら、
その時点で自主隔離解除。

だそうです。

フランスはまだコロナが普通の風邪にはなっていないようですね。

4回の接種をしているので、感染していても軽くですむだろうと
思っていたのと、仕事を休むという心配もないので、
自分でも不思議なほど落ち着いていました。 

4回接種とオミクロン感染で最強?なんて思っていたくらいです。 

ところで私の喉の痛みですが、風邪の他の症状はないのと、
数日前から時々涙が出ていたので、アレルギーだと思います。
お薬を飲めば、2日ほどで治りますからご心配なく。

それにしても、PCR検査の簡単なこと。
良い経験になりました。



9月、バカンスが終わったパリ

9月に入って、真夏の日差しが急に柔らかくなり、
秋が近づいている気配を感じるようになりました。

03092211

0309224

0309222

バカンスが終わって、
観光客で賑わっていたパリも今日は静かな土曜日。

0309221

人が少ない開館時に、睡蓮の動画を撮りたくて、
オランジュリー美術館に行ってきました。

03092214

チュイルリー公園も人がまばらです。

03092212

美術館の中も人が少なくて、展示されている睡蓮を
動画に収めることができました。

モネが、散歩するように睡蓮を眺めて欲しい、
と願っていたと何かで読んで、
そんな気分でゆっくり何度も歩いてみました。

気持ちが落ち着きました。


良い日曜日をお過ごし下さい。





世界遺産 サント・シャペル

1248年にルイ9世によって建築されたゴシック様式の教会、
Saint Chapelle に行ってきました。

パリらしい景色が楽しめるセーヌ川のシテ島にあります。


st.chapelle1

st.chapelle7

「パレ・ド・ジュスティス」と呼ばれる裁判所の敷地内です。

パリ最古のステンドグラスが有名で、
中に入った途端に、その美しさに圧倒されました。

st.chapelle2

聖書の逸話が1113の場面で描かれています。

st.chapelle3

小さな教会なので、壁全面のステンドグラスが
より圧倒的に迫って来ました。


st.chapelle6

st.chapellel5

聖ヨハネの目次録を表した薔薇窓は世の終末を象徴しているので、
日が沈む西側に設置されています。

一つ一つの場面を説明している紙面が置いてあって、
自由に手に取って見ることができます。
日本語もあります。
ただ、上を見てステンドグラスの絵を認識するのが大変で、
殆どわかりませんでした(苦笑)

30分ほどで見学できますので是非。
ノートルダム寺院が工事中の今訪問者が多いようです。

st.chapelle8

外に出るとパリ最古の公共時計が
輝いていました。

st.chapelle9

すぐ横にマリーアントワネットも幽閉された牢獄、
コンシェルジュリがあり、
予約チケットは両方購入するとお得になっています。


実はこの日、急に行くことが決まって、
ネットでチケットを予約する方がいいだろうと
直前に購入したら、メールにチケットが送って来なくて、
カード会社に料金が落とされているかどうかを電話で
確認したり、大慌てでした。

予約番号の画面が消えてしまったので、
取り敢えずはカード決済画面を写メして、
ダメもとで入口で見せると、親切な窓口の女性が
気持ちよくチケットを下さってホッと。

それだけで、とてもラッキーな気持ちで見学できました。

予約サイトの写メは大切だ!
と改めて思いました。


Sainte Chapelle
10 Bd du Palais, 75001 Paris
https://www.sainte-chapelle.fr/



Eataly (イータリー)Paris Malais

数日前から、夜はクーラーが入っているようで、
外気は冷たい程、ぐっすり眠れるようになりました。

8月も明日で終わりですね。

先日、カルナヴァレ美術館の後に、
レストラン、スーパー、また教室も運営するEataly(イータリー)に
ランチに行ってきました。

eat9


数年前にフランスに進出して話題になったお店で、
マレ地区にある美容院へ行く道すがら眺めていました。

外観も魅力的です。

eat1

ようやく行ってきました。

最近、右岸のマレ地区にはまり気味です。
私は左岸専門だったので、何度来ても
Google mapsを片手にウロウロしています。

eat2

人気店なので12時ちょうどに。
すぐに満席になりました。

eat3

前菜はヴィッテロ・トンナート。

随分前に食通の友人から教えてもらった一品。
迷わず選びました。

薄切りの仔牛肉にツナマヨネーズを添えたお料理です。
久しぶりで美味しかった〜。

eat10

シーザーサラダは分厚い鶏肉とパルミジャーノチーズがたっぷり。
これ一品でも満足できそうなボリュームです。

そして、マルゲリータピザはパン生地でした。
パリのピザ屋さんでパン生地は珍しい。
モチモチ食感です。

eat4

そして本格イタリアンコーヒー

eat5

後日、ロングサイズで頼んだら、
フランスの普通のエスプレッソでした。

イタリアンではコーヒーはロングでお願いして
ちょうど良い、と学習しました(笑)


ここはお持ち帰り用スペース。

eat6

店内にあるお惣菜が食べられるイートインスペース。

eat7

eat8


「食のエンターテイメント」
の言葉が納得の広々としたスペースです。

暑い日でしたが、日陰のベンチ席に座れて、
良い時間を過ごしました。


Eataly paris malais
37 Rue Sainte-Croix de la Bretonnerie, 75004 Paris
https://eataly.fr/

今回ご紹介したテラスのレストラン「La Terrazza」
の営業時間  日〜水曜日10H00~22H30 ,
木〜土曜日10H00~23H00 です。




カルナヴァレ美術館のカフェで

昨日までの暑さが過ぎて、
今日は入ってくる風が冷たく、ホッとしています。


先日、セーヌの右岸、マレ地区にあるカルナヴァレ美術館
に行ってきました。

carn1

中庭に入ると、ピカソ美術館とよく似た風景。

carn2


2021年にリニューアルされたそうで、
歴史ある建物ですが、気持ちよく回ることができました。

特別展以外は無料で入れるのは驚きです。
パリ市は豊かなのですね〜。

マレを代表する建物の一つですから、
一度行きたいと思っていたのですが、無料なのもあって、
今回の目的はこの門から見える中庭のカフェでした。

carn19


carn14

carn17

小さなかわいい花 サルビア・ミクロフィアが
庭中に咲いていました。

carn16

carn18

ランチの前に立ち寄ってゆっくりお茶を楽しみました。
暑い日でしたが、木陰はそよ風が心地よく良い時間でした。

優雅な気分になれる空間。
マレ地区に行かれる折には、お勧めです。

レストラン Fabura
営業日 火曜日〜日曜日
スナック 10H〜18H
カクテル 18H〜02H
ディナー 20H〜23H(予約をする方が良いようです)
入り口は 16 rue des Francs-Bourgeois  (写真3枚目)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

450年前に建設されたカルナヴァレ邸と
ル・プルティエ・ド・サン=ファルジョー邸をつなげて
1880年に開館したパリ最古の美術館です。

年代順に見学できるようになっています。


carn3

carn4


carn6

色々なお屋敷の部屋をそのまま移した展示が
数多くありました。

carn8
宰相コルベールの部屋です。

carn10

carn11

carn12

carn13

今回はサーっと回ってしまって、
後で調べると、思っていたより見どころが多く、
ミュシャがデザインしたお部屋も見逃してしまいました。

丁寧に説明している公式アプリもあるので、
次回は、もっとしっかり見に行きたいと思っています。


Musee histoire de paris carnavalet
23 Rue de Sevigne, 75003 Paris
開館時間 火曜日〜日曜日 10時〜18時
メトロ Saint Paul (1号線、徒歩3分、すぐです!)
https://www.carnavalet.paris.fr/

パティスリー・匠

今回の暑さのピークは水曜日。
と予報されていた通り、午後には33度まで上がりました。

暑いですが、この程度の暑さはまだまだ平気・・・
になりました。

日陰を選んで歩いたり、午前中に用事は済ませて、
スイカや麦茶をたっぷり用意して過ごしています。

何年か前までは、
7月が暑いと8月は雨の多い肌寒い日が続いたり、
その反対だったり。
夏休みの2ヶ月間、ずーっと暑い日が続く事は無くて、
真夏でも毛糸のカーデガンを用意していたくらいだったのに。


saint paul

(マレ地区にあるサンポール・サンルイ教会です)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この夏オープンしたばかり、オペラ近くの
チーズケーキ専門店パティスリー匠。

2308227

23082211

懐かしい日本のチーズケーキです。
20センチくらいの小さなホールで、
どちらかと言うと冷蔵庫で置いた2日目の方が
しっとり、ミルクの味が濃く美味しく頂けました。

2308229

お店の写真を撮ってもいいですか?
と聞くと、「もちろん!」と
ピースマークでポーズを取って下さったお兄さん(笑)

とても立派なお店です。

他にケーキ、サンドイッチ、食パンもありました。

2308228

パリは何でも買えるようになりました。

以前、帰国すると食パンを持って帰ってきて、
冷凍して大事に食べていたので、
時代が変わっていくのをここでも感じます。


Takumi patisserie
29 Rue des Pyramides, 75001 Paris
https://www.takumi-patisserie.com/


オペラ界隈で・tea by the

23082210

オペラ界隈での待ち合わせに早く行きすぎて
ブラブラ時間潰しをしていると広いオペラ通りに続く脇道には
旅行で訪れたら軽いランチに良さそうなおしゃれなレストランが
並んでいました。

テラスで食べている人を横目で見ながら、
バカンス気分で散歩です。

2308225


日が陰ると涼しいのですが、太陽が出ると蒸し暑く、
たまたま見つけた紅茶専門の店で一休み。

2308224

2308223

「カフェでエスプレッソ」がパリの定番ですが、
その日は蒸し暑くて、クーラーが効いて心地良さそうなのに
惹かれて迷わず入りました。

2308222

広々とゆったりした清潔な店内。
オリジナル紅茶が多くて迷いましたが、
目の前にあった写真を見てピーチティーにしました。

パソコンで仕事をしている人も何人か。
猛暑の日には最適な場所ですね。

化粧室も清潔で、オペラ界隈で一休みするにはお勧めだわ。
と思いながら、体も冷えて心地よい時を過ごせました。

昔はこういう所なかったな〜。
パリも変わりました。


tea by The
3 Av. de l'Opera, 75001 Paris
https://www.teabythe.com/





プロフィール

ファンファン

記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
メルマガ登録・解除
Amazon
Archives
  • ライブドアブログ