ファンファンからのパリ便り-ブログ編

「エルメス」「シャネル」「ヴィトン」などのブランドリサイクルショップ「メゾン・ド・ファンファン」1995年から パリの左岸、オシャレなパリジェンヌが住む6区で日本人が経営するお店です。当店の最新入荷状況と共にリアルタイムのフランスでの生活、お薦めのレストランやお土産など、お役に立ちそうな情報をお知らせするメールマガジンを配信しています。このブログではメールマガジンの内容ををカテゴリー別にまとめていますので、参考にして頂ければ幸いです。ホームページも是非ご覧ください!http://maison-de-fanfan.com/また、日常のちょっとした出来事もお伝えしています。

ボン・マルシェ

ヒーターが入っていないアパートで、
10度を切る朝晩の寒さがつらいこの頃ですが、
今日はお天気がよく、ポカポカ日和で
近くのボン・マルシェまでお散歩に。


2109172

ボン・マルシェは長く続いていた改装工事も終わり、
益々高級感あふれる雰囲気になっていました。


2109171

ポリスもデモ行進

1609171

土曜日は車が少ないので、
シャンゼリゼを通って通勤します。

今朝、凱旋門の周りには大勢のツーリストがいて
こんなに旅行者が戻ってきているんだ・・・と驚きました。


パリの街は、
テロ対策で警官や軍隊の姿が本当に多くなりました。

今日は午後から警官のデモ行進があるそうです。

劣悪な環境で、最近は警察官が狙われるテロも多く、
危険と隣合わせのハードなお仕事ですから、
待遇改善してあげてほしいな・・・って思います。

秋晴れ

久しぶりにいいお天気です。

1509171
シャイヨー宮

2024年・パリオリンピック

2024年パリ・オリンピックの開催が決まりました。

1409171

今朝のトロカデロです。
シャイヨー宮の広場に設置された5輪マーク。

発表があった昨夜の8時頃はめずらしく大雨で
真冬の様な寒さでしたが、
関係者が記念撮影していてお気の毒でした。

2024年、どんな時代になっているのでしょう?

シリルのパネトン

1309171
今朝は風が強くて、空は厚い雲で覆われています。
午後からは雨になるそうです。


就任から4ヶ月のマクロン大統領。
若くて世界中の話題になりましたが、
早くも支持率が落ちていて、
同じ時期の前大統領、オランド氏より低いとか。
フランス、大丈夫なのかしら?

そしてバカンスも明け、いよいよ始まるのが、
マクロン大統領の労働改革に対するデモ行進やストライキです。

何か改革があると、こうなるのがフランスの恒例(苦笑)

21日、23日、と予定されています。
交通機関の間引き運転、公共機関のスト。
大規模なデモ行進などなど・・・。
この日に移動の予定がある方はご注意下さい。

例年9月はいいお天気が続いていますが、
今年は早々と寒くなり、昨夜は毛布を一枚足しました。

雨が降っても、風が吹いても、
フランス人にとって、デモにストライキは
ステータスの1つですね(笑)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

角のパティスリー・シリル・リニャックで見つけたパネトン。
ひと目見て、美味しそう〜!と購入しました。

シリルのお菓子は、どれもハズレがなくて美味しいです。


1309172


パネトンは普通はシンプルなスポンジケーキ。
それがシリルでは、こんな風にお砂糖やナッツで
デコレーションしてありました。
ここのケーキは基本甘さを抑えてあるので、
どれも安心して試せます。

ご近所に、
美味しいフレンチ、美味しいパティスリーがあって、
幸せです。


LA PATISSERIE BY CYRIL LIGNAC
133 rue de Sevre  75006
http://www.lapatisseriecyrillignac.com/

H.Kitchenさんでスタート

        メールマガジン第375号より

パリは一気に秋が深まりました。
このところ風が強いので
一層肌寒く感じます。

0919171



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★フランスで暮らして 「H.Kitchenさんでスタート」

久しぶりの仕事の後、やはり真っ先にお邪魔したいのは
ご近所のフレンチレストラン
「H.Kitchen・アッシュ・キッチン」さんです。

週末に伺うと、あっという間にフランス人の常連さんで満席
になりました。

「月曜日から学校が始まるから、
孫を預かる最後の日なので食事に来たのよ。
ここはお野菜も豊富でおいしくて、しょっちゅう来てるわ。」
と隣のテーブルのマダムが仰っていました。

7歳の可愛い女の子とパピー(フランス語でおじいちゃんの意)と
マミー(おばあちゃん)と3人でほのぼのとしたディナータイム。
お料理を待っている間、女の子はお絵かきをしていて、
パピーとマミーは終始ニコニコ笑顔でした。

美味しいお料理で気取らず楽しい時間を過ごしたい・・・
というお客様が集まってくるレストランなんですね〜。


そして、もちろんこの日のお料理も期待を裏切らず、
一ヶ月ぶりでメニューも目新しいものばかり。

前菜には塩味が絶妙の旬のアーティチョークとアサリのソテーを
頂きました。

0909172


メインには「豚カツ」を選びました。

0909173


2センチはあるかと思われる分厚いイベリコ豚は
中まで火が通っているのにジューシーで
イベリコ豚の旨味がしっかりしていてしかも柔らかい。
フライ物のこってりさは全くなく、でも衣はカリカリです。

0909175


豚カツ」には違いないけれど、
「豚カツ」と呼ぶにはもったいない一皿でした。

大きな豚の下にはいつもの様にさやいんげん、黄色や赤のパプリカ、
クルジェット、きのこなどの野菜がたっぷり。

デザートも新作がありました。
もうお腹が一杯だったのですが「新作」と聞くと
食べずにはいられないですね。

0909176


季節のフルーツをソテーした一品。
いちじく、ミラベルなどが暖かくて優しい味になっていて、
軽く仕上げられているので、あっという間に頂けました。

H.Kitchenさんは何度も何度もご紹介していますが、
その度に熱く語れます(笑)

特別な日だけじゃなく、ちょこちょこ行きたい
やっぱり、ファンファン一番のお薦めレストランです。

レストラン H,Kitchen (アッシュ・キッチン)
18 rue mayet 75006 Paris
tel 01 4566 5157
営業日 月〜土曜日 
営業時間 12時〜14時半 19時〜22時15分
(予約をお薦めします)
https://www.facebook.com/h.kitchen.sasu/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆ファンファンの独り言


9月始めは
「楽しいバカンスを過ごされましたか?」
が「ボンジュール」に続く定番の挨拶です。

皆さん、いつもの倍の笑顔で元気いっぱい。
ゆっくりバカンスを楽しんで
リフレッシュした様子です。


遊び疲れ・・・なんて無いのかしら?


肌寒い一日です。

昨日までと気温(19度)はあまり変わらないのに、
今日は風が強く、時折雨が降って寒く感じます。


0809171



-809172
キッチンペーパーも秋らしい(笑)

台風・イルマ

日中はほとんど雲に覆われた毎日が続いています。
気温は20度、薄いダウンを着ている人も見かけるパリです。

そんな毎日ですが、一昨日の夜には空が澄み渡り
大きな月を見ることが出来ました。


0709171

この写真を撮った1時間ほど前は
スーパームーンかと思うほど大きく見えました。
満月の前日の月を待宵の月 (まつよいのつき)と言うそうです。
ロマンチックですね。

いつものソファに座りながらベランダから見える月に
しばし魅了されていました。


パリはそんな静かな毎日ですが、
カリブ海にあるフランス領の島・サン・マルタンでは
今までにない大型台風・イルマによって、
まるでブルドーザーで島中を破壊したように
95%が壊滅状態になっています。

来月の満月を、被害に逢われた人々が
少し落ち着いた状態で見られますように。


初秋のパリ

0209171
今朝のアンヴァリッド

昨日から平常通り営業しております。
また、宜しくお願い致します。

今週始めは34度と猛暑でしたが、
その後は気温が下がり、
パリはもう夏が終わったようです。

夏休みのお知らせ

8月に入り、ご近所さんも殆どが
夏休みになりました。

ファンファンも本日から8月31日まで
夏のバカンスを取らせて頂きます。

皆様もどうぞ良い夏をお過ごし下さい。

2807171

9月1日から通常営業に戻ります。
また宜しくお願い致します。

Maison de fanfan
4rue mayet 75006 Paris France
営業時間 10時〜12時半・14時半〜19時
定休日 日、月曜日

  


バカンス前にH,Kitchenさんで

長いバカンスの前、
フランスに居ると年末ではなくこの時期に
仕事納めの気分になります。

少し早いですが、
締めにH,Kithen(アッシュ・キッチン)さんへ
行ってきました。

大好物のマグロを前菜に。


2807177

マグロの漬けはご飯と一緒に丼にしたい!
蕪の酢締めも絶品でした。
バカンス前の最後ということで、多めにサービスして頂きました。

メインはシェフお薦めのスペシャル料理。
couchon de lait  (母乳だけで育った子豚)と
北口シェフ特製のねぎ塩ラーメンのセット。

「これだけでお腹が一杯になるから、
前菜は無くても良いですよ。」
と商売っ気のない親切なアドバイスを頂きました(笑)


2807173

どの部位も本当に柔らかくて!

2807175

暑い日本へ行く前に体力をつけよう。。。!っと
定番のボリュームたっぷり熟成肉。


2807174

デザートはいつもの様に軽い一品を。
今は桃です。

9月になったら何になるのか・・・楽しみです。

H,Kitchenさんは8月中旬に数日お休みされるだけだそうです。


レストラン H,Kitchen (アッシュ・キッチン)
18 rue mayet 75006 Paris
tel 01 4566 5157
営業日 月〜土曜日 
営業時間 12時〜14時半 19時〜22時15分
(予約をお薦めします)
https://www.facebook.com/h.kitchen.sasu/

7月も終わりです。

7月最後の週末は、
バカンスの入れ替えで高速道路では
600キロの渋滞だとか・・・。

一方、パリ市内はガラガラです。


2807172


今日は久しぶりのお天気、気温も上がっています。
風があるので、大気汚染も解消されて心地良い
夏の日になりました。


でも、この風でフランス南東では山火事がおさまらず、
7000ヘクタール以上が焼けてしまったそうです。


7月14日の後は

        メールマガジン374号より


今年の夏は6月末あたりから
猛暑が10日おきくらいにやって来ています。

体感温度40度

そしてそれが数日続くと
ぐーんと気温が下って朝晩は20度を切るほど。

気温の変化が激しくて、
身体がついていくのに一生懸命です。

この年になってようやく分かったのですが、
何もしたくないし、あっさりした物ですまそう・・・
という食事ではなく、
そんな時こそしっかり食べると
元気でいられるのですね〜(笑)

フランスとは比べ物にならない日本の夏。
皆さんもちゃんと食べて乗り切って下さい!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★フランスで暮らして 「7月14日の後は」

7月に入ると日に日に人が少なくなっていくパリですが、
14日の革命記念日・パリ祭の後は一挙にバカンスモードに入ります。

「quatorze juillet・キャトルズ ジュリエ」(7月14日)
とフランス人は「パリ祭」とか「革命記念日」
とかではなく日付で言うのが習慣になっています。


その日を境に日常がちょっと変わります。
便利で良い事もありますが、不便な事も起こってきます。


車も空いて、走りやすくなる・・・はずなのですが、
この時期になるとここかしこで工事が始まって、
通行禁止になったり、そのせいで、この時期ありえないはずの
渋滞になったり・・・。
バスの路線が変更されることもあります。

21071710


先日、おしゃれな雑貨が豊富な大手スーパー・モノプリに、
帰国の度に家族に持って帰る大判の布巾を買いに行ったら、
食料品売場以外は工事中でした。


2107171

2107172


必要な買い物は6月中に済ませておくべきだった・・・。



私は毎年7月に定期検診をするようにしています。
どの病院も検査機関も歩いて行ける距離のところなので、
お天気もよく、街歩きを楽しみながら出かけられるよう
7月にまとめています。

例年は6月中に予約をしているのですが、
今年は、気がつくと7月になっていて、
予約が全部14日の後になってしまいました。

いつもならどの病院でも長時間待たされるのに、
待合室にも殆ど人が居なくて、
あっという間に済ますことができました。

かかりつけのお医者様と話をしていたら、
「それは、Quatorze Juillet の後だからよ。」と。

買い物は「Quatorze Juillet」の前に済ますこと。
そして、医療関係はその後が早くて便利・・・
フランス生活の教訓です(笑)


ただ・・・8月に入るとまた話は別です。
レストランやお店、病院も休みになったり、
営業時間が変わっているところも多くなりますから、
行く前には必ずチェックが必要です。


観光地は普段通りですが
住む者にとっては不便な月です。

我が家のアパートは毎年8月の2週目はメンテナンスのため
お湯が出なくなります。
バカンスに出かけていて当たり前・・・なんでしょうね(苦笑)

バカンス中のパリは静かで毎日が日曜日のようなのんびりした雰囲気。
取り残されたような寂しさもありますが、私は嫌いではありません。


たまに観光地に出かけると賑やかで、別世界のようで。

8月のパリ、お薦めです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆ファンファンの独り言

サンジェルマンに行った帰りに
ついつい立ち寄ってしまう本屋さん。

L’ecole des loisir(レコール デ ロワジール)

2107174


子供用の本を専門に扱う老舗出版社のお店です。

ウインドーに可愛い絵本が飾ってあると嬉しくなります。

2107175
日本でもお馴染みの青虫さんや林明子さんの童話も。

2107173
リリーの泥棒を探しながらパリを巡る本。
お薦めです!

先日、パリの風景を切り絵にした素敵なカードや
絵葉書を見つけました。

2107178


筆不精で、いつ使うかわからないけど、
思わず買ってしまったポストカード。

2107177
飾っておきたいようなイラストです。

こんな可愛いカードなら、
一言だけのメッセージで許してもらえそうですね。

21071711
封筒も付いてきます。

爽やかです。

一昨日の猛暑が嘘のように
今日は気温が下っています。

薄いカーデガンを羽織って丁度よい気候で、
お散歩日和。

サンジェルマン界隈をブラブラ。
いくらでも歩けます。


2007173

サンジェルマン・デ・プレ教会。
日が陰ると、まっすぐ歩けないほどの風が・・・。


2007171

大通りにあるシックなお店。
カサの看板があるので、傘屋さんでしょうか・・・?

2007172

今日の太陽は心地良い。




日傘

今日はまた35度まで気温が上がりました。

昼から徒歩で20分ほどのところに出かける用事があり、
あまりの日差しの強さに、
フランスに来て初めて日傘をさしました。
(同じように習慣のないマスクをする勇気はありませんが・・・)

1807171
モンパルナス近くの教会です。

日傘の効果があるのかないのか・・・
太陽の下を歩いていると、息がつまりそうなくらいでしたが、
湿気がないので、汗が出ないのは日本と違います。

「きつい〜」と思いながらファンファンのあるマイエ通りまで
たどり着くと、日陰になっていて風があって心地良い。


1807172
マイエ通り・日陰が涼しくて別世界です。


今朝のニュースでお昼から2〜3時間は
デパートかスーパーなどクーラーの効いている施設で
過ごして下さい・・・というアナウンスがあったそうです(苦笑)


前夜祭

今朝8時半頃、パリの南にあるオルリー空港に
トランプ大統領が到着しました。
明日のパリ祭に参加されるそうです。

パリの街は今日一日大渋滞です。

そのお陰で、エッフェル塔の横のセーヌ沿いにある
ケ・ブランリ美術館の外観をゆっくり眺めながら通勤
・・・というよりこの前で20分ほど停滞していました。


1307171

1307172

この美術館には行ったことがないのですが、
最上階にあるレストラン・レゾンブルは、
エッフェル塔を見ながら食事ができることで評判。
行ってみたいレストランの1つです。



そして今晩、トランプ大統領はエッフェル塔2階(日本だと3階です)
にある一つ星高級レストラン・ル・ジュールベルヌでお食事されるそうです。

1307173
レストランは中央階です。


今夜の前夜祭では多くの市町村で花火が上がります。
遠くに花火を見ながらの素敵なディナーになるでしょうね。
(エッフェル塔の花火は14日です)


ニースのテロから1年。
ただでさえ警備が大変なのに、
なんでこんな時に・・・?って思いますが。


Restaurant les Ombres ・レストラン レゾンブル

年中無休 ランチ12:00〜14:15、ディナー19:00〜22:30
電話予約: (+33)01 4753 6800
サイト予約: Restaurant Les Ombres

美術館に入場をしなくてもレストランだけの利用もできます。
以前数日前に予約しようとしたのですが、取れませんでした。
パリの街を見渡せる人気のレストランですから、
できるだけ早い予約をお薦めします。


レストラン・ル・ジュールベルヌ
https://www.lejulesverne-paris.com/en

イタリアンレストラン・マルチェロ・Marcello

         メールマガジン第373号より


7月も2週目になりました。
観光地以外の場所では
どんどん人が少なくなっていきます。

ファンファンのお客様も観光客が多くなり、
現地のお客様は

「BONNES VACANCES!(ボン・バカンス)
良い休暇を!また9月にね〜〜」
と帰って行かれます。


バカンス中のパリ・・・静かで好きです。

でも40度近い猛暑が続くと、
自宅も交通機関でさえ、クーラーの設備が整っていないので、
日本の厳しい暑さの中にいる方がいいかな〜〜〜?
とここ数年思います。


================================

  
       
       夏休みのお知らせ

       8月6日(日曜日)〜8月31日(木曜日)

       勝手ながらこの間は
       ネット業務もお休みさせて頂きます。

================================


★フランスで暮らして 「イタリアンレストラン・マルチェロ・Marcello」


フランスの日本人向けフリーペーパー・オヴニーで紹介されていた、
イタリアンレストラン・マルチェロ(Marello)に行ってきました。

「おつまみ系のメニューをいくつか取ってシェアするのがお薦め・・・」
「パリの真ん中で気持ちのよいテラス・・・」

の記事に惹かれて、友人とのランチに。

その日はお天気がよく、爽やかな祭日でした。

レストランがあるのは左岸のサンジェルマン界隈。
よく知っている場所ですが、
「テラスのあるレストランってどこに〜?」
と不思議に思いつつ、歩道から下を見ると、
緑に囲まれたテーブルやサンルーフが並んだ
見るからに心地よさそうな空間を発見。

「こんなところに・・・?!」

0707175


飲食スペースはテラスと、外からは想像できない、
広々とした雰囲気の良い室内があります。

0707174


サービスの人たちも皆さん感じがよく、
どちらかと言うとのんびりムードで、
久々の友人とのランチで、急かされること無く、
ゆっくりおしゃべりできて嬉しかったです。


お料理はイカ墨のライスコロッケ・ミニサンドイッチ
フレッシュフルーツトマト・タコのサラダ、と軽めの4点を
シェアーしました。

0707178


足らないかったら追加を、と思っていましたが、
ちょうどよい量で、デザートはお隣さんのを見て
ブルーベリーソースがたっぷりかかった大きなチーズケーキを注文。
見た目と違って、あっさり軽くてあっという間になくなってしまいました。

0707177


オヴニーの記事通り、
心地よい時間を過ごせる素敵な場所でした。

お盆の頃にはバカンスになる店も多い中、
年中無休で8時〜24時までのノンストップ営業も魅力。

これから夏にパリにいらっしゃる方に、
お薦めのレストランです。

PS:オヴニーによると朝食もお薦めらしいです。

レストラン・Maercello
8rue Mabillon 75006
tel 01 4326 5226
年中無休 8時〜24時(予約可)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆ファンファンの独り言

早いもので14日はパリ祭。

昨年同様エッフェル塔の下で
コンサートが開催されます。


あの夜、テレビで見ていました。
何事もなく終わったはずだったのに、
ニースで悲惨なテロが起こっていました。


そして1年が経ちました。
今年は無事に終わるようにと、

祈るばかりです。

いいお天気です。

30度!いいお天気です。

バカンスに出発する車でフランス全国の
道路は一日中混雑するようですが、
反対に、これからパリはどんどん静かになっていきます。

ドローンでスピード違反のチェックをしている様子が
今朝のニュースで流れていました。
白バイに留められたトラックの運転手はいきなり罰金を
言い渡されてビックリ。

バカンス時は交通事故も増える季節です。



0807171

正面玄関の改修工事が終わったアンヴァリッド。
まわりと色が違いますね・・・

0807172

セーヌ川沿い、プリンセスの撮影?


夏休み

今日は七夕。

30度を超えるのは明日までの予報ですが、
また暑さが戻っています。

いいお天気で星がきれいに見えそうです。


そして、今週末から長い夏休みが始まります。

0707173


小学校の門もこれから9月始めまでの2ヶ月間
閉じられたままです。

0707172

「BONNES VACANCES・良いバカンスを!」
の張り紙。

新学期は9月6日です。


0707170


アンヴァリッド橋の上にいたカップル。
女性の背中には日本のランドセルが・・・

オランジュリー美術館

        メールマガジン第372号より


7月に入り、いよいよバカンス・・・
という気分になってきたこの頃。

お天気が崩れて、
肌寒い日が続いています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★フランスで暮らして 「オランジュリー美術館」

チュイルリー公園、コンコルド広場はパリど真ん中の観光地です。
車で通ることはありますが散歩することは殆どなく、
たまにやって来ると、まるで外国旅行に来た気分になります。

そんな華やかな風景を見渡せる場所にある、
モネの睡蓮で有名なオランジュリー美術館で
東京のブリジストン美術館の特別展が開催されています。

今回もこの特別展に惹かれて行ってきました。
期間制限があると「行かないと〜!」って思います。
「限定販売」という商法が売れるのはこういう心理?(苦笑)


お天気の良い日曜日の午後。

3006171


普段は前売り券を用意して行くのですが、
「あまり並んでいたら、お散歩して帰ってくればいいわ・・・」
と出かけてみたら行列もなく入れました。

コンコルド広場に面した建物ですが空いていて驚きました。

最後に来てから10年程経つでしょうか・・・。

まずはモネの大作が並ぶ楕円形の部屋に。
一歩入るとそこは自然光が入る、白と青の穏やかな世界です。

3016172


広大な美しい睡蓮の絵に囲まれて、
中央にあるソファーに腰を掛け、じーっと眺めていると
時間の流れがいつもとは違ってくるような気がします。


この場所に何時間も腰掛けていられる・・・
と思いながらも、目的の特別展へ。

3016178


石橋家3代に渡って収集された世界の名品が並んでいました。

3016177


モネ、マネ、ルノワール、ドガ、ゴッホなどなど
日本人では青木繁や藤島武二の代表作も・・・
どこかで目にしたことがある有名な絵画が多くて、
6つの部屋に並べられた素晴らしい作品を
オーディオガイドを聞きながらゆっくり鑑賞しました。

3016174


日本でも身近なところに素晴らしい作品が沢山あるんだな〜
と思いつつ、特別展を後にして常設展に移動。

3016173
どこまでもルノワールが・・・

数々の世界的な名画をがずらーっと並んでいるのですが、
価値ある作品を簡単に見られることが、
当たり前の感覚になっている自分に気づいて、
「フランスに住んでいるということは、それだけで贅沢なんだ。」
とありがたく感じながら改めて鑑賞することにしました。

人が少なくて、空いているソファに腰掛けて、
前に見える数点の絵の解説を聞きながらの鑑賞。

0107172
こちらの男性もお疲れ?

どの部屋でもソファが真ん中に置いてあるので、
少々疲れ気味でも、楽に時間を過ごせました。

0107171


3016175
ソファに座りながら見る絵の風景です。
ルノワールとマリー・ローランサン

テロやスリや、日本と比べると物騒な事が多く、
気持ちのどこかで緊張感を保っているフランス生活ですが、
こういうところには、メリットはあるのですね。。。


人の多いところは避けて、静かに、そしてコンパクトに
名画を鑑賞したい方にはお薦めの美術館です。


Musee de l'Orangerie
Jardin de Tuileries (チュルリー公園のセーヌ川より)
75001 Paris

休館日 火曜日

http://www.musee-orangerie.fr/

ブリジストン美術館展は2017年8月21日まで開催しています。


睡蓮の大作のある部屋は年に数回、ピアノのコンサートも
無料で開催されるそうです。

orangerie_cycle_piano_nympheas

是非一度行ってみたい!詳しくは下記サイトで。

http://www.musee-orangerie.fr/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆ファンファンの独り言

東京のブリジストン美術館に初めて行ったのは
高校生になった年。

叔母に連れられて行ったのですが、
飾り気のないコンクリートの普通のビルだった記憶と、
そして初めて履いたエナメルの靴が痛かったこと、
それだけしか覚えていません。

あの時は何を見ていたんだろう〜?

livedoor プロフィール
記事検索
Recent Comments
Recent TrackBacks
鴨のロースト 秋の果物を添えて (ドラゴンストーリー Gourmet Concierge)
秋の味覚
ファンファンからのパリ便り-ブログ編 (花と女性のイラストレーション武市りえのリンク集)
クリスマスの飾りつけ
クリスマスパッケージ袋・箱・包装紙のシーズン到来 (ヤマゲン-パッケージマンの毎日 袋の詳細をブログ中)
初めまして!
フランス製特選輸入包装紙 新柄が入りました。 (ヤマゲン-パッケージマンの毎日 袋の詳細をブログ中)
親子でバーバリー・トレンチコート!
QRコード
QRコード
メルマガ登録・解除
Amazon
Archives
  • ライブドアブログ