ファンファンからのパリ便り-ブログ編

「エルメス」「シャネル」「ヴィトン」などのブランドリサイクルショップ「メゾン・ド・ファンファン」1995年から パリの左岸、オシャレなパリジェンヌが住む6区で日本人が経営するお店です。当店の最新入荷状況と共にリアルタイムのフランスでの生活、お薦めのレストランやお土産など、お役に立ちそうな情報をお知らせするメールマガジンを配信しています。このブログではメールマガジンの内容ををカテゴリー別にまとめていますので、参考にして頂ければ幸いです。ホームページも是非ご覧ください!http://maison-de-fanfan.com/また、日常のちょっとした出来事もお伝えしています。

トリュフ入りラーメン

時折、雨が降って、
暗い冬空が広がっています。

そんな冬の楽しみの1つがトリュフ。
毎年、H.Kitchenさんの季節限定トリュフメニューを
頂いています。

先日、このラーメンに感激しました。


1312174

自家製麺の上にトリュフがたっぷり。
中にはスモークした鴨と生のフォアグラが入っています。
こんな贅沢なラーメンは初めてです。

そして、今年のトリュフは例年に比べてより香り高くて
美味しかったです〜!

前菜メニューなので、麺は少なめでした。
トリュフの香りが最後まで続いてスープも絶品。
これだけでお腹が一杯になるくらい食べてみたい・・・
と思った一品でした。

毎回パリに来る度にH.Kitchenさんで食事を一緒にする
友人は、
「よく、こんなお料理が考えられますね〜!」
と感激していました。(ほんとに・・・)

そして、メインは久しぶりに仔鴨のロースト。


1312172

デザートは新作のバナナとチョコレートの一品です。

1312171

何時もながら、美味しく戴きました。

H.Kitchenさんのトリュフメニューは全部で4つ、
オムレツ、マカロニ、もう一つが思い出せません(すみません)

例年1月までやっていらっしゃいます。
是非、この季節にお試し下さい!


レストラン H,Kitchen (アッシュ・キッチン)
18 rue mayet 75006 Paris
tel 01 4566 5157
営業日 月〜土曜日 
営業時間 12時〜14時半 19時〜22時15分
(予約をお薦めします)
https://www.facebook.com/h.kitchen.sasu/

年末年始の休業日
12月24日・25日・31日 1月1日

ファンファンのお正月休みは
12月31日〜1月3日です。


今、エルメス本店では

      メールマガジン第380号より


昨日の朝、外を見ると
雪景色が広がっていました。

0912171


夜の間に降っていたようです。

時間が経つにつれて
久しぶりに青空が広がるいいお天気でした。

0917123


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★フランスで暮らして 「今、エルメス本店では」

パリのエルメス本店に入るために、
最近予約が必要になったと聞いていました。

先日、友人が実際に行ってみて色々教えてもらったので、
今回は久々にエルメスの近況をお伝えします。


ここ数年、アジア系の観光客も増えて
衰えることを知らないエルメスの人気。

世界有数の高級店街、サントノーレ通りに
何時の頃からか、長い行列が出来るようになりました。

どんどんエスカレートして夜から並ぶ人ができ、
そうこうしているうちに
路上生活者が本店入り口の前を陣取って、
朝からやって来るお客様にお金をもらって場所を
譲るようになったそうです。

ご近所からのクレームとこの異常事態に
エルメスが講じた策がインターネットでの予約でした。

ただし、バックや財布など革製品を買いたいお客様用で、
洋服やその他の商品は予約無しで入れるようです。

前日にネットサイトで翌日の来店を予約。
すると携帯に下記の予約受付番号が送られてきます。

「エルメス フォーブル:
お客様の予約申し込み用バリデーションコードは500005です。」

そして、閉店後の7時半過ぎに
コンピューターが無作為に選んだお客様に
来店できるかどうかのメッセージが。

「エルメスにご関心をお寄せいただきありがとうございます。
現在たくさんのお申込みをいただいており、
お客様のお申込みをお受けすることができません。
スタッフがお客様のご質問にお答えいたします。」

これはダメだった場合です。

友人は4日滞在中3回ネット申し込みをして、
来店許可があったのは1回だけでした。
(どんなものか試しに毎日やってみたとか(笑)

彼女は学生時代から何十年にも渡るエルメスファン。
仕事でパリに来る度に、楽しんでお買い物をしていました。
ハワイや、もちろん日本でも。

担当の店員さんがいらっしゃる顧客さんは
直接予約できるようですが、
彼女は以前の担当者が辞められた後、
しばらく、フランスに来る機会がなく、
引き継ぎができなかったのと、
担当にこだわらず、好きな商品を見つけたら
別のエルメス店でも買っていたので、
つながりを作っておかなかった・・・。


当日、開店時間の10時半の予約で
30分ほど前に着くとすでに行列ができていて、
開店前にはエルメスから
「10時半になったら、2階に上がってきて下さい」
と携帯にメッセージが来たそうです。

そして、いざ開店すると待っていたアジア系のお客様が
まさかの我先にと走って階段を登って行くのを見て、
なんだか興ざめしてしまったとか。

パスポートを見せて予約を確認、
店員さんが一人一人について接客してもらうも、
バーキン、ケリーは論外だったそうです。

エルメスらしい老舗の雰囲気、
高級店の優雅さがなくなってしまったと、
落胆していました。

それでも革小物や他のバック類はあったそうですよ。

クリスマス前のこの時期は
フランス人がプレゼントの買い物に大忙しの時です。

どのお店もプレゼントを探すお客様で賑わいます。
エルメスももちろん例外ではありません。

地元のフランス人にも、
同じように予約制にしているのかな〜?
と疑問に思いました。

入店できるかどうかは運次第(苦笑)
予約は下記サイトからです。


エルメス入店予約サイト
(アクセスはスマートフォンのみです)

https://www.hermesfaubourg.com/client/register?lang=jp


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆ファンファンの独り言


昨日ジョニー・アリディの国葬がありました。
栄誉ある勲章の授賞あり、麻薬で逮捕歴もありの
国民的ロックシンガー。


出勤途中いつもの道を走っていると、
マドレーヌ寺院まで並走するために
出発地点のシャンゼリゼに向かうハーレーダビッドソンが、
次々通り過ぎていきました。


0912174


現大統領、閣僚、元大統領も出席した葬儀。
金曜日の夜はエッフェル塔も追悼のための照明になっていました。

toureffel



何万人というファンが沿道に集まっている映像を見ると、
フランス人にとってかけがえのない人だったんだな〜と思いましたが、
まるで国家元首級のこの式典は
私にはフランス生活七不思議の1つになりそうです。


フランスに住み始めた頃に感じた他の不思議は?
こちらの生活が長すぎて、
嫌でも理解できるようになりました(笑)



フランスのニュースサイト、
動画もご覧になれます。
https://www.francetvinfo.fr/culture/johnny-hallyday/videos-huit-moments-marquan


       

柿の木

今朝、パリ市内で交通規制が行われているので、
いつもと違う道を通って通勤すると、
柿の木を発見、珍しい・・・。



0912172


葉が全部落ちて、残っているのは大きな柿だけ。

フランス人は日本人ほど柿を食べないから、
そのまま置いておくのかしら?

渋柿でも焼酎につけると美味しくなるそうですから、
もったいないな〜と見ていました。




ジョニー・アリディ

気温は10度あるものの、
今日は風が強くて寒く感じられます。

0712171

2000年から設置されていた大観覧車。
今年一度撤去されましたが、
クリスマス限定で復活しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日、早朝にフランスのロック歌手、
ジョニー・アリディが亡くなりました。

昨日は一日中テレビもラジオもそのニュースばかり、
今朝の新聞、雑誌などは全て彼の写真で
うめられていました。


13889003

france infoよりお借りしました。

大統領も追悼声明をだし、
国葬並の儀式が行われるようです。

ここまでフランス人にとって大切な存在だったとは・・・
歴史に残る政治家並の扱い。

これはもう「国民的ロック歌手」どころの
呼び名で片付けられるものではありません。

日本でこれほど程の歌手って誰だろう?
美空ひばり?石原裕次郎?・・・古いですね(苦笑)

寒空

「寒空」という言葉がぴったりの今朝のパリです。

0212173


今日の最低気温はマイナス3度、日中は3度です。

こんな日には暖かいスープが何より。
北の街・トゥケで買ってきた
魚のスープ「スープ・ド・ポワソン」で
温まりました。


0212175

グリエールチーズをのせたバゲットにスープを染み込ませて
頂きます。


0212174
蟹、オマール海老と魚のミックス味の3種です。

左岸のデパート・ボン・マルシェでも売っていました。

ミニバーガー

今日、パリの最高気温は4度。
夜からは雪になるそうです。


3011171

今朝のエッフェル塔、逆光です(謝)

帰宅したら、ベランダの花に雪よけの覆いをしないと・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

冷凍食品専門店・PICARDのミニバーガーにはまっています。

3011172

外箱から出して、内箱ごと電子レンジで1分半。

3011174

3011173

ラデュレのハンバーガーもミニでしたが、
これ、結構行けます。

・・・そして、すっかりミニがお気に入りになって、
全部、試してみました。

3011176
ちょっと贅沢、フォアグラ入りです。

3011175
ヴェジタリアン。お肉の代わりに野菜やチーズで。
エキゾチックなお味でした。

3011177

数年前に日本でブームになったベーグル。
こちらでもすっかりお馴染みですが、
実は一度も食べたことがなくてミニなら・・・
と試してみました。


この中ではチーズバーガーが一番人気があるのか、
品切れになっていることが多いです。

今度、見つけたらまとめ買いしないと・・・。

日本のPICARD、フランスほど人気がないようです、
日本にはデパ地下がありますものね〜。




エルメスの特別展と2018年1月ソルドの日程

         メールマガジン第379号より


一ヶ月ぶりの配信になってしまいました。
皆様、お元気ですか?

フランスは先週末から寒さが戻っています。

日に日に少なくなっていく色づいた葉と
どんどん多くなっていく落ち葉の
しっとり、美しい風景に癒やされ、
夜にはイルミネーションの華やかさに心踊る、
そんなこの頃です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     
2018年エルメスソルドの日程をお知らせします。

1月10日、11日です。

時間 10日・9時半〜18時半
   11日・9時半〜20時半

会場  Palais des congres (パレ・デ・コングレ)
住所 2,place de la Porte Maillot 75017 Paris
電話 33 (0)1 40 68 22 22
最寄のメトロ 「 Porte Maillot 」 1号線


今回は一般のソルド開始日と同じです。
パリのソルドは1月10日(水)から2月20日(火)。

少し早いですが、公共機関のサイトで
2018年夏のソルドの日程も発表していましたので
お知らせします。

6月27日(水)〜8月7日(火)です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★フランスで暮らして 「エルメスの特別展示会」

グラン・パレで開催されているエルメスの特別展示会
Hermes a Tire-D'Aile-les mondes de Leila Menchari
「羽ばたくエルメス・レイラ・マンシャリの世界」
に行ってきました。

2511177
左端の扉から入いれます。

彼女はエルメス本店、
フォーブル・サントノーレ店の華麗なウインドーディスプレイを担当。
またチーフデザイナーとして、長年エルメスを牽引してきた
才能あふれるチュニジア生まれの女性です。

素敵なエルメスの作品を使ったウインドウディスプレイ、
夢の世界に導いてくれる素晴らしい空間でした。

アフリカ、インド、アラブのエキゾチックな国や
波の情景、珊瑚、海の底や水晶、メタリックな世界などを
表現した美しい展示です。

2511171
展示室に向かう階段を登ったところにあった
展示会のタイトルを象徴する翼のオブジェです。


特別に作られた贅沢なバックが
イメージに溶け込んで別世界にいざなわれます。

2511178
アフリカをイメージしたオレンジが基調の灼熱の太陽を想像できる空間です。

2511179
海を感じる鈍いブルーにグレーと白の波の静かな空間です。

25111710
象やヤシの木などの繊細な銀細工でマハラジャの部屋のよう。


25111712
鮮やかな黄色と紫の水晶という冷たい素材と対象的な
暖かな毛皮やスエード素材の作品が飾られています。

25111740
中央に噴水があって、アラブの王様の一室のようなディスプレイは
アルハンブラ宮殿を思い出しました。

25111726
珊瑚の赤やピンクがエルメスの自信や風格を感じさせる空間でした。

25111730
海の底を表現したグリーンの装飾が美しいく、
特にバックのシェルの輝きに魅了されました。

25111731


2511176

最後にメタリックな展示を見ていると、スタッフの一人に
「マダム、上を見られましたか?」と聞かれました。
見てみると、全く同じ世界がもう一つ。

「鏡・・・いや、違う?どうなってるの?」と不思議に思って
「鏡ですか?」と聞くと「違いますよ。」と。

「すごーい!こんなに精巧に全く同じ物が真上にできるなんて〜!」
と感心してもう一度じっくり眺めていたら、
「鏡ですよ。端を見て下さい、ほら、わかるでしょ。」
とそばにいた別のスタッフが気の毒に思ったのか、
教えて下さいました。

2511175


「そうですよね〜。そんなはずがない。」と一人納得。

冗談にころっと騙されてしまいましたが、
素敵な時間を楽しめました。

最近は本店に入るために事前にネット予約が必要になり、
どんどん敷居が高くなるエルメス。でもこの展示会では
スタッフの方々から笑顔で迎えられて気持ちよく見学できました。

入場料は無料、12月3日までのわずかな期間しか残っていませんが、
パリにご滞在予定の方は是非!お薦めです。

Grand Palais (グラン・パレ)
2017年12月3日まで
無料
開館時間 10時〜20時 金、土曜日は22時まで夜間特別会館
     閉館30分前まで受け付け
休館日  火曜日
住所   3 Avenue du General Eisenhower 75008 Paris

PS:フランス語のアクセントは省略しています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆ファンファンの独り言


23日はアメリカの祭日、
サンクスギビングデー(感謝祭)
翌日の金曜日はブラックフライデーで
連休にしているところが多いらしく、
先週はアメリカからのお客様が多くご来店戴きました。


そしてフランスでは今年、
アメリカの祭日に便乗して
特別セールをしているところが多いでした。
昨年まではこんなに大騒ぎしなかったような?

ハロウインがもう一つ盛り上がらないフランス。
今度はブラックフライデーで挑戦・・・
というところでしょうか?

そういう私もネスプレッソから20%引きの
お知らせが来て、恩恵に預かりました(笑)



       
       
       

落ち葉

プラタナスの落ち葉で歩道が溢れていました。

2411171


今だけの美しい風景です。

2411172


今年のクリスマスマーケットは。。。

今年、テロ対策のため、
シャンゼリゼのクリスマスマーケットが中止になりました。

いつもなら、道路の両側にきれいに飾られた白い小屋が
ロン・ポワンからコンコルド広場までぎっしり並んで、
華やかなのですが、今年は静かなたたずまいです。

今は、1年で一番暗い季節。
この時期はクリスマスの華やかな飾り付けで
気持ちも明るくなるので、残念です。


2111173



2111172
グラン・パレから見た風景。

2111175

華やかなクリスマスマーケットに目が奪われて
見過ごしてしまっていました。
マロニエやポプラ以外にも楓に
こんなに可愛い実がなっているのですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


シャンゼリゼの街路樹のルミネーションは
明日21日から1月7日までだそうです。

サンジェルマン・デ・プレやトロカデロでは
例年通りクリスマスマーケットが開催されます。

下記サイトを参考になさって下さい。
https://www.marches-noel.org/marches-de-noel-a-paris/#

市販薬

くもり空が続いています。
日中の気温は11度、平均気温だそうです。

1511173
トロカデロ広場

真っ先に葉を落とすマロニエの木々、
ここだけ見ていると真冬のような寂しい風景です。

パリの街は今、紅葉が美しい最後の季節です。


1511172


日に日に葉が落ちて、こんな景色もあと少し。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


昨日の朝、バタバタと支度をする中、
常用している市販薬が危険だというニュースをテレビでチラッと見て、
気になって、今日ネットニュースで確認すると、
今まで長年に渡って飲んできた風邪薬が問題になっていました。


1511171


Actifed ,Strepsils, Fervex・・・・
どれも良く効いて、常備している薬が全て、
廃止するリストに入っていました。。。


落ち葉

今日は一日中くもり空のようです。

1011171

落ち葉が美しい今朝のパリです。


追伸:明日11日は祭日でお休みさせて頂きます。


  

停電

昨日の午後、突然停電になりました。

ご近所のブティック数軒と
アパート全体の電気が消えてしまいました。

フランス電力公社に連絡して下さったムッシュの話だと
早くて6時半頃までは無理だとか。。。


5時になると、外も暗くなってきて、
お店の中も寒くなり、益々暗くて、
結局、早めに締めて帰ることにしました。

この辺りの配線は古くて、よくある事だと
昔からの住人は諦め口調でしたが、
20年以上営業していてこんなことは初めてでした。

照明やヒーターだけではなく、
電話や、クレジットカードの機会も、パソコンも使えない。
改めて電気のありがたさを感じました。

結局、電気が回復したのは8時半過ぎだったそうです。



0911174

0911173

「死ぬほど危険」と書かれた警告の赤いテープ。
それにしても、この前に自転車を立てかける!?


今朝来てみると、中庭のごみ収集場の横にある
古い木でできた箱にこんな太いコードがつながれていました。

応急処置?・・・という事は
また近々、停電になるのでしょうね。

早くきちんと修理してほしいですが、
フランスのことですから、いつまでこの状態が続くのやら?



立冬

急に寒くなって、
今朝のパリの気温は0度。
暦通りに冬がやってきたようです。

0711171

窓の青で空の色がわかって頂けるでしょうか。
いいお天気でした!



ギャラリー・ラファイエットのクリスマスツリー

今朝は10度を下回り、寒くなりました。
いいお天気です。


3110175


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


昨日、デーパート・ギャラリー・ラファイエットへ行くと、
恒例の大きなクリスマスツリーが飾られていていました。

2週間ほど前までは夏の陽気だったのに・・・
季節の移り変わりについていけません。


3110171


ラファイエットの6階、セルフレストランで。
ここではのんびりおしゃべりが楽しめます。

3110173
コーヒーとドーナッツで4,7ユーロ。
お値段も嬉しい。


窓際にすわるとオペラ座が真横に、
パリの屋根を見ながらのティータイムでした。


3110172


冬時間

今夜午前3時に時計の針を1時間戻して
冬時間が始まります。

日本との時差は8時間です。

今朝は10度、寒いです。

10月は暖かかったので、
冬がやって来るという実感がないまま過ごしていたのですが、
昨夜、ご近所のフレンチレストラン・H,Kitchenさんの
季節限定のデザートにモンブランを見つけて、
改めて季節の移り変わりを感じました。


2810172

お腹いっぱいの後のデザートはいつもフルーツ系を頂くのですが、
マロングラッセが中に入ったこのモンブランは甘さ控えめで
軽くて、美味しくてあっという間に食べてしまいました。


メインは初めてのお料理。

2810173

鱸にイカ墨を和えてソテーしたものに、
イカ墨のニョッキ、イカ墨の塩味と風味が絶妙でした。


レストラン H,Kitchen (アッシュ・キッチン)
18 rue mayet 75006 Paris
tel 01 4566 5157
営業日 月〜土曜日 
営業時間 12時〜14時半 19時〜22時15分
(予約をお薦めします)
https://www.facebook.com/h.kitchen.sasu/




恒例の一泊旅行

       メールマガジン第378号より


先週から秋休みが始まっています。

11月1日に「トゥッサン」(Toussaint)という
日本のお盆のような祭日があり、
Vacances de Toussaint(トゥッサンのバカンス)
と呼ばれています。

バカンス直前まではいいお天気なのに、
バカンスになった途端に悪くなって
がっかりする年が多いのですが、
今年はいいお天気が続いています。

           
今週末からは冬時間が始まり、
気温も少し下がりそうです。

日本との時差はマイナス8時間
日が短くなります・・・。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


★フランスで暮らして 「恒例の一泊旅行」

フランスとイギリスの間に広がるドーバー海峡に面した
海岸沿いのリゾート地「ル・トゥケ・パリ・プラージュ」へ
新鮮な牡蠣を食べるのを楽しみに行く、
恒例の一泊二日のミニバカンス。

今回で4回目になります。

最初の年に偶然見つけた海産物レストラン
「ペラール」(Perard)では
期待に違わず、満足させてもらいました。

21101715

21101714


今年は例年より1ヶ月早くて10月始めに行きました。

幸いいつもお天気には恵まれているのですが、
一ヶ月早いのと、気温が高かったので、
海岸で砂遊びを楽しむ人も多く、
いつもより随分賑やかな印象でした。

今までは「取り敢えず」の気持ちで、
海を見に海岸までたどり着くものの、
風が強くて寒くて、足元の砂を見る余裕もなかったのですが、
今回、初めて触ってみると、細かくて優しい砂でした。

2110173

21101711

冬場にはなかった観光用のミニ電車も走っていました。

2110177


ガイドさんの説明を聞きながらの
30分間の街巡りです。


21101710

乗馬、テニスコート、プール、カジノ、
自然豊かな林の中の別荘の数々。

2110174


2110179


2110178


ココ・シャネルが度々来ていたという別荘もあり、
間違いなく歴史ある高級リゾート地でした。

最初の年、有名な港町「オンフルール」の帰りに、
「確か近くににカジノのある街が・・・」と
遠い記憶を辿りながら何もない田舎道をひたすら走って、
ようやくたどり着いた場所。

でも、そんな海岸沿いの寂しい街で、
美味しいレストランと出会って、ラッキーだった。
程度にしか思っていませんでした。

行く度にどんどん印象が変わって、
ここは実は高級リゾート地・・・と認識するようになり
ついに今年、大統領になったマクロン氏の家までもが
ホテルのそばのメインストリートに!

2610173
海岸に続くメイン通りです。

大統領と関連のある街になったのを機に
新たに街作りをしていて、
どんどん進化していくようです。

フィガロにも大きく紹介されていましたので、
来年はもっと賑やかになっているかもしれませんね。

2610175


たまたま見つけた街が、こんなに話題になって、
ちょっと自慢したい気持ちです。


それにしても「知っている」と思っている事は
実は知らない事の方が多いのだな〜と。

来る度に認識を改めている街を見てつくづく思いました。
(勉強不足の私だけかも(謝)


Restaurant Perard

67 Rue de Metz, 62520
Le Touquet-Paris-Plage
Tel. 03 2105 1333


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆ファンファンの独り言


目的地は同じですが、
途中は毎年違うルートを走ります。

2110171


今年は行きはトゥケより少し南西よりにある、
国際凧揚げ大会を毎年開催する事で有名な海岸、
「BERCK(ベルク)」によって昼食を。

2110172

久しぶりにムール・マリニエールを堪能しました。

帰途には世界遺産の教会がある「AMIENS(アミアン)」に。

2610177

街のどこに居ても見えるように
小さな町にそびえ立つ教会。

そのパワーをどこにいても感じていられるような
街でした。

2610176
 川沿いのレストラン街です。

来年はどんなところに寄り道しようか。。。
と今から楽しみです。

それにしても、
1年に1度がなんて早くやってくることでしょう(苦笑)



       

今朝のパリ

昨夜は三日月が綺麗に見えていたのに、
今朝のパリは濃い霧に包まれています。


2610171



バター不足

今日、パリはまた20度を超える陽気です。

9月にあんなに寒かったのが嘘のような
穏やかな秋の日が続いています。


2510171

フランスは桜も紅葉も赤くならないので、
こんな風に赤く色づいた葉を見ると嬉しくなります。


2510173

中庭の紅葉は黄色いままです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


先週末、バターが不足しているというニュースが流れて、
まさか・・・と思ってスーパーへ行ったら棚が空っぽで
びっくりしました。

幸い、トースト用のソフトバターは何時も通りの品揃えでした。


2510172

これはいつも食べているソフトバターです。
エシレやボルディエなどのように全く話題には
なっていませんが、フランスでは有名なメーカーの1つ。

バターの工場がアジアへの輸出に回す量が多くなり、
国内向きの出荷が減るという情報に
フランス人が買いだめして、空っぽになったようです。

人の意見には惑わされず、自己主張の強いフランス人が
こんな風に情報に躍らされるのを不思議に思いましたが、
以前、友人のフランス人が一週間に200グラムは
使うと言っていましたので、
無くなると私が思っている以上に大変なんでしょうね。

ちなみに我が家ではこのバターを
賞味期限内に使いきれるか・・・程度の消費量です。

モン・ドール

いいお天気です。
今日は少し下って最高予想気温は17度。

今朝、通勤時に前を走っていたバイクの後ろから
ワンちゃんの顔が覗いていて、
石畳なので、上下左右にずーっと揺れていて
大丈夫かな〜とちょっと心配しながら見ていました。


1910171

朝から和ませてもらいました(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

モン・ドール(Mont D'or)の季節になりました。

1910172

このチーズが発売されると、
冬が来るんだな〜と感じます。

散歩日和

先週末から25度前後の真夏の陽気が続いています。

休日に、サンジェルマン・デ・プレ教会の前のカフェ
ドゥーマゴ(
LES DEUX MAGOTS PARIS)のテラスでお茶をしました。


1810176


そよ風が気持ちよく、
友人とおしゃべりしていると
何時間でも座っていられそうな爽やかな気候です。


1810175

人々は真夏の装いです。
おしゃれなエリアなので、
待ち行く人を見ているだけでも楽しめました。

あまりに心地良い良いので、
セーヌ河畔からチュルリー宮殿までお散歩。

1810173

ブキニストが並ぶセーヌ沿いの歩道。
ここを歩くのは何十年ぶり・・・?


1810172

 1810171

チュルリー公園の池の周りのベンチは
季節外れの陽気を楽しむ人達でいっぱいでした。

寒さが戻ってくるのはもう少し先のようです。


livedoor プロフィール
記事検索
Recent Comments
Recent TrackBacks
鴨のロースト 秋の果物を添えて (ドラゴンストーリー Gourmet Concierge)
秋の味覚
ファンファンからのパリ便り-ブログ編 (花と女性のイラストレーション武市りえのリンク集)
クリスマスの飾りつけ
クリスマスパッケージ袋・箱・包装紙のシーズン到来 (ヤマゲン-パッケージマンの毎日 袋の詳細をブログ中)
初めまして!
フランス製特選輸入包装紙 新柄が入りました。 (ヤマゲン-パッケージマンの毎日 袋の詳細をブログ中)
親子でバーバリー・トレンチコート!
QRコード
QRコード
メルマガ登録・解除
Amazon
Archives
  • ライブドアブログ