ファンファンからのパリ便り-ブログ編

「エルメス」「シャネル」「ヴィトン」などのブランドリサイクルショップ「メゾン・ド・ファンファン」1995年から パリの左岸、オシャレなパリジェンヌが住む6区で日本人が経営するお店です。当店の最新入荷状況と共にリアルタイムのフランスでの生活、お薦めのレストランやお土産など、お役に立ちそうな情報をお知らせするメールマガジンを配信しています。このブログではメールマガジンの内容ををカテゴリー別にまとめていますので、参考にして頂ければ幸いです。ホームページも是非ご覧ください!http://maison-de-fanfan.com/また、日常のちょっとした出来事もお伝えしています。

5月の最高気温の記録更新

昨日、今日と30度を超えています。
5月の最高気温の記録を更新したそうです。

日陰を選んで歩かないと、
日差しが強くて肌が痛いくらいです。

フランスの直射日光はきついです。

1805221

出勤時のいつもの時間。
ついこの間までエッフェル塔の2階付近にあった太陽が
随分高くなっています。

月曜日、久しぶりにルーブル美術館に行ってきました。

1705221

メトロ、パレロワイヤルから出たリヴォリー通りの入り口です。

ルーブルは中にある作品だけではなく、
外観も立派なんだな〜と信号待ちで眺めていました。

1705222

1705225

来る度に人が多くなっているのを実感します。

1705224

「ミロのヴィーナス」の横で座り込んで課外授業を受ける子供達。
お馴染みの風景ですが、やっぱりすごいですよね〜。


この日から公共交通機関でのマスク着用義務が無くなりました。
どんな感じだろう?と思っていましたが、
思っていたよりマスクをしている人がいて、
フランス人にマスクが浸透したのを実感します。

私はメトロではマスク着用していますが、
最近外でははずすようになりました。

もうコロナが終わってしまったような雰囲気。

最初のロックダウン以降、
お店のクレジットカードで暗証番号を押してもらう時に
日本から持って来ていた小さなラップをかけるようにしていました。
「いつ、止めたらいいのか。。。」
と最近思うようになっていたのですが、
今週から止める事にしました。

もう必要ないな〜と。

1809223

スパッと切れる日本のラップじゃなかったら
していなかったでしょうが、
結構、フランス人にも好評でした。

なんだか、コロナも一つの区切りが来たと感じます。
最初、収束までに2〜3年と言われていて、
なんて長いんだろう、と思っていましたが、
時間って、過ぎるものなのですね。。。当たり前ですけど。





中華レストラン・le grand bol

マロニエの花も終わりを迎えて、
環状道路沿には無造作に植えられたバラの花が満開です。

雑草と一緒に・・・

でも鮮やかなピンクも多くて綺麗ですよ。

1405221

フランスの5月の風景は薔薇の花です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日、久しぶりにボンマルシェ近くの中華レストラン
グランボルに行ってきました。

07052211


07052215

黒米を辻仁成さんのブログで見て、
食べたくなって行ってきました。

私の中の黒米と言えばグランボルです。

07052214

ここでの定番はマテ貝山盛りの大皿なのですが、
以前、取ったら多すぎて、今回はパス。

コロナ前は友人達と何度も通ったレストランで、
誰々さん達とはここに座った・・・
と店内を見回すと懐かしい気持ちになりました。

07052210

コロナになってからは、行きたいレストランは
お馴染みのところばかり。
(ほとんどがH.Kitchen さんですけど)

久しぶりに来たグランボルですが、
歳のせいで少食になった?(笑)
量が多くて食べきれませんでした。

フレンチと違って、シェアーしながら
友人達とワイワイ楽しく話しながら食べる方が
食事は美味しく頂けるんだな〜と改めて思っています。


フランス人はもうとっくにコロナ前に戻っていますが、
私はワイワイ盛り上がるのはもう少しあとかな?

フランスのコロナの状況は
4時間に一人、重症患者が運ばれて、
1日平均36000人の感染者。
感染したら少なくとも1週間の自主隔離。
実行再生産数は0、68。

いよいよ月曜日からメトロのマスク義務が無くなります。

1405222

レストラン近くのアパート。
木彫りの彫刻が可愛いです。


良い週末をお過ごし下さい。


Le grand bol
18 rue de la Chaise 75007  Paris




H.Kitchenさんでラングスティーヌ(手長海老)

昨夜、8時頃のパリの空です。

1305224

フランスって本当に上を見ていると
ただただ美しい街ですけど・・・

日本へ行ったことのあるフランス人のお客様が

「日本はとにかく道が綺麗、メトロも電車も綺麗。
来年から娘が1年間日本に留学するから、
私も行けるのがとても楽しみ。」 と仰っていました。

来年になったら、普通に行き来できるようになると
いいですね〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

H,Kitchen さんの最新メニューのインスタグラムを見ていて、
たまたま北口シェフと会ったら、
「今朝、ラングスティーヌが入ったところです。」
とお聞きして早予約。

1305222

流石に入荷したばかり、新鮮なラングスティーヌは
レアに調理されて、しっとり柔らかい初めての食感でした。

鶏胸肉とグリーンアスパラ、マカロニのグラタン風で、
この日もデザートはイチゴパフェ。

1305223


今期3度目です。

パフェの為に前菜をパスしようと思っていたら、
シェフのご好意で赤身のマグロと金山寺味噌の
一皿を頂戴しました。

1305221


金山寺味噌でマグロの味が消されることもなく、
マグロの味もしっかり、思いもかけないこの組み合わせ、
「アリ、アリ!」です。

これに白いご飯もいいだろうな〜と思いながら
この日も美味しく頂いてきました。


フレンチレストラン H,Kitchen (アッシュ・キッチン)
18 rue mayet 75006 Paris
tel 01 4566 5157
https://www.facebook.com/h.kitchen.sasu/

訂正 コーンの缶詰はまだたくさんあった・・・  
   (棚を間違えて見ていたそうです)  by  M.ファンファン







来週からマスクの必要なし

来週から公共交通機関でマスクの義務が無くなりました。

日本と違ってバスやメトロのクーラー設置が
100%ではありませんので、これから暑くなるに当たって、
自然な流れかも知れません。

まだパンデミックは終了していないので、
事態が変わることもある、という注釈付きでした。

日本も外でのマスクを人混み以外は無くしても、
という意見が出ているようですね。

フランスは室内でもマスクなしになってから随分経ちますが、
だからと言って感染者が大幅に増えることもなく、
減ることもなく。。。

良い季節に外の空気を、
暑い時に子供達が我慢しなくてもいいようになればいいな〜
と思います。

2704224

2704222



追伸 今日、お隣のスーパーで、
   とうもろこしの缶詰が売り切れていました(苦笑)


サラダ油が無くなる?

昨日、セーブル通りに出ると空がきれいでした。

空気質が悪くなっているとは思えないですね〜。

ボルドーでは30度を超え、
乾燥が続いて早くも作物の被害が心配されています。

1105222
夕方のセーブル通り。

少し前から、ひまわりで作られるサラダ油が不足していると
ネットなどで読んでいて、他人事のように思っていたのですが、
昨日、カルフールスーパーに行くといつも買っているメーカーの棚は
「一人3点までに限ります。」
と張り紙がしてあるどころか空っぽでした。


1105221

左がいつも買っているサラダ油です。
右のだけがなぜか何本も残っていました。
知らないメーカーですけど無くなると困るので一応購入。

我が家はこれだけあったら2〜3ヶ月は持つので一安心。

パスタやコーンの缶詰なども不足するようになるとか?

サラダ油しか頭になかったので
他はチェックし忘れました(苦笑)






ホワイトアスパラ

予報通り、昨日から真夏並みのお天気です。

1005223

シャイヨー宮前の噴水がものすごい勢いで出ていました。

さくらんぼが食べたくて、八百屋さんに行くと、
立派なホワイトアスパラが山積みになっていました。

1005221


直径2センチはあって、お兄さんに茹で時間を聞いてみると、
「15分!」と即答。
でもその通り茹でたら、缶詰みたいに柔らかくなってしまいました。
本当にいい加減。

残しておいた半分は12分で完璧でした。
いつも愛想の良いお兄さんですが、
信用しきったのが間違いでした。。。

でも、美味しく初夏の味を楽しみました。

さくらんぼも瑞々しく、美味しく頂きました。
写真は撮り忘れです(苦笑)

1005222

木が生い茂る5月のブローニュの森です。




コロナ第5波終息

暖かい日が続いて、気がつくと道路沿いの芝生は
草が生い茂ってピンクのシロツメグサがたくさん咲いていました。

白じゃなくて全部ピンクなのが可愛い。

07052220


今日はマクロン大統領の就任式でした。

それに合わせて?
コロナ第5波の終息も宣言されました。

フランスはまだ第5波だったのですね。
ひと波が長い(苦笑)

ワクチン接種の効果だそうです。
毎日の平均感染者は4万人台(人口65000万人で)
パリは千人ほどです。
実行再生産数は1を大きく下回り0、6。

もうコロナは終わった、という周囲の感じは否めません。

来週、パリは28度まで暑くなる予報です。
南仏では30度になるところも、夜も20度だとか。
(毛布しまわないと・・・)

日の入りも夜の9時を過ぎてフランス人は開放的になって、
益々、コロナの面影は無くなりそうです。

07052213


1週間があっという間。

良い日曜日をお過ごし下さい。



お揃いで遠足

今週いっぱいで終わる春休みですが、
親御さんが働いていて、バカンスに行かない子供達を
自治体が預かってくれる「サントルアエレ」

休み中はそんな子供達が歩いているのをよく見かけます。
お揃いの緑のベストを着てお出かけの風景。

06052210


今年の春休みは雨が殆ど降らなくて、ちょうど良い気候でした。

06052211

今日は23度まで気温が上がり、真夏並み。

最後の週末で出掛けている人も多いのか、
パリは人影が少ないです。




壁の掃除が始まりました。

天気予報はお日様マークですが、
今日はなんとなく曇り空。
空気質が悪いからかも?

太陽アレルギー気味の私にはちょうど良いくらい?


23042210

ある晴れた日のエッフェル塔です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

フランスでは法律で20年に一度壁の掃除をすることが
決まっています。

ファンファンも今週から足場作りが始まって、
6月末まで続きます。

0304221

この後、幕を張って高圧の特殊な水で洗います。

030522

先週、ストールを外して、お店の中がとても明るくなって、
ウインドーのアンティークガラスが綺麗に見えていたのですが。

美観を大切にするフランスならでは、
しようがないです。






いちごのパフェと桐の花

パリは春休みの真っ只中。

30042213

明日5月1日はメーデの祭日です。
残念ながら日曜日と重なってしまいましたが、
パリっ子たちは出掛けてしまっているようで、
観光地ではないファンファン周辺は静かです。

フランス人より、外国のお客様が多くて、
パリは戻ってるな〜とつくづく。

昨日、H,Kitchenさんの「いちごのパフェ」が
終わってしまわないうちにもう一度食べとかないと!
とまたお邪魔しました。

3004223

やっぱりこれが数あるパフェのうちでも一番軽くて好きです。
ひつこく「いつまであるの?」とお聞きすると
まだ当分大丈夫と言われて一安心。
(それくらい大好物なのです(笑)

昨年はロックダウンが5月末までだったので
「さくらんぼのパフェ」から始まっていちごが
2年も連続で抜かされてしまった。。。

そして昨日のメインはお肉料理です。
デザートを食べないといけないので、前菜はなし。

3004221
3004222

お肉3種はパルロンと呼ばれる肩肉の煮込み、
日本風のネギ塩タレのタン、そしてロース肉と
アスパラなどの春野菜にバターの香りの効いた
ハッシュドビーフ付きです。

タンはコリコリちょうど良い焼き加減、
煮込みはトロトロ、どれも美味しく頂きました。

そして「今日のお勧め」が書かれた黒板の裏には
お昼のメニューが書かれていて、
他のお客様に見せていらっしゃる間に、
前菜のラップが目に留まってしまいました。

シェフに無理を言って、今日のお昼にラップの
テイクアウトをお願いすると、こんなに立派なお弁当に。

30042220

豚肉とスモークサーモン、いちごまでつけて下さって、
本当に感謝です。
温かいクレープ生地に野菜たっぷりで美味しく頂戴しました。

次回はちゃんとランチに伺います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「いちごパフェ」もいつまでも食べたい、名残惜しい一品ですが、
2年ぶりの桐の花も、もうすぐ終わりに近づいて名残惜しく、
今年は何度も見に行っています。

今日はまた真っ青な空でより美しく映えわたっていました。 
でももうそろそろ見納めのようで花びらが散り始めています。
桜と同じくらい短いように感じます。

そして、また写真を撮ってしまいました。
(同じ風景ばかりですみません)

30042210

30042211

30042216

横にあるブルトゥイユ広場の芝生。

30042214

30042215

ピクニック日和です。

良い週末をお過ごし下さい。



フレンチレストラン H,Kitchen (アッシュ・キッチン)
18 rue mayet 75006 Paris
tel 01 4566 5157
https://www.facebook.com/h.kitchen.sasu/




オルセー美術館

良いお天気が続いて
最高の季節を満喫せずにはいられないこの頃です。

と言うことで、久しぶりに。

オルセー美術館につながる道を歩いていると、
心地よいスイングのメロディーが聞こえます。

2904226

前回2月の末に来た時と比べると人の多さが段違い、
活気が出て、思わず気分も浮かれます。

2904221

入り口の行列も復活。

でも年間パスポートを持っている私は

2904225

反対方向からスイスイ入れて頂きました。
オルセーの年間パスポートは45ユーロ(くらい)なので
本当にお得だな〜と思います。

2904222

5階のレストランも満席。



2904223

7月までの特別展は建築家ガウディ。
次回はこれを見に来る予定です。

今回はカミーユ・コローの風景画に惹かれて

29042210


行くたびに、素敵だな〜と思う絵に出会えます。
何度見ても再発見(覚えていないということ?)

2904227

メトロ、Solferino(ソルフェリーノ)界隈の景色も美しく、
新緑に包まれていました。


日本はゴールデンウイークが始まりましたね。

昨日、いつも乗っているJALのメールで
5月6日からパリ発羽田行き直行便が再開するという朗報。
このお知らせを待っていました!

来年こそは、オルセー美術館に
日本からのお客さまの姿が見られそうですね。




エッフェル塔周辺は桐の花盛り

お天気の良い休日。

トロカデロ広場からエッフェル塔まで、
風景の美しさを満喫しながら歩きました。

27042211
エッフェル塔を背にトロカデロ広場です。

27042213
今、パリは2024年のオリンピックに向けて工事が多く、
残念ながら中央のテラスから一望することはできません。

27042212
白い日傘のあるテラス席は以前はセルフのカフェで、
エッフェル塔を眺めながら、気軽に友人達と午後のお茶を
楽しみましたが、今は高級レストランになっています。
このテラスからエッフェル塔とマロニエの花と
桐の花を同時に眺める景色は、まさに絶景でした。

27042214
セーヌ川に向かう階段を降ります。

27042215
下の交差点には観光客が大勢。

27042217
降りてきた方を振り返ると、シャイヨー宮と紫色の桐の花。
後ろの木はマロニエです。

27042216
橋を渡ると、

27042220
左も、

27042219
右も桐の花が満開です。

2704221
観光バスの停留所は人だかり。

この辺りに来ると
パリは世界一の観光地だとつくづく再認識します。

少し雲が多かったので、
晴れ渡った景色は見られませんでしたが、
歩くにはこれくらいがちょうど、暑くもなく寒くもなく。

優しい紫の花に心癒されながら、
一人散歩を楽しんだ休日でした。



可愛いカップル

マクロン大統領が再選されました。

日曜日、夜8時に発表までのカウントダウンは
大丈夫だと思いながらもドキドキでした。

現状維持がいいのか悪いのかわかりません。
でも今は大きな変化がなくてホッとしています。

26042211

マロニエの花が満開です。

260422101jpg

お天気の良い日に公園で。
可愛いカップルを見かけました。

こちらまで、ほのぼの気分。



桐の花が咲き始めました。

今日は曇り空、
予報通り昼から雨も降りました。

23042211

ここはアンヴァリッドの下にあるガソリンスタンドへ行く時に
通るセーヌ川沿の並木道。
数週間ぶりに通ると枝だけだった木々に葉がこんなに茂っていて、
癒しの緑のトンネルになっていました。

マロニエの花が満開なのと同時に桐の花も咲き始めて、
本当に美しい季節です。

近くの教会、サン・フランソワ・グザビエ教会をぐるーっと
囲むように植えられた桐の木。

2204224

2204225

2204223

コロナ前、こんなにたくさんあったかな〜?
と思いつつ、お花見を楽しんでいます。

エッフェル塔の前の通りの桐の並木も来週には満開。
マロニエの花と共にシャイヨー宮からの眺めは絶景です。

コロナ前もこんなに観光客が多かったかと
驚く程の人に溢れたエッフェル塔周辺。

静かなパリに慣れてしまって、
今更ですが人の多さに驚く毎日が続いています。

今日からパリを含むCゾーンは2週間の春休み(復活祭のバカンス)
が始まります。

そしていよいよ明日は大統領決戦。
普段はバカンス最初の土曜日は出かける人が多くて、
フランス人のお客様は少ないのですが、
今日はたくさんご来店頂いて、投票へ行くために
パリに留まっていらっしゃるのかな〜?と思いました。

外国人の私としては極右政権にならないよう願うばかりです。



良い日曜日をお送り下さい。



3年ぶりのいちごのパフェ

今日もいいお天気です。

今週に入って20度を超える日が続いていたものの、
急な気温の変化に適応できずに
怖くて薄着ができなかったのですが、
さすがに昨日辺りから、本当に暖かくて。
今日はついにスプリングコートもなしで出勤しました。

2204221


フレンチレストラン・H,Kitchenさんの4月のデザート、
パフェはいちごです。

季節によって変わるフルーツ
いちじく、洋梨、柑橘類、さくらんぼ、などなど、
その中でも一番好きなのがいちごです。

去年も一昨年もロックダウンでお休みだったので、
3年ぶりに登場。

22042210

パフェはどれも軽いのですが、最近、食が細くなって(?)
デザートまで行き着くことができない時も多く、
この日は前菜なしでもデザートをと思っていました。

この日のメインは久しぶりに好物のエイヒレ。

22042211

少し前に北口シェフにエイヒレが食べたい・・・
とお話ししていたのを覚えてメニューに追加して
下さったようで、嬉しかった〜!

エイヒレを初めて頂いたのはH、KItchenさんでした。
こんなに肉厚で美味しいんだ〜と感激した一品です。

前菜にグリーンアスパラにかにの摺流し、
という軽いお料理を選んで、

22042213


食べられないかも?なんて思いは杞憂に。
しっかり最後まで美味しく頂きました。

毎日10万人以上の感染者がでている
ウイズコロナのフランス。
以前のようにワクチンパスポートのコントロールが
あった時の方が安心してレストランに行けました。

H,Kitchen さんはコロナ前に比べると、
今も席数を減らしたままですが、
ぎっしりお客さんを入れているレストランも多く、
怖くてなかなか行けません。

しかも友人との楽しいおしゃべりもなく、
ただ、お料理を頂くだけなので、
開店時間の7時に伺うと、夕食が遅いフランス人の
お客様が来られる前には終わってしまい(笑)
そんなこんなで、今年に入ってレストランといえば
H,Kitchenさんしか伺っていないな〜と気付きました。

本当に、近くにH,Kitchenさんがあって
ありがたいとつくづく思うこの頃です。




フレンチレストラン H,Kitchen (アッシュ・キッチン)
18 rue mayet 75006 Paris
tel 01 4566 5157
https://www.facebook.com/h.kitchen.sasu/


爽やかです。

暖かい日が続いています。
今日は風が心地よく本当に爽やか。

2004222

2004221

今晩、マクロン大統領と極右のル・ペン氏と
一対一の会談がテレビ放送されます。

ル・ペン氏が追い上げている現実に戦々恐々。

2度目の決選投票は日曜日。

心配です。



3度目のピンクムーンと直行便復活?

今年も綺麗な4月の満月・ピンクムーンを
見ることが出来ました。

2年前初めてのロックダウン中に
大きな満月を見て色々なことを願ったのを思い出しました。

昨年もお天気が良くて綺麗に見えました。
そして今年も。

190422



ロシアの上を飛べなくなって、
以前では考えられない大変な帰国話をお客様から聞いて、
本当にびっくりするばかり。
この現状では帰国できないな〜と思っているこの頃です。


現在、パリ発直行便で日本まで飛んでいるのは
エールフランスだけです。

ただ以前からエールフランスに限らず、
外資系はある日突然キャンセルになる事が多くて、
困ったという話は聞いていました。

4月初めに帰りの便がキャンセルになって、
急遽、マイレージでJAL便を取ったらロンドンまで。
(JAL便はロンドン日本間しか飛んでいません)
トランクはロンドンで一旦引き取らないといけなくなり、
重いトランクを幾つも持って乗り換えゲートまでの移動が、
本当に大変だったと聞きました。

JALはロンドン発の北回り直行便(15時間)が飛んでいて、
別の方はフランスに戻ってくる時にロンドンの空港で
5時間待ち、その後パリの空港に着いたのが真夜中で
タクシーがなくて困られたそうです。

そしてドイツ乗り換えで運行しているANAを利用された方の話では、
南回り(エールフランスも。以前より1〜2時間長いだけ)で、
まずはウイーンに一度止まって、降りる人を待つ間
機内にいたところ、なかなか出発せず数時間、
ようやく飛んで乗り継ぎ地のフランクフルトへ着くと、
パリ行きに乗れなくて、近くのホテルに連れて行かれて、
翌朝は6時出発の便だったそうです。

ドイツは税関が厳しくチェックされる事が多いと聞いていますが、
その方もやはりトランクを開けることになり、
疲れてくたくたなのに、参ったと仰っていました。


そんな話をお聞きしてコロナ前に日本へ気軽に帰国できた事を
ありがたく感じていた矢先、
6月から日本の旅行社がヨーロッパツアーを再開する
ニュースを見ました!

先日、夏にANAの直行便の予約をした方がいるとも
聞いたところだったので、ANAもJALもパリ発が飛ばせるように
頑張って交渉しているのかな〜?と想像していました。

復活祭のバカンスでパリを訪れた観光客は
昨年の6倍だそうです。

14042210


このまま順調にコロナ前に戻るといいですね〜。




よい週末をお過ごし下さい。

復活祭のバカンス。
アメリカ人のお客様が多くなってきました。
前のホテルも「満室」の紙が貼られています。

お天気の良い週末です。

15042226

今朝はエッフェル塔の入り口に長蛇の列ができていました。
こんなに並んでいるのを見るのは初めてかもしれません。

お天気がいいので、素晴らしい眺めでしょうね。

15042223

高架を走るメトロ6号線からはエッフェル塔も綺麗に見えます。

美しい風景、心地よい天気を享受できることを
幸せだと思うこの頃です。

良い週末をお過ごし下さい。







ノートルダム火災からちょうど3年

今日も快晴のパリです。

長い間ワクチン接種会場になっていたパリ市庁舎の前が
久しぶりにスッキリ、広々して、堂々たる姿でした。

15042210

ノートルダム寺院の火災から
今日でちょうど3年経ちました。

15042221

パリ市庁舎の前から見たノートルダム寺院。
2024年のパリオリンピックには改修工事が終了する予定です。

5区のカルチェラタンにある「コレージュ・デ・ベルナルダン」
パリでもっとも古い中世の建物の中で、
今ノートルダム寺院が建設された頃から火災までを
ハイテクノロジーで展示会が開催されているそうです。



日曜日は復活祭、
バカンスでパリに訪れる人で観光地は溢れています。
メトロに乗るとキャリーバッグを持った人が多くて、
びっくりしました。

日本のお盆休みのような感じです。

このバカンスが終わった頃に
ぜひ行ってみたいと思っていますが、
あのコロナ禍の静けさに戻ることはもうないでしょうね。



College des berunardins (コレージュ デ ベルナルダン)
https://www.collegedesbernardins.fr/content/notre-dame-de-paris



4月のリュクサンブール公園

気温20度、晴れ。
リュクサンブール公園まで散歩しました。

14042215

マロニエの大木、花はまだ5分咲きくらいです。
14042216

直射日光は初夏のように強くて、
フランス人のように半袖、サンダル、と
まだ思い切った軽い服装をする勇気のない私には
時々雲が日差しを遮るとちょうど好い頃加減でした。

先月、満開だったヒヤシンスに変わって
チューリップが綺麗でした。

14042220

14042221

14042225

ベンチでランチを楽しむ人達。

公園の中でマスクをしている人はいなくて、
コロナ前の日々に戻ったようです。



プロフィール

ファンファン

記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
メルマガ登録・解除
Amazon
Archives
  • ライブドアブログ