Speed sixレストア99% (ほぼ完成。)

先週は会社のぼや騒ぎで休みが取れずそう少しで完成のモールトンレストアストップでした。
speed six完成 023
今週日曜にやっと休みが取れてエミナと朝日の中さんぽできました。(平日はこの時期真っ暗なので)
speed six完成 047
久しぶりの公園まで歩いて笑顔なエミナです。
speed six完成 070
いつもの場所まで試走してきました、感想としてはあまりに簡単ですが鉄で出来たBSMですね。
リアのスイングアームがしなるシリーズ1より剛性感があり後述しますがオールドFとしては軽いからかな
speed six完成 080

speed six完成 081

speed six完成 082

speed six完成 083
シフトレバーを操作すると任意の位置で止まりますので耳と足応え?でチェーンがカリカリ言い出して
変速できます。(なんだかシマノのSTIと比べると車で言えばマニュアル車に乗っている感じがしました、)
speed six完成 084
リアサスペンションの両側に装着されるフリクションダンパーの効果は?です。

speed six完成 091

3台目の取付けとなるお気に入りのブレーキレバーです。
speed six完成 095

speed six完成 087

speed six完成 092

speed six完成 097

speed six完成 098
後は私はSpeedモデルでもキャリアを付けてちょっとしたお買い物でも使いますので
キャリアの取付けが残っています。(これが意外とすんなりいかないなり・・・)
speed six完成 100
取あえずしっぽを。また来週ってそろそろ根雪次期か・・・・

気になる重量はリアキャリア無しで 12.6kg
                  在りで 13.3kg
と古いFにしては軽くて重心も低く感じます。

speed six レストア85% 

本日もFの字からスタートです。
speed six 01 027
継ぎ足し用のチェーンが必要だったのでお店が開くまでブレーキ回りから再開です。
speed six2 006
私用で自己責任使用ですので100均のこれで十分??と判断です。
speed six2 002
前日終了時の状態でシマノの純正6s~8s用チェーンは114リンクが標準でまったく足りていません。
speed six2 003
その時のジョッキープーリーの位置
speed six2 004
まず考えたのは縦型ディレイラーというくらいなのだから下に(縦に)固定する事です。
簡単に書いていますがシムやらワッシャーやらイロイロやってようやくでした。
speed six2 010
speed six2 012
まずはチェーンを継足して(この写真はHi6速に入って居ないのでジョッキープーリーはこの位置ですが
一番シフトワイヤーが緩んでいるHiの時はジョッキープーリーが垂直に並びます・・・・って用は現代の調整方法となんら変わらないとこのあたりから気がつき始めました。)

このMoultonを購入したお店のブログの写真ではとんでもない位置で調整してあり同じにしようとして
かなり惑わされました。
speed six2 021
リアディレイラーの動きですこれがHi6速の位置。
speed six2 020
これがLo一速の位置です。
とまあ写真にすると2~3枚で終わってしまうのですが一通り理解するまでこ一時間ほどかかっております。
speed six2 017
そしてついに!!
speed six2 009
試走出来る状態まで組み上げました。が試走中問題のリアディレイラーが問題を起こしたりしてま~イロイロありました。
speed six2 015
Wで装着されるフリクションダンパーのためかリアサスは硬めです。
speed six2 018

speed six2 019
残りはバーテープなど小物類で終わりなり!!
でも来週からエミナ地方は雪の予報・・・・来春までお預けか。

speed six レストア 72%??

本日からいよいよ本格的に組立て開始でした。(朝5時~6時)のエミナとの散歩の後から

speed six 01 027
しっぽの無いSpeed sixこそ本当のFフレームです・・・・組み立てをまとめる時間無いので写真の羅列で
お楽しみください。
speed six 01 001

speed six 01 003
普段はコーヒーなど飲まない私が朝からわざわざ自販機で買ってきのはシムを作るためです。
speed six 01 006

speed six 01 010
フロントサスペンション組立て開始です。
speed six 01 011
空き缶シムでクリアランス調整済みです。(上側の隙間に薄いシム見えるかな?)
speed six 01 014
内部スプリング等は極めて良好な状態です。
speed six 01 016
ヒミツの一人で組み立てる時のコツです。
speed six 01 017
長いドライバーでフォーク抜け止めビスを締めます。
speed six 01 018
フェンダーはブルーメルのプラ製を用意致しました。
speed six 01 019

speed six 01 020
フラップ要らないので切っちゃいました。
speed six 01 053
フェンダーステイ切断とだるまねじ固定も初めてにしてはよく出来たと自画自賛ですね。

speed six 01 062
60Tです。
speed six 01 059
我ながらほれぼれする出来栄えです。(この後はまったのですが・・・)
speed six 01 061
そして・・・・当初からの懸念通り現在リアディレイラーの調整にてこずって16:00のエミナの散歩時間で
いったん片付けて撤収でした。
※最終的にチェーン(114リンク)を張って仮にワイヤーを張ったところでは、確かにディレイラーの動きは確認出来たのですが最近のディレイラーの様にジョッキープーリーがどの位置とか情報が無く手探り状態です。

ディレイラー自体の固定も甘く変速と一緒にディレイラーの取付け位置まで変わってしまいいまいちです。
明日再チャレンジなり!!

speed six レストア 45%

speed six 051

speed sixのレストア進捗です。
003
B.Bがコッターレスへ変更されています。(ストロングライト118?)
005
画像はかなり清掃後のスプロケで約50年分の泥汚れを取るのに3時間ほど・・・
(ギア板を分解できる人には簡単な清掃なのでしょうけど私は道具もないし)
010
フリーボス?ボスフリー??どっちでしたっけ?ここも分解工具が無いので
得意の簡易消極的対応です、あまっていたエンジンオイルをオイル差しへ入れて
011
フリーを回しながら注油してみました。
Webで自己責任で行っていた人をまねて・・・でもこれ効果在りです、
ラチェット音もカチ・カチから明らかに軽くなり得意の取あえず整備完了です。
008
きれいになりました。
ちなみにこのspeed sixは厳密にはオリジナルではなくAM7のリアハブごと
移植されていて13T~24Tのリアフリーで組んであります。
本来はモールトンオリジナル9Tと言う当時では考えられない小さなギアでした。
調整が難しく歯飛びすると文献で読んだ事があり、あえてこの改造を気に入っています。

014

015
ただしこのリアディレイラーもオリジナルと異なりメーカー不明(私が知らないだけ)
アルファ72と刻印からイタリアの香りが・・・
このリンク機構ってワイヤーでどう動くのか取り付けるまでわかっておりません。
016
シフトワイヤーも交換の為現行シマノ樽型をやすりで削ってあわせます。
017
うまくはまりました、この辺は自身で使う自転車なので、あくまで自己責任改造ですので
まねしないでください。
018
この後週末はホイール(ここも非オリジナルAM純正)磨きでもしようかな。
追記です。

F吉さんにいろいろ調べて頂いた結果ほうこくです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%82%A6%E3%82%B9_(%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC)#.E6.B2.BF.E9.9D.A9

ウィキぺディアでググッたらZEUS 自転車でHitしました。

戦前からのメーカーでカンパのライバルだったようですね。
っとブログ更新していて思い出しました、ZEUSといえばコアなランドローバー乗りには
有名なメーカーでよく切れるタイミングベルトをギア化するキットをZEUSが販売していて、
その昔まだネットがこんなに発達していない時代に輸入しようとしたことが、ありまして・・
ウィキ内に特にトム シンプソンが好んで使ったとの記述で、俄然やる気がでてきました。

F吉さん情報ありがとうございました。


speed six レストア 35%

土曜日は天気もそこそこよくてまずはいつもの公園へエミナをつれてさんぽです。
003

025
大好きな公園を数周回って着ましたよ。
026
帰ってきてハンドル回りから手を付けます。赤いバーテープは趣味じゃありませんので・・・
029
ブレーキレバー含めて新品を投入致します。
035

041
いつも使っているNTTOとほぼ同じGBのハンドルがついて来ました、
035
ただステムのクランプに金具がついていて洒落たシムですね。
040
ブレーキレバーを仮止め中。
046

049
自転車に乗れるくらい暖かかったので、miniでステアリングのワンとB.Bの球を買いにポタリングがてら
speed six 049

speed six 050
参考書を見ながら本物のspeed sixにレプリカのデカールを貼るところからスタートです。
speed six 051

このデカール英国から何度か買っていますが貼るにはとてもコツがあって私は何度か貼っているので何とかこんとか貼っています。
ほぼ完璧に貼れたなり!!

追記です。

053
今回speed sixレストアの為に調合したペンキが4L缶でしか販売しない事でほぼ9割残ってます。
タッチアップ分残しても数台分、どなたかいる?
051

今後タッチアップした塗装の乾燥まで放置の為、前から気になっていたOリングを手配していました。
052
ホームセンターで売っているサイズは太いのでフレームに干渉してしまいます。
会社で取引のある部品屋さんに探してもらったS0-9ならたぶん大丈夫、50本大人買いしたのでどなたか入用な方は・・・。
056

BSMはまだO.K
055
AM-20は硬化して緑が欠けてしまっています。(透明は特注試作品です。)
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック