2005年03月09日

ゴール

 誰でもそうってわけじゃない。でもきっと同じ感覚の人はいると思う。恋愛の最高の形。「片思い」。何者にも縛られること無く、自分の意思で相手を思い続け、自分の決意で思いを打ち明け、自分の判断で思いを断つ。義務感なんて無い。ただ当たり前のように好きでいる。相手のホントの気持ちが分からない。だからこそ生まれる緊張感。期待感。高揚感。それらを楽しむことこそが、恋愛の醍醐味だと思う。
 恋は実らせるためにするもので、一方通行のまま終わってしまっては意味が無い。そう言われればそうかもしれない。でも、互いに確かめ合い、愛し合い、点いてしまった大きな火は、やがて小さく消え行くのを待つだけ。その思いの大きさによって消えるまでの時間は違うけど、いつかは消えてしまうもの。
好きな相手と結ばれてから何を成すか。片思いの間に考えることも多々あるだろう。しかしそのほとんどは実現されず、期待し、憧れたものとは程遠い現実を見せ付けられる。期待が大きければ大きいほどギャップを感じる。
恋愛のゴールってどこだろう?付き合ったら?SEXしたら?結婚?人によって違うかもしれない。いちいちそんなこと考えてない人がほとんどだと思う。目標を作ってそこまで全力で走る。それだと目標に達したとき次の目標が無くなる。ゴールなんて無くて良いのかも。ただ走ってあの人に追いついて、あの人が走り出したら自分も走る。歩き出したら一緒にゆっくり。どこに向かってるか、何を目指してるか、わからなくても良いじゃない。二人で幸せなら


この記事へのトラックバックURL