舞鶴YMCA国際福祉専門学校

カテゴリ: 介護福祉学科

10月2日に介護実習報告会を行いました。

1年生は実習Ⅰbでの10日間の学びを、2年生は最後の実習となる実習Ⅱでの22日間の学びを発表しました。
20181003_3
実習施設ごとに学びを話し合い、代表者が発表を行いました。
20181003
1年生は6月に3日間の実習に行きました。

そこで現場の雰囲気を少し理解したうえで授業に臨み、Ⅰbでは実際に利用者や職員の方々と関わり、介護福祉士の仕事について深く学ぶことができました。

コミュニケーションをとること、介助をすること、授業では習いましたが、実際に行うと戸惑うことも多かったようです。

利用者お一人おひとり違うということ、同じコミュニケーション、同じ介助ではいけないという気付きを得た学生が多いようでした。
20181003_4
2年生は対象の利用者について、その方の介護過程の展開に取り組みました。

その方の背景を知り、日々寄り添うことで、どうしたらその利用者が喜ばれるか、生活の質が向上するか、学生たちはそれぞれに改善策や解決策を考えました。

そしてその中で、自分なりの「介護福祉観」を深めることができました。
20181003_2
学生同士で発表に対する質問もあり、お互いに学びを深めることができました。

利用者の方の笑顔や「ありがとう」の言葉がとてもうれしく、励みになったと多くの学生が発表していました。

しかし、プロの介護福祉士として働く上では、そういった言葉に甘んじることなく、お一人おひとりの個性や状況に合った介助を出来る様に成長したいという言葉にはとても頼もしさを感じました。


ご来賓の方々をはじめ、実習施設の皆様にはお忙しい中、お越しいただきましてありがとうございました。

また実習中には、学生たちを温かくご指導いただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。



7月11日、国際観光ビジネス学科と介護福祉学科の2年生を対象とした、就職に関する合同授業がありました。舞鶴公共職業安定所から、学卒ジョブサポーターの方にお越しいただきました。
20180723
まず、求人申込書の見方を教えていただきました。
給与欄ばかり注目しがちですが、社会保険、勤務時間や残業時間、賞与、休日など他にも確認すべきところはたくさんあるとのことでした。

また、正社員とフリーターの違いを教えていただきました。
生涯賃金が億単位で差が出るという話には学生もびっくりしていました。

賃金だけではなく、ローンが組みにくいことがあったり転職が難しくなったりと、不利益なことも多いとのことでした。
20180723-2
さらに、面接で気をつけることや就職に向けての心構えなど、これから就職活動を本格化させる学生たちにとって、とても参考になる講話となりました。

先日、国際観光ビジネス学科、介護福祉学科の2年生を対象に就職模擬面接を行いました。
20180717_2
舞鶴YMCAをサポートしてくださっている「北京都フロンティアワイズメンズクラブ」の皆さんに面接官役をしていただきました。

本番さながらの緊張感の中、模擬面接を行いました。
20180717
学生の皆さん、手ごたえはどうでしたか?

ご指摘いただいたことを参考にし、本番に備えてブラッシュアップしてくださいね。

「北京都フロンティアワイズメンズクラブ」の皆さん、ご協力ありがとうございました。


介護福祉学科1年の「生活支援技術」の授業で、裁縫の技術を学びました。
20180626
介護福祉学科では調理や裁縫などの家政の技術も学びます。

施設や利用者のご自宅等で、介護職として裁縫の技術が必要な場合があるからです。
20180626-2
なみ縫い、まつり縫い、ボタン付け等々。

みんな懸命に取り組んでいます!
20180626-3
このような生活に必要な基本的な技術を身に付けておくこともとても大切ですね。

介護福祉学科1年の実習報告会を行いました。
20180621
6月の上旬に3日間、福祉施設に実習に行きました。

初めての実習での学びをそれぞれ発表しました。
20180621-2
授業とはまた違う、実際の施設での体験はとても貴重なものだったと思います。

「いい経験ができた」「楽しかった」と締めくくる学生が多かったのが印象的でした。

実習での経験を活かして、今後の学びにつなげていきましょう!

このページのトップヘ