2018年1月8日(月・祝)京都11R・シンザン記念(3歳・G3・芝1600m)の予想です。

◎ブランモンストル
デビュー戦の内容からまだ時間がかかりそうな馬だなと思ったんですが2戦目でガラリ一変。まだまだ余裕のある体つきだったので絞れてきたらまだやれそう。人気はないですが前々で流れに乗れればここでもやれるはず。

○ファストアプローチ
札幌2歳ステークスの内容からしぶとく脚を使う印象。渋っても大丈夫そうですしここならさすがに上位では。連戦の疲れだけ。

▲カフジバンガード
馬場が渋って時計がかかれば。さすがに勝ち時計が遅いので良馬場ではあまり買いたくないですけどちょっと渋りそうなので。でもちょっと人気になり過ぎの印象も。

△アーモンドアイ
関東の牝馬ですがフェアリーステークスには登録もせずにこちらへ遠征。アパパネを管理していた国枝調教師ですし輸送のノウハウはあるしそのあたりは心配ないとは思うんですがまだまだ経験の少ない牝馬ですからね。輸送をこなせば。

【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)





皐月賞2018関連動画