2018年1月7日(日)中山10R・ポルックスステークス(4歳以上・OP特別・ダート1800m)の予想です。

◎ブレスアロット
広くないコースを中心に使うあたりのこだわりがこの厩舎らしい。このコースなら馬場不問で戦えているので楽しみの方が大きい。前々でしぶとさを生かせる馬なので内目の枠の方が良かったかもしれませんが変に先行争いに巻き込まれるよりはいいのでは。

○センチュリオン
デビュー当時からパワー型の馬だと思っていたので前走のような水が浮いた馬場でも豪快に差し切ったように力をつけている。この条件なら人気でも買いたい馬。

▲リアファル
ジョッキー的に勝負気配を感じませんが脚への負担が少ないダートで見たかった馬。休み明けでも息を保てば。

△アルタイル
立ち回れる馬なので内枠は良さそう。一時期の不振を脱して安定してきたので。この4頭で。

【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)





チャンピオンズカップ2018関連動画