2018年1月6日(土)中山11R・中山金杯(4歳以上・ハンデ・G3・芝2000m)の登録馬のハンデが確定しました。騎乗予定騎手も併せて以下の通りです。

アウトライアーズ 54 蛯名正義
ウインブライト 56 松岡正海
カデナ 56 福永祐一
ケントオー 56 未定
ショウナンマルシェ 53 三浦皇成
ジョルジュサンク 54 吉田隼人
ストレンジクォーク 54 柴山雄一
セダブリランテス 55 戸崎圭太
タイセイサミット 56 北村宏司
ダイワキャグニー 56 横山典弘
デニムアンドルビー 54 川田将雅
トーセンマタコイヤ 54 内田博幸
パリカラノテガミ 52 未定
フェルメッツァ 55 田辺裕信
ブラックバゴ 56 岩田康誠
マイネルミラノ 57 柴田大知
レアリスタ 55 石橋脩

以上17頭。フルゲートは17頭なので全馬出走可能です。

アウトライアーズとウインブライトはスプリングステークスの1、2着馬。クラシックには縁がありませんでしたがウインブライトは福島記念を勝利して勢いに乗っていますし、アウトライアーズは1回叩いて中山コースなら巻き返し必至。ハンデ差がついたのでスプリングステークスとは着順が違ってきそう。

カデナは弥生賞を勝っている舞台で仕切り直しと行きたいところ。ジョルジュサンクは福島記念取消後1回叩いてどう変わってくるか。

セダブリランテスはアルゼンチン共和国杯で3着。勝ったスワーヴリチャードには差をつけられてしまいましたがここがまだ5戦目。まだまだ上積みがあるし楽しみにさせる1年のスタートを切りたいところでしょう。

ダイワキャグニーとレアリスタは東京コースのイメージが強い2頭。どちらも人気上位になりそうですが中山コースがカギになりそう。

デニムアンドルビーはまだまだ元気。54キロとハンデもそこまでもらわなかったのも魅力的に感じます。マイネルミラノは58キロでも走っている馬ですが57キロなら。負けても積極的なレースはできているので自分の形で進められれば。

現時点での注目馬はアウトライアーズ。休み明けをマイル戦で叩いているんですけどこの距離ならもうちょっと前目で進められそう。2歳戦からの内容からも中山替わりは良さそうなので期待したい。

【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)





大阪杯2018関連動画