2018年1月6日(土)京都11R・京都金杯(4歳以上・ハンデ・G3・芝1600m)の登録馬のハンデが確定しました。騎乗予定騎手も併せて以下の通りです。

アメリカズカップ 56 松山弘平
ウインガニオン 57.5 津村明秀
カラクレナイ 54 池添謙一
キョウヘイ 55 高倉稜
クルーガー 57.5 浜中俊
ケントオー 56 未定
スズカデヴィアス 56.5 藤岡佑介
ストーミーシー 54 大野拓弥
ダノンメジャー 56.5 北村友一
ブラックムーン 57 武豊
ベステンダンク 54 未定
マイネルアウラート 57 未定
マサハヤドリーム 54 岩崎翼
ラビットラン 54 藤岡康太
レッドアンシェル 56 幸英明

以上15頭。

ウインガニオンは57.5キロと厳しい斤量となりました。前走はG1だったので仕方ないとしても逃げなくても競馬ができるようになっているし前々で流れに乗りたい。

カラクレナイは近走は良くないですがスワンステークスは馬場が悪かったしローズステークスはやや距離が長かったと思うし積極的なレース過ぎたのでは。まだまだ見限れない1頭。

クルーガーは順調に使えなかった馬なので使えることが好感。さすがに斤量は背負わされますが相手は楽になるしマイラーズカップを勝っているこの舞台なら。

スズカデヴィアスは近走大崩れがないのでマイルでも。キョウヘイは重馬場のイメージが強いですが古馬と戦うようになってから安定感が出てきているようにここでも楽しみ。

ブラックムーンはマイルチャンピオンシップで最後方からよく差を詰めました。リゲルステークスでも勝ったレッドアンシェルが内を立ち回った中で外を追い込んで差を詰めていたようにやはり末脚は強烈。開幕週は気になるものの決め手なら。

ラビットランは中山で外を回りながらもよく差を詰めた前走のターコイズステークスからもローズステークスがフロックではなかったことを証明。秋華賞では内を縫って差を詰めたしどんな競馬もしてきそう。

レッドアンシェルは富士ステークスで積極的な競馬から4着に粘りました。重馬場だったし古馬との初戦としては十分だったかと。リゲルステークスでは内枠を利して内で溜めを利かせる味な競馬で勝利。自在性を身につけた今、充実な1年にするためのいいスタートを切りたい。

現時点での注目馬はウインガニオン。番手の競馬でも重賞を勝ったように力をつけている現状。開幕週で積極的な競馬から押し切りたい。

【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)





安田記念2018関連動画