2017年6月25日(日)阪神11R・宝塚記念(3歳以上・G1・芝2200m)の登録馬と騎乗予定騎手は以下の通りです。

キタサンブラック 58 武豊
クラリティシチー 58 松山弘平
ゴールドアクター 58 横山典弘
サトノクラウン 58 M・デムーロ
シャケトラ 58 C・ルメール
シュヴァルグラン 58 福永祐一
スピリッツミノル 58 幸英明
ヒットザターゲット 58 川田将雅
ミッキークイーン 56 浜中俊
ミッキーロケット 58 和田竜二
レインボーライン 58 岩田康誠

以上11頭。

キタサンブラックは大阪杯、天皇賞(春)と連勝。ここも勝てば大阪杯がG1に昇格していきなり春のG1でのグランドスラム的なことになりますよね。今後こんな馬はなかなか出てきませんよ・・・登録馬が少ないのはこの馬に恐れをなしているというところもあるでしょう。ただ大活躍していますがグランプリで未だ勝利はありません。しっかりとタイトルを奪取したい。

ゴールドアクターは今年に入っていいところなし。日経賞でも天皇賞(春)でもイレこみがキツくてすべての能力を発揮していないと思うので個人的にはここでの巻き返しを期待したいところです。

サトノクラウンは大阪杯で6着。京都記念の内容から馬場はやや渋った方が戦いやすそうです。シャケトラは日経新春杯ではハンデが軽かったですが別定戦の日経賞でゴールドアクターらを破って重賞初制覇。力をつけているので楽しみ。

シュヴァルグランは距離短縮がいいとはあまり思わないんですがサトノダイヤモンドを積極的に倒しに行った阪神大賞典ぐらい積極的なレースをしてほしいところ。

ミッキーロケットは天皇賞(春)を使わずにここ一本。今年はやや消極的なレースになっている印象があるので先に動いてキタサンブラックを脅かしたいところでしょう。

 宝塚記念予想の際、ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にサニーブライアンであっと驚く逃げでクラシック2冠を制するなど、G1競走での勝負勘に優れる。曰く、、「宝塚記念は2017年春G1で1番自信がある。この3頭の1点勝負でいい」とのこと!↓↓


この頭数なら当てやすい

キタサンに迫る穴馬はこれ↓

第58回宝塚記念(G1)
『少頭数なら1点で』

◆春G1は1点でのスーパーヒット連発
第84回 日本ダービー(G1)
▲レイデオロ
○スワーヴリチャード
◎アドミラブル
3連複1点で2220円的中!


第78回 オークス(G1)
○ソウルスターリング
▲モズカッチャン
◎アドマイヤミヤビ
3連複1点で4600円的中!


第155回 天皇賞春(G1)
◎キタサンブラック
▲シュヴァルグラン
○サトノダイヤモンド
3連複1点で610円的中!



今回はそれ以上・この春1番の自信!

↓↓↓↓↓↓


pngワールド:宝塚記念300-250




宝塚記念2018関連動画