2017年3月26日(日)中京11R・高松宮記念(4歳以上・G1・芝1200m)の登録馬と騎乗予定騎手は以下の通りです。

オメガヴェンデッタ 57 未定
クリスマス 55 藤岡佑介
シュウジ 57 川田将雅
スノードラゴン 57 大野拓弥
セイウンコウセイ 57 幸英明
ソルヴェイグ 55 田辺裕信
ティーハーフ 57 未定
トウショウピスト 57 吉田豊
トーキングドラム 57 藤岡康太
ナガラオリオン 57 未定
ナックビーナス 55 石川裕紀人
バクシンテイオー 57 A・シュタルケ
ヒルノデイバロー 57 四位洋文
フィエロ 57 内田博幸
ブラヴィッシモ 57 未定
メラグラーナ 55 戸崎圭太
ラインスピリット 57 森一馬
レッツゴードンキ 55 岩田康誠
レッドアリオン 57 菱田裕二
レッドファルクス 57 M・デムーロ
ワンスインナムーン 55 石橋脩

以上21頭。フルゲートは18頭でナガラオリオン、ブラヴィッシモ、オメガヴェンデッタが除外対象となっています。

シュウジは昨年暮れに阪神カップを勝って同じ条件の阪急杯を断然人気で迎えましたが8着と人気を裏切ってしまいました。レース前からテンションが高くて力を出し切れなかった感じ。1回使ったことで変わってくれることを期待したいところ。スプリンターズステークスで4着した内容から力はあるはずなので。

セイウンコウセイは目下の上がり馬でシルクロードステークスで2着して出走してきました。松田大作騎手でが騎乗停止中なので幸英明騎手に乗り替わり。幸騎手は阪急杯をトーキングドラムで制したのですがこちらが先約だったのかな。今の勢いなら。

ソルヴェイグは前走のシルクロードステークスで逃げる形になってだいぶプレッシャーをかけられていました。立ち回ってフィリーズレビューを制し、函館スプリントステークスでは大外枠からの勝利とセンスがある馬なので前走があまりに案外。どう巻き返してくるか。

トーキングドラムは阪急杯を勝利。1600mで勝ってOP入りした馬ですがもともと1400mでよく走っていた馬なので距離短縮が良かったのでしょう。更なる距離短縮でどこまでやれるか。藤岡康太騎手は1週前に美浦に行って追い切りに騎乗している気の入れようで期待が大きいです。

ヒルノデイバローは前走の阪急杯で芝で初めて馬券になったんですけどもともと上がりは使っていましたが展開的にハマっていなかっただけなんですよね。ここでも展開がハマるかどうかだけ。

フィエロは初めての1200mになります。重賞勝ちはないもののマイルチャンピオンシップで2年連続2着があって実力はあるんですがワンパンチ足りない印象。距離短縮がいい刺激になってくれれば。

メラグラーナは1200mに出走してから一気に前走のオーシャンステークスまで制しました。3走前の京成杯は雨が降って馬場が悪かったので惨敗も仕方ないのでしょう。ここ2戦は中山での連勝ですが1000万勝ちは中京1200mで好時計勝ち。この舞台も楽しみです。

レッツゴードンキは暴走気味に走っていたので昨年夏のスプリント戦出走が上手くハマった感じがありましたね。今はマイルでも落ち着いて走れるようになりましたし完全復活。ここで再びのスプリント戦となるので上手く流れに乗りたいところです。

レッドファルクスは香港スプリント以来の競馬になる点は気になりますがCBC賞を勝っているし左回りを中心に使ってきた馬なので中京替わりはプラス。休み明けでも昨年秋のスプリント王としては恥ずかしい競馬はできません。

現時点での注目馬は人気ブログランキングへ(現在40位前後 プロフ欄に掲載しています)。スプリンターズステークスの内容から力不足ということはないと思うのであとは広いコースでもレース運びの上手さをどう発揮できるかどうかだと思っています。スプリンターズステークスで手綱を取った騎手に戻るのは良さそうで期待したい。

【あなたが競馬予想で悩む最大の理由とはいったい何でしょうか?】

誰もがたどり着く悩みだと思います。
一言で言うと、答えは簡単です。

「情報が多すぎる」ですね。

競馬新聞を開けば、出走馬はもちろん、
前走結果、騎手、血統、調教、コース、人気、脚質…
こっちの馬は前走1着だけど、こっちの馬の方が人気が高い。
でも、このレースの傾向だとこっちの馬が有利かもしれない。
結果、不的中・・・。
迷う事が多すぎます。

そして、極めつけは予想サイトを利用するようになります。
しかしどうでしょうか。試した事のある方はもうわかりますよね。
無料予想・・・当たらない。だったら!
有料予想・・・当たらない。

「負の連鎖です」

なんで当たらないのか?
予想サイトで公開している予想も人間が出しています。みなさんと予想の方法は一緒です。
多くの情報・データからどうにか買い目を絞って予想をしているのも、みなさんと一緒ですね。
独自の情報ルートからの有力情報といった、うたい文句で集客しているだけです。

しかし、様々な膨大な量の情報がシステム的に一つにまとまり、
全てのレースで馬の強さが一目で分かるとしたら、最高じゃないですか?
 

ここでまず、「人間が予想するデータ予想」の欠点をお話しします。

ほとんどの競馬データと言われるものは、
血統なら血統、スピードならスピード、
適正なら適正、過去データなら過去データのみと
1つの要素、多くても2つの要素を合わせたデータからの絞り出しが限界です。
少ない要素だけで予想をしたところで、精度が高い的中を出せるはずがありません。

つまり、人間の予想には限界があるんです。

そこで、この限界を突破する為に出てきたのが、「指数」からの予想。
システム的に勝つ馬を割り出してくれます。楽ちんです。
しかし、指数からの予想といっても、たくさんサイトがあるのは知ってますよね?

これまで「指数」を出しているサイトは、付録的存在の指数価値でした。
それが最近、「指数」をメインに扱うサイトがあるという記事をよく見かけます。
それが「うまコラボ」というサイトで出している「コラボ指数」というものでした。

では、その「コラボ指数とはどれほどまでにすごいのか」

■人間のデータ予想には不可能と言われた、データの掛け合わせ量が違いました。
4つのデータ(スピード指数、適正指数、統計データ、血統理論)を分析し、
総合的にそのレースで勝つ馬を出してくれます。

「うまコラボが提供するコラボ指数は、競馬予想サイトと比較して何が違うのか」
■データのまとめ量は断然違いますが、情報の公開量も断然に違いました。
競馬予想サイトは土曜・日曜合わせての平均5レースくらいの予想を提供しますが、
コラボ指数は、中央競馬で行われる「全開催場の全レース」、その全ての馬の強さを数値化した指数を、
レース前日に会員専用ページに公開してくれます。

■情報提供の方法が違いました。
競馬予想サイトは、無料予想と数万円・数十万円する有料予想があります。
うまコラボは、無料会員になると数レースの指数を見ることができました。
お試しです。でも、指数の精度は高いままのようです。
有料会員になると全レースの指数を見ることができました。
そして、有料会員だけの特権で「参考買い目を見ることができるようになります。」
こう買えば的中率が高くなると教えてくれます。これは大きな利点だと思います。

「利用するにはどのくらいお金がかかるのか」
■無料でも利用できますし、毎週末十分に楽しめます。
しかし、断然有料をオススメします。もったいないです。
お金がかかるからもったいないのではなく、この情報量をこの価格でもらえるから、
有料会員になってレースに挑まないのがもったいないです。

30日間(約1ヶ月間)・・・1,980円

90日間(約3ヶ月間)・・・5,480円

180日間(約6ヶ月間)・・・9,980円

月額制で、1ヶ月2,000円でお釣りがくるので、財布にとっても優しい価格です。
毎週末競馬で数万円負けて、数万円競馬サイトに入れてきたことを考えると、
毎週末1,980円じゃなく、1ヶ月間使いまくって1,980円しかかからないんだったら、
すごい安い買い物だと思います。

「まとめ」
今まで競馬予想サイトに頼って情報をもらってましたが、過去の自分を振り返ると
ほんとバカな事をしてたし、自分を見失ってたなと思いました。
どれだけのお金をつぎ込んで、どれだけ負けてしまったか。
あのお金があったら、すごい楽しいこともできたかもしれません。

でも今は、月に2,000円くらいしかかからない「うまコラボ」の有料会員になってみて、
楽しく、コンスタントに稼いで、面白い競馬ができています。
さっきも言いましたが、もちろん無料でも楽しめますよ。
でも自分は、ここの有料会員になって、とても満足しています。
もう浮気はできませんね。

今話題の「指数」をメインに扱うサイト「うまコラボ」
みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

こちらから
>>> http://www.collabo-n.com/lp/promise/?ad_id=3295




高松宮記念2017関連動画