6回にわたって予想を書いてきました。

その1ゴールドシップ編はこちら

その2オルフェーヴル編はこちら

その3エイシンフラッシュ編はこちら

その4デスペラード編はこちら

その5アドマイヤラクティ・ダノンバラード編こちら

その6トゥザグローリー、ウインバリアシオン編こちら

今回は最終予想です。

にほんブログ村 トラコミュ 第58回 有馬記念(GI)へ
第58回 有馬記念(GI)

にほんブログ村 トラコミュ 有馬記念(2013)へ
有馬記念(2013)

にほんブログ村 トラコミュ 有馬記念2013へ
有馬記念2013

にほんブログ村 トラコミュ 有馬記念(GI)へ
有馬記念(GI)

にほんブログ村 トラコミュ 有馬記念 (G1)へ
有馬記念 (G1)

◎ゴールドシップ
○ダノンバラード
▲デスペラード
ウインバリアシオン
△アドマイヤラクティ
トゥザグローリー
オルフェーヴル

ゴールドシップは暮れの中山の重い芝が悪いはずがない。単勝オッズに関して売れ過ぎという風潮があるがエイシンフラッシュがいなくなってこのオッズはちょっと意外だった。正直もっとオルフェーヴルに迫るオッズになると思っていたので。
今までは負けても巻き返してきたこの馬だが京都大賞典もジャパンカップもどちらも時計が出やすい舞台でのレースになったので巻き返すための舞台としては整っていなかった。
巻き返した宝塚記念は時計の速い京都から雨が降って渋っていた阪神への舞台変わりがあったように、今回は時計のかかる冬の重たい中山の馬場・・・巻き返す舞台は整っているはずだ。

騎手をスイッチして新たな一面というよりは名手の勝負勘に賭けるというところだろうか。急に新しいことをできる器用なタイプではないだろうから。変化としてはブリンカーを着用するということ。ブリンカー着用で1週前調教とはガラリ一変している。これほどまでに効果覿面というケースは珍しいのではないか?というぐらい。
復活の舞台は整った。レース終了後のオルフェーヴルの引退式をお通夜にしてやれ。


ダノンバラードは宝塚記念でゴールドシップの2着。ゴールドシップ同様時計のかかる舞台が合うからこれも条件的には明らかにプラス。まして絶好枠を引いている。天皇賞は8枠16番だから枠もプラス。中山の重賞AJC杯を勝っているのも心強い条件。正直人気がなさすぎると思う。


デスペラードは京都の下り坂専用機だと思っていたのだがステイヤーズSで圧勝。去年のステイヤーズSでも今までに見せていなかったような道中にスッと上がって行く脚を使って、結果的には早仕掛けになって3着だった。意外にも中山が合うのだろう。横山典弘騎手の19年連続G1での2着記録の継続にも期待している。


ウインバリアシオンはもともとタフでバテない馬だから本来中山でのロングスパート戦は合うと思う。ゴールドシップから買うのであればセットで買わなければならないと思う。屈腱炎開けとは思えぬほど調教で動いて一番時計。オルフェーヴルに2度阻まれたG1制覇の夢をオルフェーヴルの引退レースで達成したら胸アツだ。


アドマイヤラクティはゴールドシップと同じレースに出るとゴールドシップが仕掛けた時について行けていないのは気がかりだがそこは先行からの押し切りに定評があるウィリアムズ騎手でどう変わってくれるか楽しみという面がある。今期は充実しているので3番人気なのも頷ける。


トゥザグローリーは3着が2回ある舞台での復活に期待。ハーツクライで場内を黙らせた騎手というのは心強い。使って使ってよくなるタイプなので秋4戦目での変化にも期待したい。


オルフェーヴルは押さえ程度で。売れすぎです。調教で全然動いていないのにこんなに売れるとは正直疑問。引退レースということで目一杯の仕上げをしてくるはずなのだが・・・このメンバーでさすがにバッサリとは行けないがタフな馬場ならメンバーは意外と骨っぽいと思うが・・・

馬券はギリギリまで悩みたい。
予想が合っていても馬券の買い方が下手なもので。
最後のG1ぐらい当てたい。



競馬関連動画