まじめになっちゃだめだ

そのほうがうまくいくんだ

値段を決めるときに僕が思い出すこと

僕は仕事上、自分で自分に値段をつけなければならない。当然難しいし、悩む。そういうとき、次の3つの話を思い出す。

1.高く買って安く売る

高橋がなりさんがどこかで言っていたこと。商売のセオリーは「安く買って高く売る」なんだけど、良い商売人は「高く買い、安く売る」なんじゃないか、と。なぜなら、高く買えば生産者は幸せだし、安く売れば消費者もうれしい。こういうのが「良い商売人」なんじゃないの、と。


2.今田耕司は松本人志より儲けるかも

松本人志自身がそう認めているらしい。TVのこちらから見ているだけなので実際のところはわからないが、おそらく単価は松本人志の方が高いだろうし、冠番組も松本の方が多いだろう。それに対して今田耕司の方は、どんな番組にも出て誰とでも絡む(ように見える)。でも今田の方が儲けるんじゃないの?と松本は考えているようだ。


3.よそと同じねだんで、よそ以上のサービス
 
未来工業※1の山田昭男さんの著書より。「他所より安くします」では、待っているのは値下げ競争である。「他所と同じねだんです、でもウチはもっとサービスしまっせ」なら、ダンピング競争はおこらない。かつお客様にも喜んでもらえる。


昔は大嫌いだったけど、年をとってきて重要性を感じているのが「バランス」である。自分の気持ちの正直なところと、でも周りのニーズとの「バランス」を、とれるようになりたいなあと思っている。


・ドアマイガーD見たよ
急に話は変わる。第1回見たよ!残念ながらまだ十分に評価できん!メカイジュウを匠の菓子で浄化するところはプリキュアに近いかもしれない。次も見たい。
※1 電気設備資材の会社。未来工業には「スライドボックス」という製品がある。スイッチやコンセントを格納するための四角い箱のような部品で、1個100円くらい。んで、売れるサイズはだいたい3種類と相場は決まっているらしい。だから競合他社は3〜4種類しか作っていない。だけど未来工業は85種類のサイズ展開をしているそうな。当然、売れる3種類を除いた82種類は、売れない。だけど作り続けている理由は、マニアックな商品展開があるとピンポイントでそれがほしいお客様に喜ばれるからだ。
だから赤字覚悟で85種類も作り続けている。そうすると、お客様はメインの3種類のサイズも未来工業を選ぶし、さらにはスライドボックス以外の製品も未来工業から買うようになる。そうやって、トータルで利益を出しているわけだ。だから山田さんは、「売れない商品を作りなさい」と奨励しているそうな。

巨大な人型のアレ

・明日はいよいよドアマイガーD
 2015年1月5日現在、最も楽しみにしていること、それは
hptop_2015
http://www.tvk-yokohama.com/doamai/index.phpより転載

新番組、ドアマイガーDの放送である。1/6(火)22:55放送予定。TVKで。(KBS京都とテレ玉でも放映)

しかし古くさいテイストである。マジンガーZとかコン・バトラーVとか、あの時代の雰囲気。キライじゃないが。
…まあ、5分番組だから、たぶんギャグなんだろうけどね。 ストーリーも、京都菓子匠十五代目の主人公が店の地下に巨大ロボを発見!(現在判明しているかぎり)という破天荒なもの。 ぜひ、明日、刮目して観たいものだ。

・ 京王多摩川周辺を散歩したときのこと
ドアマイガーの話だけだと短かったので、去年京王多摩川駅周辺を散歩したときのことを。
地図20141004
 
この日の目的地はホッピー工場でした。
ホッピービバレッジ調布工場20141004_2

…まあ、わたくし、酒ビギナーなのでホッピー苦手なんだけどね。あと、けっして工場見学的なアレではなく、外から眺めていただけ。
だけど、瓶を詰めたコンテナをフォークリフトが運んでいる様子とか外から見てるだけでも、けっこう楽しいよ。

京王多摩川駅周辺に移動。すると、大魔神がいた。
角川大映スタジオ20141004_1

佐々木ではない※1。…どうやら角川大映スタジオらしい。わたしはもちろん世代的に大魔神を観たことあるわけじゃないが、存在くらいは知ってます。調布には他にもにっかつスタジオがあって、割とそういうの盛んだったみたいね。そういえば、石原プロも調布にあるし。
建物の中にはでっかいガメラのオブジェとかもあるみたいよ。
角川大映スタジオ20141004_2

この方↑が何者なのか、わたしは残念ながら存じ上げないが、わたしは「はに丸くん」のことを思い出していた。

※1 くだらないこと言ってスマヌ。

 

Excel四十八手、更新しました

Excel四十八手、更新しました。今回のページはこちら。 

今回のキーワードは「エク弱」です。エク弱、「エクセル弱者」の略で、…正直良い表現ではない。少なくともみんながハッピーになれることばではないと思う。では、なぜこのことばを選んだか。…うーん、まず、やっぱ何かある現象に対して、わかりやすい名前って必要だと思うんですよね。「オレオレ詐欺」とか「ストーカー」とか。「ストーカー」なんて、広まったの25年くらい前だと思うんだけど、それ以前はそんなことば使われてなかったわけで。だけど、使われてはいなかったけど、ストーカー的行動をとってた人はそれ以前からいっぱいいたわけで。でも、あるとき名前がついたことによって、例えば「ストーカーってキモいよね」って言っても普通に通じて共感を得られるようになったり、あるいは「こういう人はストーカーっぽくなるからこれ以上親しくしないようにしよう」っていう個人レベルの対策がとれたり、あるいはストーカー対策法が整備されたり。…あれ?ストーカーの話?
…話を戻そう。要は、名前がつくことによって、物事が明確になったり、そしてそのうえで対策を練られるようになったりするってことなんだよね。だから今回、「エク弱」って名前をつけることによって、同時に「脱エク弱への道」も開けてくると思ったんですよ。
たしかに「エク弱」って、表現として、ちょっと傷つくと思う。だけど、これだけは言わしてほしい、オレもエク弱だったから。いろんなところで言ってるけど、わたし30過ぎまでExcel触ったことなくて、てゆーかパソコンもほとんど触ったことなくて(大学の卒論も手書きで書いた。当時すでに大部分の人がPC)。だけど、当時のバイト先ですごく丁寧に教えてくれる人がいて、その人がvlookup教えてくれてから急にExcelワールドが開けてきて。だから、わからないヤツ、できないヤツの気持ち、オレ、よーくわかる。なので、だからこそ、一緒にエク弱克服していこうよ、っていう気持ちがぼくにはあるんだよね。
まあ、たしかに、オレもエク弱だったていうのは「エク弱」っていう傷つく表現使う上で単にエクスキューズかもしれないけど。でも、だからといって仮に「ハッピーハッピー」って名前だったら、人は傷つかないかもしれないけど、意味わからんよね。なので、この辺でかんべんしてやってください。

今回は、脱エク弱のための第1章です。つづきはおそらく1ヶ月くらい先になるでしょう。申し訳ない。「そんなに待てないよ!」っていう人は、入門書、1000円くらいで売ってますので、購入を検討してみてください。購入のための指針についてもページありますので。
 

妖怪コタツめくり登場

朝起きるとコタツの布団が上にあがっていた。それは決してコタツの扱いが雑でめくれてしまったとかそんなではない。布団はていねいに上にあげられており、そこには人為が感じられた。

 …ご存知のとおり、コタツとは中に暖かい空気を閉じ込めることで暖房器具として成立している。それが、布団を上にあげるということは、中に冷たい空気入り放題ということである。
ちなみに、 ウチのコタツは中に段ボール箱が設置してあり、猫のくつろぎスペースとなっている。

結論から言うと、犯人は姉である。
猫というのは自由な生き物で、その時々で快適な寝場所を自由に探すのであるが、姉はその選択肢を1コつぶしたワケである。そうやって、猫が自分と寝る確率を少しでも上げているわけだ。水鳥が水面下で必死に足を動かしているのと同様、猫と一緒に寝るための努力を、姉は惜しんでいないわけである。
…しかし、夜な夜な…。妖怪に「枕返し」というのがいるらしいが、数十年後もし妖怪「コタツ布団めくり」というのが登場したとしたら、正体はウチの姉であろう。

弟:2015年に猫と寝た回数 0回
 
・『SBR』読了
SBR20150103

『スティール・ボール・ラン』読み終わりました。 まあー見事ですわ。ジャイロさん、第5部のブチャラティに並ぶカッコ良さ。彼らが「ジョジョ」に影響を受けながらも、逆にジョジョの生き方に影響を与えていく過程がすばらしい。
ちなみに、筆者は鍼に通っているのだが、そこの先生(女性)が「わたし、ブチャラティさんの靴下もってますよ」とのこと。どうやらそういう商品があるらしい。ジッパー付きの。

 ・赤玉ポートワイン
正月はコレ↓ばっか飲んでたなぁ…。
赤玉ワイン20150103

赤玉スイートワイン。最近読んだ「まだある。」という本のなかで知った。

まだある20150103

昔なつかしの食品を集めた本。この「赤玉ワイン」も昔からある商品らしく、ウチの母も「懐かしいわね」と言ってた。
ただ、味は、そのままで飲むと若干薬っぽいカンジなので、わたしはフルーツジュースで割って飲んでいる。アルコールも14%と強めなので、割って飲んでちょうど良いかんじ。まあ、安くて酔える、という需要もあるらしいが。
 

目指せ若葉台

…今日も歩くことにする。頻繁に歩いている感じはする、が、全然やせる気配がない。どういうことなのか。
地図20150102
 
本日のルート。国領から西進して鶴川街道へ。鶴川街道から多摩川を渡って稲城or若葉台を目指す。帰りは電車と決めているのだが、ゴールを稲城にするか若葉台にするかは体力しだい。この辺りになると一駅一駅の間が長いので悩む。

とりあえず鶴川街道とぶつかった。
鶴川街道20150102

この交差点はお散歩でよく来る。ここをそのまま西進して府中方面へ行ったり、南下したり。今日は南へ。 

多摩川原橋目前でにゃんこ発見!にゃんこ!にゃんこ!
多摩川原橋のねこ_1

多摩川原橋のねこ_2

多摩川原橋のねこ_3

さわらせてくれる子だった。たぶんノラだと思う。

わたしはあまりに人なつこいノラには「あまり人間を信用してはいけないよ、悪い人間もいるからね」と説教することにしている。触りながら。
わたしがキャバクラに行ったら、「こんなとこで働いてはいけないよ」とか言うタイプであろう。
多摩川原橋のねこ_4

バイバイしたのについてくる。かわいい。けど人間に慣れすぎていて心配になる。

多摩川原橋にでた。
多摩川原橋20150102

なんか工事やってるな。
しかし、割と稲城まで距離あるぞ…。

調布は調布飛行場があるので、割と飛行機が飛んでいる。
BlogPaint

写真小さいけど。

…若葉台行くか、稲城で帰るか。微妙だな…。とりあえず稲城駅見に行こう、と思ったが。
稲城20150102_2

まさかのハプニング。稲城駅が見つからない。線路はあるのに※1
わたくし実は極度の方向音痴である。昔、札幌でも道に迷ったからなあ…※2。てゆーか良牙くん?※3

あきらめて若葉台まで歩くことにする。割と距離あるんだけどなあ…。

この辺、田んぼとかあるんだよね。
稲城20150102_3

都内だよ?まわり山だし。

…しかし若葉台、たどり着かない…。なんてゆーか、ドラクエで言うとメルキド?「3」だとアッサラーム※4?そんなことを思い出していた。

ようやく到着。
若葉台20150102

道のりトータル約2.5時間。おつかれさまでした。


※1 この線路、実は京王線でなく武蔵野線だったことが後で判明。そりゃ道に迷うわけだよ。

※2 札幌は、京都などと同じく碁盤の目状になっているので、フツー迷わない。だけど気付いたら逆方向に進んでいたりする。

※3 天堂家から近くの空き地へ行くのに、北海道と沖縄を経由しないとたどり着けない人。

※4 距離はたいしたことないが、あばれざるが強かったような。


皇后杯決勝

年が明けた。

散歩をする。本日のコースはこちら↓
20150101地図

 国領から甲州街道を味の素スタジアム目指して歩く。約4駅分。

とちゅう国領神社で初詣。
国領神社20150101

わたくしウォーキングのとき割と神社やお寺に立ち寄るのだが、そういうのを写真を撮る前には自分ルールとして一礼することにしている。だって神仏に失礼なことしたら祟られそうじゃない※1

さらに、電通大前の稲荷大明神にも立ち寄った。
稲荷大明神20150101

…なんか今日超さむい。雪降ってきたし…。

1時間ほどで味スタ到着。
味スタ20150101_1

で、本日のメインイベント、皇后杯決勝。女子サッカー日本一を決める試合です。電車の中吊りの告知見て興味もつ。もし当日券なかったら観ないで帰ろうかと思っていたんだけど、たまたま買えたんで観戦することに。
今年は天皇杯(男子サッカー)前倒しだったんだよなー。

…しかし雪強くなってきたぞ。こんな中で短パンでサッカーするの?風邪ひくよ!
味スタ20150101_2

わたしの服装。ジャージにチマヨベスト、その上からゴアテックスのパーカ。まったく一貫性がありません。それでも寒かった…。

試合まで1時間ほどあったので『スティール・ボール・ラン』を読む。
味スタ20150101_3

もう少しで読み終わる。最近ジョジョ買い始めたんだよね※2。第4部が始まったあたりでジャンプ卒業しちゃったのでストーリー知らなかったんだけど、おもしろいです。
ここで一句。
雪のなか ジャイロのてっきゅう さくれつだ (季語は「雪」)

決勝は浦和レッズレディース 対 日テレ・ベレーザ
味スタ20150101_4

すでにおわかりのとおり、わたしはどちらのサポーターでもない。そもそも女子サッカー生で観るの初めてである。だが割と面白かった。浦和ファンには悪いが、個人技ではベレーザの方が一枚上手。ベレーザの10番が目立ってるような印象を受けた。
b10_hara_photo_s
原菜摘子選手。テクニックもあるし、何よりいつもボールに絡んでいるように見えたんだよね。

浦和は終止押され気味。そんななか11番が一人得点の匂いを感じさせた。
11_goto
http://www.urawa-reds.co.jp/ladies/ladies_players/後藤三知/ より転載
後藤三知選手。チャンスが少ないなかボールを引き出して攻撃のかたちを作ろうとがんばっていた。てゆーか日向くん※3

 帰りも家まで歩いたよ。

※1 わたしは特定の宗教を信仰していないが、しかし祟りとかはフツーに怖い。てゆーかここで「祟られそう」って書いたことも神様に怒られそうで気がかり。

※2 中古で集めてるんだけど、100巻超えてるんだよね。中古で1冊300円としても…。あと、本の置き場に困る。空間には限りがあるんだぜ?

※3 一人前線で気を吐く姿が日向くんっぽかった、という話。個人的印象。
 

つい犬神家を見ちまったぜ

昨日(2014/12/30)BS-TBSで『犬神家の一族』をやってた。『犬神家の一族』、今の若い子にはエヴァンゲリオンの題字の元ネタと言えばわかってもらえるかもしれない。
他にやることはあったのについ見てしまう。動機の半分は坂口良子※1である。坂口良子、はっきり言って端役なのだが、しかし何度見てもかわいい。猫の目のようにくるくる変わる表情と、少しおつむが足りないところ。完璧である。画像も探せばあるし、静止画でも十分美しいのだが、やはり動いているところを見ていただきたい。今回改めて見直して、坂口良子の目にうっすらアイシャドウらしきものを発見。化粧なのか、それとも天然なのか※2
あと、いつ見てもあおい輝彦※3が崩れ落ちるシーンでどうしても笑ってしまう。決して笑いが起こるようなシーンではないし、また決してバカにしてるわけでもない。昔大槻ケンヂが「あまりにもすごいシーンを目の当たりにすると、つい笑ってしまう」と言っていたが、それに近い。あおい輝彦の過剰な演技がすごすぎて「笑う」というリアクションしかとれないのだ。…まあこの映画、小夜子役の人も演技過剰だよね。そこが良いんだけど。


・年末年始に眺める本
年末年始に何しよう、とあれこれ悩んでいるのだが。
当初はゲームでもしようと思って中古ゲーム屋をうろうろしていたのだが、どれも食指が動かない。試しに入った書原で本2冊衝動買い。

1冊はコレ。
本20141231_1

『よみがえるケイブンシャの大百科』。オレは買ってもらった記憶はないが、雰囲気がなつかしい。
本20141231_2

画像右はオレが生まれた昭和53年のもの。ダンガード、ザンボット、ボルテス、大鉄人に加え、ちゃっかりバラタックもいる。好ーきーなんーだー、バラタック!
本20141231_3

右から2番目の「ヒーローロボット大百科」表紙にはボトムズ、バイファム、右上に小さくオーガスがいますな。しかし、バイファムは別にしても※4、ボトムズとオーガスは子供向けじゃないだろう。特にオーガスなんか、主人公ロボ全然出てこないし。

ていうか、これ1冊使って内容紹介と当時の思い出を語ればブログ書き続けられるんじゃないだろうか。…うーん、ネタに困ったらやるかも。

もう1冊はコレ。
本20141231_4

わたくしレトロフューチャーなデザイン大好きで。この頃は広告に夢があった、ように思うんですよ。まだ僕が子供だっただけかもしれないけど。
本20141231_5

ということで、正月はこれらをコタツに入って眺める予定。

※1 ご冥福をお祈りいたします。

※2 天然のアイシャドウというものがある、というのを『パタリロ』で知った(バンコランがそうらしい)のだが、現実にそういう人に会ったことがない。

※3 『あしたのジョー』の矢吹丈の中の人。

※4 バイファムはケンツ軍曹が良かったなあ…(遠い目)いや、あのね、ケンツ軍曹(9歳。「軍曹」はあだ名)はストーリー中ずうっと自分勝手で、みんなに迷惑かけて、ホント全然役に立たないし成長もしなかったんですよ。だけど最終回直前に、やっと他人を思いやった発言(「オレの弟になれ」)ができるようになって、そこがなんか、どんな人間も成長できるんだ、オレも成長できるんだっていう気持ちにさせてくれる、ホント良い話でしたよ。

サーティスファクショーン

かさねがさね年末である。
12月はわりかし飲みに行ったので、胴回りがエライことになっていたり。
それ対策で、素振りをすることにする。
バット20141230

コイツを公園に持って行ってブンブンやる。ちなみにわたし、野球は全然やらない。野球経験自体小学生のとき遊びでやっただけでほとんどない。そもそもフライが捕れない。なんでみんな打球の落下地点がわかるんだ?
だからこのバットも完全に素振り用である。いちおうスイング時のイメージは中田翔なのだが、残念ながら現段階では下半身が安定しないので毎回スイングが崩れる。安定した下半身と鋭く回転する腰を手に入れたいと夢想する。手に入れても発揮する機会はないけど。
ちなみに、わたしはバットをむき出しのまま公園まで持ち歩いているのだが、姉から「変質者だと思われるから、ケースとかにいれなさい」と注意された。…うーん、たかが素振りのためにバットケースを買うのか?

素振りの後はウォーキングである。わたくしウォーキングが趣味で。といってもはじめたのはここ半年くらいだが。…いや、それまでもね、断続的でこそあれジョギングとかしてたのよ。でも、年齢のせいかね、もう、走るのつらい。続けられないですわ。
本日のコースはこちら。
20141230地図

国領から狛江を通過して世田谷通りへ。世田谷通りから環八に突き当たったところで北上し、八幡山から電車で帰る。トータル3時間くらいの道のり。とちゅう、環八と世田谷通りのぶつかるところにあるサミットで晩ご飯のおかずを買う予定。

狛江から世田谷通りへ出て、世田谷通りを東へ。
世田谷通りのゴリラが見えた。
狛江世田谷通り_1

眼鏡屋さんの上なんだよね。
狛江世田谷通り_3

しかし、ここから環八出るまでが遠い…。とちゅうアイスを買う。だから瘦せないんだと思いつつ。
世田谷通り

サミットまで約2時間かかった。エビフライを購入。あとは環八を北上して帰路に。

帰るとこの人がエビフライに反応。いけません。
ねこ022

ねこ023

ウチの姉がichibaaaaan!! 第2回

年末である。
毎年この時期一回は姉と話題になるのが、次のスーパー戦隊のことだ。スーパー戦隊、説明は不要であろう。レッドを中心にブルー、イエローなどがいて、3〜5人で徒党を組んで悪と戦うアレである。次回は手裏剣戦隊ニンニンジャーなのだそうだが、その話題を姉に振ってみた。
弟「次の戦隊もの、手裏剣戦隊ニンニンジャーらしいよ」
姉「また忍者?いっぱいあった※1じゃん。ネタが尽きたかな」
弟「ハリケンジャーとかね。あったね」
姉「ケイン・コスギのヤツ※2もあったよね」
弟「…オレの推測では、ブルーはぐるぐるほっぺに覆面姿だな※3
姉「ああ、目にもとまらぬ早わざで」
弟「投げる手裏剣ストライク的な」
姉「山を飛び谷を越え」
弟「僕らの街にやってきてくれる。まさにヒーロー。ついでに主題歌もできたな※4
姉「そうなるとレッドは泣き虫だね」
弟「泣いて全体攻撃だね。怪獣もイチコロだね」
姉「ちくわの好きな犬もでるね※5
弟「おお!デンジマン以来だね、犬。隊長であってほしいところだ」


ちなみにウチの姉は「火薬の量と面白さは比例する」との持論をもっているので、一番好きな戦隊は『科学戦隊ダイナマン』である。

※1 スーパー戦隊ではないが『忍者キャプター』もある。オレは生まれてないが。主題歌は水木一郎と堀江美都子のデュエット。豪華である。だってそれぞれ『マジンガーZ』と『キャンディ・キャンディ』の歌い手なんだぜ?馬場と猪木がタッグを組んだようなもんだ。違うか。

※2 カクレンジャーのこと。気付いたらたまに主題歌を口ずさんでしまう。

※3 お気づきのとおり、ここからの話は単なる妄想である。しかしこれが楽しい。また姉も付き合ってくれるんだなこれが。

※4 できてません。

※5 ハットリくんのファミコン、難しかった、というか、小学校低学年のオレにはシステムが理解できなかったなあ(遠い目)。

ウチの姉がichibaaaaan!! 第1回

わたしは姉と同居しているのだが、姉とほぼ毎朝のように言い争いになる。理由はコイツ↓である。
ねこ003

コイツがどちらと寝たのか。姉なのか、わたしなのか。これがウチでは大問題である。
今朝もコイツは姉の部屋から出てきた。わたしは、敗北を知りつつもコイツを問いつめることにする。

弟「お前は昨日誰と寝たのか」
ねこ014

まー憎らしいことにシレッとしている。手なんか温めているトコロがさらに憎らしい。
ねこ013

角度を変えるとこんな↑感じだ。

日本語がしゃべれない猫に代わって姉が答える。

姉「デビちゃん(猫の名前)昨日あたしと寝たもんねー」

弟「…何ィィ!お前!あんなのと寝たのか!それでいいのか」

姉「やーい、あんなの以下ー」


…毎朝こんな感じだ。おかげで毎朝険悪である。

だがたまにはコイツもわたしの腕のなかに収まることもあり、
ねこ006

至福の時である。

だが、そういうときに姉に見つかると、「オレ、オマエ、キライ」と、初期の仮面ライダーアマゾンのような日本語で捨て台詞を吐いてくるから油断は禁物だ。まあ、猫があれば何を言われようがどうってことないがな。

ということで、姉の話でした。

ちなみにichibaaaaan!!は「イチバーン!!」と読む。イントネーションは、彼の発音を真似しよう。
ホーガン20141116_1

愛用のホーガンTシャツから登場してもらった。といっても、最近の子は知らんか…。
ホーガン20141116_2

アイロンぐらいかければよかったぜ。
プロフィール

森田表計算の中の人と同一人物。
実物はスーパーキャットに似ているらしい。『パタリロ』の。

最新コメント