まじめになっちゃだめだ

そのほうがうまくいくんだ

2016年04月

Excel師匠のこと

30過ぎて「ファイル」と「フォルダ」のちがいもわからなかった自分に、師匠はいきなりvlookupを教えてくれた。

「…すげえ!Excelおもしれえ!」ってなった。

僕とExcelとの付き合いはそこからだ。


師匠は質問すると何でも教えてくれた。自分もめちゃめちゃ多忙だったのに、手を止めて懇切丁寧に教えてくれた。トンチンカンなことを質問しても、決して否定せずに聞いてくれた。

師匠はめちゃめちゃ、優しい。ある日、師匠が風邪引いて仕事休んだ日、奥さんが飲みに行って帰ってきて「迎えにきて」と電話すると、駅まで迎えにきてくれたそうな。熱あるのに。
(これだけ書くと奥さんドイヒーな人のようだが、奥さんもとてもチャーミングな人だ。ちょっとお酒が好きなだけである。2人ともとってもラブラブでステキな夫婦でした)

これだけ優しい師匠のことを、みんな大好きだった。女子社員一同で、名前入りのうちわ、しかもジャニーズアイドルのファンの娘たちが持つようなうちわを作って師匠にプレゼントしていた。男性陣も師匠のことが大好きで、みんなが師匠のことを頼っていた。師匠は仲間内を家に呼んだり、バーベキューしたり花火大会見に行ったり、いろいろ企画もしてくれたが、そういう席に僕も呼んでくれて。当時心がねじくれていた僕も仲間にいれてくれた。最高だった。

師匠ともう5年くらい会ってない。連絡しようと思えばできるのだが、何を話せばいいのか。。でも師匠のことを思うと少し胸が熱くなる。当時「オレの人生もうダメだ」病に罹っていた僕に「Excelおもしれえ!」って思わせてくれて。人間、「おもしれえ!」って興味もつと、どんどん先へ進んでいくじゃない。そのきっかけを与えてくれたんだよね。人間的にもすごく優しいし、ホント大好きだった。こういう人に、僕もなりたい。

【相談】進捗具合がバラバラの進捗管理表を管理する

先日相談を受けた件なのですが、汎用性がありそうなのでこっちにも書いておきます。

【相談内容】
「いくつかのカテゴリに分けてwebページを制作しているのですが、「校了」のステータスが立っているページ数の合計を知りたいのです。進行はステージ1から、最大ステージ5まであるのですが、カテゴリによってはステージ5を待たずに校了してしまうものもあり…。もちろんまだ「校了」になっていないカテゴリもあります。sumif関数を使おうとしたのですが、うまくいきません。どうしたらよいでしょうか?」

サンプルの表はこんな感じ↓でした。
excel20160417_1

こういうとき僕が最初にやることは「ヒアリング」です。つまり、相手の業務内容を知ることです。相手がやりたいことを正確に知らないと、的外れなアドバイスをしてしまいますから。僕はだいたい相談を受けると、「ヒアリング6、手を動かす時間1、教える時間3」くらいの割合でやってます。

で、今回。
たしかに、「校了」のステータスが入っている列(ステージ)、バラバラですね。カテゴリA・Bはステージ5で「校了」なのに、カテゴリDはステージ4、カテゴリFに至ってはステージ2です。なんだけど、1~5までのどこかに「校了」って入っていたら、左にあるページ数の合計を割り出したい、と。
excel20160417_2

週次報告とかに使うそうな。こういう仕事、進捗管理してると多いですね。

こちらの方はsumifが使えるということで、なかなかのExcelの使い手なのですが、うまくいかないとのこと。それもそのはず、sumifって、

=sumif(検索範囲,検索条件となる文字,sumの合計範囲)

ってなっていて、文字検索する範囲は1列に納まっていなければならないんですよ。だから例えば、もしこんなふうに↓表が作られていたら、sumifで一発で割り出せます。
excel20160417_3

excel20160417_4

excel20160417_5

ほらね。
おそらくsumifが最初に指定する引数「検索範囲」って、複数列にまたがってるとダメで、複数列指定したとしても一番左しか見に行かない仕様になってると思うんですよ。だから最初に指定する範囲は1列じゃないとダメ。だから、「校了」って列を設けて、そこだけにステータスが入っていればsumifで問題ないんです。でも今回はこうなっていないわけで…。じゃあ、どうしましょうか。


こういうときは、一発でなんとかしようと思わないことです。分けて考える。そもそもsumifってsumとifの組み合わせだから、それを分けて考えればよい。
空いている列を使って、まず、各カテゴリ(A~F)の「校了」の有無を調べて、そいで、もし「校了」があったらページ数を引っ張ってくる、とすればよい。
excel20160417_6

「校了」の有無は、…countifで調べられますね。
excel20160417_7

excel20160417_8

「校了」があれば「1」が返ります。
だから、もしcountifが1だったら左にあるページ数をもってきて、そうじゃなければ0、ってことにしちゃえばよい。
excel20160417_9

excel20160417_10

ほい。「校了」ステータスのページ数を引っ張ってこれた。
あとはコイツらをsumしてあげれば、いっちょ完了。
excel20160417_11

excel20160417_12

作業用に引っ張ってきたページ数がカッコ悪ければ、非表示にしてもいいしね。
excel20160417_13

ということで、一応解決。

おそらくもっと良い解決法もあるんだろうけど、上記がシンプルで良いかな、と思っています。僕は複雑なことはできないし、複雑なことを教えるのはもっとできない。だけど、なんとか結果が割り出せるなら、これでいいんじゃないかな。
ではでは。

国領の猫のいる美容室

気付けば桜も散ってしまいました。
国領20160331_3

今シーズンはあんま天気よくなかった印象。たまたま休みの日がそうだっただけかな…

ウチの近くの三峰神社。
国領20160331_1

超ちいさくて、たぶんウチの親族しかお世話してないと思うんだけど、ココにはほぼ毎日顔を出してる。僕は割と神社とかお寺とか好きで、散歩中見つけるとだいたい手を合わせにいく。
お願いするのは、家族とか、犬とか猫とか、ぼくの周りの人の平穏無事。自分のことは願わない。だって自分のことは自分が気をつければいいだけじゃん。
別にぼくは神も仏も信仰してるわけじゃない。でも、1日のうち2秒でも3秒でも「誰かのことを想う」ってのが、精神衛生上非常に大事だな、と思ったり。…アレ?結局功利主義かよ。でも、誰もが自分が一番大事で、特に仕事なんかしてると1日中「自分の利益」なんかを考えてしまい、、、まあ、コレが普通なんだけどさ、でも1日のうちどこかで純粋に「他人のことを想う時間」ってのを設けてもいいと思うんだよね。

いつも見てる神社なんだけど、気付いたことが。鳥居に平行して木が植えられてる。
国領20160331_2

鳥居のうしろ。あとで母親に聞いたら、「あの木には意味があって、アレが結界の役目をしてるんだ」って。へー、そうなんだ。


・先日仕事から帰るとちゅう

たまに前を通り気になっていた、猫のいる美容室。ある日の夜。
美容室レア20160405_1

2匹いらっしゃった。
美容室レア20160405_2

気になるね。
翌朝、いつものルートとは違うが、見に行ってみようと通りを歩いていると、看板が出てた。
美容室レア20160405_3

美容室Le'a(レア)。猫のいるサロン。…4匹もいるの?
猫のネーミングにセンスを感じる。

前を通りかかると、にゃんこの客引きが。
美容室レア20160405_5

「ワイの店になんか用か?」

人なつこく、近寄っても大丈夫みたい。
美容室レア20160405_4

お腹を見せてくれる。

リラックスしててとてもイイ感じです。
美容室レア20160405_6

グッバイ。

花園神社の男神さま

先日、打ち合わせの時間に早く着いちゃったわたしは、以前から気になっていた花園神社を散策。
花園神社、メジャーではあるんだけど、ここに男の神様がいらっしゃるということで、見に行くことにする。打ち合わせに同行のおじさんと2人で。 

ということで、花園神社散策開始。花園神社にはいくつか拝殿があるのだが、目的のものはすぐ見つかった。
コレ↓。
花園神社20160328_4

入り口は鳥居がたくさん並んでいるタイプ。
花園神社20160328_3

拝む。
花園神社20160328_5

そして探すと…、いた。いらっしゃった。
花園神社20160328_6

木製のステキな神様。木の質感がやさしい印象。これをおっさん2人で見に行くのだから何か勘違いされたかもな。
ありがたや。

神社の裏側にもいらっしゃった。

花園神社20160328_1

ちょっと気付きにくいんだけど、アップ。
花園神社20160328_2

石製のアレ。プリミティブな造りに勢いを感じる。

本日の散策、終了。


・うちのにゃんこ

うちのにゃんこは戸を開けることができます。
ねこ218

ねこ219

閉めることはできません。

あと、たまに洗面台で水を飲みます。
ねこ221

ねこ220

いや、水は人間が出してあげないといけないんだけどさ。

変わるんじゃない、思い出すんだ

自分以外の何者かになんてなれないよ。

年を経って、真剣にそう思う。

たしかに最初は遠くの誰かにあこがれる。
すごく遠くにある、かっこいい、輝いている、何か。
そしてそれは、今の自分じゃない何か。
今のちっぽけな自分なんかとは全然グレードの違う、そしてちっぽけな自分を救ってくれるような、何か。

でもたいていは、手が届かない。手が届かないとき人は「ああなりたかった、こうなりたかった」と、悔しがることばばかりが頭のなかを飛び回り、そして、疲弊する。

でもそれは、仕方ないことなのかもしれない。
スタートラインが自己否定だもの。
自己否定の裏返しで、壮大な夢、のようなもの、を追いかけてるつもりになっているんだもん。

富野さんがこんなことを言っていた。

「45歳までは君たちも挽回できる。人間の基本は9歳までの、当時は解決方法が見えなかった欲求で、それからは逃れられない。それが何だったか思いだせ」

こどものころの自分を見つめて、それがどんなヤツだったのかを思い出す。そのなかに、ヒントはあるよ。
何を求めていたのか。
どうしたかったのか。
何が好きだったのか。嫌いだったのか。
そのひとつひとつが、今につながっている。だから、遠くに探しにいく必要なんてないよ。きっかけは近くに転がってるんだ、絶対。
オレはそう、思うんだ。
livedoor プロフィール
最新コメント