年も明け。
千葉に遠征しました。目指すは鋸山です。
鋸山20180102_001

拠点とするのは浜金谷駅。朝7時出発で、電車を乗り継ぎここに到着したのが10時。ここから鋸山頂上を目指します。
町の風景。
鋸山20180102_002
海沿いなので南国風の木が多い、気がする。冬枯れしてるけど。
この石垣、鋸山で切り出した石を使ってるんだって。鋸山は石の産地だったらしく、昔は人力で、チェーンソーとかもないからつるはしでガシガシ削って切り出していたらしいよ。セブンイレブンのとなりのカフェのおばちゃんが教えてくれた。
そうそう、セブンイレブンの隣にKANAYA STATIONってカフェがあって、そこのおばちゃんがとても親切で。前を通りがかっただけの私を中に案内してくれていろいろ歴史とか(手短に)教えてくれた。ぜひ帰りに立ち寄ろうと思っていたのだが、、、帰りはちょっとしたルート手違いで立ち寄れず。お風呂もやってるし次はぜひ寄りたい。

さて、駅周辺にさっそく廃墟のすがたが。
鋸山20180102_004

なぞの実も。
鋸山20180102_005

そんなこんなでうろうろしてたら山道入り口に着いた。
鋸山20180102_006

せっかくだから、オレは左の道を選ぶことに。
鋸山20180102_007
左の道は車力道と言って、昔は切り出した石を女性の労働者が手押し車で運ぶための道だったんだって。240kgとか運ぶらしいよ。ハンパねえな昔の人。

ここからは登り道。いくつか廃屋もあった。
鋸山20180102_008
ぺしゃんこ。
鋸山20180102_009
穴だらけ。

のぼって行くと、だんだん石壁がせまってくる。
鋸山20180102_011
こんなところ手押し車で下るのかよ。。

「お墓がある!」と思ってちょっとビビったら、
鋸山20180102_012
切り出した石を放置した跡だった。サイズ感が墓石に似ててビビる。

で、ついに石壁である。
鋸山20180102_015

鋸山20180102_017

鋸山20180102_020

鋸山20180102_021

鋸山20180102_026

鋸山20180102_028

鋸山20180102_031

昔のブルドーザーもあった。
鋸山20180102_036

なぞのオブジェ。
鋸山20180102_034

さて、鋸山山頂は2時間ほどで着きました。
鋸山20180102_025

329.5m。ですが、けっこうアップダウンは激しい。階段状になっているところがほとんどなんだけど、その1段1段がキツいので、足腰膝に負担がきます。正直まじハード。

とちゅう海も見えました。
鋸山20180102_022

向こうに見えるのは富士山!来るとちゅう内房線からも見えたんだけど、そりゃあんだけデカけりゃ信仰の対象になるわな、と納得。
鋸山20180102_023

当日は好天に恵まれて最高の眺め。

あと、変な木もあったり。
鋸山20180102_024

ご年配者にとってのカタカナ表記のむずかしさを再認識させられたり。

鋸山20180102_016

ロープエイ。ロープウェイ乗り場もあるらしいんですよ、今回は使わなかったけど。

で、山頂に寄ったあと一旦とちゅうまでルートを戻り、日本寺の方に寄りました。

崖から下を見下ろせる地獄のぞきは、
鋸山20180102_041
超並んでいたのでスルー。日本寺の方は、ロープウェイや自動車で参拝する人がたくさんいるらしく、人・人・人でごった返す。山の服装してる私みたいな人は少数派。

石壁の仏様も。
鋸山20180102_040

すごく良かったコレ!素直にありがたみを感じたわ!平面仏に小生いたく感動。

そして大仏。
鋸山20180102_042

鎌倉の大仏や奈良の大仏よりも大きいサイズ、みたいです。すばらしいね。

ここでおみくじひいて大吉でした。ついでに厄よけのお札も奉納する前厄の私。

で、下山したら、、出発地の浜金谷の方じゃなく、保田駅の近くに来ちゃったので、、
BlogPaint

保田駅近くの道の駅で温泉はいろうと思い立ち寄る。KANAYA STATIONのおばちゃん、寄れなくてゴメンね。
この道の駅は元小学校なんだって。改装してお風呂・ごはん・宿泊可能な施設に生まれ変わったらしいよ。
しかし、、、本日混み混みでお風呂は15:00まで。。。。ちょっとお風呂の時間に間に合わず。
ということでお風呂入れないまま再び電車で3時間、帰路についたとさ。やはり正月3が日は、綿密に計画たてて行かないとね。