藤猪省太側から見た野村豊和。

著名な柔道家インタビュー  藤猪省太氏

1学年上の先輩として野村豊和がいたのだが、野村は背負いを教えてくれなかったらしい。でも、藤猪の方は意識していたし、ライバル視していた、という話。

逆の視点、野村豊和側から見た藤猪の記事もあった。

著名な柔道家インタビュー 野村豊和氏

「背負投でも私と藤猪君では似た部分もあれば、違う部分もあり、技にも個性があります。」
ココ細かく解説してほしいなー。一柔道ファンとしては。

「藤猪君が私をライバルという目で見ていたということを聞きましたが、私自身は、毎日の練習に打ち込んでおり、ライバルとして意識する余裕がなく、柔道部での生活を送ることで精一杯でしたね。ただ、藤猪君が私の練習を常に見ており、私と同じように夜の打ち込みをやっていたので、それによって藤猪君も強くなったと思います。
私の頃の天理高校は国体で完全優勝を成し遂げ、藤猪君は全国優勝をするなど輝かしい栄冠を勝ち取っています。これも練習に励む先輩がいて、それを後輩が見習うといった柔道に取り組む姿勢が代々引き継がれたからだと思っています。」
胸の熱くなる話だ。

・全日本選手権

さて、毎年4月29日は柔道全日本選手権。 大野翔平が出場したことで話題となったが、、

原沢は油断かな。全日本選手権で絞技一本って長い間決まってなかった、という話をコムロックの本で読んだ気がしたが、たしかに珍しい。相手の百瀬選手の、いかにも寝技に自信アリ、立ち技でも余裕ある感じは応援したくなった。今回で引退らしいが。

ウルフの柔道は応援できないなー。組み手を切り、相手をイライラさせる作戦が基本で、展開が膠着したら押し相撲の指導狙いもやる。でも、見てて腹立つ。準決勝の対戦相手の加藤博剛選手、良かったんだけどなー。重量級相手に巴でポイントとれるってすごいでしょ。しかしウルフ戦は有効とってたのにウルフの組まない柔道に呑み込まれて反則負け。あーあ。ウルフの柔道は石井慧を思い出す。