「どうして人を殺してはいけないのか」

自分の子供にこう聞かれたらどうしようかな、と最近考えていて。自分に子供はいない。けど、もしいたとして。どう応じるか、それを思案していた。


まず、論理的に答えてみよう。

「どうして人を殺してはいけないのか」


「法律で決まっているから」

まず思いつく応えがこれである。ふつうに人間は人を殺すし、その点は動物と同じ。内発的に殺人を禁止するものがある、なんてことはないし、どこか遠くに「神の善の意志」とか「絶対的な倫理」とかがあってそれが殺人を禁止する、なんてこともない。だって殺人事件、そこらじゅうで起きてるじゃん。それに、戦争状態とかになっちゃったらぼくらはきっと人を殺すのである。相手は国の違う人かもしれないし、自分と同じ顔の誰かかもしれない(内戦とか)。だから、「人間は人を殺さない(ようにアプリオリにできている)」とか「人間は暴力を生理的に嫌悪するようにできている」なんてことはまったく事実に反するのであって、人間は人を殺すし、ほうっておけば人を殺しちゃうようなやつらだからこそ人を殺しては「いけない」とするルールがあるのである。そのルールが「法律」。

もちろん、この問いで我が子が納得してくれるなんて思っていない。けど、「どうして」「いけないのか」と聞かれる以上、「いけないとされる」「理由」を応えたくなる。でも、おそらく我が子が求めるものとはちょっとズレてるだろう。

なので、もう一歩踏み込む。

「どうして人を殺してはいけないのか」


「法律で決まっているから」


「じゃあなぜ法律は、殺人を禁止するのか。
殺人を規制するような法を、なぜ人は作るようになったのか。」

問いはここへ来てようやく出発点に来るように思う。実は、「どうして人を殺してはいけないのか」は、練りこまれていない未熟な問いだ。というのも、「どうして人を殺してはいけないのか」と聞いて「法律で決まっているから」と応えられたとき「何か違うな」と質問者が違和感を感じるのはわかるのだが、こちらとしても「どうして」と「理由」を聞かれている以上、こう応えるしかないからである。つまり、「問いたいこと」と「質問のことばとして出てきたもの」がすこしズレているのだ。でも、まあ、それはしょうがない。大人だって言いたいことにうまくかたちを与えることができないでいるのだし、子供だったらなおさらだ。

さて、じゃあなぜ法律は、殺人を禁止するのか。

ぼくならこう応える。

「自分が法律を作る側になったとして考えてごらん」

例えば、自分の国を作ったとする。人口100人の国でも、10人でもいい。そして、自分がこの国で一番エライ、とする。で、自国民10人なり100人なりを束ねる法律を作る、としよう。そのとき、殺人は「アリ」だろうか。殺人に対して何の罰則もない、そんな国にできるだろうか。
 
…おそらく無理だろう。殺人OKの国は、おそらく『北斗の拳』のような裸に革ベストの男たちがヒャッハー!する世界を想定するのが一番容易だろうが、もしそうなってしまったら気に入らないことがあったときかんたんに人を殺す社会になり、人口はどんどん減っていって、最終的に国として成立しなくなるだろう。そもそも自分の身の安全さえもあやしい。
人殺しを規制するものがないと、人は容易に人を殺す。しかしそれでは、「国」というコミュニティが成立することはできないし、いやもっと小さく「村」でも「集落」でもいいんだけど、人が複数一緒に暮らしていくことはできないのだ、おそらく。だからおそらく、古代に生きる人々は、人を殺すことを抑制するルールを作り、自らにそれを課した、のだ。自発的、自主的に。それは、人と人とが一緒に生きていくための「知恵」である。

なので、ちょっと考えてみてほしい。自分が国をデザインする。その国には人が何人かいる。その人たちをうまいこと生活させていくために、殺人は「アリ」だろうか、「ナシ」だろうか。殺人だけじゃない。そもそも暴力は「アリ」だろうか。

おそらくこれで我が子にもわかってもらえるだろうと思っている。仮にこれでもわかってくれないのだとしたら…、まずは「想像力」を醸成する方法を考えないと。