まじめになっちゃだめだ

そのほうがうまくいくんだ

Excel

勉強のコツ

・失敗しろ

・時間をかけろ

・反省するけど、最後は自分



これがわたしの勉強のコツ3箇条です。以下、説明。

・失敗しろ
不器用な人間が成長するにはこれしかありません。たくさん失敗して、たくさん痛い目みて、学ぶ。
世の中には要領のいいひとってのもいますが、うらやんでいても仕方ありません。たくさんぶつかって、失敗の経験を蓄積しましょう。後になって気づくものですが、実はそれが一番の財産です。

・時間をかけろ
時間をかける。これより他ないです。「時短」とか「効率」とか「即効果アリ!」が巷ではもてはやされてるようですが、だまされてはいけません。富野由悠季さんも言ってますが「コツコツやるしかない」んです。富野さんほどの人物が言うんだからもうそれしかないでしょう。
お気づきのことと思いますが、「時間をかけろ」は「失敗しろ」と密接に関わっています。失敗するんだから時間はかかります。時間をかけて、たくさん手をだして、たくさん失敗して…、それで身につくんです。要領のいいひとが1回でできたからといって、だから自分も…とはなりません。自分は同じことを2度3度とやって、繰り返しやって、身につける。スピード競争じゃないんだから、それでいいんです。

・反省するけど、最後は自分
…これは、以前からずっと思ってたことなんですが、「どうしてうまくいかないんだろう?」ってなったとき、自分を殺しちゃう人、多いなと思って。自分の考えをゼロにして他人の意見にしたがっちゃう、っていう。心底から納得してもいないのに表面上他人の言う通りにして、じゃあうまくいかなかったらどうするかっていうと、「誰々さんが言う通りにしただけです」って、それはダサイだろう、と。
納得してなきゃ納得するまで時間かけようよ。
納得してないのに表面上うまくやろうとするからストレスになるんです。他人につぶされちゃうんです。自分の心を「他人の意見」に独占させてはいけません。他人の意見は、耳ぐらいまではいれてほしいけど、あくまでハートは自分。考えるのも自分。他人の意見にそのまま全面降伏するんじゃなくて、自分のなかで一回咀嚼して、「この部分は納得できる、残りは納得できない」とか「やっぱ納得いかないわ」というように、他人を一度突き放して考えないといけません。それは、「師匠」とか「先生」と呼ばれるひとの意見でも、そうです。
自分の中の「納得」を、かんたんに手放さない。それが大事です。

…実はこれには、ウラの意味があります。実は、素直に他人の言う通りにできるひとの方が伸びます。それは間違いありません。でも、素直な人間ばかりじゃないじゃないですか。それに、人のいうことを聞くにしても、相手にもよるだろうし。だから、納得するまで失敗を繰り返して、時間をかけて。そうやって前に進むやり方だってあるんです。自分の道なんですから、他人と同じとは限りません。

Excel四十八手、更新しました 20180606

Excel四十八手、更新しました。今回はコチラ

VBA編です。単なる構文の紹介なので、おもしろみに欠けますが、きっと必要な内容だろうなーと思って書きました。まあ、もしよかったら。

あ、そうそう、手抜き記事ですみませんが、ウチの猫が超ハマってるおもちゃ。

<リンク>猫の家(R)

めちゃめちゃ遊んでハァハァいうまで遊んじゃうのでこっちが心配になるくらい。加減して遊んであげてください。

あと、こないだ買って超満足してるおしゃれな「もんぺ」。

<リンク>うなぎの寝床

ちょっとお高いんだけど、でも履いててラク。ウエストはゴムだ、。履き心地もいい。涼しいし、軽い。
そして上にシャツはおればビジネスカジュアルくらいならいけちゃいそうなスマート感(色にもよるけど。自分はキャメルを購入)。
蚤の市の出店で購入したのですが、店員さんに「これであなたもモンペニスタですね」と言われる。モンペニスタ…なんだその呼称。。


Excel四十八手、更新しました 20170613

Excel四十八手、更新しました。今回はコチラ

ひさびさのvba編、今回のテーマは「ブックの合体」です。カテゴリーごととか担当者ごとにExcelを分けて運用すること、よくあると思います。分けた方がひとつひとつの件数は少なくなるし、管理もしやすい。だけど、「合体して一覧したい」ときもあります。手作業で合体してもいいんだけど、頻度が多くなってくると面倒…。そういうときに使ってください。

今回のページでは、

■フォルダ内のExcelを合体してひとつにまとめる(1列目1行目からはじまってる表限定)
■上↑の改良版:表の左上(スタート地点)を指定できるバージョン
■各Excelがもってるシートを全部見に行って合体するバージョン

の3つを作りました。みなさんのお仕事に合うバージョンを学んでいただければ。
僕自身、このマクロをよく使っています。1コ元データとしてもっておいて、合体したいときにそのフォルダにコピーしてマクロ動かす、みたいにして。「合体したいフォルダに入れてやる」って仕様にしたことで、利便性が高まったと思っています。

Excel四十八手、更新しました。 20170526

Excel四十八手、更新しました。今回はコチラ

文字を結合することって自分は仕事でよくあるんだけど、例えばカンマつなぎにするときに「よけいなカンマ、どうにかしたいな」ってことがけっこうあったんですよ。それで書いてみました。
どうやらExcel2016からはtextjoinって関数ができて、コイツがけっこう賢いらしいんだけど、でもそれ以前のバージョンだと頼れない。なのでいちおう、やり方書いておきます。役に立てれば幸いです。

Excel四十八手、更新しました 20170226

Excel四十八手、更新しました。今回はコチラ

今回は配列の話です。配列数式、正直ぼくはほとんど使うことはありません。なぜなら、、、よく配列を使いたがる人って「ムダな列を作らずに一発で計算したい!」って欲求があるみたいなんですが、ぼくにはそういう思いが1ミリもないからです。作業列作って、計算して、消して、…。この方が計算過程が見えて安心できます、個人的に。
ですが、配列数式にしかできないこともあるかもしれないので、知識としてはもっておいた方が無難かもしれません。
以前「配列の解説を」とコメントいただいて、それから1年以上経っちゃったし内容的にはたして求められてるものとマッチしているのか不明ですけど、一度体験しておくことに意義があります、何事も。お互い。
プロフィール

森田表計算の中の人と同一人物。
実物はスーパーキャットに似ているらしい。『パタリロ』の。

最新コメント