ロック/ハード・ロック

2008年01月12日

ブレッド(Bread)イフ(If)

洋楽ロック - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:ブレッド
曲名:イフ(If)

この曲は、ロックというかソフト・ロックになると思いますが、
1971年にリリースされた3rdアルバム「Manna」に
収録されており、全米第4位を記録しました。
とても美しいバラードで、ブレッドの曲の中ではとても人気があります。


アーティストプロフィール
1968年アメリカのロサンゼルスで結成された。
初期のメンバーは、デヴィッド・ゲイツ(David Gates)、
ジェイムス・グリフィン(James Griffin)、
ロブ・ロイヤー(Robb Royer)の3人。
1970年マイク・ボッツ (Mike Botts)がドラマーとして加わる。
1970年リリースの2ndアルバム「On The Waters」
収録の「Make It With You」が全米、全英で1位を記録する。
1973年解散、1976年再結成するがアルバムを
1枚リリースしたのみで解散する。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓続きを読む

majiya1 at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月30日

ブロンディ(Blondie)ハート・オブ・グラス(Heart Of Glass)

洋楽ロック - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:ブロンディ
曲名:ハート・オブ・グラス(Heart Of Glass)

この曲は、1979年リリースの「PARALLEL LINES」
邦題「恋の平行線」に収録されており全米第1位を記録しました。


アーティストプロフィール
アメリカニューヨークで1974年に結成された。
デビューは1976年。
ブロンディはバンドの名前でヴォーカルの名前ではない。
結成時のメンバーは、デボラ(デビー)・ハリー(Vo)、
クリス・スタイン(Gu)、クレム・バーク(Dru)、
ジミー・デストリ(Keyb)。
妖艶なヴォーカルデボラ・ハリーがポップでパンク(?)な
曲調を歌う。
1982年解散 1998年再結成。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓

続きを読む

majiya1 at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月20日

イーグルス(Eagles)ならず者(Desperado)

CMの曲 - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:イーグルス
曲名:ならず者(Desperado)

この曲、何のCMで使われていたのか思い出せません。
1年〜2年前位だったと思います。
CMでは平井賢さんのカヴァーヴァージョンが使われていました。
原曲は、イーグルスの1973年リリースの2ndアルバム
「Desperado」邦題「ならず者」に収録されています。


アーティストプロフィール
1971年結成。オリジナル・メンバーは、グレン・フライ、
ドン・ヘンリー、バニー・レドン、ランディ・マイズナーの4人。
きっかけは4人それぞれがリンダ・ロンシュタッド
バックバンドとして雇われ、そこで知り合ったこと。
1972年リリースのファーストアルバム「EAGLES」からの
シングルカット「Take It Easy」は、全米12位を記録した。
そして、1976年リリースされた6作目のアルバム
「Hotel California」は世界中で1100万枚を売り上げた。
1982年解散。1994年に再結成。
2007年にアルバム「ロング・ロード・アウト・オブ・エデン」を
リリース。新曲アルバムとしては28年ぶりの発売。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓
続きを読む

majiya1 at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月05日

リンダロンシュタッド(LINDA RONSTADT)イッツ・ソー・イージー(It’s So Easy)

洋楽 - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:リンダロンシュタッド
曲名:イッツ・ソー・イージー(It’s So Easy)

この曲は1977年にリリースされたアルバムSimple Dreams
(邦題 夢はひとつだけ)からシングルカットされました。
オリジナルは、1950年代にアメリカロックの草分けとして
活躍したバディー・ホリーの曲です。


アーティストプロフィール
アメリカアリゾナ州出身の1946年生まれ。
1970年代のウエストコーストミュージックの代表格。
1967年にストーン・ボニーズというフォークソングトリオでデビュー。
しかし全く売れず。
1969年ソロで再デビューする。
当時は、カントリーを中心にしていた。
このカントリー時代にあの「イーグルス」がバックを勤めていたことは有名。
その後ロック色が濃くなるが、シンガーソングライターとしてオリジナルの
歌を歌うのではなく、カバー曲を中心に構成したアルバムが多い。
80年代に入ってからはジャズやメキシコ音楽などのジャンルにも挑戦している。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓
続きを読む

majiya1 at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月30日

ホール&オーツ(HALL&OATES) リッチ・ガール(RICH GIRL)

アーティスト:ダリル・ホール&ジョン・オーツ
曲名:リッチ・ガール(RICH GIRL)

この曲は1976年にリリースした5枚目のアルバム
「ロックン・ソウル」からシングルカットされました。
全米第1位を記録しました。
映像は、大分近年のもののようです。原曲と比べ
アコースティックな音造りになっていますが、
あのダリル節を存分に聴かせてくれます。


アーティストプロフィール
アメリカ出身でヴォーカル、キーボード、ギターのダリル・ホール、
ヴォーカル、ギターのジョン・オーツから成るデュオ。
1972年にデビュー。
ポップさの中にR&Bやソウルのテイストを取り入れた音楽性は、
文字通りロックン・ソウルであり、ブルー・アイド・ソウルと
言われるゆえんで有る。
1991年解散、1995再結成現在に至る。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓続きを読む

majiya1 at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月29日

T.レックス(T.REX)ゲット・イット・オン(GET IT ON)

洋楽ROCK!! - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:T.レックス
曲名:ゲット・イット・オン(GET IT ON)

この曲は1972年リリースのアルバム「ボラン・ブギー」(BOLAN BOOGIE)に
収録されています。「バング・ア・ゴング」(BANG AGONG)という曲名で
全米第10位を記録しています。


アーティストプロフィール
1968年に「Tyrannosaurus Rex」という名でアコースティック・ギターと
ヴォーカルのマーク・ボラン、パーカッションのスティーヴ・トゥックの
2人組みでデビュー。
マーク・ボランはイギリス、ロンドン出身。
1970年にスティーヴ・トゥックが脱退、新メンバーとして
ミッキー・フィン、ベーシストのスティーヴ・カーリーが加わり
ギターもエレキを導入する。バンド名もT.REXと短縮。

70年代前半デヴィッド・ボウイと並びグラム・ロック・シーンを牽引した。
1977年自動車事故で非業の死を遂げた。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓
続きを読む

majiya1 at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月27日

10cc 愛ゆえに(THE THINGS WE DO FOR LOVE)

60~70年代 - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:10cc(テン・シィー・シィー)
曲名:愛ゆえに(THE THINGS WE DO FOR LOVE)

この曲は1977年リリースのアルバム「Deceptive Bends」に
収録されています。
この年に全米5位を記録しています。


アーティストプロフィール
イギリス、マンチェスター出身で1972年に下積み活動を経てデビュー。
結成当初のメンバーは、グレアム・グールドマン(Ba,Gu,Vo)
エリック・スチュワート(Vo,Gu,Key)、
ロル・クリーム(Vo,Gu,Key)、ケヴィン・ゴドリー(Vo,Drs)
だったが、1976年にロル・クリームとケヴィン・ゴドリーが脱退。
以後グレアム・グールドマンとエリック・スチュワートが中心で活動。
1975年にリリースされた3rdアルバム「オリジナル・サウンドトラック」に
収録されたアイム・ノット・イン・ラヴがシングルカットされ、
全英第1位、全米第2位を記録した。その後、「ブラディ・ツーリスト」を含め
4枚のアルバムをリリース後自然消滅。
1992年に再結成したが1995年以降バンド活動は休止中。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓続きを読む

majiya1 at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月26日

ディープ・パープル(DEEP PURPLE)ブラック・ナイト(BLACK NIGHT)

CMの曲 - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:ディープ・パープル
曲名:ブラック・ナイト(BLACK NIGHT)

UCC缶コーヒー「BLACK無糖」のCMで使われている曲です。
この曲はパープル第2期(アーティストプロフィール参照)の1970年に
リリースされたアルバム「イン・ロック」の先行シングルとしてリリースされましたが、1975年に発売されたベストアルバム「24Carat Purple」にライヴバージョンが収録されています。


アーティストプロフィール
1968年イギリスで結成されたハードロックバンド。
ディープ・パープルの変遷はメンバーが入れ替わりながら
結成から1976年解散、1984年再結成から現在に至り、
第1期から第10期に分類されている。

10期中抜けていた時期はあるにしても中心メンバーとしてあげられるのは
ジョン・ロード(Key)リーッチー・ブラックモア(Gu)
イアン・ペイス(Drs)ロジャー・グローバー(Ba)と
ヴォーカルでは、イアン・ギラン、デヴィッド・カヴァーデルである。

ディープ・パープルは、ハード・ロック、ヘヴィメタの先駆者としてそのスタイルを確立したが一方で、楽曲(例えば「バーン」や「ハイウエイ・スター」など)にクラッシックの要素を取り入れるなどのアプローチも見せている。
ディープ・パープルの音楽性はキーボードのジョン・ロードのイニシアチブによるところが大きいといわれている。
ギターのリッチーはその速弾きテクニックや曲中のリフの斬新さなどで多くのギタリストに影響を与えている。



majiya1 at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月21日

スージー・クアトロ(SUZI QUATRO)ワイルド・ワン(THE WILD ONE)

洋楽ロック - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:スージー・クアトロ
曲名:ワイルド・ワン(THE WILD ONE)

この曲は1974年リリースのセカンド・アルバム「QUATRO」
邦題「陶酔のアイドル」からシングルカットされています。
全英第7位になっています。
キャン・ザ・キャンと並ぶスージーの代表曲です。


アーティストプロフィール
アメリカ合衆国、ミシガン州デトロイト出身。1950年生まれ。
ベースギターを弾きながら歌う女性ロッカー。
アメリカ人でありながらイギリスに渡りマイク・チャップマンと
ニッキー・チンのプロデュースによりソロデビューし、
1973年リリースの「キャン・ザ・キャン」が全英1位を獲得。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓
続きを読む

majiya1 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

トト(TOTO) ホールド・ザ・ライン(HOLD THE LINE)


アメリカンロック - American Rock - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:トト
曲名:ホールド・ザ・ライン(HOLD THE LINE)

この曲は1978年のデビューアルバム「TOTO」邦題「宇宙の騎士」に
収録されています。全米で5位になっています。
映像はライヴ・バージョンで原曲の倍ぐらいの長さになっています。
まだ太っていないスティーヴ・ルカサーが見られます。


アーティストプロフィール
1977年にロサンゼルスで結成される。
オリジナル・メンバーは、デヴィッド・ペイチ(Key,Vo)、
スティーヴ・ポーカロ(Key)、
ジェフ・ポーカロ(Drs)、ボビー・キンボール(Vo)、
デヴィッド・ハンゲイト(Ba)、
スティーヴ・ルカサー(Gu,Vo)の6人。
もともとは個々に売れっ子スタジオ・ミュージシャンとして活躍していたがボズ・スキャッグスのレコーディングセッションをきっかけに結成されたらしい。
彼らの楽曲は、そのテクニックの確かさを土台とし、ハードロック、グレッシブロック、ジャズ、フュージョンなど様々なジャンルが融合され洗練された音楽性を持っている。

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓続きを読む

majiya1 at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月20日

ボストン(BOSTON)宇宙のかなたへ(MORE THAN A FEELING)


60~70年代 - livedoor Blog 共通テーマ
アーティスト:ボストン
曲名:宇宙のかなたへ(MORE THAN A FEELING)

この曲は1976年にリリースされたデビューアルバム「BOSTON」
(邦題:幻想飛行)に収録されています。
このアルバムは全米3位になっています。
出だしのアコースティックギター(12弦)の音が効果的で、
宇宙のような空間の広がりを連想してしまいます。


アーティストプロフィール
アメリカ、マサチューセッツ州ボストン出身のバンド。1976年デビュー。
メンバーは、(デビュー当時)トム・ショルツ(全楽器、Vo)
バンド創始者でリーダー。
ブラッド・デルブ(Vo,Gu,Keyb)。バリー・グドロー(Gu)。
シブ・ハシアン(Drm)。フラン・シーハン(B)。
ギターのトムシ・ショルツはマサチューセッツ工科大学出身で博士号を取ったエンジニアで、バンドのサウンドの要となっており、ボストンの成功はひとえに彼のエンジニアとしての技術によるところが大きい。
デビューアルバムリリース以後5作のアルバム(ベストアルバムを含む)発表。
現在も活動している。
(1作目から2作目のインターバルを除いてほぼ8年に1枚のペース)

歌詞の日本語訳を読んでみたい方は
   ↓
続きを読む

majiya1 at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!