ノーインベストメント・ノーライフ


 株式投資とローカルネタの日々

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    nikkei

    出来る限り、天井で売り、底で買うことを目指しております!!

    気にしている指標は以下の通り。

    資金管理
    ・1ドル100円以上なら、円積立。1ドル100円未満なら、ドル積立

    資金管理(日本株)
    ・為替MACD(週足)ゴールデンクロス、かつ為替MACD(日足)ゴールデンクロス 資金100%
    ・為替MACD(週足)ゴールデンクロス、かつ為替MACD(日足)デッドクロス 資金50%
    ・為替MACD(週足)デッドクロス、かつ為替MACD(日足)ゴールデンクロス 資金50%
    ・為替MACD(週足)デッドクロス、かつ為替MACD(日足)デッドクロス 資金0%

    短期(ファンダメンタル)
    ・キホン、PER10倍以下。ただし、進捗率の良い場合は、PER15倍以下
    ・フィンテック関連、VR関連、ポケモンGO関連など、テーマ性のある株

    短期(テクニカル)
    ・為替動向に注視する
    ・注目出来高 25億株以上
    ・MACD(日足) ゴールデンクロス 買い デッドクロス 売り
    ・騰落レシオ 買い 80%以下 売り 120%以上
    ・ボリンジャーバンド 買い −2σ以下 売り +2σ以上
    ・最高値・最安値・出来高最高月の半年後
    ・信用評価損益率 買い −15%〜−20% 売り −3%〜−3.5%
    ・外資系ヘッジファンドの決算月は5月と11月、欧州系ファンドの決算月は6月と12月、国内の機関投資家は3月と9月。これらの月の前後は要注意。
    ・月毎のアノマリーを参考にする

    短期(テクニカル&ファンダメンタル)
    ・200日線より下、かつ利下げ傾向:通信株、ヘルスケア株、公共株、消費安定株
    ・200日線より上、かつ利下げ傾向:ハイテク株、金融株
    ・200日線より上、かつ利上げ傾向:機械株、素材株、消費循環株
    ・200日線より下、かつ利上げ傾向:エネルギー株

    短期(リカコ&ソンギリルール)
    ・含み益20%になったらリカコ
    ・週足のMACDがデットクロしたらソンギリ

    中長期(ファンダメンタル)
    ・決算チェックしていて良さげと思った企業
    ・配当利回り3.0%以上
    ・良好な進捗率

    中長期(テクニカル)
    ・11月に買って、5月に売る!!
    ・米国利下げスタート 買い 米国利上げスタート 売り
    ・日経平均10,000円になったら 買い 日経平均20,000円になったら 売り

    以上。

    新版 ちゃんと儲けたい人のための株価チャート分析大全 [単行本]

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    Netflix, Inc. (NFLX) 2Q
    2Q実績 売上高33.4%増 増収増益 EPS1.15
    今期予想 売上高29.9%増 増収増益 EPS0.55
    営業CFマイナス Additions to streaming content assets

    ・Netflix, Inc.、33.4%増の増収増益。海外市場で会員数520万人突破、英語以外のオリジナル作品「Ingobernable」「Las chicas del cable」への投資など。PSR8.96倍、予想PER159.6倍、配当利回り-%。

    ・総資産の増加は、Non-current content assets, netの増加。純資産の増加は、Retained earningsの増加。

    Las chicas del cable | Trailer oficial | Solo en Netflix


    Ingobernable | Official Trailer [HD] | Netflix


    Netflix 
    Netflix, Inc
    2017-06-15


    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ひとこと
    まずは、信用評価損益率。△6.67%(基準日07/14)。

    次に、騰落レシオ(25日)と出来高(東証1部)。

    ・07/18 騰落レシオ(東1) 111.31% 騰落レシオ(東マ) 93.84% 出来高 18.17億株
    ・07/19 騰落レシオ(東1) 111.38% 騰落レシオ(東マ) 94.74% 出来高 16.41億株
    ・07/20 騰落レシオ(東1) 118.22% 騰落レシオ(東マ) 94.76% 出来高 16.50億株
    ・07/21 騰落レシオ(東1) 119.26% 騰落レシオ(東マ) 97.86% 出来高 15.34億株


    次に、経済設定条件。

    ・日経平均:20,118円
    ・200日移動平均:18,966円
    ・金融緩和傾向
    ・狙いセクター:金融株、ハイテク株


    最後に、一週間分の外資系動向。

    ・07/18 売り 510 買い 450 差引 -120
    ・07/19 売り 660 買い 790 差引 +130
    ・07/20 売り 780 買い 660 差引 -120
    ・07/21 売り 810 買い 870 差引 +60


    売り買い拮抗。決算シーズン本格化を控え業績期待で、日経平均2万円は死守。

    強いのは、不動産株、ゲーム関連、低位株。弱いのは、特になし。

    日本株の逆襲―日経平均2万円超えのシナリオ [単行本]

    にほんブログ村 株ブログへ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    証券コード 企業名 下落要因
    6347 プラコー 5日・25日移動平均線デッドクロス銘柄
    2820 やまみ 配当権利落ち(6月決算企業)
    3094 スーパーバリュー 1Q進捗率20.4%
    3660 アイスタイル 株主優待権利落ち(6月決算企業)

    決算シーズン本格化を控え業績期待で、日経平均2万円は死守。かい離マイナス銘柄が少なく、堅調相場は続く。

    「やまみ」は配当権利落ち。「アイスタイル」は株主優待権利落ち。6月決算企業が弱い。

    株主優待は魅力度が高いものほど、権利落ち後の下落幅が大きいですから、注意が必要です。

    株主優待完全カタログ2017 [Kindle版]

    にほんブログ村 株ブログへ

    このページのトップヘ