**ひとりごち**

博多発 三児の母のひとりごと

2005年10月

林檎

a80a0972.jpg風邪も治りかけているけど、明日は遊びに行く予定なので
一日中加湿器の湯気の中で四人まったり。昼寝をしていないソウは夕方早くに眠ってしまっのですずと二人で夕食を食べ、SAYAも食卓に座らせてリンゴを食べた。今日で5ヶ月になるSAYAにリンゴを食べさせてみようとリンゴをすって、すずがSAYAの口に入れた。SAYAは不思議そうな顔をしていて、その顔が面白いとすずは嬉しそうに何度もSAYAにリンゴを食べさせた。その間私はリンゴのお菓子を作って、すずと二人で食べた。ほんのり甘酸っぱくて美味しかった。私がこのお菓子の作り方を習ったのはニュージーランドで。すずに思い出話をしながら、何とも言えない懐かしい気持ちになった。いつか夫や子ども達も一緒に訪れたい。

明日はすずの幼稚園の願書提出。いよいよだ。

10年

今日は私の出身大学の学園祭。何となく子ども達と出かけてみた。途中実家に寄り道したりしながら、着いたのは終わり頃。周りは学生だらけで子どもなどあまり来ていないせいか、若い学生の女の子たちが『可愛い、可愛い』とすずやソウの頭をなでてくれたりする。もちろん二人ともご機嫌。
目当てのライブ会場に着くと、数人の学生と話す機会が。ひとしきり子どもと遊んでくれた子たちに、10年前のOBだという事を話すと皆ビックリしていた。あの当時は部員が足りなくて、私も半ば騙されたようにして入ったのだが、現在の部員は40名もいるという。大きな部活に成長していて嬉しかった。私たちが当時味わっていたライブの時のワクワク感もしっかり彼女たちから伝わってきて、それも嬉しかった。とても懐かしく、何とも言えない気持ちになった。
校舎を見ながらしみじみと「音楽とバイトと恋愛と、少しのレポートがすべてだった」学生時代を懐かしく思い出しては、ハッと我に返って子ども達に『この教室で母さんは英語の先生になる勉強をしたんだよ』と話した。学生達が『私達も将来、子どもを連れてライブに来たい、でも相手が…』と笑いながら話していたので、『私はこの部活通して出会ったから、頑張ってね。』と言うと、『みんなに言っておきます』と真顔で答えたのがとても可愛かった。

10年、あっという間だった。でもあの場所で過ごした四年間は、今でも思い出の中でキラキラと輝いている。


** ソウ語録 **

”うみで、いしがねんねしてる”
-----川に大きな石がゴロゴロしていた様子を見て

”トラックがさむい、さむいって”
-----雨上がり、ベランダから外を見て

ビーズ遊び

hama昨日誕生日に贈ったプレゼント、以前デパートのおもちゃ売場の体験講座でお店の人も驚く程ハマっていたビーズ。それとお店で何度も『読んで』と持って来た絵本をこっそり買っておいた。プレゼントは無いと秘密にしていたが、昨日の夜渡すと大喜びしていたすず、あまりの感動で『こんなにもらっちゃって…五歳のたんじょうびにはプレゼントかわなくてもいいよ』などと言っていた。一年経つときっと忘れるセリフだが。それ程感激してくれていた。毎日観察しているので、欲しい物や興味のある物がピシャリと分かる。それでも予想以上に喜んでくれたので嬉しい。

今日はそのビーズ制作をしている。小さな物で、集中力も必要なのでソウがあまり近くに行って破壊しない様に、私はソウと遊びながらすずに時々アドバイスする程度。すずがお手本を見ながら作った物にアイロンをあてて完成。自分の物を一通り作ったら、ソウにも何か作ってくれていた。明日は従姉妹にも何か作ってプレゼントするらしい。
絵本は自分で絵を追って読んでいて、寝る時に私が読む。私もグッとくるくらい良い絵本。これから何度も読むだろう。表紙の裏に誕生日のメッセージを書いておいた。

今朝はバレエだった。丁度始めて一年経つが、本当に嬉しそうに練習しているすずに一年前の、教室の間中私のそばを離れなかったすずを重ねた。私の憧れだったバレエ、女性らしい身のこなしやキレイな姿勢を身につけて欲しいと始めたものだったが、すずはその中から踊る楽しさを見つけ出してくれた様。去年は駄々をこねて出ないと言った発表会が、今年もまたある。今年はもちろん笑顔で練習に参加し、会う人会う人に『発表会見に来てね』と誘っている。

4回目の

birthdayすずが四度目の誕生日を迎えた。昨日の夜から『四年前の今頃は陣痛来てたかな』など思い出しながら、しみじみとしていた。初めての子という事もあり、一つ一つの出来事に大きく動揺したり悩んだりしたもので、すずには未熟な母親である事を申し訳なく思うが、ここまで元気に成長してくれた事に心から感謝。

今日の誕生日は今までの三回と違って、自分の誕生日というものを楽しんでいる様なすず。誕生日に突然4歳らしくなるのだと思っているらしく、朝からじっと自分の手を見て『あれ?まだ手が小さい。まだ4歳になってないなぁ。』私の隣に並んでは『あれ?まだかあさんよりも小さいよ。もうすぐ4歳になるのかな。』と不思議そうに言っている。その度に急に大きくなる訳ではなく、この一年かけて大きくなったという事を説明してみたが、実際すずは去年の服が全く入らなくなる程背が伸びている。植物や動物が成長するのは当たり前だと思っていたが、実際我が子が大きくなる様子を見ているととても神秘的で感動的な事だと気付く。一瞬一瞬が輝いていて、節目には改めて感激。こんなに心を震わせて毎日過ごしていると、子どもたちが大きくなるまで身が持たないんじゃないかとも思ってしまう程。

すずのリクエスト通り、夫の揚げたトンカツと私の作ったケーキで祝った。ささやかだけど私たちにとっては忘れられない記念日。この一年は社会デビューなど新しい事もたくさんあるけど、とにかく元気にたくさん遊んで欲しい。

お手伝い

d911bc60.jpg姪の初誕生日会へのお誘いを受け、家族で出かけてきた。この間生まれたと思っていたが、もう一年。姪は少し立って歩いてはストンと腰掛ける、可愛い仕草で皆を和ませていた。すずやソウ、SAYAのいとこ総勢6人が集まってそれぞれ遊んでいるので、それを見ているのも楽しかった。美味しいごちそう、恒例の餅踏みや妹夫婦の手作りケーキで楽しいひとときだった。この一年もきっと良い一年になるだろう。我が子同様、姪や甥…毎年心から大切に思う存在が増えて私自身幸せな気持ちになっている。随分と自分勝手に生きてきたので、自分にこんなに愛情という感情があるなんて正直言って驚きだ。子ども達を見ていると、どんどん湧いて来る愛情を心の奥に温かく感じる。

夜、お腹もまだいっぱいなので軽くソバをすすった。すずが食器を洗うと言ってくれたので、油物も無いしお願いする事にした。以前の水浸しもあまりなく、きれいに洗ってくれた。洗い残しは、今日は見なかったことにしよう。

最近の夜のお楽しみは、子ども達が寝た後のお灸。助産院で習った「女性の体に効くツボ」を毎晩温めている。気持ち良いリラックスタイム。
**Profile**
73
英会話講師/デザイナー

地球温暖化や精神力低下の世の中、便利な物はほどほどに。。。出来るだけ自然に優しく子どもと楽しく生きることを心がけています。
自然や人とのふれあい、繋がりで人は成長するものだと信じています。

KIDS:すず(7歳)ソウ(6歳)SAYA(4歳)
**guests**

  • ライブドアブログ