**ひとりごち**

博多発 三児の母のひとりごと

2006年11月

母、風邪。すず、休園。

ぐっすり眠ったはずなのに、体が重くてだるい。ひょっとして…と思いながらも頑張って弁当を作り制服まで着せて、すずのバスを送りに出る。が、家を出た頃にはバスがもう下に来ていてすずはゆっくり階段を下りてくる。バスを待たせるのが嫌だったので、「先に行ってください」とお願いしたものの、私の体力的にも下の子どもたちの風邪の具合を見ても、どうも幼稚園まで送って行けそうもない。不本意ながら、今日は幼稚園を休ませることにした。

私は体のだるさに任せて、朝から布団にくるまって眠っていた。すずはその間ソウやSAYAと遊んでくれていて、私は随分とゆっくり休むことが出来た。目覚めたら午後一時過ぎ。お昼を食べてからは、体調がとても良くなった。午後もゆっくりと過ごして、早めに休んだ。明日の予定も大事をとってキャンセル。これで今週丸一週間の予定を全部キャンセルしたことになる。今週は特に忙しい一週間だったはずなのに、なんだか正月休みみたいにのんびりとして過ごした。神様がくれた休暇。とは言え、家事に追われて主婦は休めない事を実感した一週間だった。元気でいなくては。

リフレッシュ!岩盤浴初体験。

8d093208.jpg朝幼稚園に行く前のすずも伴って、SAYAの小児科へ。咳・熱、と風邪の症状ではあるけれど嘔吐はSAYAだけなので心配もあって。診断は痰がからみ過ぎて食べ物がうまく通らないとか。いろいろな薬をもらって、すずを幼稚園に送ってから帰った。不思議と、小児科で大泣きしたお陰か何なのか、昨日から続いていたSAYAの嘔吐は薬も飲まないのにすっかりおさまった。食欲のなかったソウと一緒に朝ごはんも昼ご飯もバナナとリンゴとビスケット。最近頑張って食事を作っても、食べてくれなかったりすることが多いので、今夜は子どもたちとも相談してカレーを作ることにした。これでしばらく楽ちん。

夜、子どもたちが眠った後、夫の言葉に甘えてちょっと外出することに。先週からずっと看病で、何となく気分も滅入り気味だったので、いつもは遠慮するのだけど今回はリフレッシュが必要と行かせてもらうことにした。以前から気になっていた岩盤浴。久々に母に声をかけて、二人で近所のスーパー銭湯に出かけた。学生時代やOL時代はよく、母とこうしてあちこちのスーパー銭湯や温泉に出かけたもの。懐かしくて嬉しい気分だった。岩盤浴は不思議と汗がわいてきて面白かった。心休まるBGMやアロマの香りの中横たわっているのはとても気持ちよかったけど、頭の中に夜中目覚めて私を探すこどもたちや、あたふたと子どもの相手をする夫の姿が浮かんできて、早く帰らなくちゃという気になる。携帯電話に連絡が入っていないかと時々確認しながらゆっくり過ごして、家に帰る。私がいなかった数時間、子どもたちも泣かずに大丈夫だったと夫が教えてくれて、ホッとした。でも大きなお風呂と母とのおしゃべりで体の中に固まっていたドロッとしたものが流れだしたよう。すっかりリフレッシュ出来た。また明日から頑張ろう。

涙の牡蠣鍋

ソウは相変わらず、SAYAも少し熱っぽい。一日中、二人ともよく眠っている。すずは幼稚園から帰ってピアノ教室に行き、オフの夫と一緒に近所のスーパー銭湯に出かけて行った。

風邪には牡蠣鍋が良いと聞いたので、夕食はちょっと奮発して牡蠣にきのこ、鶏肉に生姜にお野菜たっぷり。風邪によいと言われる物ばかりを投入して鍋を作った。今年二度目の牡蠣鍋。前回も風邪の時だったけど、理由あってあまり楽しくない鍋の会だったのでそのリベンジという意味も込めて、今回も美味しく出来た。
が、ソウは食欲が無く、SAYAは朝から食べてもすぐにもどしてしまう。すずもおやつを食べ過ぎたのか眠さに負けたのか、ほとんど食べなかった。大きな鍋を夫と二人でつついて、なんとも言えず悲しい気分。牡蠣鍋はしばらくやめておこう。

おうちで安静

c2b22b87.jpgすずは無事幼稚園へ出かけて行き、夜に熱の上がったソウは頭に冷却シートを貼って一日過ごした。SAYAは相変わらずよく食べ、ちょっと熱っぽいという程度。私もすっかりのんびり気分で、気がつくと一人で昼寝をしていた。午後すずが戻ってからは、頂き物のおやつを食べて教会に送る為祝福式のお礼のカード作り。なんとなくのんびりゆったり、石油ストーブのヤカンからポッポっと出る湯気が心地よい一日だった。

相変わらずなけなしの体力を振り絞っている毎日だけど、最近ちょっと嬉しいことが。自分用の靴を買った。しかも介護用品の店で。先月夫にねだっておしゃれ靴を買ったばかりだったけど、どうも体の調子が悪い。以前より整骨院でも指摘されている私の歩き方に問題があると思った。昔から肩こりで悩むのはどうも歩き方に原因があるらしく、確かに歴代の靴底の減り方がおかしい。ずっと気にかけては過ごしてきたけど、先日何気なく立ち寄った介護用品の店で吸い寄せられるように試着した靴が最高に気持ちよかった。足にふんわりとフィットして歩き方の癖を自然に矯正してくれるらしい。安いものでもないので三度くらい通って行っては試着して、ついに先日購入。気持ちが良くて、歩くのがますます好きになった。靴一つでこんなに気分が違うとは。
昔から父が「靴だけは良いものを」と言っていたのを思い出した。

祝福式

16c99e0b.jpg朝、すずの熱は下がっているが、病み上がりのせいか御機嫌斜め。義父義母には本当に申し訳ない。その後子どもたちの様子を見ていたら皆元気に走り回っていたので、服を着替えさせて出発。七五三の祝福式をしてくださるとの事だったので、久しぶりに教会へ。子どもたちと一緒に讃美歌を歌ったり話を聞いたり…と、眠っていたSAYAが突然嘔吐。昨日からハプニング続きなので、もう動じない私。
無事祝福式を終了。子どもたちはおまけのお菓子をたくさんもらって嬉しそう。元気に飛び跳ね遊んでいた…と思ったら、午後からソウが寝込んでしまった。風邪をひくとかなりの割合で三人が順番。明日明後日の予定はキャンセルして、ゆっくり風邪を治そう。

しかし試練の二日間だった。気も滅入ってしまいそうだけど、落ち込んでなんていられない。我が家のイベント部長として、また元気な時にみんなで行ける様にお金を貯めて企画しよう。すずがポツリと「きのう、ねつでねてるときにね、ゆうえんちにいったゆめをみたよ。ゆめのなかではすーちゃんはげんきだった。」と言ったのがかわいそうだったので、是非リベンジしなくては。
**Profile**
73
英会話講師/デザイナー

地球温暖化や精神力低下の世の中、便利な物はほどほどに。。。出来るだけ自然に優しく子どもと楽しく生きることを心がけています。
自然や人とのふれあい、繋がりで人は成長するものだと信じています。

KIDS:すず(7歳)ソウ(6歳)SAYA(4歳)
**guests**

  • ライブドアブログ