**ひとりごち**

博多発 三児の母のひとりごと

2009年05月

運動会&SAYAバースデー

090531_1745~0002

すずの運動会。私は広報委員の腕章を付けて、夫に借りた一眼レフで写真を撮るのが今日のお仕事。
あわよくば…とすずや姪を探してみたけれど、なかなか見つからずに結局役得とはいかなかった。でもトラック内に堂々と入り、子どもたちの真剣な表情を狙ってパシャパシャ写真を撮るのは楽しかった。

すずは去年よりもだいぶ小学校や友達になじんで、すっかり小学生らしくなった。新入生の姪と一緒に1,2年生合同のダンスを踊った。委員をしたお陰か、去年よりも知り合いも増えて私自身楽しかった。

父母や兄弟家族、計16人分の弁当を妹と手分けして作ったけれど、今年のお弁当は、いろいろ調べて今まで作った事の無いものに挑戦してみたので、楽しかった。皆が『美味しい』と言ってくれると尚更嬉しくなって、疲れも吹っ飛ぶ。単純な私。

夜はSAYAの誕生会。たまたまSAYAのリクエストがカレーだったので、
ちょっとラクだった。SAYA の大好きな絵本をまねて作った「ライオンさんカレー」。図書館でほとんど毎回の様に借りてくるこの絵本、本当はこの絵本も一緒にプレゼントしたかったけれど、もう出版社が作っていないらしくカレーだけになった。プレゼントした絵本は、これまた図書館でのお気に入り「ひつじパン」とままごとが好きなのでシルバニアファミリーのハンバーガー屋さん。小さな動物の人形が可愛らしく、SAYAによく似合っている。本当に「今日まで元気でいてくれてありがとう。」という気持ちでいっぱい。これからもすくすく元気に育ってね!

結婚8周年

結婚8周年目。数年前までは毎年食事に行ったりしてお祝いをしていたけれど、子どもたちが小さい上にSAYAの誕生日が近い事から、最近はあまりお祝いらしい事もしていなかった。
でも今年からまたちゃんとお祝いしよう。私にとって今や自分の誕生日は両親に感謝するだけの日で、一番お祝いしたいのは家族の誕生日、結婚記念日。
夫と自分が出会った事、結婚する事になった縁…いろいろな事に感謝しつつ、互いを尊重しながら、たまにはぶつかったりすれ違ったりしながらも努力と愛情で育んで来たこの素敵な関係を祝いたい。

子どもたちが小学校と幼稚園に行っている間、夫とSAYAと3人でランチ。あまりお祝いする様なお店を知らなかったけれど、先日PTA委員の仲間と話している時に集めた情報が役に立った。市内にとても素敵なお店があるらしい。早速電話で予約をした。素敵なご夫婦が二人でしている小さなレストラン。お祝いなので奮発してランチの中でも一番高いコースを頼んだ。いつも行き来する通りの中にあるのに全然気付かなかった。店の中は通りとは別世界、とても落ち着く空間。美味しいお料理をいただいて、夫とSAYAとゆっくり過ごした。夫はこういう大事な時、かなりの割合で体調が悪かったりするのだけれど、今日も頭が痛いらしい。半分ガッカリ、でも半分は愛しい夫の習性、悪い気もしない。いやしなくなった。

「結婚は忍耐だよ」と言われて、新婚の時は「そんな事ない!」とかたくなに思っていたりもしたけれど、確かに忍耐なのかも知れない。忍耐というとネガティブなイメージだけれど、相手の好みや好きな事、嫌な事を知ろうとしてそれに可能な限り合わせていくのも愛情の成せる技。始めは手探りで分かり合えない部分もあったのかも知れないけれど、今がとても心地良く感じるのはお互いの努力があったからこそ。年々夫と私がなじんでいく感じが心地良くて自然。
今改めて赤い糸の存在を確信している。
これからも末永くよろしく。

最後の演奏会

先日父が還暦を迎え、今日は父がオーケストラの団員としてステージに上がる最終日。街の大きなホールの舞台、小学生以上しか中には入れないのですずを中に入れて、夫と交代で観る。前半は夫が中に入り私がソウ、SAYAと遊んで待っていた。そして後半。
子育て中はなかなか来る事もなかったオーケストラの演奏会。迫力ある演奏が心地よい。超満員のホールの中、最後の曲が終わると指揮者から父に花束が渡された。笑顔で頭を下げる父。演奏会が終わって楽団員もお客さんも退場して行く会場内、兄弟代表で弟が、孫代表で娘と姪が客席からステージ上の父に花束を渡した。
我慢していた涙がワッとあふれてしまった。

私にとって父は常にオーケストラのチェリストだった。家で毎日練習する音、たまに遊びに行くコンサートの楽屋…いろいろな事がふんわりと懐かしく思い出される。そして私が初めて幼稚園に行った時、小学校で毎日遊んでいた時、反抗期で喧嘩ばかりしていた時、恋をしている時…いつもいつも父はチェロを弾き続け、私たちはそれを当たり前の様に過ごしてきた。その年月の重みと感謝がズシリと重い。初めてそんな事を考え、そんな自分の親不孝加減がはがゆかった。

おつかれさま。ありがとう。
ステージで演奏する父の姿をしっかり目に焼き付けた。

楽しく多忙

朝から親子英語サークル。近所の公民館の方から「先生」と呼ばれてちょっぴり照れくさい。サークルは先月から人が半分くらいに減った。気にしない、気にしない。みんないろいろあるんだ、と自分に言い聞かせながら来てくれた方の為に一生懸命頑張った。
終わると、来てくれた方から「この子が73先生大好きで〜、家でも73せんせい、73せんせいって言ってるんです」と言われて嬉しかった。こういう出会いを大切に積み重ねて行かなくてはいけない。お教室とは違って自由参加のサークル形式にしているから、人数の増減が毎回激しいけど、それをあまり気にせずブレずに頑張って行かなくちゃね。とにかく当初の目的「楽しく」をいつも心に留めて。

SAYAはヤキモチからサークルを嫌がっていたけれど、同年代の他の子どもたちとも出会えるので少し楽しくなってきた様子。親が「みんなの先生」がイヤだという気持ち、よくわかる。教室が終わったらSAYAだけの母さんに戻ってたくさんギュッ!

午前のサークルを終えると幼稚園のPTA総会、参観を経て家に戻り今度は夕方からの幼児/小学生クラス。英語を教える事は楽しいからいくらでも大丈夫。多忙だったけど、楽しかったな。でもさすがに疲れて早めに就寝。

PTA役員デビュー

昨日のSAYAに引き続き、今日は私が小学校PTAの役員デビュー。

1年に4回新聞を出す広報委員、今日は初回の新聞作りで全員参加。。。のはずだけれど、お忙しい方も多いので参加は半数以下。その中でパソコンを使える人、ワードを使える人…というと絞られて来て、私は最終的に作業担当になった。職業柄好きな事だし、全く苦にならない。いろいろな方とご一緒出来て楽しいだけ。小学校に出なくてはいけない日も増えるらしいけれど、すべてが新鮮な私にとって小学校の職員室に入るのも嬉しいし他学年のお母さんたちと会話出来るのも楽しい。
今日はメンバーの一人の方が作って来てくださったサーターアンダーギーを食べながら、楽しく作業した。あまり美味しかったのでレシピもしっかり習っておいた。ご主人のお里が石垣島というから本格的なレシピだ。嬉しい!

今日は嬉しいがいっぱいのデビューだった♪
**Profile**
73
英会話講師/デザイナー

地球温暖化や精神力低下の世の中、便利な物はほどほどに。。。出来るだけ自然に優しく子どもと楽しく生きることを心がけています。
自然や人とのふれあい、繋がりで人は成長するものだと信じています。

KIDS:すず(7歳)ソウ(6歳)SAYA(4歳)
**guests**
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ