**ひとりごち**

博多発 三児の母のひとりごと

2009年06月

人生4度目の抜歯

数年前上の親知らずを立て続けに抜いた時は、授乳中だったこともあり痛み止めを使わなかった。激しく痛んで苦しんだのは昨日の事の様に覚えている。
そして今日、右下の親知らず。どうして抜く気になったかというと、横向きに生えている左下の親知らずを大病院で抜歯する様勧められたのがきっかけ。とにかく痛むし腫れるし大変だろう…と言われて、でも必要だからと説得されて抜く事に決めた。紹介状を書いてもらって、腹をくくって…ちょっと待てよ、右下にも親知らずが残っている。そっちはまっすぐ生えているから抜きやすいと言われたし。大きな抜歯をする前に度胸試しでやってしまおう…そんなこんなで「右下、抜いてください」と自分から頼んだ。
私の親知らずはことごとくどの歯も悪事を働いて来た。これは悪事を働く前にやっつけておこう、という事で。

でもやはり実際その日になると怖い。朝から子どもたちに励まされながら出陣。
カジュアルな歯医者の方針のせいか、楽しくおしゃべりしている間に驚く程楽に抜けた。おまけに抜いた歯を初めてもらった!ズシリと重い大きな歯。よくイラストに描いてある様な可愛らしい歯の形。帰ったら痛むけれど想像よりも大丈夫。今回は何も気にせず痛み止めを使えるので、かなり楽だった。めでたし!

とうさんとデート(すず編)

すずが小学校、ソウが幼稚園に行っている間、私に何か用事があると夫がSAYAと一緒に食事に出かけていてくれたことが数回ある。父親と二人っきりでランチ…子どもたちにとっては羨ましい話。なので、今週来週とある小学校・幼稚園の行事の代休を利用してそれぞれが夫と二人で過ごすランチタイムを計画した。

今日は運動会明けの代休ですずの番。ソウは「今日はすーちゃんかー、いいなぁ。いってらっしゃい!」と幼稚園に出かけて行き、留守番のSAYAと私も「いってらっしゃーい」と二人を送り出した。

帰って来た夫とすずは満足気。最近出来た回転寿司屋に行って、それから洋菓子屋さんのカフェでおやつを食べたらしい。それからトマトの苗を買って帰って来た。さすがグルメな二人だけあって、帰るなり寿司のネタはどれが美味しかった…とひとしきり熱く語ってくれた。それから二人して庭に出て、トマトの苗を植えている。小さい頃から夫に似ているすず、顔も好みもよく似ている。今日は似たもの同士、楽しい時間を過ごせた様。仕事の時間が不規則で子どもたちと会えない日も多い夫、それでも子ども一人一人と向き合おうとしている姿勢が嬉しい。
**Profile**
73
英会話講師/デザイナー

地球温暖化や精神力低下の世の中、便利な物はほどほどに。。。出来るだけ自然に優しく子どもと楽しく生きることを心がけています。
自然や人とのふれあい、繋がりで人は成長するものだと信じています。

KIDS:すず(7歳)ソウ(6歳)SAYA(4歳)
**guests**
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ