このプロジェクト、"アジア太平洋子ども会議"に参加が(面接など厳正なる審査をクリアしたとの事)決まってからずっと練習してきたダンス。今日はそれをステージで披露する日。

朝はSueが月に一度行っているお花教室に一緒に参加。送って行って先生にご挨拶し、一時間後に行ってみると、二人とも上手に生けた花の絵を描いていた。生け花と言い、絵と言い、とてもセンスのある子。素敵な物が出来たので掛け軸のかかっている床の間の前で一緒に写真を撮る。

家に帰って昼ご飯を食べていると、雲行きが怪しい。雷がなって激しい雨。ここのところずっとこんなおかしな天気が続いている。Kashafに冗談で「雨が降ったら、今日のイベント中止になるかも」というと、「そうだ!!雨ふれ!雨ふれ!」と雨乞い。たくさんの人の前でダンスを踊るのが相当嫌だという。
でもしばらくしてから、「準備する」と部屋に戻り衣装を着て出て来たKashafは本当に素敵。国旗と同じ緑と白の衣装に、頭にもスカーフを巻きアクセサリーも両手にいっぱい。
メイクをしたら、もっと大人っぽく見えて嫌だ。と言いながらも一度洗面所でメイクアップ。「ママ、どう?」と聞きにくるから「いいじゃないの。」と答えたが、やっぱり気に入らない、と全部とる。
ま、女の子のする事だから…放っておきましょう。

会場で、パキスタンから来た友達と集合。衣装をまとった子どもたち、とても可愛い。会場には他の約40カ国から来た子どもたちがそれぞれの衣装を着ていて、本当にみんな可愛らしい。
Kashafの番。家で少しだけ見せてくれたけど、ステージ上の彼女は一生懸命な表情が輝いていた。2週間かけて覚えた踊りを頑張っている様子を見ると、涙がこぼれそうになる。
終わってからステージ上では「パキスタン受け入れのホストファミリーの方、どなたかいらっしゃいますか。」記念に…と手を挙げてステージに上がり、インタビューに答えた。

帰りに約束通り家の近くの100円ショップに寄る。小学校で子どもたちがリコーダーの発表をした様で、家でもSueと奏がリコーダーを吹いていたら興味深げに見ていた。「私もあれを習いたい!」というので、100円ショップにて購入。夜はずっとSueが先生になってエーデルワイスを練習していた。元々楽器を学んだ事がないという彼女だけれど、一生懸命練習して3分の1吹ける様になった。

このイベントの大仕事、パフォーマンスを終えてまたKashafが一回り大きくなった様な気がした。