**ひとりごち**

博多発 三児の母のひとりごと

絵本の読み聞かせ

読み聞かせ講習会4

朝から大雨。読み聞かせ講習会最終日。一人ずつ感想を言ってから、今後の活動についての話がある。私は「絵本をただ読んで聞かせる』だけのものではなく、絵本から何か子どもたちに伝えたいというメッセージがある事が大切だと学んだ…とか何とか言ったと思う。この講習会で得た物は大きかった。SAYAが幼稚園や小学校に行ってから、活動を広げて行く事も考えられるけれど、今はすずの小学校の読み聞かせボランティアをとにかく細く長く続けていけたらと思う。

講習会後カサを買いに出かけ、午後からプール。すずの小学校から携帯にメールがあって、誰かがまた不吉な書き込みをしたので小学校は集団下校だと書いてあった。こんな事が頻発する世の中、どうかしている。すずは夕方とても怖がりながら帰宅。メールを見て小学校や下校途中の道に出ていた保護者もいたらしく、なんで来なかったのか、と聞かれた。考え方が古いのか、そんな事で行かなくてもいいだろうと思っていたけれど、今日のすずの怯えぶりを見ると明日はちょっと夫に頼んで途中まで迎えに行くか、とも思う。何も知らない子どもたちまで、どうしてこんな事でこんなに怯えなくてはいけないのか、本当にどうかしている。

読み聞かせ講習会3

朝からソワソワ。子どもたちを送り出したら、SAYAを相手に読み聞かせの練習。今日は読み聞かせ講習会3回目の「実践編」。
託児を嫌がるSAYAに「あと一回、頑張ろうね!」と声をかけて講習会の部屋に。いつもとは違い、一つの椅子を囲んでたくさんの椅子が輪の形に置いてある。プログラムでは私は5番目。想像以上に物々しく、でも想像以上に温かい雰囲気で発表は進んだ。名前と本のタイトル、対象年齢を言ったら読み聞かせ開始。読み終えると講師の先生方からアドバイスを受ける。何だかテレビで見たオーディション番組の様。人の発表はとても参考になり、楽しいばかり。でも自分の番が来たら…想像以上にドキドキ。久しぶりに舞い上がってしまった様な気がする。でも、間や声の大きさは褒められ、ただ本を持つ手がグラグラしていた事を指摘された。確かに、重かった…幼児向けの簡単な本だと思って選んだけれど、誤算だった。SAYAの二歳の誕生日にプレゼントして以来、子どもたち皆のお気に入りなので選んだ絵本「おべんとうバス」。
講師の方に「いつもお子さんに読んでいらっしゃるでしょう?」と言われた。現役の母親らしい優しい読み方だったらしい。それが良いのか悪いのか、分からないけれど、一つの魅力ではあるかも知れない。今の私に出来る事、母親の声でたくさんのお話を子どもたちに伝えて行きたい。熱意も新たになる良い経験だった。

絵本の読み聞かせ講習会1

小学校の読み聞かせボランティアに登録したものの、読み聞かせの事は何も知らない。子どもに読んで聞かせているのは親の立場でのオリジナルなので、今日から4日間図書館主催の「絵本の読み聞かせ講習会」に参加する事にした。今日は一日目。と同時に、SAYAの託児デビューの日。SAYAはおとなしいし、私と一緒にいるだけで満足の様なところがあるので一緒に受けられるかとも思ったけれど、やはり皆がきちんと取り組む為に託児が用意されていた。SAYAは未就園児クラスも大好きだし、先生も大好き。幼稚園にも行きたがっているので大丈夫かと思ったけれど、やはり私が「行ってきます」と部屋を出て行こうとすると大泣き。後ろ髪をひかれながらも別室へ。

今日は2時間みっちり講演を聴く。町の小さな絵本やさんを営む女性のお話、たくさんの絵本を紹介しながらとても内容の濃いお話をされた。今の子どもを取り巻く世界や大人の社会から多くの悪い影響を受けざるを得なかった子どもたちの事…聞いていると涙が出てくる様な話で、「楽しそう」と安易に始めた読み聞かせが、どれだけやりがいのある大切な事なのかが良く分かった。その分プレッシャーもあるけれど、基本「楽しく」子どもたちとたくさん心豊かな時を過ごそう!とても小さな私の挑戦だけれど、それが子どもたちの心に及ぼす影響は無限大なんだと、少しだけワクワク、武者震い。

迎えに行くとSAYAはニコニコ。保育士の方々も「さすがもうすぐ3歳、とってもお姉さんでした」と言ってくださった。いつも一緒のSAYA、2時間離れていただけだけれど、たくさん今日の様子を話してくれて、しかも「おねえさん」なんて言われて。いつも一番チビちゃん扱いをしているけれど、しっかり成長しているものだな…と思った。
**Profile**
73
英会話講師/デザイナー

地球温暖化や精神力低下の世の中、便利な物はほどほどに。。。出来るだけ自然に優しく子どもと楽しく生きることを心がけています。
自然や人とのふれあい、繋がりで人は成長するものだと信じています。

KIDS:すず(7歳)ソウ(6歳)SAYA(4歳)
**guests**

  • ライブドアブログ