August 22, 2008

遠藤さん家の野菜カレーつくりました。

00小R0010141.jpg
元仲間のエンドッチこと遠藤さんの実家から、事務所に自家栽培の野菜がど〜んとダンボール箱一杯届きました。本人は出産で福島の実家に戻っており、秋に出産の予定です。本日は、この野菜をが主役のカレーを作ります。まだまだ暑い最中、夏バテの体にやさしいまかない飯を目ざします。
私的には、星二つ半★★☆です。夏には食欲、栄養ともに最高のカレーかも。
※GR DIGITAL IIで撮影しています。



 


胡瓜です。大きいのは、おばけ胡瓜といって、皮を剥いて、タネをとって、ジャガイモと一緒に味噌汁に入れると美味しいそうです。炒め物にもいいそうです。
00R0010140.jpg

















胡瓜の他にも、茗荷、インゲン、玉葱、ジャガイモ、大葉、ピーマンといろいろ入っていました。昨日収穫したのだと思いますが、みんな鮮度が抜群です。
00R0010141.jpg

















ジャガイモはメークィンでしょうか。
00R0010143.jpg

















今年は、茗荷が豊作で、食べきれないぐらいになっているそうです。
00R0010144.jpg

















泥付きの掘りたての玉葱です。久しぶりです、こんなに採りたてのは。
00R0010145.jpg

















超大きな大葉です。これは、後日いただきます。
00R0010146.jpg

















インゲンです。これは普通サイズです。
00R0010147.jpg

















こちら、可愛いミニピーマンです。小さくてもいっちょう前の型をしてますね。
00R0010148.jpg

















おばけ胡瓜はカレーに、普通サイズの胡瓜は茗荷と一緒にピクルスに漬けます。
00R0010149.jpg

















こちら、本日のカレーに使うおばけ胡瓜とミニピーマンです。
00R0010152.jpg

















泥付きの玉葱も使います。
00R0010154.jpg

















ジャガイモも入ります。
00R0010155.jpg

















玉葱の泥は流水で洗います。
00R0010156.jpg

















ひと皮剥くと、みずみずしい玉葱が・・・。
00R0010158.jpg

















ザク切りにします。
00R0010157.jpg

















玉葱の断面です。みずみずしいとは、このことを云うのですね。
00R0010159.jpg

















そろそろ調理を始めます。まずは鍋にサラダ油を軽く入れます。
00R0010160.jpg

















こちら、本日の豚肉です。野菜だけだと旨味が物足りないので、豚バラの脂身を使います。そして、食べ応えを楽しむためには豚小間を使います。二種類の豚肉を時間差で調理します。
00R0010161.jpg

















豚バラです。最初に炒めて、脂を鍋に取り出します。
00R0010162.jpg

















こちら、ちょっと厚めで、赤身の多い、豚小間です。これは、炒める後半にいれて、軽く火を通すだけです。
00R0010163.jpg

















先程のサラダ油を入れた鍋です。弱火からはじめます。最初から強火だと大蒜、生姜が焦げてしまいますから。
00R0010164.jpg

















大蒜を二粒ほど。
00R0010165.jpg

















みじん切りにします。
00R0010166.jpg

















大蒜のみじん切りを鍋に入れます。
00R0010168.jpg

















こちら、生姜。
00R0010167.jpg

















生姜もみじん切りにします。
00R0010169.jpg

















生姜も鍋に加えます。弱火でこんがり表面を焦がします。
00R0010170.jpg

















大蒜と生姜に軽く焦げ目が付いて、鍋のサラダ油に香りが移ったところで、豚肉を加えて炒めます。
00R0010172.jpg

















まず、脂身の多い豚バラを炒めます。
00R0010173.jpg

















しゃもじでゆっくりかき混ぜて、脂身から油を取り出します。
00R0010174.jpg

















豚バラに充分に火が通ったら、豚小間をいきます。
00R0010175.jpg

















よく混ぜながら、万遍なく火を通します。
00R0010179.jpg

















全体に色が付いてきました。火加減は中火くらいです。大蒜と生姜、そして豚肉の香りが強烈に漂っています。
00R0010180.jpg

















ここらで、強烈な匂いを押さえ、柔らかく煮るために、残り物の赤ワインを加えます。日本酒でも、焼酎でも、なんでもいいですよ。
00R0010181.jpg

















匂いが落ち着いてきました。
00R0010182.jpg

















この位、お酒が入っています。
00R0010183.jpg

















ここらで、先程の玉葱のざく切りを加えます。
00R0010184.jpg

















玉葱をドサッと入れます。
00R0010186.jpg

















この玉葱を切っている時に、久しぶりに涙目になりました。スーパーの玉葱はこんなことないですもんね。
00R0010187.jpg

















だんだん、炒まってきました。
00R0010188.jpg

















豚肉と玉葱が、いい感じに一体化しています。
00R0010189.jpg

















ついでに、冷蔵庫に一個残っていたトマトも加えます。
00R0010190.jpg

















こちら、おばけ胡瓜。さすが、一本で十分ですね。
00R0010192.jpg

















断面はこんな感じ。こちらも、みずみずしいですね。
00R0010193.jpg

















ピラーで皮を剥きます。少し緑の皮を残した方が美味しそうです。
00R0010194.jpg

















真ん中にタネが入っています。ここは取るそうです。ゴーヤと同じですね。
00R0010195.jpg

















スプーンでタネの部分を取ります。
00R0010196.jpg

















ここで、さらにコクと旨味を出すため、100パーセントのトマトジュースを丸ごと一本加えます。
00R0010198.jpg

















いつもの、北海道のオオカミの桃です。そのまま飲んでもとても美味しいです。
00R0010201.jpg

















水分は、赤ワインとトマトジュースだけです。水は一切加えません。あとは、野菜から水分が出てきます。
00R0010202.jpg

















インゲンとピーマンも入れます。
00R0010204.jpg

















インゲン入ります。
00R0010205.jpg

















おばけ胡瓜は大きめにザクッと切っておきます。
00R0010206.jpg

















おばけ胡瓜は火の通りが早そうなので、一番最後に加えます。それまで、しばらくお休みです。
00R0010208.jpg

















インゲンに続いて、ピーマン入ります。
00R0010209.jpg

















ことこと弱火でしばらく煮ていきます。
00R0010211.jpg

















こちら、ジャガイモ。皮を剥いて、輪切りにしておきます。
00R0010213.jpg

















こちらも、火が通りやすそうなので、おばけ胡瓜の手前で入れます。
00R0010214.jpg

















いい感じに煮えています。
00R0010217.jpg

















こちら、アップです。野菜と豚肉から旨味がたっぷり出ているようです。スープを飲むと、すでに旨味がたっぷりです。
00R0010219.jpg

















さらに、蓋をしたまま、弱火でことこと煮ます。
00R0010220.jpg

















いちだんと、良く煮えてきました。素材の旨味がタップリとスープに出たところで、初めて味付けをします。これが、煮物料理を美味しくつくるコツですね。
00R0010222.jpg

















こちら、いつものインディアンカレー粉です。
00R0010223.jpg

















スパイスだけで、小麦粉や調味料が入ってないタイプです。カレーがサラッと仕上がります。
00R0010224.jpg

















スパイスの香りが強烈にします。
00R0010225.jpg

















大さじに山盛りで3〜4杯とたっぷり入れます。
00R0010226.jpg

















このくらい、たっぷり入ります。
00R0010227.jpg

















さらに、ことこと煮ていきます。
00R0010228.jpg

















お次は、クミンを入れます。野菜メインだとどうしても味が濃くならないので、スパイスをたっぷり効かせます。
00R0010230.jpg

















小さじ山盛り2杯ほど。多すぎですかね。でも大丈夫。インド人はもっと入れてますよ。この香りはインドっぽくて大好きです。
00R0010231.jpg

















さらにコリアンダーも、小さじ一杯ほど。
00R0010232.jpg

















どんどん味が複雑になっていきます。どこまで、いっちゃいますかね。
00R0010233.jpg

















ブラックペッパーもアクセントに少し。
00R0010234.jpg

















塩、入ります。カレーの味を締めるのに、塩は結構重要な役割を果たしています。全体の味をまとめる指揮者と云うところでしようか。そこそこ入れます。量が不安な方はほどほどに入れて、あとで味見しながら調整してください。
00R0010235.jpg

















かなり完成に近づいたので、残っている野菜のジャガイモを入れます。
00R0010236.jpg

















冷蔵庫のホワイトボードの本日のまかない飯の告知です。
00R0010237.jpg

















最後の隠し味で、醤油を加えます。塩でまとめたいので、薄口醤油を加えます。これを入れると、何故かほっとする味に近づきます。
00R0010238.jpg

















かなり、味的には完成に近づきました。
00R0010239.jpg

















あとは、おばけ胡瓜を入れて、軽く火が通れば出来上がりです。
00R0010240.jpg

















おばけ胡瓜入ります。
00R0010241.jpg

















入りました。
00R0010242.jpg

















軽く煮た方が、みずみずしくて美味しそうですね。
00R0010243.jpg

















遠藤さん家の野菜カレー、できました。
00R0010244.jpg

















こちら、即席の胡瓜と茗荷のピクルスです。
00R0010245.jpg

















結局、ピクルスは二瓶作りました。早漬けですが、カレーには会いました。
00R0010246.jpg

















こちら、大皿盛りです。
00R0010249.jpg

















野菜も煮崩れず、見た目も、味もタップリ入っています。
00R0010250.jpg

















こちら、平皿の人です。あっさりしているのに、旨味があって、夏の食欲増進にぴったりです。野菜の栄養もたっぷり取れます。
00R0010252.jpg

















おばけ胡瓜もけっこういける味です。
00R0010253.jpg

















採れたての野菜がたっぷり使えたので、これだけ美味しいんでしょうね。みんな、結構おかわりしていました。
00R0010254.jpg

















私的には、星二つ半★★☆です。夏には食欲、栄養ともに最高のカレーかも。
※GR DIGITAL IIで撮影しています。

makanai1950 at 14:55│Comments(0)TrackBack(0)clip!洋食まかない飯 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔