October 23, 2008

トリオ・ザ・手巻きつくりました。

00小R0010292.jpg
先日、千葉の米どころ多古の道の駅へ、いろいろと買い出しにいきました。一部の愛米家に知られている、噂の多古米を買いました。たまたま生産者の方がいらして、いろいろとお米の生産現場のお話しを伺いました。やはり、お米がうまいと、何を食べても美味しいですね。
私的には、星2つ★★です。お米の方があまりにもうまいので。



  
本日は、鶏、豚、鮭の3品を手巻きでいただきます。名づけて、トリオ・ザ・手巻き。
00R0010293.jpg

















こちらが、おいしいお米「多古米」です。
00R0010219.jpg

















この多古米は、千葉のエコ農産物の認定を受けて、香取さんという農家の方がつくったお米です。有機栽培とは違いますが、厳密な規定の元につくったお米だとか・・・。ご本人から、いろいろなお話を伺いました。
00R0010218.jpg

















今日のお米は、生産者のお話を伺っているだけに、いちだんと美味しそうです。
00R0010217.jpg

















鶏肉は二度挽きを使いました。甘辛のそぼろにして、手巻きにします。
00R0010213.jpg

















広尾の明治屋で買いました。安定した品質なので、間違いないです。
00R0010214.jpg

















見た目、二度挽きなのか、ねっとりしていますね。あ、別に二度挽きでなくても大丈夫です。たまたま、これしかなかったので。
00R0010220.jpg

















鶏肉と一緒に煮詰める、突き出し蒟蒻です。
00R0010212.jpg

















蒟蒻は小さく刻みます。
00R0010215.jpg

















関西のお好み焼きによく使われる、挽肉蒟蒻煮込みのイメージですかね。
00R0010221.jpg

















鍋に挽肉と日本酒を入れてから、火をつけます。
00R0010223.jpg

















挽肉が焦げ付かないよう、弱火で軽く炒めます。
00R0010222.jpg

















風味づけに胡麻油を少し加えます。
00R0010224.jpg

















やさしい味のキビ砂糖です。この辺で蒟蒻も加えておきます。最初に蒟蒻を炒めて水分を飛ばすのもありですね。
00R0010226.jpg

















キビ砂糖をやや多めに入れます。
00R0010227.jpg

















濃口醤油も、割とたっぷりと加えます。甘辛がテーマですから。でも、鶏のうま味を隠さない程度に入れます。
00R0010228.jpg

















本味醂を少し加えます。旨味と照りでしょうかね。
00R0010229.jpg

















この位から、中火でふつふつ、ふつふつ煮ます。最終的には水分を飛ばした状態にもっていきます。
00R0010231.jpg

















真ん中がふつふつと沸騰しています。
00R0010232.jpg

















かなり水分がへってきました。もうひと息ですね。
00R0010235.jpg

















こちら、一品めの鶏そぼろの完成です。
00R0010237.jpg

















二品目は、豚と玉葱のしょうが炒めです。材料は、豚小間、玉葱、生姜です。
00R0010238.jpg

















豚小間も明治屋で買いました。
00R0010239.jpg

















高知の生姜です。これは、すりおろします。
00R0010240.jpg

















玉葱は結構使います。イメージ的には豚の生姜焼きです。
00R0010241.jpg

















玉葱は、火の通りやすいように薄めに切ります。
00R0010242.jpg

















玉葱の芯はあらかじめ取っておきます。やや、苦味がある場合があるので。
00R0010243.jpg

















うす〜く、たっぷり切りました。これを軽く炒めます。
00R0010244.jpg

















こちら、豚小間です。
00R0010246.jpg

















脂身も白くて美味そうです。
00R0010247.jpg

















生姜はすりおろします。
00R0010248.jpg

















けっこうな量をすりました。
00R0010249.jpg

















さて、材料が揃ったので炒め始めますかね。豚からも脂がでますので、オリーブオイルを少し入れます。
00R0010251.jpg

















このくらい、入れます。
00R0010252.jpg

















こちらも、弱火から炒め始めます。
00R0010253.jpg

















豚肉の表面が白く炒たまってきたら、そろそろ玉葱を加えます。
00R0010255.jpg

















玉葱がやや透明になるくらいまで炒めます。
00R0010256.jpg

















ここらで、生姜を加えます。香りがいいですね。
00R0010257.jpg

















中火で、どんどん炒めていきます。
00R0010258.jpg

















玉葱に透明感もでてきたので、そろそろ味付けです。
00R0010259.jpg

















ここでも、キビ砂糖を入れます。最近はほとんどこれですね。
00R0010260.jpg

















よく、炒め混ぜます。
00R0010261.jpg

















お次は、濃口醤油です。生姜焼きのイメージです。
00R0010262.jpg

















ここで、隠し味でインドの辛旨調味料のハリサを少し加えます。たまたま、あったので使ったのですが、なくても大丈夫です。しいて云えば、柚子胡椒に旨味を足したようなものでしょうか。
00R0010263.jpg

















はい、豚の生姜焼き風の出来上がりです。
00R0010266.jpg

















ちょっと水分が残ってしまいました。
00R0010267.jpg

















三品目は鮭のハラスです。
00R0010268.jpg

















たまたま、物産展で手に入りました。天然鮭の皮付きの腹身です。
00R0010270.jpg

















けっこう脂がのっています。
00R0010273.jpg

















フライパンで、弱火でこんがり焼き目をつけます。
00R0010275.jpg

















このくらい、焦げ目がつけば出来上がりです。
00R0010276.jpg

















皮目にこんがり焦げ目をつけて、皮もしっかりいただきます。これで、合計三品の完成です。
00R0010277.jpg

















こちら、鶏のそぼろ煮です。
00R0010278.jpg

















こちら、豚の生姜焼き風です。
00R0010279.jpg

















食感と味の変化に、たくあんも揃えました。
00R0010280.jpg

















さて、手巻きにかかせないのが、これ。松島湾の海苔です。これは、取寄せでき、しかもアルミパッケージで保管できるので、1年中味わえます。
00R0010281.jpg

















ネットで調べると壇太郎さんも取寄せているようです。紹介アドレスはここです。興味のある方はぜひ覗いてみてください。
http://www.furusato-hochi.net/essay_bm_0712.html
00R0010282.jpg

















手巻きの材料が揃いました。
00R0010283.jpg

















この玉子は、多古町の道の駅で買ったものです。鮮度がよくて、玉子かけご飯に最適でした。
00R0010285.jpg

















こちら、鶏そぼ手巻きです。
00R0010288.jpg

















こちら、豚生姜焼き風の手巻きです。しっとりしてて、これはこれで旨いです。
00R0010290.jpg

















みんなで、わいわいと手巻きパーティー状態です。盛り上がりますね。
00R0010292.jpg


















私的には、星2つ★★です。お米の方があまりにもうまいので。
※GR DIGITAL IIで撮影しました。

makanai1950 at 14:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!和食まかない飯 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔