2011年03月04日

J1アビスパ開幕前夜。

中町△

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもよりちょっと短いオフも終わり、いよいよ明日は開幕戦。

篠田アビスパ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎キャンプが中止になったり、トレーニングマッチで思うような結果が
出なかったり、不安な状態で迎える開幕となったけど、もうここまで来たら、
覚悟を決めるしかないね。

色々と大変なこともあったけど、5年ぶりのJ1の舞台に帰って来た。

5年前、「今年の目標はJ1残留」と開幕前に言った時に、
周りのサポーター仲間達からも「目標が低い」とか、「カッコ悪い」とか
言われた。
2006年開幕戦

 

 

 

 

 

 

 

 


【前回のJ1開幕戦】2006.3.5 vsジュビロ磐田@エコパ

確かに他のサポーターに対しても「目標がJ1残留」だなんて言うのは、
カッコ悪いとも思った。
だけど、カッコ悪くてもイイから、J1に残りたいという気持ちが強かった。

初めてJ2に落ちた時、「1年で戻れる」と簡単に考えていた。
だけど気が付いたら、J2生活の方が長くなっていた。

「何が何でもJ1に残りたい!」
…5年経って、さらにその気持ちは強くなったと思う。
8年も苦労した、もう絶対に戻りたくない。


色々なメディアの最下位&降格予想にも、「ニヤリ」として受け止めてます。
アビスパサポーターも、いちいち過剰に反応する必要はないと思う。
逆に聞き返せばいい、「去年、アビスパの昇格を予想しましたか?」と。

「アビスパやりそうだ」と構えられるより、油断してくれてる方が良いね。。
言い方は悪いけど、その隙にドサクサ紛れに勝点を稼ぐ。
セコイ話かもしれないけど、昇格組が残留する為には非常に重要な事。

篠田アビスパは発展途上。
アビスパに関わる全ての人達で、世間様の「予想」が間違ってたと証明する
のも、ワクワクして楽しいよね。


成岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今年の浮上のカギを握ると期待しているのが、成岡翔。

先月観たトレーニングマッチでは、まだまだチームにフィットしているとは
言い難かったけど、成岡がボールを持った瞬間に、周囲の良い動き出しが
出来れば、面白い攻撃を生み出すことが出来るでしょう。


マコさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J1を知り尽くしている、田中マコさんも今シーズンのキーマンの一人。

ジロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J1の経験値のない選手が多いので、そういう選手達に早くJ1の世界を
教えていって欲しい。

ユースケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年のJ1アビスパを知る選手達も少なくなってきました。。。

ジョーゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、川勝さんのもとで急成長した佑昌や城後にかかる期待も、
大きいね。

経験のある選手達と、恐れ知らずの勢いのある若手の融合が不可欠だけど、
まだまだ伸びしろのある篠田アビスパ、やってくれると信じてます。


バックライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年とは比べれものにならないくらい、攻められる時間が増えると思うけど、
耐えて耐えて耐えまくってくれ。

ユタカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユタカのゴールでまた泣かせてくれ。

正人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の推しメン、吉原正人。爆発してくれ。

重松

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重松くんも良い面構えしとる。
ゴール決めまくって、博多の男になってくれ。

 

5年ぶりのJ1だけど、自分自身としては10年ぶりという感覚です。

アビスパが気になる存在から愛する存在になった、ピッコリアビスパ。
スタジアムに足を運ぶたびに高まっていた気持ち、帰る時に感じていた充実感。
弱かったけど、最強だったあの時代。

J2に落ちて、どん底にたたき落とされても、「誰も止めれない愛する気持ち」が
失われる事がなかったのは、あの時代があったからだと思う。

10年前の自分は、アビスパの大きな未来を夢に描いていた。

「これから先、どんなドラマ、どんな未来が待ってるのだろう」

…と期待していたのに、残念ながら10年間で前に進むどころか、
後退していくような事ばかりが起こった。。。

いつしか、「あの頃は良かった」…が口癖になっていたJ2時代。


去年、見失いかけてた未来に光が差してきた。
10年前の夢の続きがようやく観れる。

開幕戦を明日に控えて、少年のような気持ちでドキドキワクワクしてます。

負けねぇ。新潟にも、10年前の自分にも。


さて、やりますか。


今年もアビスパに多く笑顔が溢れますように!!ジュン



make_it_navy at 20:08|PermalinkComments(0)誰も止めれない愛する気持ち 

2011年01月24日

2011年シーズン始動。

2011始動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年シーズン始動!
練習初日だけはやっぱり外せません!!

横浜F・マリノスからやって来た「清水ジロー範久」。
早速ランニングの先頭に…意識高いです!2011始動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英也もマコさんもJ1で迎える新シーズンに良い笑顔!2011始動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、「ビブス組」ならぬ「ニット組」(笑)2011始動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年、特に印象に残るゴールを決めた、城後と高橋泰。
偶然にもジェフ(稲妻シュート)とヴェルディ(超絶フリーキック)の色(こじ付け…)2011始動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは今年のボールさん。
『スピードセル』という名前らしいです。2011始動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉原正人と高橋泰の2トップなんて「アリ」だと思ってるんですが。。。2011始動

 

 

 

 

 

 

 

 



高橋泰が好きすぎるので、もう一枚。ユタカ△2011始動

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新メンバーの事については、また書きたいと思います。
キム・ミンジェが気になりすぎる…。


新トレーニングウェアだけど、個人的には「うーん」って感じ。。。
なんだか鳥栖の練習着みたいな感じだよね。。。

「色」というのはとても重要な要素で、サポーターも非常に大事にしている。
今でもネイビーを身に付けるサポーターが多くいるのも、それと無関係ではない。

細かい事に拘り過ぎって言われるかもしれないし、新サプライヤーとして
感謝の気持ちは素直に持っているけど、「色」に関しては少し配慮が欲しかった。


今日の〆は、取材後にサポーターへのファッションショーを開催してくれた、
キャプテン(だよね?)大輝のサービスショット。2011始動



make_it_navy at 21:13|PermalinkComments(0)誰も止めれない愛する気持ち 

天皇杯準々決勝『VS FC東京@熊谷』。

熊谷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ヵ月経ってしまったけど、シーズン締めくくりなので書き留めておこうと思います。


熊谷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アビスパになってからは、初めての天皇杯クォーターファイナル(準々決勝)。

試合は予想通り厳しい展開。
言い方は悪いけど、アビスパが勝つにはドサクサ紛れに点を獲って逃げ切る
しかないと思っていた。

それだけFC東京の選手達のレベルは高い。
Jリーグファンの中にはアビスパの昇格を驚いている人が多くいると思うけど、
FC東京が降格するというのはそれ以上の驚きだったと思う。

ゲームは支配される。
でも肝心なところで決め切れない。
アビスパが突くチャンスはそこだった。


J2にいる以上、開幕前は「目標はJ1昇格」であることに疑いはなかったけど、
この時は目の前に「天皇杯準決勝」が見え掛けていた。
ほんの数ヵ月前まで、そこに手が届きそうになるなんて思ってなかった。

ジャンボのゴールで先制して、後半途中から「本当に勝つかも…」と動揺。
長いサポーター人生でも未体験ゾーンだった。
天皇杯の準決勝なんて、まったく想像つかない世界…。熊谷

 

 

 

 

 

 

 

 


正直言って、経験不足です。
自分でもどうしたらいいか分からなかった。
これがリーグ戦だったら、たとえJ1だったとしても、冷静な判断が出来たかも
しれないけど、やっぱりこの瞬間は動揺していた。

心の何処かに、「天皇杯ベスト8」で満足している自分もいた。
クリスマスまでアビスパをサポートさせてくれてありがとう…と。

その感謝の気持ちは良かったんだけど、もっと貪欲に「準決勝」を意識した
サポートで行くべきやったね。

繰り返しになるけど、経験が足りなかった。。。


準決勝は掴めなかったけど、2010年のアビスパの選手達は最高でした。
この舞台に連れて来てもらえたのも、大宮での戦力外になった選手達の
頑張りも忘れちゃいけない。

大宮での阿部嵩の笑顔は、ずぶ濡れで凍えてたカラダを温めてくれたよね。
熊谷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合終了後、ジャンボ大久保と握手を交わし「ありがとう」を伝えることが出来た。

サポーターとして苦渋の決断、2008年5月に応援自粛という危機の日、
ジャンボは下手くそな歌でサポーターにチカラをくれた。
後日、ジャンボに「なんで歌ったの?」と聞いたら、
「サポーターに歌って欲しかったから」と。

アビスパの一番苦しい時期、サポーターの気持ちも折れてしまいそうになった時、
ジャンボがいてくれたから救われたというサポーターは多いと思う。

山形でも愛される選手になってください。
まあ、ジャンボなら大丈夫やね!
熊谷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8年間過ごした、辛いことの方が多かったJ2生活だけど、
この2010年のアビスパは、今後もずっと語り伝えて行きたいです。

一緒に闘ってくれた仲間達に最大限の感謝を込めて。。。



make_it_navy at 11:05|PermalinkComments(0)誰も止めれない愛する気持ち | 2010天皇杯

2010年12月04日

カンスタ到着。

da8fc189.jpgリーグ最終戦の地、kankoスタジアムに到着しました。

岐阜戦の後、バタバタで中々更新できなかったけど、
岡山から帰ってから改めて書きたいと思います。

まずは、今日のJ2ラストゲームにやり残しをしないこと。


最高のサポートをしてきます!



make_it_navy at 09:01|PermalinkComments(0)モブログ 

2010年11月23日

岐阜戦勝利!

a40964e0.jpg鳴り物禁止の影響で太鼓が使えずに、リズムが取りづらかったり、
個性的過ぎるスタジアムでサポート面で大変な事が多かった。

だけど、熱い気持ちだけは忘れず、無事に勝点3をゲット出来ました。


今日はアナログメガホン(笑)でめちゃめちゃ叫んだんで、喉が痛いです…。


また更新します!


make_it_navy at 16:21|PermalinkComments(0)モブログ