2005年08月30日

日本一幸せな福岡の子供達。

NAGI NAGI NAGI ファールじゃNAI!
NAGI NAGI NAGI PKじゃNAI!
NAGI NAGI NAGI でも止まらNAI


知らないうちに、柳楽応援軍団『ナギ・ナギ・16』に加入させられてた(笑)

ただ、『応援』という言葉はあんまり好きじゃNAI。
柳楽サポーター軍団『ナギ・ナギ・16』にしてほしい(笑)


午前中の用事を夜中のうちに無理矢理終わらせ、帰宅すると午前6時。
「これで雁ノ巣行ける!」と油断したら思いっきり爆睡してた。。。残念。

目覚め後は、京都戦の後の悪い流れを断ち切るため、
隊長が苦戦したというジョイフルの『トリプルハンバーグ』を倒しに行く。
結果は圧勝!デザートに『ミルクレープ』まで食ってやった。

ジョイフルには宿題のラストスパートをかける学生達の姿も目立った。
上段女帝の妹ちゃん、宿題終わったかな?
終わってなかったら、隊長が欠席でも代わりにもみあげ書くからね。
それだけじゃなくて、額に『I LOVE TOSU』って書く。

明日は8月31日。
子供たちにとっては夏休み最終日。
9月1日、久々に友達と再会する子供達。
「海行った!」とか「キャンプ行った!」とか「海外旅行行った!」とか
言って自慢する奴らに堂々と言ってやれ!
「オレは博多の森でアビスパの勝利を観たぞ!」

きっと、みんな悔しがるはず!

夏休みの間、博多の森で全勝するアビスパ福岡に触れることの出来る
福岡の子供達は本当に幸せ者。

今日だけは仕方ないから、ご家族の皆様。
『お子様の宿題を手伝って終わらせてあげてください!』
そして、明日はみんな揃って博多の森へ集合!


【今日の写真】
先月、デビュー直前のナギと。


make_it_navy at 15:58│Comments(3)TrackBack(0)誰も止めれない愛する気持ち 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by N   2005年08月31日 12:28
 先日はコメント有難うございました。
 そう、私は昨年8月11日に夏休みを利用して福岡へ旅行しに行きました。 その日は湘南戦やってて、佑昌が公式戦初ゴールを決めた日です。
 博多の森でのアビスパの応援に一目惚れしちゃいました。
 しかし、松田は何をやっとるんだか。 横浜FCの足達監督は、カズがゴールを決めて勝ったら、カズと一緒に踊る、と言っています。 これを聞いて、松田の情けなさを感じました。 ファンサービスしない、適格な人材配置をしない、熱くもなく、クールでもない。 とにかく中途半端です。
2. Posted by NOBU@東京在住だけどアビスパ   2005年08月31日 12:29
 さっきの続きです。
 例えば、去年までさいたまレイナス(今年から浦和レッズレディースに改称)の監督をやっていた田口禎則氏みたいな熱血漢だったら、選手も怠慢プレーをしなくなると思いますし、サポーターも90分間一切手抜きをしないで叫び続けるようになると思ったりもしますが。
 田口氏はレッズで選手だった頃から熱い選手でしたが、監督(兼埼玉県議会議員)になってからも凄かったですよ。 自チームの選手に対して野次を飛ばしたファンに向かって思いっきり一喝したり、審判に向かって暴言を吐くことも多々ありました。 それはそれで問題になってましたが、松田もそれくらいの気迫を見せて欲しいと思います。
3. Posted by 管理人@台風でもお仕事。   2005年09月06日 15:41
監督それぞれでスタンスがあるかと思いますけど、
確かに松田は選手を乗せるのが下手だと思います。

以前、久永がインタビューで
「ピッコリは選手を乗せるのが上手い」と言ってましたが、
時にはハッタリも必要だと思うんですけどねぇ。

リードされて選手が闘っているときに、ぼっーと突っ立っている松田を何度も見ましたが、
やっぱりああいうのはガッカリですよね。

選手が苦しいときこそ、監督として『してあげれること』があるだろう…って思います。

今は、佑昌や北斗がその監督を超えつつあるので、
そこに期待してサポーターとしてついて行きたいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔