2007年04月17日

「展開」という未知との戦い


展開。

競馬を予想するファクターは無限にあるが、ゲートが開いて
みないと分からないのが「展開」でしょう。皐月賞…。
ヴィクトリーが行き脚をつけた1角、2角まではよかった。

しかし、向正面に入ると嫌な予感がした。縦長の展開にも関
わらず、前2頭は折り合いながら淡々とレースが進み、5F
では59.4秒。この数字に、背中で寒いものを感じ始めていた。
軽快に逃げるヴィクトリーの後ろにサンツェッペリンの姿。
3角過ぎから追い出した松岡の姿に、「消えろ」と呟くが、
4角でヴィクトリーと併走するように追い比べになると、こ
れまたしぶとい。直線半ばで前走のチグハグレースは
「やっぱりふかしだったのか」
と、悟った…。

戦前の予想では「混戦」といわれた皐月賞だったが、誰にでも
勝つチャンスがあるとの「見立て」によって、騎手の皆が慎重
になりすぎた結果なのかもしれない。アサクサも行かず、ロー
レルもマイネルも、期待を込めたよりも消極的だった。後ろの
馬に関係なく、積極的に勝負に行った田中勝(そして、松岡)
の勝利なのだといえよう。正直なところ、ここまでの展開だと
は想像が全くつかなかった。

安藤勝も完全に脚を余すというヘタ乗りの極みだった…。

もちろん、ヘタの極みは馬券にもある。

阪神の最終で逆転を狙ったがアイアンキングも3着とは。
4角まで勝ちパターンで、小牧ならばと連は確実と見込んだ
が、直線での脚もシブイもシブイ…。3連単でシコタマ行っ
て、せめて2着まで差してくれれば“帯付近”まで行ったの
たが。

今週から東京開催。気分一新して、勉強して参ります。

maketakunai at 22:55│Comments(0)TrackBack(1)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 回収率387%を弾き出したプロ馬券師の競馬投資法  [ ■1点買いで回収率387%を弾き出した競馬投資法■ ]   2007年04月18日 15:39
なぜ私の必勝法が長期間売れ続けているのか?その理由を知りたくありませんか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ご来訪感謝です!
10-28-12












1113







9-6-22








40万








ほんのご挨拶

ご来訪感謝

アクセスカウンターMP3世界最先端を行くマウス

livedoor 天気