2014年06月25日

5周年☆

ご無沙汰いたしております副島真紀です
梅雨ですね・・・ついついお風呂上りにはエアコンのリモコンに手がのび〜る・・・
しかし明け方には肌布団にすっぽりくるまっております
大人でもそうですから、汗かき娘たちの一日の体温変化は大変なことに・・・
大人も子どももこの時期の体調管理はなかなか難しいものです

さてさてタイトルにあります『5周年』。
何かといいますと…昨日は長女の5歳の誕生日でした
先週の保育園での6月のお誕生会を皮切りに、先週の日曜日は前々夜祭、そして昨日の誕生日当日
月曜には珍しく発熱で保育園から連絡があった長女ですが、1日で復活
改めて、たくましくなったこと実感しました
長女が産まれた時は開業して3年ちょっと。忙しい私たちに付きあわせ、歯科に昼と夜の離乳食をお弁当箱につめて診療室と院長室を行ったり来たり。毎日帰宅するのは夜の10時過ぎ。お風呂から上がって寝るのは0時を回るころ。仕事と初めての育児で、当時の私は毎日キリキリしていたような
それでも長女は(私たちも)たくさんの方に支えられ、愛されて、すくすく元気に成長
1歳4ヶ月で早くもお姉ちゃんとなり、5歳の今は2人の妹のお姉ちゃんというより、もはや小さいお母さんとしてとっても頼もしい存在です
5歳になってますますその『包容力』には頭が下がる思い。
3人娘がいながらも、私は決してまだまだベテランママなんかではなく、時には鬼と化し、時には娘たちよりも号泣し、そんな母を、しっかり受け止め、私が元気のない時は、気遣いハグしてくれる長女ついでにそっとお菓子も握らせてくれます
妹たちもそんなお姉ちゃんを見て、強く優しく成長中
5歳の長女へ言いたいことはたくさんたくさんありますが
『たくさんの幸せをありがとうあなたは我が家の宝物です
きっとまた近く、私の頭に角が生えることがありましょうが、この気持ちは口に出してしっかりと娘に伝え、これからも全力で娘たちと過ごしていきたいと思います

DSC_0541
ばぁばお手製のケーキに自分でデコレーション
その後はもちろん・・・かぶりつき
前々夜祭では長女リクエストのオーロラ姫のケーキに、母の出来心で『ふなっしー』も参加(こちらのケーキはもちろんプロの作品です)
DSC_0527

さてさて、次女は早くも10月の自分の誕生日のプランを色々と考えているようです
お姉ちゃん、アドバイスよろしくね


maki_dental at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月05日

元気充電中

こんにちは、副島真紀です
保育園に子ども達を送っていくと、朝から皆で押しくらまんじゅう・・・私もしたかったなぁ

今年に入って、長年お世話になった方が相次いで亡くなりました。
今日もまた1件、悲しいお知らせが。
太悟先生を幼少時からご存じで、つい先月も小浜から治療に来て下さったばかりでした。
その後、娘たちの写真付きの葉書を送ったのですが、間に合ったのだろうか・・・
おいで下さった時に、都合をつけて会いにいけばよかったと後悔ばかりです。
長女を、まるで自分の孫のように思ってくださった方でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。
小浜に帰る時は、会いにいきますね!
朝からついつい涙してしまいました。

『悲しみ』は月日と反比例にどんどん減っていくものでしょうか。
昨年、大事な祖父を亡くし、でも確かに、少しずつ悲しみが和らいできているのを感じます。
しかししかし、今度は『寂しさ』が色んな場面でひょっこり顔を出してくるのです。
子ども達に『ひなまつり』の歌を歌っていた時、ふと思い出すと、私によく歌を歌ってくれていたのは祖父でした。ひな人形を出すのも、しまうのも、几帳面な祖父が一手に引き受けておりました。
妹と、こっそり雛道具をままごとに拝借していたものでした。(返し方が雑すぎて、すぐにばれていましたが・・・)
長女、次女の初節句を目を細めて喜んでくれた祖父でした。そんな祖父が贈ってくれた私の30年物のお雛様。また今年もそろそろ歯科の受付に飾りたいと思います

最近、時間がある時はよくお墓参りに行きます。
そういえば、ご住職が『お念仏は亡くなった方のために唱えるのではなく、現世に生きる自分たちのために唱えるのです』というようなことを言われていたなぁ・・・
解釈は違うかもしれませんが、お仏壇に向き合ってお念仏を唱える時、お墓参りで手を合わせる時、何だか自分の気持ちが少し楽になるような気がします。
時には泣きたくなる日もありますが、そんな時はしっかり泣いて、涙が乾けばまた前を向いていこうかな

慌ただしくて、気づいていなかったのですが、家の梅の花がかわいい花を咲かせていました
自然と頬がゆるみます
梅の花

さらにまたまたこちらにも癒されました(今回はちょっぴり中まで撮ってみました)
坂井先生、またまたありがとうございます(←催促に聞こえますか?)
栗きんとん2
元気、充電できそうです




maki_dental at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月29日

新作☆

こんにちは、副島真紀です
寒いかと思えば、暖かかったり
でも着実に春は近づいてきているよう
最近、ずいぶん日が長くなりました
そうなると、保育園の園庭で遊びだす娘たち・・・そういえば去年の夏は7時まで遊んでいたなぁ
まあまあ、雨の日と冬の間は車直行ですから、明るい時くらい付き合いますよぅ

最近、長女はお絵かきがずいぶん上達してまいりました
もっぱら描くのは人物画
中でも『お母さん』と『妹』は大のお得意
昨日は園庭で、『お母さん見てっ』と新作披露髪ゴムには花をあしらってあります
練習途中の『み』(どうやら図形として覚えているらしく、時折画面の上のように『くるっと回る部分』があっちこっちいってしまいますが)もサインのように書き添えてありました
いつの間にやら、どんどん成長していくのですねぇ

ちなみに次女の得意は多ジャンル
先日は保育園に行く直前に、画用紙に丸を1つグルッと書いて、玄関へダッシュ
『あれ何やったと?』と尋ねると『おにぎりっ
う〜ん・・・奥が深い

みゆ新作



maki_dental at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月21日

2014年の始まり

こんにちは、副島真紀です
松の内も過ぎ、気づけばもう二月が目の前ではありませんか
『師走』は12月だけでなく、1月も続けて『走って』おります

みなさん、お正月はいかがお過ごしでしたか?
我が家は、関東・関西にいる弟達が帰省し、娘たちも久々の従弟との再会ににぎやかにぎやか
『そえじま探検隊♪そえじま探検隊!!』と叫びながら、列になって(大きい順に)あちらこちら探検しておりました気持ちはわかりますが、畳んだばっかりの布団にはとびこまないでぇ・・・しかし、私も小さいころにやったよね、ま、いいかとにかく年々パワーアップしている子ども達とにぎやかに過ごしました

さてさて、今年新たに始めたこと
第一位:スマホ
10年近く使っていた旧携帯。カメラが壊れても、充電が切れやすくても、だましだまし使っておりましたが、年末にとうとう一回の通話で充電切れになる事態とうとう、とうとうデビューしちゃいました日々出現する新たな『マーク』に四苦八苦しているところです

第二位:花那の本格的歯磨き
六ヶ月から歯が生え始め、磨いたり、磨かなかったりしてきましたが、お正月に一気に歯が8本に増えましたこれはそろそろ本腰入れねばと、フッ素スプレーを使いながらゴシゴシお姉ちゃんたちを見ているからか、今のところ、とっても上手いや、いつかイヤイヤがでてくるんですけどね・・・その時はお姉ちゃんたち、助っ人頼んだわよ
DSC_0159

子どもが小さいと一年ってこんなに早いのかと思うほど過ぎていきますが、何より今年も元気な母さんでいることが第一目標
仕事では『マメさを心がけること』、家庭では『笑顔でいること(できる範囲で)』
あっという間に過ぎていくからこそ、毎日を大切に過ごしていきたいと思います
今年もどうぞよろしくお願いいたします


maki_dental at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月02日

心の栄養☆

 

こんにちは、副島真紀です

いよいよ靴下を二枚履きする季節となりました

そんな私ですが、小学校の時は12月までラスト・半袖人を通したものでした

そういえば、今では悲しいかなすっかり活字離れしておりますが小学校の時の私は、自他ともに認める本の虫でした

風邪で学校を休もうものなら、仕事帰りの母に頼むものは
『本買ってきて』

ジャンルを問わず、いろんな本を読みふけっておりました

 

その中でも思い出の本が一冊。
この『やまんば山のモッコたち』

小学校の図書館で、初めて手に取ったとき、本にかかれてある自然豊かな情景と、お母さん山姥の作るとってもとっても美味しそうな料理にすっかり虜(読めば分かりますよぅ)
期限が切れては借り、また更新することを繰り返し
暗記してしまう位に読みいったのですが、クラブや進学など忙しくなるにつれ、忘れていきました

時が立ち、大学生になり、パソコンを手に入れた田舎育ちの私は当時『検索』するだけで、あらゆる情報が手にはいることに驚いたものでした
そんな中、ふと小学校の頃のこの本の存在を思い出したのです
時折思い出すことはあっても探す術がなかったのです
探す中で、偶然にも中学校で書いた図画の、参考にした本が同じ富安さんの作品だったことも知りました出版社に電話をすると、小学校時代のものは廃版になったものの、新たな話が加わり再版されたものがあるとのこと近くの書店に取り寄せの予約をし、受け取った時のワクワクする感じ、何だか懐かしい友人に会ったような気持ちを思い出します
大の大人が読むにしては幼い本かもしれません。
でも私にとっては疲れた時の『心の栄養』のような本で、読めば一気に少女時代へとんでいける宝本です

保育園の娘たちには、まだちょっと早いかな?だけどいつか読んであげたい本なのです

そしていつか私もお母さん山姥みたいにかっこいいお母さんになりたいなぁ

さてさて、11月末からRSで入院していた三女が、今日退院しました
家に長女・次女を残しているので、あっち行きこっち行き、そして付添と大忙しでしたがスヤスヤ眠る三女の傍らで、薄明かりの下しっかり『栄養』もらったのでした
みなさんにも『心の栄養』ありますか??



DSCN8355続きを読む

maki_dental at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月13日

おいしいもの達☆

こんにちは副島真紀です
秋をとおりこし、すっかり冬の寒さではないですか・・・
昨日ついオイルヒーターとハロゲンヒーターの封印をといてしまいました
夏になれば冬が恋しい、冬になれば夏が恋しいものですね
先日、名古屋に行かれた坂井先生からお土産をいただきました
『栗きんとん』です
これがまたとってもおいしかったのです
素朴な栗だけの味ですが、お茶に合う合う
小さい時に、この時期になると祖母がどっさり栗をゆでてくれ、半分に割ってスプーンで食べたものでした
何だか懐かしい味でした・・・こりゃ痩せる訳がない
DSCN8314
先日は次女の誕生日あっという間に三歳になりました
大好きなものは『プリキュアとチョコ』声を大にして公言しております
本当の誕生日の一週間前に誕生会をし、誕生日の前日に保育園で10月生まれの誕生会があり、
『お母さん、万結はいつ3歳になると?』
と言っておりましたが、ついに10月31日に晴れて3歳となりました
お菓子作りが得意なばぁばに頼んだのはもちろんチョコケーキ
プリキュアの絵を描いてと言われましたが、三姉妹の顔でゆるしてもらいました
たっぷりのチョコチップに『おいし〜い
大満足の娘たち
DSCN8304

そんなケーキをほおばればこんななりますよね・・・
長女よ、絵的には『おいしい』ぞ
DSCN8308

maki_dental at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月30日

元気の源

こんにちは、副島真紀です
すっかり肌寒くなりましたね
みなさん、衣替えはすみましたか?とりあえず半袖は出したものの、まだ長袖が全部入りきれず、家の中が大変なことになっているのは我が家だけでしょうか・・・
次の日曜こそ!と毎週思う日々

祖父が亡くなり一か月が過ぎました。
まだまだ実感がないような、それでいて寂しさはつのるような・・・何だか複雑な心境です。
やることはたくさんあるのですが、まだまだPCの前に腰をおろすにいたらず・・・。
それでも時はたつものです。
毎週、法事でご住職様がお参りに来てくださるのですが、先日の法事の際に
我が家の末娘(7か月)と、甥っ子(11か月)がそれはにぎやかでした
お参りが終わり、ご住職様のお話で『今どのくらいですか?』と尋ねられました。
7か月と11か月とお話しすると、『短かったかもしれないけれど、ひいおじいちゃんと出会うことができて、本当に良かったですね。』と言われました。
今、この瞬間に同じ時を生きることは500回生まれ変わらないと、また廻ってこないそうです。
そう思うと、自分が祖父の孫として生まれ、そしてまた娘たちがひ孫として生まれ。
当然のようでありながら、本当に本当に尊い出会いなのだなぁと感じました

お墓参りに娘たちを連れて行った時のこと。しゃがんで何やら探している長女と次女。
『何しよると?』と聞くと、『お母さん、ピンポンどこ?』とのこと。
どうやら保育園でのことなど色々とお話ししたのに、ひぃじぃじから返答がない→しかし私から『この(お墓)下に眠っているとよ』と言われた→二人で考えた結果、ピンポン(玄関のチャイム)がないから、ひぃじぃじは聞こえないんだ!という答えに至ったようです
いつかは薄れていくものでしょうが、娘たちの心の中にもひぃじぃじがいるんだなぁと感じました
しかし、いつも子どもたちの発想に驚くやら、笑っちゃうやら
我が家の『元気の源』です
DSCN8276

maki_dental at 11:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年10月07日

9月のこと

見上げれば空はいつの間にか青く高くなりました。
カレンダーも残りわずかとなってきました。
そんな9月のこと。(今日のブログは長文です)
私の人生で大きな大きな出来事がありました。
8月から入院中であった、祖父が9月26日(木)の午前0時35分、93歳で静かに静かに旅立ちました。もともとの入院の原因であった肺炎もよくなり、9月末には退院しようという目標の中、突然の出来事でした。
ブログで書くのはどうかとも思いますが、祖父の足跡を残したく書いています。

日曜日まで『また明日』とひ孫に手をふっていた祖父。
夜中に脳梗塞を発症したようで、月曜から意識が戻らない状態となりました。高齢であったり、他の臓器や症状との兼ね合いがあったりで、積極的な治療は極めて困難であり、生前の祖父の希望からも、対症療法をしながら本人が頑張れるまでということになりました。
それでも水曜の夜中まで祖父は本当に頑張ってくれました。水曜の朝は何だか何とも言えない気持ちになって、登園前の長女・次女をつれて『運動会の予行演習頑張りまーす!』と大きな声であいさつ。昼間は三女と、妹親子と病室で、意識はないものの耳はきこえているはずと色々な話をしながら過ごしました。
また保育園帰りの長女・次女も連れてきておやつタイム。とにかく一日中病室ですごし、もしかしてこの状態が続いて少しずつ回復するのでは?なんて思いながら、泊まる弟とバトンタッチ。そんな弟から『姉ちゃん、はよ来て』と連絡があったのは夜の11時半。いつもは娘たちを寝かしつけながら、ついつい自分もバタンキューしてしまうものの、この日だけは何だか変な気もちがして、携帯を握ったまま起きていたのでした。
病院にとんでいきました。妹も母もとんできました。父や伯父たちも駆けつけ、みんなで祖父の周りで呼びかけました。少しずつ呼吸が少なくなる祖父に、色んなことを呼びかけながら『おじいちゃん、大丈夫よ!何も心配せんでよかけんね!大丈夫よ!』そういうと、月曜から何の反応もなかった祖父が、偶然かもしれませんが頷いて、確かに頷いて、それから静かに静かに旅立っていきました。
 
初孫の私が生まれた時、祖父は局長になる予定もあった郵便局を退職し、育児を一手に引き受けてくれました。とにかくスポーツもできるし、字もきれい。裁縫もこなせば、手先も器用と、今でいう『イクジイ』どころかスーパーマンでした。父からよく『おじいちゃんと比べるお前たちがまちがっとる!おじいちゃんは神様と一緒ぞ!』と理不尽な言い返し方をされたものでした。
おじいちゃんがいる日常が、当たり前の毎日でした。それがどんなに幸せだったことか。失って初めて気づいたのでした。もっともっと色んなところに連れていきたかった。もっともっと色んな話をしたかった。そして何よりもっともっとそばにいて笑ってほしかった。
 
でも今もまだ何か実感がないのです。病院に行ったら、歯科の二階にあるデイサービスに行ったら、実家に行ったら、いつもの場所に座っているような気がするのです。
先週の月曜、会議の後に施設長から『おばあちゃんの桜が咲いていますよ』とのこと。
おばあちゃんの桜とは、歯科の前にある『おかめ桜』のこと。太悟先生の祖母がプレゼントしてくれたものでした。そんな祖母も昨年99歳で亡くなりました。デイサービスでよく祖父と忘年会などでお酒を酌み交わしていた仲良しでした。桜を植えて5年間、季節を間違えて咲いたことは一度もなかったのに、花が咲いていました。先輩として、おじいちゃんの道案内に来てくれたのかな?そんな思いにふけりながら家に戻ると、空に二連の虹が。長女が『ひぃじぃが登っていくよ』と言いました。そうかもしれません。
泣いてばかりの私たちに、おじいちゃんが色んなサプライズをしかけてくれたのかもしれません。
涙はとまりませんが、拭うことはできそうです。涙がこぼれても、前を向くこともできそうです。祖父と過ごしたこの34年間を胸に、少しずつ少しずつ前に歩んでいこうと思います。
おじいちゃん、心配せんでよかけんね!でも傍でみとってね!
ブログ 002


maki_dental at 02:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月02日

サプライズ☆

こんにちは、副島真紀です
雨がよく降りますねぇ
特に土日に限って・・・
昨日は子連れで初ジャスコ
プレイランドに大興奮の娘達
エアートランポリンで跳ね回り、屋内だというのに汗びっしょりでした
屋外だろうが屋内だろうが、着替え三人分は必須です

先日、まき歯科では恒例の夏の慰労会を開きました
スタッフだけではなく、日頃縁の下から支えてくれる技工士さんやお掃除の方々などをよんで大賑わい
その席で、なんとスタッフみんなからサプライズ
太悟先生と、私の誕生日の中間くらい(やや私寄り)ってことで、お祝いのケーキと花束
思いがけないプレゼントに、心がほっくりしました
みんな、いつも頑張ってくれてありがとう
まき歯科の自慢の1つは、この仲間達です
患者さんはもちろん、みんなの笑顔のためにも頑張らんとね!と改めて思いました
しかし、私の年齢の『10』の位と『1』の位が反対でございました
そこは十二分に気をつけてくださいませ

ブログ 004







もちろん娘達も『お父さんとお母さんのケーキだぁ』と大喜び
登園前に、大胆に手ですくって食べる長女・・・
チョコレート大好きな次女はチョコプレートを丸々口に入れ、『まゆ〜』と呼んで、振り返った顔は横にびよ〜んと伸びていました
帰ってきてからも、次女は『お父さん』担当で、黙々と食べ続け、ふと見ると太悟先生の髪部分のチョコをキレイさっぱり食べておりました・・・おかげで太悟先生はすっかり『白髪』になりました
ブログ 005













maki_dental at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月26日

何でも同じ☆

こんにちは。副島真紀です
夏真っ盛りとなりました
先日はひなちゃんママさんからいただいた大きなスイカをフルーツポンチにしました
娘達は果肉はもちろんストローでスイカジュースをチューチュー
最終的には、優勝力士のようにスイカを抱えてゴクゴク夏の醍醐味ですねぇ・・・

我が家の夏の風物詩の1つ・・・『夏風邪』
やはりやはり今年も来ました・・・
トップバッターは次女。先々週あたりから『お腹が痛い』。
しかししかしどうやら次女の場合は体調<メンタル的な理由が大きいような気がするのです。
発端は、長女と三女を予防接種に連れて行き、次女だけそっと保育園においていった日のこと。
接種後すぐにお迎えに行ったのですが、初めてお姉ちゃんと離れ、1人で保育園に残されたことがやはり寂しかったよう夕食時にひっくりかえって号泣そのあたりから『お腹痛い』ということが多くなった気がするのです。
念のため、検査もしてもらいましたが、基本的な検査で今のところは問題なし
保育園入園からはや4ヶ月、といってもまだまだ4ヶ月。時には一休みが必要なのかもしれません。
お迎え後は6時過ぎまで園庭で存分に遊ぶのが日課ですが、たまには趣向を変えて、最近はアーケードのお散歩やお買い物など、あの手この手を検討中今は『次女』という壁にぶつかっておりますが、彼女には絶対に乗り越える力があると信じております時には一休みしつつ、付き合っていきたいと思います。

さてさてお次は三女。数日前から突然の発熱
しかし機嫌はすこぶるよく、よく飲み、よく眠り、よく笑います・・・
しかし抱っこするとポッカポカ
病院で水薬をもらい、変な顔しながら味わっております。
おかげで今日は熱も37度前半に

最後は長女。昨日未明より突然の嘔吐
ポカリ一口でもまた嘔吐病院で点滴をしていただきました。
点滴がおわる頃には自ら『もうよくなったよ』
顔色もよくなり、一安心
夕食には、自分の白粥に、みんなと同じそぼろがのっていないことに腹を立て、私のそぼろをごっそりとっていきました小児科の先生、大変お世話になりました!!

やっぱり三姉妹、笑顔が一番です
子どもが辛い顔を見るのは、母としてたまりません!!
復活した子ども達と夏を乗り越えていくために、私もちょっと体力つけねば〜よい健康法あったら教えてくださーい
三姉妹

maki_dental at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
最新コメント