January 16, 2009

1/16の私も本当によく食べる。 だから、元気で太らない。

4fe57476.jpg936da0fc.jpg
月間恒例行事になりつつある私の携帯紛失事件ですが、

今日もやってしまいました。

しかも、2回も。

どこまでおっちょこちょいなんでしょう。

携帯はなくすは、

デジカメと間違って、エアコンのリモコンをかばんに入れてるは、

とにかくどっかが抜けてるおバカな私ですが、

ちょうど1ヶ月前に、
著書本「ココロノ料理帖」を無事出版できたのは、

本に携わって頂いたスタッフの皆様方あってのことです。

そんな皆様方と、出版記念に、みんなでご飯に行こうと約束していたのですが、

それがようやく本日実現しました。

カメラマンさん・スタイリストさん・ライターさん、
そして、私、みんな揃って、

男勝りな女子です。

場所は、前々から行きたかった『ラリューン』でしたが、
こちらに生けてあるお花は、

今回のスタイリストさんの凄腕にかかったものです。

その素敵さは、実際行ってみて、
ご自分の目でお確かめ頂けるといいかと思います。

お料理も、
お世辞抜きでどれも素晴らしく、

これまた実際行ってみて、
ご自分の舌・目・お腹でお確かめ頂けるといいかと思います。

お料理は、
プリフィクスコースを注文しましたが、

eebf92d5.jpge5bcfe83.jpg
初っ端から、
「天然酵母パン・豚のリエット・黒オリーブ」は、
お代わりに走ってました。

手が早すぎます。

それから、
それぞれプリフィクスで頼んだお料理
「有機野菜のものすごい盛り合わせ」
「ずわい蟹と里芋のサラダ グレープフルーツのジュレも一緒に」
e074ee67.jpg2b19671b.jpg
「キタアカリと玉葱のプレッセ フレッシュフォアグラと黒トリュフも豪快に」
「セップ茸のポタージュスープ&紅芯大根のポタージュスープ」
「鱸のポワレ たくさんの元気な野菜も一緒に」
「蝦夷鹿のポワレ ベルモットソース」
「蝦夷鹿の赤ワイン煮 マッシュポテトを添えて」
08b1e98b.jpg017555c3.jpg
「スフレチーズケーキ りんごのソルベ」
「さつまいものモンブラン風 レモンのソルベ」
c9ec4193.jpg593cd94f.jpg
「りんごのオーブン焼き クレームブリュレ仕立て キャラメルのグラス」
「プチフール(マドレーヌと生チョコ)」
等を

いちいち感嘆の声をあげながら、

瞬く間に平らげてました。

一皿一皿、そりゃもう迫力満点で、

特に、前菜「有機野菜の盛り合わせ」なんて、

食べても食べてもなかなか減らないほど、

野菜の王国でした。

でも、だからと言って、味付けは繊細且つ、強弱のバランスもGOODでした。

なんとなく私達4人の性格っぽい料理達だったかと思います。

また、お店おススメのボトルワインも、

軽やかなのに、深みもあり、

お世辞抜きで、全てにおいて感動のオンパレードでした。

654aa87e.jpgdf6b73e4.jpg
メンバーもよかったからでしょう。

おかげさまで、
女子の皆様を撮る手が震え、
見事にピンボケしてましたけど。

それにしても、
私達は、気持ちいいぐらいの食べっぷり飲みっぷりです。

食べるのは早いは、

飲むのも早いは、

まさに男子顔負けってくらいです。

でも、やっぱり男子に強くあってほしいと願う女子であります。

女子という言葉は、
30歳を過ぎても使っていいのか分かりませんが。

そうそう、
ライターさんから嬉しい誕生日プレゼントを頂いたのですが、

281bdf83.jpgなんと、未だかつて私が口にしたことのない「カップラーメン」までいてくれました。

どうしても私に「カップラーメン」を食べさせたいらしく。

しかし、私の決意はそんなに簡単には揺るぎません。

ここまで食べないできたんだから、
この先も食べない街道を突っ走ろうかと。

そんなこんなで、

あっとゆーまに楽しい2時間が過ぎ、

名残惜しくも、
お開きとなりましたが、

帰宅後、

明け方近くに、PCメールを開くと、

ラーメン、食って…。」だけ太字で書かれたメールが2通も届いてました。

一瞬、目が点になりましたが、

頂いたカップラーメンは、

ありがたく、心の中の仏壇に供えて、

いつの日か、

夢の中で頂こうと思います。


※心入り自著本『ココロノ料理帖』、あちこちの書店やネットにて発売中。
※園山真希絵監修「栗とお豆の豆乳ぷりん」、ローソンにて地道に発売中。
※園山真希絵プロデュース『まめのおもい』、ネットにて限定発売中。
※『女性自身』〜“ベジ・ア・レンジ 栄養の園・野菜の山”〜連載中。

makiegg at 23:07│