今日 平成28年 3月 3月31日をもちまして
秩父こども園の園長の職を退くことといたしました

秩父幼稚園 秩父こども園の 園長として
長きにわたり 皆様にお力をいただきました 

本当に幸せな園長だったと思います

子ども達は いつも 精一杯輝いていて
とっても 毎日が楽しかったです

保護者の皆様に恵まれました
職員に恵まれました

たくさんの業者さまにも 恵まれました


いろんな方に助けていただいて
沢山のご縁をいただきました

心から感謝申しあげます
ありがとうございました


ですがここ2年の体調が思わしくなく
大事なお子さんの命をお預かりするには
十分でないと判断いたしました

私は去りますが 
弘道学園の保育の気持ちは変わりません
これからの 秩父こども園も 
応援していただけましたら幸いです 



しばらくは 静養しながら お寺で過ごしております

観音様と一緒に 
皆々様に受けた御恩を お寺から形を変え
精一杯 恩送りをさせていただきたいと思っております


皆々様の ご多幸を 心よりお祈り申し上げます


    
柴原真紀






image

大きな時代の変化を感じます
この子たちが 大人になる時に
いったいどんな時代になっているのでしょうか
この子達は 一体何を心の支えに
一人歩みだすのでしょうか

その時に心の中に 
たくさんの幸せが詰まってますように
その時に心の中に 
たくさんの笑顔か詰まってますように

ママやパパの笑顔が
友だちの笑顔が
心の中できっと助けてくれる時がある
だって こんなにみんなが幸せだから
だから きっと大きくなっても
幸せになる方法をみんなは知っている

そのお手伝いが私たちの仕事です
私たちの仕事が皆様の幸せのちっちゃな種となって
そして いつか
お日さまみたいに輝くたんぽぽの花に育ったら
私たちはどんなに幸せでしょう

どの子の明日も
どのご家族の明日も
一輪のたんぽぽのような 
笑顔があふれますように・・・・・・


image

3月22日 (火) 
TBSテレビの Nスタに 
横峯先生のところの保育園が紹介される予定です
18:40 くらいからの 予定です

よろしかったら ご覧ください

また この5月には 横峯先生をお呼びしての講演会もございます


ぜひ お母様お父様 おそろいでお聞きになると
とっても ご夫婦で協力しやすくなると思います

詳しくは 園のお便り また 市報などを ご覧くださいませ



image







お寺のさくらんぼの木の花が咲き始めました。
穏やかな日

今日は保育修了式でした

ゆり組の皆様
ご卒業 おめでとうございます



本当に ありがとうございました
今日の日が 迎えられましたこと
こころから 感謝いたします

この10年は 幼稚園保育園にとって
大きな変化の年でした。
法制度が次々に変わる中 
秩父幼稚園秩父保育園を お選びいただき
ありがとうございました

保育の目指すところは
子ども達は 変わらず
のびのびと それぞれが 挑戦して
できることが増えていく その喜びが
自信につながるよう 職員一同 精進してまいりました

至らぬ点は多々ありましたが
いつも 暖かく ご理解いただき
職員も 保護者のみなさまに 育てていただきました


保育と 法制度と 異なる見方で園を
支えてくださった保護者の皆様のご理解は
ありがたいものでした 

この先、それぞれのお子様が 
健やかな成長をなさいますよう
そしてそれぞれのご家族に 笑顔か重なり合いますように
いつもいつも 
祈っております

これからも ずっと ずうっと



今日は 今年度最後の 保護者会でした
来年度 入園予定の保護者の方もふくめての保護者会

いつもながら 秩父こども園の保護者の方は すばらしい


保護者会は おもに 重要事項説明書
認定こども園では 必ず 保護者の方に
重要事項説明書を作成して それを説明して
そのうえで 同意書をお書きいただいて
4月1日からが 始まります
これは 新入園児だけではありません
全園児の保護者の皆様に お願いするのです

ご面倒ですが 毎年毎年 ご参加いただきます


私の挨拶には拍手をいただき
すごくすごくうれしかったです
照れ屋なので スゴスゴとひっこみましたが・・・・


そして イスも みなさんで協力して
かたづけていただきました
誰も 何も言わなくても ドンドン動いちゃうって 
本当にすごいことなのです

子どもは 親の背中を見て育つと申します

こうした保護者の方を見ていると
みんな いい笑顔なわけだな〜と 思うのです


今日は 本当にありがとうございました

柴原はとっても幸せ者だとつくづく思います

 

image









雨上がり、
水たまりだって、ものすごく楽しい
一人が始めれば、どんどんよってくる

真似したり、工夫したり、

大事なことは、
しばらく気のすむまで、やらせるコト

よごれようとなにしようと

だって、すごく集中しているんです。
体も、頭もフル稼働。
やる気満々です。

楽しくて楽しくて仕方がないという感じ

当たり前のようですが、
こども達に沢山味わってほしいのです

将来のやる気は
こういう楽しい経験から生まれます

NGO スナーダイ・クマエ
秩父こども園が長年支援している施設です。




image



















お手紙が届きました

収支報告書です



お釈迦様のお誕生日 お悟りを開かれた日 お亡くなりになった日に
保護者の方々に募金をお願いしています
そのお金は すべて ここに送金しています


カンボジアのアンコールワットのそばにあります

館長さんは日本人の素敵な女性の方です
昨年の12月にテレビでも紹介されたので見た方もあったでしょうか・・・・

実は この館長さん博子さんと 園長柴原は ちょっとした知り合いです

さかのぼること10年も前のことですが
私 このカンボジアの博子さんのところへ 伺ったのです
ほんの2時間くらいの訪問でした
まだ 施設を始めて数年の博子さん 
手探りながら
異国で女性で 孤児をたくさん引き取って 
国の助成もないなか がんばっている姿
そして何より 教育に対する姿勢や 
子どもたちに対する愛情がすばらしく
一瞬で 意気投合 したのでした

それから 私は ここの支援をしようと決めました


カンボジアが とっても 仏教の信仰の厚い国です
そして 曹洞宗は あのポルポト派の惨殺のあと
すべて失われたカンボジアの仏教のお経の本の復刻に尽力いたしました
そんなご縁もあって 
曹洞宗のつながりで カンボジアに行ったのです

もちろん 曹洞宗でもスナーダイ・クマエを支援してます

そのご縁で私も 知ったのですから・・・・


だから お釈迦様のご縁でつながったこの施設に
お釈迦様の募金は 直接送って 活かしていただこうと思っています



私が うかがったときにいた子たちが 卒業して
社会人になっていたり こうして 
家庭をもっていく子もいたりすると思うと嬉しいです

恵まれない家庭環境で育った子が
愛情いっぱいの家庭を作るようになっていく
それは この施設が 
豊かな愛情につつまれているということだと思うのです

お釈迦様は 
いくつになっても 深い智慧に気づくことができると
み佛の深い教えに包まれて生きていることに気づいたら
ちゃんと幸せになるとおっしゃってます

どんな境遇でいたとしても
心穏やかに 暖かい愛情で生きる方法を示し続けると
ひとは 必ず幸せになると ここの子ども達を見ていると思います


よろしかったら ブログものぞいてみてください

スナーダイ・クマエのブログ


http://snadai.blogspot.jp/2016/02/blog-post_22.html






















image







うめ組さんです


こんな風にみんなで一緒に遊べるようになりました。


「なかなか みんなと仲良く遊べなくて・・・」
というお母さん 多いですね

じつは 子どもって年中さんくらいまでは 一人遊びが中心です
砂場でも 年少さんは 
みんな 同じところで思い思いに勝手に遊んでいます

ルールに伴って一緒に遊ぶということはまだ 難しい

もちろん おもちゃの貸し借りもなかなかできない

一人で遊ぶ方が中心だからです




それが だんだん こうして みんなで協力すると
違う楽しさがあるんだな〜って わかってくるのが
5歳くらいです

この電車も みんなにスピードに合わせて
自分の行きたい方じゃなくても行ってみて
あわせる・・・・ これを学んでいくのが このころなのです


ただし この電車も 10分もすると 誰かが思わぬことを始めて壊れます
それも 大事なのです
たのしかったから もっとこうしたら楽しいかも
って 思ってやったら 全然だめで つぶれる

よくあることです

そんな失敗も あ〜あ というみんなの失望感を背負いながら 自分の性格をだんだん思い知っていくのです

でもね そういう子って 新しい遊びも思いついたらり
大ヒット 飛ばしたり
失敗もするけど いいムードメーカーにもなります

お母さんは 時々 
大人がみんな 気を遣いあって トラブルなく過ごしているように
子ども達もあそんでほしいと思いっていることがあります

ありえませんね

子ども達は まず いっぱい 一人遊びをします
そのあとで だんだん 友だちとかかわるようになります
そこには いろんな子がいます
家庭の環境も様々
だから トラブルもあります
トラブルから 学びます


人間関係って 生き方の基本というか 
一生 終わりなく学ぶところなのですね
その最初の一歩が 幼稚園保育園こども園なのです

だから 失敗がたくさんあっていいのです
だから 失敗して学ぶ 暖かさが大事です


お互い様だから しょうがないと 開き直らず
失敗して ごめんね 
キミと こんな風にトラブれて 失敗させてくれて ありがとう
そんな積み重ねが 生きる基本になってくれたらいいなと 
園長先生は みんなの笑顔を みながら おもいました 


保育の様子

保育の様子

保育の様子

昨日の朝、秩父を出発
新潟県でスキーを滑り

無事に秩父に戻りました。

楽しいことは
本当に
早いなあ


保育の様子

保育の様子

保育の様子

人気ブログランキング
人気ブログランキングに登録しました。応援のクリックをお願いします。バナーにマウスポインターを合わせ、右クリック、「リンクを新しいタブで開く」を選ぶと行方不明になりません。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村
メールマガジン配信!
携帯メールをご登録ください。
livedoor プロフィール
運営ポリシー
当ブログは 秩父幼稚園の子どもたちの様子、園・園長の方針、考え方を中心にお伝えすることを目的としています。
このブログをご覧の皆様、ぜひ教職員への応援コメントをお願いいたします。
これは毎日労を惜しまず、こどものためにがんばる教職員のために私からのお願いです。

学校法人弘道学園
理事長 柴原幸保