2005年08月21日

タンジー

Tansy
キク科のハーブなんだけど、これは虫除け目的でブルーベリーの鉢の間に置いている。
香り高く、距離によっては変に蒸れ臭い感じがしたりして、おもしろい。
タンジーの花は1cmくらいのボタン状。開花期は夏。

タンジーの花










葉っぱはノコギリ葉で、株立ちするから茎をbbに寄りかからせたりしてる。
背が高くなったのは(2m近く)切り戻して、切ったのを束ねてこれまたbbの鉢の近くにぶら下げてる。

タンジーの葉と蕾










効くか?
程度の問題だけど、食害は減ると言っていいだろう。
タンジーやその他のコンパニヨンなハーブを一緒にしていない鉢などは、けっこうシュートや新しい葉が食害を受けたり萎縮したりしてる。
それが目立つか目立たないか、bbの状態を毎朝見てる者にとっては、大っきいよねぇ。  

Posted by makiki at 20:19Comments(0)TrackBack(0)Companion Planting

2005年08月14日

鉢底通気

10〜15mmほど底上げします。
素材はゴルフクラブ用のメッシュ・プロテクターの輪切りと鉢底ネットです。

鉢底上げ01







底上げ用のメッシュ・プロテクター(高さ10mmほどの輪切り)を底に敷き詰めます。

鉢底上げ02







鉢の形に合わせてカットした鉢底ネットを敷きます。

テラコッタ底上げ







テラコッタではこんな感じ。

鉢底の通気をよくすれば、根のガス排気が期待できます。
この工夫は、山野草や高山性のツツジ科などで、夏越し時の作落ちや枯れ死を防ぐ有効な方法のひとつ、とされています。
用土はもちろん、phf-cubeを混ぜて用土通気も確保してます。  
Posted by makiki at 16:59Comments(0)TrackBack(0)夏越し対策

ダンボール断熱

外側を断熱したら、んじゃ内側を。

テラコッタ-ダンボール断熱






ダンボールを短冊に切って、鉢の内側に並べます。
山野草ではダンボールをよく使いますね。
けっこう保湿と断熱に効果があります。
加えて、謎が多い(笑)ダンボール栽培の効果があるかも、しれませんし。
画像はテラコッタでの用例です。  
Posted by makiki at 16:53Comments(0)TrackBack(0)夏越し対策

アルミ蒸着フォームシート

アルミ蒸着の数mm厚のフォームを鉢にくるりんと巻いてます。

アルミ蒸着フォームシート

画像はChandlerの苗です。
根際は厚い針葉樹チップのマルチにしてますが、根が回ってる鉢の側面がかなり高温になりますからね。
特にスリット鉢は肉厚が薄いので、直接影響が出やすいです。
直射日光を少しでも遮ればね。  
Posted by makiki at 16:45Comments(0)TrackBack(0)夏越し対策

夏越し対策

うちはスリット鉢が多いんですが、どんな鉢にしても断熱と底上げ加工して排水と底の通気を良くしてます。
ブルーベリーだとSpartanやChandlerなどのNorthern Highbushで。
野生種だとクロマメノキやVaccinium angustifoliumなどで工夫してます。
山野草など、夏越しが難しいものなどにもね。
その他、置き場所にしても遮光とか、置き台など必ず、排水と風通しを遮らないように気を使ってます。  
Posted by makiki at 16:36Comments(0)TrackBack(0)夏越し対策