April 2011

April 29, 201122:45らくみ通信 2011年 卯月 〜小児の救急対応〜

Vol.93
2011/04/28
 
┏━━┓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
┃\/┃     らくみ通信 2011年 卯月 〜小児の救急対応〜
┗━━┛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・
 
依然東北では厳しい毎日が続いておりますが、それでも春はやってきました。
桜やチューリップ、咲き誇る花々がなんだか胸に沁みます。
 
さて、先月発行のらくみ通信の前文について、
「不特定多数に宛てたメルマガでは政治・宗教などに関する個人的意見表明は
すべきでない」旨のご指摘・ご批判を頂きました。
私としては、特段政治的な意図を込めて書いたつもりではなかったのですが、
悶々とする思いからつい感情が先行し、普段の枠をはみ出したことは事実であり、
健康をテーマにしたメルマガには不適切であり表面的意見は不愉快、という
ご指摘はごもっともです。
不愉快な思いをされた方、違和感を持たれた方、すいません。
以後気をつけますので、ご容赦ください。
 
さて、4月の発行が怪しいかも・・・とお伝えしたらくみ通信ですが、
お腹の居心地がすこぶるよいのか、まだ出てくる気配はなく、
おかげで今月号も無事発行の運びとなりました(苦笑)
「待つのが最大の積極性」との助産師さんの言葉通り、
ゆったり待てることに感謝しつつ、赤ん坊の気持ちに合わせてみます。
 
さて、出産を控えていることもあり、今回は子どもの健康・・・と思いましたが、
妊娠・出産分野の鍼灸、また小児はりについては以前も書きましたので、
小児の救急医療についてまとめたものをご紹介します。
 
****************
 
では、厚生労働省研究班/社団法人 日本小児学会 監修
小児救急の心得より以下抜粋;
 
第1条 小児救急は「救命」である事をまず認識。

小児救急は、本質的には「今すぐ何とかしないと命にかかわる」
人のために設けられている制度です。
不安の解消や、日中仕事で連れていけない人のためのものではありません。
以下の小児救急の心得を良く読んだ上で正しく利用しましょう。
小児救急医療は、限りある資源です。
 
第2条 子供の病気、慌てて受診の前に#8000 #7119。

小児救急医療電話相談事業というものが、各都道府県単位で実施されています。
全国共通の短縮ダイヤル(#8000)に電話をすることで、
子供の急な病気の際にどのように対応すればよいか、
医師・看護師による電話相談に応じてくれるものです。
まずは、#8000に電話をしてみてください。
ただし、実施状況・実施時間帯は各自治体により違っていますので、
事前に確認しておきましょう。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html
 
第3条 急な発熱でも慌てない。

人間は、細菌やウイルスが体内に入ると、
それを排除しようとする仕組みを持っています。
白血球などがその代表ですが、
「熱」も体を守るために重要な働きをしています。
人間は、熱を上げることでバイ菌をやつけているのです。
ちなみに、熱だけで脳に障害が残ることはありませんし、
熱だけが原因で死亡することもありません。急なお熱に驚かないでください。
ちなみに、発熱してすぐに病院に来ても対処のしようがないことが多いです。
夜間よく眠っているのであれば、40℃あっても寝かせておき、
翌日の一般外来を受診しましょう。41℃以上なら、救急受診を。
ただし、4か月未満の赤ちゃんは、
38℃以上発熱があったら夜間でも病院を受診しましょう。
 
第4条 食欲はなくても大丈夫。

人間4,5日食べなくても死にはしません。
風邪をひいて熱があるときは、
私たち大人でも食欲がなくなりますね?
子供も同じです。
体調が悪いときには食欲が落ちるのは当然だと思ってください。
ただし、水分を十分に取れないと脱水になります。
脱水は命に危険が及ぶことがありますので、
水分補給はしっかりと。
 
第5条 下痢は止めない

大腸は、いろいろな細菌が共生していますが、
特定のウイルスや腐敗菌などのいわゆる悪玉菌が増えると、
下痢をすることで洗い流そうとします。
そのため、下手に下痢を止めてしまうと体に悪さをすることがあります。
下痢止めは使用しないほうが良いです。
下痢の際には、お尻かぶれになりやすいので、
しっかり拭いてあげてください。
 下痢が1週間程度続くのはよくあることです。
心配しないでください。
 
第6条 胃腸炎では水分補給をしっかりと。

胃腸炎は水分さえしっかりとれていれば、怖くありません。
吐いた後は、1時間は飲まず食わずでお腹を休めてください。
欲しがっても与えない。
刺激されてまた吐きます。
1時間たった後に、20〜30ccくらいを飲ませてみてください。
15分間待って、吐かなければもう一度与えて構いません。
1時間続ければ、100〜150ccは飲めます。
1日に数度やれば結構飲めます。
12時間おしっこが出ていないようであれば、
早めに救急外来を受診しましょう。
脱水の可能性があります。
 
第7条 腹痛はよく観察。悪化するなら救急外来へ。

胃腸炎や便秘でお腹が痛いことはよくあります。
軽い腹痛は1〜2時間様子を見てみましょう。
しかし、大きな病気のサインのこともありますので、
痛がり方、痛みの間隔、痛いところなどを把握しましょう。
腸重積では、尋常でなく痛がったかと思うと、
ピタッと痛みが治まる、という症状を繰り返します。
虫垂炎(盲腸炎)では、
時間とともに痛みが右下に移り、お熱が出ることが多いです。
また、痛みは軽くならずにどんどん痛みが増します。
腹痛の見極めがつかないようであれば、受診を。
 
第8条 心配な咳、心配いらない咳を見極めましょう

ヒューヒューとした呼吸音がする咳で眠れないとき、
オットセイや犬の遠吠えのような咳で苦しそうな時は
できるだけ早く救急外来を受診しましょう。
咳で一時的に目が覚めたり、
咳こんだ後に嘔吐するようなものは、
翌朝まで待っても問題ありません。
 
第9条 頭痛は時間をおいて

熱が上がるときなどに、頭が一時的に痛むことはよくあります。
慌てて受診する前に、少し時間をおきましょう。
頻回の嘔吐を伴う場合、
意識がもうろうとしている場合などは、
待たずに受診してください。
生後半年以降のお子さんの転落は、多くが心配いりません。
経過を見て、状態が悪化するようであれば救急受診を。
生後半年まではただちに受診を。
 
第10条 お薬手帳は必ず持っていきましょう

同じ薬を出してしまったり、
飲み合わせてはいけない薬を出してしまったりする恐れがあるため、
ほかの医療機関にかかっているときには特に忘れてはいけません。
 
第11条 いちばん身近なお母さんの勘は大事です

お母さんの「いつもと明らかに様子がおかしい」
という勘は非常に重要です。
重症だ、と感じたら救急外来へ。
以上のような急変時を除いては、
なるべく9時ー17時の間に受診していただけると助かります。
 
☆こどもの救急☆
http://kodomo-qq.jp/index.html
 
 
さらに以下に、参考資料をご紹介します。
県立柏原病院の小児科を守る会HPに、小児の救急チャートが公表されています。
全部で6ページあり、症状別に一覧になっているので分かりやすく、かつ丁寧、
プリントアウトして手元に置いておくとおいでしょう。
http://www.mamorusyounika.com/
http://www.mamorusyounika.com/joho.html

また、茨城県小児科医会HPには、
「子供の救急ってどんな時」という冊子がダウンロードできます。
こちらは最初から症状別に入ることができ、見やすくできています。
http://www.iba-ped.umin.jp/kyukyu/kyukyu.html
 
イザ!という時は突然やってきます。
小児科の医師不足が叫ばれている今日、
小児医療の助成によって受診費がほぼかからず、安易な受診が増えているのも事実。
まずはお母さんはじめ保護者の方がしっかり観察することから始めましょう。
そして普段からいざという時のために最低限でよいので知識を蓄えておけば、
自信を持って対処できるようになります。
子どもがいない方も、関係ないわと思わず、周りの方に教えてあげてくださいね。
また、大人にもあてはまりますので、活用してください。
 
では、明日から大型連休。
落ち着かない日々が続きますが、少しでも明るい気持ちで過ごせますように!