January 2012

January 23, 201200:33らくみ通信 2012年 睦月 〜100号記念号〜

Vol.100
2012/ 1/23
 
┏━━┓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
┃\/┃     らくみ通信 2012年 睦月 〜100号記念号〜
┗━━┛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・
 
明けましておめでとうございます!
というには随分経ってしまいましたが、旧暦では今日が元日、
しかも123、と数字が揃うなんて出だしがよいわ(^^;
・・・と、年末出しそびれた言い訳にしてみたりして・・・
年末年始合併号として発行するはずが、
すっかり旧正月までずれ込んでしまいました。
新年早々、すいません。
 
99号を出した時点から何を書こう、何にしようと思いをめぐらせていた100号。
原点に返って、自分の東洋医学を選んだ理由?
100にちなんだツボの話?
100歳まで生きる秘訣?
いやいや、ただひたすら、ご愛読感謝のお礼?
 
まずは東洋医学を勉強し始めた頃まで少し時計の針を戻してみます。
 
 *****************
 
約14年前の香港。
薬の副作用で一週間近く続いた熱とひどい頭痛、動かなくなった首を
魔法のようにほどいてくれた1時間の経絡マッサージ。
 
起き上がったときの世界の明るく、まぶしかったこと!
生き返るとはこういうことか!
体じゅうに貼りついてとれない、とてつもなく重い汚いかたまりが
見事どこかへ飛んでいき、バレリーナにでもなった気分でした。
 
こんなことってあるの?!
不思議なこともあるものだ、一体どういうこと?
すっかりハマってしまい、興味津々でその先生の東洋医学入門講座に参加。、
 
「人体は小宇宙、自然の一部。
心臓は何によって動かされているのでしょうか。
全てのものが渾然一体とした無極、やさしく言えば宇宙ですが、
それが生み出す波浪(エネルギー)によって動いているのです。
1分間に寄せて返す波は人間の呼吸する数と同じ18回、
だから海を見ると、波の音を聴くと落ち着くんですね。
 
18の倍36は体温、さらに倍にした72が脈拍、その倍の144は血圧、
288は赤ちゃんが産まれるまでお腹にいる日数。
 
また、女性の月経のサイクルと月の満ち欠けは同じ28日。
月の満ち欠けと潮の満ち干きは月の引力によって決まりますから、
女性を月となぞらえるのもなんとなく納得できますよね。
どうです?数遊びのように思えるかもしれませんが面白いでしょう?
でも偶然じゃないことが沢山あるんですよ。
 
この世に存在するものすべては宇宙の一部。
ですから、人間の体も宇宙の波浪を受けて呼吸し、心臓を動かしているわけです」
 
「私たちの体の7割近くは水。地球の7割も海。
さらに、なんと、血液(血漿)成分と海の水はほとんど同じ。
原始生命は海の中で誕生したことを考えると、
その子孫である私達人間の体も海の成分と同じというのも
わかる気がしませんか?
まさに さんずいに人の母と書いて、海。」
 
こう始まった入門講座。
これ自体はちょっとした導入エピソードですが、それでも
今まで自分の体の一部が他の自然と同じサイクルで動いている、生かされているなど
考えたこともなかった私にとっては衝撃でした。
自分の体は自分のものであって、自分のものでない、
大きな自然の一部であり、その法則にのっとって生かされている、
そう知った途端、
今まで粗末にしていた自分の体をとてつもなくいとしく大切に感じたのです。
 
それは同時に、悪いものは薬でやっつければよい、メスでとってしまえばいい、
という考え方になんとなく違和感を抱き始めていた私にとって、
自然の法則に逆らえば、気持ちいいことはないな、と
なぜかすとん、と腑に落ちるものでした。
 
***************
 
東洋医学と西洋医学を比較した場合、
 
東洋:哲学的/総合的/全機的/内科的/経験的/自覚症状重視/人体実験
西洋:科学的/分析的/局部的/外科的/理論的/他覚症状重視/動物実験
 
となるのですが、上記エピソードから、なんとなくイメージできますでしょうか。
 
具体的にそれがどんなものなのか、今年はきちんと順を追ってお話したいと思います。
今まで、季節ごとのテーマや話題のネタを選んではいるものの、
内容は全くバラバラでしたので(^^; 
 
101号から、肺、大腸、胃、脾・・・と六臓六腑を順にご紹介して
ちょうど12ヶ月、体の中をひとめぐりしてみましょう。
 
とか言いつつ、なんだかんだで蛇行しそうですが、今年こそ系統立ててお話しますので、
今年もどうぞお付き合いのほど宜しくお願いいたします。
一人でも多くの方が読んでくださり、何かしら体を知るヒントや手がかりになれば、
元気になる鍵になれば、という願いとエールをこめて、
自分への叱咤激励をこめて書き続けます!!!
 
では、2012年元気に笑って過ごせる日が、心穏やかな日が、一日でも多くありますよう。
一日一日が、皆さまにとって実り多きものでありますよう(^^)