無常にpoleikuのブログ

無常不定期にポレポレ行く



 ポルノ規制とかは、純潔主義自己性倒錯グノーシズム性悪説原罪思想の悪魔主義(精神医学の母体でもある)の財政に帰結してるからな。
 ゴッタルド基底トンネル開通公式セレモニー。
 性的罪悪感の禁欲主義は、脳が極端すぎる異常な精神病を作りやすいローマカトリックの性犯罪事件もね。ああいうのは、極端な方から極端な方へ病みやすいんだよね。

 あとバイセクシャルの三島由紀夫が言っていたように、「性の全解放運動は非常に危険だということ。三島由紀夫は、狂信的な基地害男性たちが知恵遅れの女性を集団レイプした事件を指摘している。
 強姦はセックスではありませんからね。
 人類の性的問題の議論も、所詮ロスチャイルド家の金融財政システム手の上で転がされている、両建ての駒にすぎない。お金の奴隷
 これって、従軍慰安婦問題も関係するな。性風俗従事女性の好意的同意もあったそうだが、騙され無理やり連行されて従事させられた女性も多いとか。

「政府は売買春を合法化すべき」というナントカ人権派の極端すぎる議論だっけ?。
 どんな組織や個人にも、長所、短所、極端すぎる欠点(欠陥)はありますから。
 さすがに手足や頭脳は性器じゃないよ(笑い)。
 性風俗は社会における性犯罪増加防止効果もあるという話、あれは事実らしいけど。
 この問題は複雑だね。と、私は距離を置く


売春は合法化されるべきです ラエル
https://youtu.be/8CNcPwLnwbc

 あれは一方で性について人々の極端すぎるニーズも含まれているよね。理解可能な部分も少なからずあるけど。

 私が小学生の頃、友達の一人になった子がいた。その子の母親は性風俗に従事していて、その子は他人には秘密にしておくようにと言った。
 その子は客の男性との間に産まれて、母親から愛情を注がれ通信教育制度を利用して責任を持って育てられていた。性風俗に従事していようとも、その子は母親を心底愛し尊敬していた。
 母親と客の男性とは、恋愛関係もあった様子とか。だから。
 社会の性的罪悪感や恥心以前に人間としての尊厳と愛が在る
 私はその子から教わった。
 非常に大切なことだった。

 金銭目的の性的サービスを提供することが本心?から好きで従事している人も、いるでしょう。 
 また逆に、「金銭を得る為に仕方なく」従事している人々もいる。
 前者は別として、後者の問題は深刻です。
 合法化をという話し、チェック体制はどうでしょうか。万全となりえますでしょうか?。
 どこでバランスをとるのでしょう
 金銭を得る為に仕方なく従事することをも用いられる危険性があります。
 合法化すればそれで良いというものではありませんね

 性的な問題と言うのは個人のプライバシーとパーソナリティーの根幹に関わる非常に重要な部分です。
 この「金銭を得る為に仕方なく従事する人々を助けないのは、そういう悪い方向に囲い込み利用しておく金融財政の奴隷化システムでもある。
 汎用可能な「プライバシー境界の崩壊」を本能の領域においても強化作因して「使える状態にしてしまう、性的共依存病の白痴奴隷状態を作るものだ。
 金銭を得る為に仕方なく従事する人々についてはそうしなくても十分に開花生活が出来るように社会を改善するべきなのだ

 恋愛が性的関係を必ず可能とするわけではないけど、恋愛関係の過程で同意があれば経験する。
 金銭を得る為にしかたなく性風俗業に従事するのは、それもまた財政システムの奴隷であることに変わりはない。人間に対する奴隷奨励ではダメだ。
 性科学者や技巧者が、「危険な精神薬や売買春などに依存せずとも性的罪悪感や恥心から開放されて個人の開花に繋がる良質な知識や技術を教える」、開花センターを公設するのは良いでしょう。
 天才政治と科学の楽園社会実現の過程でなら。

 身体容姿や精神問題で性的問題を抱える人たちは、分子生物学的な改良を受けることで、解決することもあるでしょう。分子レベルの完璧な美容整形も。
 進歩する科学技術の善用に関して、性的サービスも提供するバーチャルリアリティー、ロボット、生物学的ロボットの利用といったものも、可能でしょう。



(。・ω・)ノ゙ AI問題よりも 先ずこっち


<転載開始>
マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/


インターネット検閲は未曾有の飛躍をしたばかりだが、ほとんど誰も気づいていない
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-0c46.html

2018年10月13日
Caitlin JOHNSTONE
Medium.com

 大半のインディ・メディアが、カニエ・ウェストやサウジアラビア人ジャーナリストジャマル・カショギの失踪について人々が語っている様子に注力する中インターネット検閲で我々全員が大事にしているものを脅かす未曾有のエスカレーションが起きたそれには恐ろしくなるほどわずかしか注目されていない

 何百もの政治志向のページや個人アカウントを“本物でない行動”のかどで大規模粛清した後、Facebookは、この行為のあいまいで激しく議論されている根拠ゆえに、当然、相当な量の批判を受けている。比較的わずかしか注目されていない次に行われた措置ことこそ、遥かに不気味だ。Facebookから粛清されてから、わずか数時間後、複数の反体制派代替メディア・サイトがTwitterからもアカウントを完全に削除されたのだ。

 私がこの記事を書いている時点で、三つの大手代替メディアがほぼ同時に両方から追放されたことを知っている。Anti-Media、Free Thought Projectと、Police the Policeで、彼らの全てにFacebookで何百万人ものフォロワーがいた。Anti-Mediaの編集長も、チーフ・クリエイティブ・オフィサーも、Twitterによって禁止され、そのサイト上で、いかなる新規アカウントを造ることも阻止されている

 “私は、不幸なことに、常に代替メディアが、主要ソーシャル・メディア・サイトから消し去られる日が来るだろうと感じていました”と、Anti-Mediaのチーフ・クリエイティブ・オフィサー、S.M.ギブソンは、私への発言で語った。“そのために、私はバックアップ用アカウントを何年も前に準備していました。事実そうしたアカウントも、Anti-Mediaに関わっている個人の3つのアカウントも警告無しでどちらのプラットフォームからも何の理由説明もなく禁止されたことで、この粛清誰かが画策したのは確実だと私は思うに至っています。それが一体誰なのかは私にはわかりませんが、情報に対するこの攻撃は、多くの人が認識したり報じられたりしているより真実を沈黙させる上で遥かに簡潔で組織的です。”

https://twitter.com/LeeCamp/status/1050883507751399425?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1050883507751399425&ref_url=http%3A%2F%2Feigokiji.cocolog-nifty.com%2Fblog%2F2018%2F10%2Fpost-0c46.html

 今や、(A) Twitterと Facebookの間で、それぞれの検閲活動に関し、ある程度の連絡/調整があったか (B) 第三者によって、検閲の標的に関して、TwitterとFacebook両社に情報が与えられているかのどちらかなのは明らかだ。いずれにせよ、これは今や複数のプラットフォーム間で反体制派意見の検閲を結びつける何らかの仕組みがあることを意味している。8月にアレックス・ジョーンズの件で、我々が初めて目にしたのと同様な、プラットフォームを横断する協調された沈黙化によって、より小規模な反体制代替メディアが、読者から切り離されつつあるのを目にし初めているている

 これは、お互いにネットワークし情報を共有する我々の能力に対する想像できる限りの深刻な脅威だ。もしニューメディアの重要組織が、協調して一斉に反体制派の声を沈黙させ始めれば、代替メディアの一部だけが沈黙させられだけでなく、丸ごと完全に沈黙させられることを意味し、そうしたメディアの、読者を増やし、インターネットの中でも、非常に人が集まっている部分に対して情報発信する能力が完全に機能しなくなってしまう。

 これは大変なことで危険だが、これについての報道は余りに少ない。8月に、ジョン・マケインの“人権を侵害”したかどで、私がTwitterから削除された際には、Twitterで、広範で、騒々しい憤激がおこり、わたしのアカウントは、お詫びとともに、素早く回復した。だから、私はそれをありがたいと思っているが、複数の有名な代替メディアが二大ソーシャル・メディアで一斉に突然沈黙させられる現象は、誰か下劣なオーストラリア人ブロガーがTwitterアカウントを失うよりも僅かでなく、より大きな憤激を引き起こすべきなのだ。これは我々全員に影響があるのだから、代替メディア一番の記事になるべきだ

https://twitter.com/InmanAlex/status/1050648316990504961?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1050648316990504961&ref_url=http%3A%2F%2Feigokiji.cocolog-nifty.com%2Fblog%2F2018%2F10%2Fpost-0c46.html


インターネット検閲が、オリガルヒの革長靴を、我々の首からどける我々の能力をいかに脅かすかを語ろうとすると、必ずアイン・ランドの本を一冊読んで、全てを知っていると思い込んでいる男が “Facebookは民間企業だ! 何でも好きなことができるのだ!”という類の気に障ることを言うのだ。今の話だろうか? Facebookは、同社の活動に対する規制支援のためアメリカ政府が資金援助している組織を招き上院委員会で、アメリカ政府の権益を推進するためにより多くのことをする誓いアメリカとイスラエル政府の指示でアカウントを削除しアメリカやEUやNATOや湾岸諸国の政府から資金援助を受けている北大西洋理事会に検閲行為の指導をまかせたのではなかったか? 一体どれだけ“民間”なのだろう? Facebookは政府と非常に深く繋がった企業で、Facebook検閲は、大企業支配体制政府において、まさに政府検閲のあり方なのだ

 北大西洋理事会が、最近、ニュー・メディアという場が、アメリカの既存権力体制にもたらしている脅威の力を削ぐのに、シリコン・バレーの巨大ハイテク企業がいかに利用されているかを現在時制で詳細に説明する、アメリカ軍の会議に関する実に興味深い21ページの文書を公表した。

この文書について、World Socialist Websiteは、こう書いている

    ソーシャル・メディア企業の登場だ。反対派の視点を抑圧し政府寄り言説を推進する最善の仕組みは、民間企業、特に“人々が何を見て何を見ないかを決められる”“Facebook、Google、YouTubeとTwitterを含む巨大ハイテク企業”だ。

    ワッツは更にこう述べる。“幸いFacebookのようなソーシャル・メディアの政策変更により、発信されるコンテンツの質と内容に大きな影響力を持つようになっている。”

    政府プロパガンダは人々が疑いの目で見ているので、それゆえ民間企業は政府のために汚れ仕事をしなければならない。“もちろん民間企業は、偽情報との戦いで自分たちが演じている役割を理解できないかも知れないが、連中は最も重要なものの一つだ。少なくとも欧米では、組織として、一般大衆から高い信頼を得ているおかげで、中心的役割に進出している。”

— #FreeAssange! (tweets by campaign)⌛ (@JulianAssange) 2018年10月5日

 操ろうとしている社会病質者に対処する最善の方法は、連中が何か奇妙な気味悪いことをするたびに指摘し大騒ぎすることだ。連中が非公式に虐待するのを許せば許すほど、連中はあなたを締めつけ、連中の陰険な計略でいたぶることになる。連中が何かおかしなことをしているのに気づいた場合、連中の邪悪な道具箱にある、あらゆる道具の効果を無くす最善の方法は、指摘しおい! 何をやっているんだ??。一体なぜそんなことをしている? 何か変だぞ!と叫ぶことだ悪漢連中は彼らに対する大いに批判的な目があれば、そうした操作を更に進めることができないのだから人々に注目させることだ

 プロパガンダと検閲は非常に良く似た形で作動する。もし、ストライサンド効果の概念を良く御存じない場合、是非確認いただくようお勧めする。バーバラ・ストライサンドが彼女のマリブの住宅写真がオンラインで広がるのを抑えようとして、うかつにも、一層注目を集めてしまった出来事から名付けられたもので、ストライサンド効果とは、情報を隠し、検閲しようとする企みが、もしその隠蔽が世間の興味を惹いてしまうと一層注目を集めてしまうことになるのを言う。あらゆる検閲は、その仕業を効果的に行うためには、こういうことが起きるのを防ぐ必要がある。もし人々から何かを見えなくしようとしている様子がわかれば、それに一層注目を集めてしまい、そうなれば、その場合、連中は検閲を行えなくなる。

 そこで、ストライサンドに、これを止めてもらおうか? この新たなプラットフォーム横断のインターネット検閲エスカレーションについて、大きな怒りの声を上げ、ニュー・メディア環境で、誰かが反体制的言辞を沈黙させる動きをするたびごとに、大きな怒りの声ををあげようではないか。操ろうとしている連中は闇の中でしか動けないのだから連中には決して闇を与えるまい連中が何を試みようと我々はそれについて大騒ぎする必要があるのだ。これは連中の行く手に巨大な障害物を投げ込む一方、一層ネットワークし、情報共有する新たな方法を切り開く方法を見つけることになる。この悪人どもは、言論を余りに長期間支配しているのだ。

 お読みいただいたことに感謝! インターネット検閲を回避して、私が公開する記事をよめるようにする最善の方法は、私のウェブサイトで、メーリングリストを購読することで、そうすれば私が掲載する全てのものについて、電子メールで通知が行く。私の記事は全て読者の支持によるものなので、本記事を良いと思われたら、共有し、 私のFacebookで「いいね」評価し、私のTwitterをフォローし、私のpodcastをチェックし、PatreonPaypalに投げ銭し、新刊『Rogue Nation: Psychonautical Adventures With Caitlin Johnstone』や前の著書『Woke: A Field Guide for Utopia Preppers』を購入頂くようお願いしたい。

訳注:ツイッター画面、説明の通りに埋め込コードをコピーしても、完全な表示にならない。英語原文で、各自ご確認戴くようお願いする。

記事原文のurl:https://medium.com/@caityjohnstone/internet-censorship-just-took-an-unprecedented-leap-forward-and-hardly-anyone-noticed-e6ae2d8adaf2

---------

この話題、日本で話題になっているのだろうか? 地面師の話題より、よほど重要度が高いだろうに。

<転載終わり>


 あの袋小路のSFオカルト記事(多元宇宙「あの世」との通信は可能だが悪魔も招来するhttp://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5779.html)は、サイトそのものの信頼性を自ら損なっている。
 私は故意にではないと思いたいが。残念だ。
 少なくとも、他記事では部分的に事実情報を多く提供しているが、全体的には管理者とそのサイト自体の信頼度が落ちてしまうマイナス効果がある。
 グローバリズムや売国に対抗して闘っているという。確かに多く部分はそうだ。それは本心からのように感じる。
 しかし、グローバリストのグローバリズムとは、金融財政と軍事諜報だけでなく宗教文化(オカルトSF文化の娯楽含む)大規模なものだ。
 読者をオカルトSFへの信心に同意させようと誘導するなら、結局グローバリストと同様性質の精神状態に陥るマインド・コントロールや同意洗脳を、自他に対して許すことになりかねない。
 私が言っていたように、これからも真偽は益々対極化するだろう。

 私はAIそのものを「性悪」だとか「性善」だとは思わない。人類各自の様々なニーズの内容と性質しだいで変わると見ている。
 人間もまた決して「性悪」ではない。AIが単なる「知能」ではなく「知性」を獲得する段階になった時には、むしろ地球上の人類はAIから破滅させられることはなくなるだろう。
 現在の危機を軽視しているトンデモナイ御用連中はいったい何だろうか。彼らは社会精神病質だ。
 AI問題で煽って置いて今現実進行中のテレビ新聞とラジオやネットの問題に対しては可能な限りその間に触れさせないようにしているのだ。
 現在のネットにおける情報企業と政府機関による国民に対する技術の悪用と犯罪の現実問題を、ユーザーに対して可能な限り知らせない。または無視したり本質からも逸らしている共犯事態の危険性を追求すべきだ。

 AI問題の議論と言うのは、そういった基本が出来ていないと逆に盲目化になるだけの罠だ。

「99%の人々が事実や真実を知る権利」まで平気で奪い取る、非常に危険な連中
 すなわち0.0000001%と1%の利権全体主義支配の拡大と加速


NSA
CIA
Google
YouTube
Microsoft
Apple
Twitter
Facebook
etc



(; ̄Д ̄) あああそこだけは やっぱりSFオカルトだわ 冗談ではなくマジっすかね
カレイドスコープ
多元宇宙「あの世」との通信は可能だが悪魔も招来する
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5779.html

 つまり地球人の科学者たちの「思考の限界」を証明したということ。しかも、たかが100年程度の科学水準でしかない
 だって、
無限の宇宙においては、人間すら普通の場所に置かれた単なる普通の生物になるのだから。でも強固なエゴイズムがそれを許さずに、ナントカ、宇宙と物質の始まりと終わりを信じ込み、「思考する知識的で優秀な特別な存在になりたがる
 結局、ある種のエリートたちは、「神」と「霊魂」や、「天使と悪魔」、「生命の進化と霊性の進化」といった、古典的な信心に回帰したがる傾向にある。

 SFオカルトはあくまでもSFオカルト。ただそれを娯楽文化としての範囲に留まらず、学術的にマジメに信じ込むと非常に危険な狂信的思考状態に陥ってしまう
 そうそう、‘ あの世 ’量子世界との交信と具現化とか、松果体霊性進化信仰、丁度ズバリ似た映画があった。
 FROM BEYONDというタイトルで、1986年のハリウッド映画。
 変態プリトリアス博士は、おそらく、どうしても「特別な存在」になりたかったのだろう。




カレイドスコープ
スマートグリッド、量子コンピュータ、メガロポリス
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5778.html


 つまりね、売国を強いるグローバリストたちというのは科学の悪用を極めたがる異常すぎる性質があるということ。植民地化侵略テロ戦争民主化売国戦略、ゴッタルド基底トンネル開通セレモニーで自閉倒錯グノーシズムと性悪説原罪思想の悪魔主義密教を公式オープン化 etc

 ヘーゲル「」「対立から中立統一化の」、両建てマーケティング
 議論的欠点としては、彼は「科学技術の悪用をどのようにして阻止(防止)してどう善用すればいいか」については、殆ど語っていない所なんだけど。
 地球上でも科学の進歩は避けて通れない・・・・・。

 グローバリストたちのグローバリズムと売国を阻止して撲滅しない限りは、「0.0000001%と1%による99%に対する科学技術の悪用は続くよ。
「陰謀論ガー!!」と攻撃してる当局と両建て狂信者たちは、そのまま死んでいくだろうね。
「陰謀論にすぎない」と無視し続ける弱者も、多くは。
 でも昔に比べると、途中で史実を学習して、現実に目覚める人々もいるよ。
 
 グローバリストと売国の財政とマーケティングは、映画The Thingの物体Xと同じ様な性質。
 いい歳した社会的責任感のある大人なら史実ぐらい学習しないと。
 グローバリストたちは極端すぎるので徹底しているし、彼らの危険な長期的ニーズとビジネスに対しては、平均以下と平均的な大多数の日本人の思考力では到底解読できない。そういうもの。
 ダーウィン教の進化説にしても、グローバリストの金融グローバリズムと植民地化の一環であり、「進化という信心のエゴイズムを強化作因して財政奴隷を作るマーケティングに基づくニセ科学だったという事実
 ダーウィン教の進化説がオカルト思想に対して中立的親和性が高いというごくあたり前の事実生命の優生進化と劣生退化霊性の優勢進化と劣勢退化」という、グローバリズムな上位教育統一とオカルト密教の危険性

 私は、日本人でありながら日本人であることを何処かで忌み嫌っていた面がある。群れへと平均化させられるのが本当に嫌だった無知の孤島日本人特有の欠陥性に対しての、抗いや闘い。
 責任感が麻痺した自覚なき無知の自己破滅愛好癖に堕ちる、極端すぎる楽観主義や極端すぎる悲観主義は、人類を助け救うことがない。性悪説や、性悪説原罪思想の悪魔主義は、人類を段階的に破滅させる。
 無償の愛と優しさだけでは、人類は助かり救われることがない。
 無償の愛と優しさを与え、そして実害の原因と社会構造を解明して沈静化し取り除いて克服する。 それ以外に、人類が助かり救われる道は無い。
「 love & peace 」は愛を与える代わりに平和を下さいという取引でしかない。
 つまり、残念ながら愛ではない。

 人工知能を悪用して「新世界技師(テクノクラート)が計画設計した通りの人工生命の社会集団に置き換え既存の人類を淘汰して人口削減を完了したい」という誤った長期的優生/劣生計画にしても、オペラント・テクノクラートたちの全体主義のニーズと一致してる。素晴らしい親ナチたち。
 オペラント心理学/行動科学の上位専門家たちも、狂信的な全体主義に病んでいる。
 99%の人類個人の開花生存よりも上位0.0000001%や1%の利益と質の低劣な全体主義社会を優先する
 精神医学にしても、そういうものだ。原因の一部は、部分的に誤った戒律に基づく旧倫理とエゴイズムだ。蒙昧主義的で危険な負のニーズもまた強化作因され、シェアと共有化が拡がり続けている

 共産主義というものは、「個性(唯一無二つまり異質)」とは正反対の質の低い方向へ普通平等化する全体主義だ。フラットに均質化させること。

 資本主義後の、社会主義から共産主義社会の完成へと準備されているグローバリズム

 結局、その上位に極端すぎる狂信的な精神異常者たち0.0000001%の者達とその下の1%の者達が独裁的に99%の人々を監視し管理支配する共依存病の社会主義制度のこと

 彼ら地球の財政利権の支配者らに「国家国境を超境した実現を望む世界統一的な危険な負のニーズがある」ことは、昔から判明している。
 ヒトラーが未来社会を予測した(長期計画の接木として)言葉、「大師大君主からなる普遍的な社会(を実現する)」というもの。
霊魂の宇宙的転生修行を終了した、霊性の進化した宇宙人覚者かた天使の天軍ヒマラヤの頂上霊界のハイアラーキーに住むその先頭に立つ人類の長兄にして世界教師大師宇宙のキリストマイトレーヤ」とは、シェアインターナショナル share-Internationalが宣伝している「グローバリズムな密教奉仕計画による公式出現化」だ。
世界を支配されるにふさわしいお方とは誰か」と宣伝しているのは、エホバの証人たちだ。
 片目の男で全権掌握のサイバーだか何だかわからないが。
 そういう「計画」と準備らしい。技術的に必ず片目であるとは限らないだろうけれども・・。

 グローバリストたちは、地球上でのある種の発明品を隠蔽して、独占している。地球製UFOなるものもその一部らしいが。それには異星人は何も関係ない。異星人犯行説は当局の偽装工作によるデマにすぎない。MKウルトラだ。

 その当時は、グローバリストやグローバリズムといった呼び方をしていなかっただけ。
 君は、彼ら権力者たちの狂信的で危険な負のニーズを、読めているのかい?。
 昔、こういった話題を使いネットの掲示板で史実や本質を指摘すると、当局の工作員やシンパが粘着質に逸らし操作してきたこともある。
 言論というものは本質や真相に近づきすぎると、監視対象にされ排除される危険性が高くなる。
 元CIA職員エドワード・スノーデンとやり取りしたことは、たぶん無かっただろうけど。



(*・ω・)ノ よっ
 なんで、売国とグローバリストは、国民の犠牲と無理強いをするのか、知ってる?

 政府だけが狂っているから?。全ては政府だけが悪いから?。いや、事実は違う。

 全体主義の危険な負のニーズは、自称他称の右翼とか左翼と中立とされる側にも有る
 グローバリストたちの中立的グローバリズムと長期財政計画性悪説原罪思想(精神医学による分業含む)の悪魔主義やそれを基盤とするグローバリストたちの共産主義にも有る。

CFRのニーズNWO「我々エリートの利益にとって障害となるものを削減するためにはより控えめな民主主義を

 狂信的なフェイクニュースによって洗脳し合う青少年と異質な他者をナントカシロ」という非常に危険な性質の投影同一化や投影切断
 ユニバーサル・ベーシックインカムにしても、確かに「腐った人参」であり、資本主義後の社会主義/共産主義の完成へと用いられる長期計画の道具だ。
 一定額を与えられるだけで、「アイデアが閃き新職創業と雇用のチャンスが出来る」と謳う無知な馬鹿は白痴だ。教育や民主主義の質をなぜ問わないのか
 ほんの少しだけマシな革新的哲学は、人類の大多数にはまだ無いのだ。

 個人の個性とは「唯一無二」のものであり、それは異質であるから、そもそも「普通に平等化」はその唯一無二の個性(異質)とは正反対の全体主義にすぎない。そもそも大多数の者達には自覚がない
個性が無い」という考え方は非常に危険であり、他人の個性を認めない全体主義である。
 つまり、狂信的な全体主義のオペラント心理学者らが政治分業する、「であるから我々新世界技師のエリートが作り与えるのだ。これからは人々が社会の望む通りの規範に従って応じられるよう、プログラミングされるべきである」、「政府と社会に従わない犯罪者は洗脳できる」という独裁的な財政へ帰結するのだ。
 ニーズと行動の「刺激」「反応」の操作、マインド・コントロール、同意洗脳、意識と無意識の条件付け、+強化作因と-強化作因。オペラント・テクノクラート
 問題は、その設計される「社会」や「政府」が、どんなものであるかということだ。
 0.0000001%、1%、99%。ピラミッド階層。各自が一体何を望んでいるのかだ。
 この問題は、グローバリズムの金融、軍事と諜報と精神医学、RFIDチップのインプラントや電子タトゥー、バイオテレメトリ、トラッキング、ESB、AIの悪用とも関係している。
 全体主義的な監視と操作管理
 少なくともピラミッド社会のエリート財政権力0.0000001%と1%の人々精神的に正常ではなく極端すぎるまでに病んでいるということだ。

 実際は個性が弱い」「強い」ということであって、「無個性な人間などいない生きている間に個性を100%開花して生存(成仏)出来れば、それは素晴らしいが。
 大多数の人々は、無意識と意識が質の低い方向にニーズが条件付けされて作られており、全体主義のグローバリストにとってはモロク的な資源である。代用使い捨てと交換が可能な社会集団を構成維持する単なる部品、「生物資源」として。
 唯一無二の個性の十分な開花生存は無限との調和の繋がりと社会の絶え間ない改善による個人の開花生存を許さない過剰な自己承認のニーズ(エゴイズム)とは違うものだ。
 多くの教育機関や家庭教育と企業教育は、使い捨てと交換代用可能な労働力(生物資源)を大量生産することを優先している。0.0000001%と1%、その下に99%。
 数字が優先されるのだ。「モノを与えて置けば大人しく(従順)になるから」が親族の子に対する本音だとすれば、家庭教育や学校教育とは結局一体なんだろうか
 ピラミッド奴隷階級社会の再構築と拡大強化は、新自由主義経済でも継続されている。
 質の低劣な方向に共依存病化と主従競争と囲い込み。テレビやラジオと新聞やSNSでも多くみられる。無知な大多数のユーザーには自覚が無い。

 個人には長所」「短所」「欠点(欠陥)」が有り、「出来ること出来ないことがある
 しかし、「効率化を優先することで個人に出来ないことまでやらせ出来るようにしろという「無理強い」が、財政や教育と所有の文化によって倫理され蔓延っている
 無知無能なエゴイズムの政治屋と無知な国民に対して、危険な負のニーズによって「無理を強いることで、国家としての財政機能は益々劣化破壊が進み国民生活は益々劣化破壊されている
 グローバリズムと売国である。無理強いの労働改造

 個人の適性/希望/条件に合う上質な教育や労働環境の改善市場の職種の創造と雇用拡大正しい再分配が、実行されないでいる過去も現在も巧妙な財政奴隷作り

 労働義務から人類を開放し、社会の絶え間ない改善と、人類各個人十分な開花と生存を実現する天才政治と科学の楽園社会の実現には、まだ程遠い。

天才政治―天才たちによる人類のための政治  – 2013/3/8
ラエル (著), 日本ラエリアンムーブメント (翻訳)

 以下の書籍は、非科学的で狂信的な精神医学そのものを正当化する部分的に誤った記述もあるが、財政権力と大衆の危険な負のニーズや、失敗している学校教育制度と労働市場と財政問題に関する議論では、多くがごく当たり前の「事実」を示している。

「ニート」って言うな!
 (光文社新書) – 2006/1/17
本田 由紀  (著), 内藤 朝雄  (著), 後藤 和智  (著)

 反論もあるだろうが、天皇(敗戦後の立ち位置として)を社会の一定的安全弁としてのニート役と言う部分は、ユニークでもある。
 釈迦や男女同権を教えたイエスにしても、今の日本社会だとニート扱いされることだろう
 初期のキリスト教徒たちは性的逸脱を行っているとデマを流されて迫害され、ナザレのセクト(今でいうカルト扱い)と呼ばれていた
生きて存在するだけでも掛け替えのない唯一無二として愛され崇敬される」という、天皇の特殊な立ち位置
 堕落したフェイクニュースと娯楽で拡大した、誤った非科学的な狂信的青少年言説とニート言説が、昨今の教育勅語復活運動と新自由主義経済をも国内で助長強化させ、グローバリストらのグローバリズムと売国財政に還元されてきた事実がある。
 国民に対する無理強いが愛好されているのだ。自覚無き自己破滅愛好癖のトンデモナイ倫理カルト国化
青少年と異質な他者をナントカシロ」が、結局は国民全体に無理強いと犠牲強化で倍返しとなって返ってくる反省しなければならない
 一蓮托生因果応報。南無南無、死んでから成仏をと(アリエナイが)、念仏を唱えようか。
 生きている間しか・・・・・



ゆるねとにゅーす

「ケチって火炎瓶」(安倍総理と暴力団との関係)がついに国会で本格追及!?裁判所も「安倍事務所とヤクザとの交際」を認定!
https://yuruneto.com/ketitte-kokkai/

米政権が日本に対して「為替条項」を要求!日本経済が大打撃の危険性!山本太郎議員「絶対受け入れてはならない。”ジャパンファースト”だと言え」
https://yuruneto.com/kawasejoukou/

小泉純一郎元総理が山崎拓、武部勤氏ら元側近たちと会食!なぜか杉村太蔵氏も同席!小泉氏「来年に改憲なんて無理だ」
https://yuruneto.com/koizumi-yamazaki-takebe/

【移民促進】安倍政権、「外国人労働者受け入れ拡大」を急加速!19年4月の施行を目指す構え!在留期間撤廃や家族帯同も可能に
https://yuruneto.com/abe-imin-sokusin/

玉城沖縄県知事が安倍総理と初会談!「辺野古移設反対」伝えるも、総理は従来の姿勢変えず!ネットでは「カンペ見過ぎ」の声も!
https://yuruneto.com/tamaki-abe-kaidan/




「瞑想している間は、良いことも悪いことも全て忘れ去って、何も考えることなく、在るがままで居てください」これなら、「
貴方も在るがまま存在する仏陀(Buddha)に成れる」という意味で分かる。


 本当に永遠に何もかも忘れて知識を全て捨て去り取り除いて何も考えない様になりたい(つまり極端すぎる方向への条件付け)と、それを本気で実践しようとすると、それは現実社会では社会不適応者」となります。孤立化白痴化廃人化です。
 孤立化と危険な精神薬物でそれをやろうとする人たちもいます。
 それは、もう何でもかんでも介護支援を受けたいとか、精神科病院に隔離監禁されて一生暮らしたいとか、そういった誤った諦観に堕ちた「
世捨て人」のレベルでしょう。
 誤った狂信的な優生思想と劣生思想を実践する精神医学の、精神科病院は、「社会の捨場(人口削減)」となっています。利権優先と性悪説原罪思想によって人間を資源(モノ)」扱いしていますから。


 地球上に産まれ生き死ぬことは必ず何らかの責任を伴います
 人それぞれに何らかの「役割」がある。他人から与えられたものであれ、押し付けられたものであれ、自分が本心から望み意思したものであれ。不本意なものであれ。
 精神的に正常な人間なら実害とその原因や社会構造に対しては抗い闘うものです。無限との調和の繋がりや、社会の絶え間ない改善がなければ個人の開花生存もありませんから。忍耐が必要です。
 喜びや、悲しみや、苦悩と苦痛や、思考は、「永遠に続く」ものではありません。
 どんな個人や組織にも、長所、短所、欠点(欠陥)が有る。
 欠点(欠陥)に対しては、用心深く警戒しておいてください。

 個人の良心」と「」や「基本的人権/開花生存権」と「財産に関わってきますから
 個人や組織の責任感の麻痺と無責任化は、巧妙に正当化されてしまっています。
 知能と思考力と本能の退化と劣化、自覚無き自己破滅愛好癖と幼児退行病。
 相手が誰であろうとも、「この人の言うことは全てが正しくて良い真実なのだ」という羊の様なご都合主義的な盲目的信心は、共依存病の中重症や狂信と変わりがありません。
 マインド・コントロールや同意洗脳の技術は、日々磨かれていますから。
 グローバリストと売国は、人間心理についてそういった面で研究と悪用が巧妙で長けています。
 権力によるAIの悪用で更に強化されるかもしれません。

「被曝については社会的責任を問うな! 悪くないのだから責めてはいけない!」とか。
「ストレスこそが大部分の原因だ」とか。犯罪利権、悪魔主義的な獣畜ですね。
 人間関係や対社会関係は、粘着質にベタベタしてはダメです危険です。

 十分な適切な距離を取らないと、意識的であろうと無意識的であろうと、危険な負のニーズの容器(道具)にされてしまいます。「繋がり」というものには、良いニーズも悪いニーズもありますから。
 悪いニーズに対しては、強く断ち切ることが必要です。
 貴方に話を勧めてきた相手は良心に帰らない限り自らの責任などとりませんから
 私文書や公文書として証拠を残して置くことの社会的重要性が、少しは理解できると思います。

 自己プログラミングの質が極端に低劣過ぎる幼児化安倍晋三総理も、親族や関係者から負のニーズの容器(道具)にされたのです。ウォール街ナチス同盟の死の商人銀行家たちからも。
青少年や異質な他者をナントカシロ」という危険な負のニーズは、実際には自称他称の左翼も有しており、それは「敵役」としての安倍自民党政権にも集合しています。
 批判対象の「お相手」がいなければ成り立たない、正義の善人を演出している「両建て」の一部なのです。ヘーゲル弁証法の「正」「反」対立から、中立的な融合統一の「合」グローバリズム。
 極端すぎる楽観主義も、極端すぎる悲観主義も、悪いです。


 「携帯電話 その電磁波は安全か」
ジョージ・カーロ/マーティン・シュラム著 集英社 (2001年11月30日) 

 私はかなり昔上記の本を少し読んだときに、重要な箇所をメモしていた。

 血液脳関門の損傷。
 成長中の子供の脳と目を深く貫通し、血球に小核を発生(遺伝子損傷)させる。
 1ワット/キログラムSAR(1グラムあたりでも)で、小核発生が倍増。
 (Fccの“安全基準”1.6W/K2より低くても)
 DNA鎖の破壊、DNA付加物、連結物質、酸化性損傷。


 携帯電話は、脳や身体から離し、イヤホン通話を使うこと。


カレイドスコープ
2年後、いよいよ「5G」ビーストが電磁波攻撃を開始する
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5773.html

 携帯電話の電磁波の問題と、全体主義の超監視管理社会化と、グローバリストと売国による技術悪用のニーズと長期的財政計画。そういう部分は有る程度的確に言い当てているとは思う。
 予測プログラミングによる人類社会の操作(オペラント)しても、何に基づいているかという問題もある。グローバリズムと売国に反対する個人や組織に対して、恣意的に冤罪を生む出すことは更に容易になりかねない。
 グローバリストたちの基本哲学には「利権優先と蒙昧主義と狂信」が有るので、彼らが作りたがる思想警察もまた非常に厄介。Google government。
 ただ・・タイムマシンとか「別次元の存在」云々というお話については、オカルトSFの娯楽をジョークとしてネタ混ぜしているのでしょうか。それとも・・・・・まさか。
 もしかしたらカレイドさん、部分的に思考が迷走してるのかな。無理してない?。



 これね、「男性だから女性より優秀」でもないし、「女性だから男性より優秀」でもないんだよね。
 DD(どっちもどっち)でしかない。
 結局、私が指摘している当たり前の事実。性別の問題じゃないんだわ。
 所詮は誰もが単なる人間にすぎない。長所、短所、欠点(欠陥)が有る。
 でも、女性にも男性にも有る内面の女性的な繊細さと優美さを大切にして洗練したいものです。

ゆるねとにゅーす
【闇】片山さつき大臣、「恐喝逮捕歴あり」の福田晃丈氏から1400万の借金!福田氏は自民党同志会会長で「新十津川温泉病院恐喝未遂事件」で逮捕・実刑判決!
https://yuruneto.com/katayamasatuki-hukudakoujou/ 
【第二の豊田?】片山さつき地方創生相のパワハラが恐すぎ!「秘書に怒号を浴びせ、ハサミまで投げつけてくる」「刃物はやめてくださいと言うと、『口答えするな』と怒鳴りつけてくる」
https://yuruneto.com/katayama-pawahara/

 何だろ・・・・安倍にはまだそれだけの悪知恵があるのかな。それともグローバリストの売国官僚が安倍に吹き込んだ?のかなぁ。
ゆるねとにゅーす
【毎度のパターン】「TAG(物品貿易協定)」捏造の元凶は安倍総理だった!政府関係者「総理が国会で『FTAとは違う』と発言したから、”TAG”という言葉が作られた」
https://yuruneto.com/tag-abe/




( ´_ゝ`)
 グローバリストたちから洗脳されやすいのは欧米の国民だけじゃない。日本の国民もだよ!。
「日本人は優秀」じゃないです(笑い)。他の人種と民族よりも優秀な人種と民族なんてのは、存在しません。
 それにしても、Paul Craig Robertsの強烈な皮肉が笑えるなぁ。ありがたいことです。
 グローバリストたち死の商人銀行家は、テロと戦争を分業で共作してきた。
 真珠湾攻撃もナチスも、グローバリズムな彼ら国際的戦争利権屋たちが望んだものだった。
 敵役(枢軸国)と味方役(連合国側)とで一端分断分業させ、グローバリズムな民間中央銀行の戦争利権を作った。
 ヘーゲル弁証法の「正」「反」から、やがて中立的な「合一」に向かったウォール街ナチス同盟です。ナチと731の遺産と残党も、親ナチであるグローバリストたちから買収存続された。国家神道カルト安倍自民党政権へも。
 枢軸国敗戦後の国際社会、それ以前からダーウィン進化説をも融合統一している統一宗教化の流れ、世界統一教育化のグローバリズムな密教奉仕計画(シェアインターナショナル share-International)へと続いた。警戒せよ


<転載開始>

マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/

全て作り話
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-8e05.html

2018年10月5日
Paul Craig Roberts

 ロシアGRUによる致死性神経ガスなるものを使ったスクリパリ親子に対する攻撃とされるものは ものの分かる誰にとっても完全に明らかな作り話だとあるイスラエル人テロ・秘密暗殺手法専門家が説明しているhttps://russia-insider.com/en/skripals-are-mi6-hoax-not-worthy-ladies-detective-novels-israeli-expert-demolishes-uk-case/ri24912

 公式説明は“愚の骨頂”だと、この専門家は言う。

 私は彼に同意する。

 こういう疑問がある。イギリス政府は、一体なぜ、このような明らかな作り話をしてもただで済ませられると思ったのだろう? 答えは、欧米諸国の人々はあらゆることについて何も知らないためだ。彼らは“報道機関”とハリウッド映画が与えてくれるプロパガンダの産物である「現実世界」で暮らしているのだ。彼らは管理された説明しか聞けないのだ。それで、彼らは、あらゆるものが実際に一体どのように機能するか全く何も知らないのだ。イギリス政府の作り話と、暗殺がいかに行われるかの現実との間のこの大変な差異を理解すべく、このイスラエル人専門家による説明をお読み願いたい。

 イスラエル専門家の話で、そのような見え透いたヨタ話に人がだまされるなどと、なぜイギリス政府が思ったのか私には不思議だった。デヴィッド・レイ・グリフィンとエリザベス・ウッドワース共著の新刊『9/11 Unmasked』と、デヴィッド・レイ・グリフィンの2017年の著書『Bush and Cheney: How They Runed America and the World』を読んだ後、答えは明らかになった。飛行機を操縦できず、いかなる諜報機関の支援もないわずかな人数のサウジアラビア人たちが、アメリカ合州国のありとあらゆる治安機関全てを完全に失敗させ、その失敗で、誰も責任を問われなかったという公式の9/11陰謀論に、愚かな欧米諸国民がだまされるのをイギリス政府は見つめていたのだ。そのような明らかなウソ話を信じる人々なら何でも信じるはずだと、イギリス政府は結論を出したのだ。

 9/11委員会報告中の公式陰謀論が、何千人もの科学者、構造技術者、高層ビル建築家、軍や民間のパイロット、現場に行った緊急救援隊員や、アメリカ国内や海外の多数の元政府高官によって粉々に粉砕される前、何年も前にこの結論に至ったことを私は覚えている。

 最初私は、連中が公式に書いている五年のうちに、中東の7つの国々を破壊するというシオニスト・ネオコン策謀の概要(例えば、コメンタリー誌のノーマン・ポドレツ)(ウェスリー・クラーク陸軍大将も言っている)や、彼らの計画を実施するには新たな真珠湾が必要だという連中の発言を、ワールド・トレード・センター攻撃と結びつけていなかった。しかし、ツイン・タワーが階ごとに崩壊するのを目の当たりにするとこれは非対称的な構造的損傷や巨大な鋼鉄構造を熱くて触れないほどにもできないはずの限られた温度の低い事務所火事で倒壊しているものではないことが明らかだったビデオを見るとビルは爆発している建物ではないことは全く明白だった一目瞭然各階が吹き飛ぶのを見たのだ鋼鉄の梁や他の破片が発射されたもののように外に飛び出すのを見たのだ。自分がその目で見ているのは、構造的損傷で倒壊しつつあるビルだなどと思えるような徹底的に愚かな人々がいるというのは驚くべきことだ。だが、アメリカ国民の半数が公式説明が全くのたわごとだということを理解するまでには何年もかかった

 現在、世論調査で、ジョン・F・ケネディ大統領暗殺に関するウォーレン委員会報告や、トンキン湾攻撃とされるものや、LBJ政権時代のアメリカ艦船リバティー号と乗組員の破壊に対するイスラエルの責任を消し去ったマケイン海軍大将(ジョン・マケインの父親)報告や、サダム・フセインが所有した大量破壊兵器やら、イランの核兵器やら、シリアリビアのカダフィやソマリアやイエメンや、“ロシアのジョージア侵略”、“ロシアのウクライナ侵略に関する多数のウソ同様国民の大半はもはや9/11公式プロパガンダを信じていないのが明らかだ。ところが、政府が国民にウソをつくのを何度も経験しているのに毎回、愚かな国民は、当初は次のウソを信じ、ウソが事実になるのを許してしまっているこうして、愚かな欧米諸国民は、管理された言説で構成される自分たちの世界を作り出してしまったのだ。

 どの欧米政府の言い分でも、何であれ信じられるのは狂った連中だけだ。ところが、欧米世界には、膨大な人数の狂った連中がいるのだ次の公式のウソを認めるだけの十分な数の狂った連中がいるのだ無知な阿呆が、欧米政府が、ロシアと中国との戦争で、世界を絶滅に追いやりつつある連中のウソ政策を継続することを可能にしているのだ

 おそらく、無頓着な欧米諸国民に対し、私は厳しすぎるのだろう。ロン・アンスは決して脳たりんではない。それでも、注意を払いはじめる前まで、彼は見え透いたウソの9/11説明を受け入れていたのだ。注意してみて、それがウソだったことを理解した。http://www.unz.com/runz/american-pravda-911-conspiracy-theories/

 私と同様、ロン・アンスも、9/11真実追求運動が、公式9/11説明信ぴょう性を完全に失わせることに成功したことに気がついている。だが未回答の疑問は残っている。誰が実行したのか?

 アンスは、ブッシュとチェイニーではなく、イスラエルだったと言う。これはクリストファー・ボランの立場と同じだ。イスラエルが関与していたのは確実に見える。モサド工作員が、WTCタワー崩壊を撮影しながら祝っているのを見つけられた事実を我々は知っている明らかに彼らは事前に知っていて撮影準備をしていたのだ。後にその映像はイスラエルTVで放映されそこで彼らはビル崩壊を撮影するよう派遣されたと述べていた

 旅客機がハイジャックされたとされる航空会社の株の空売りで大儲けした誰かを、アメリカ政府が守り続けているという事実もある

 言い換えれば、実際に崩壊が起きる30分前に、まだ建っているビルの前で、BBC記者が崩壊を説明していたことが証拠になっているWTCの第7ビル崩壊同様、9/11攻撃は事前に分かっていたのだ。

 アンスとボランのイスラエルに対する主張は説得力がある。ジョージ・W・ブッシュは、策謀の一環ではなかったというアンスに私は同意する。もし彼が策謀の一員だったら、彼は現場で、アメリカ本土に対する最初で唯一のテロ攻撃に対する、アメリカの英雄的な対応を指揮していたはずだ。そうはならず、ブッシュは、どかされ、チェイニーが状況に対処する間、関与しないようにされていたのだ。

 アンスが、9/11作り話で、主に恩恵を受けた連中に焦点を当てているのは私は分かる。とは言え、チェイニーと彼の企業ハリバートンも恩恵を得たのだ。ハリバートンは、アフガニスタンとイラクでのサービスで、巨大なアメリカ政府契約を得た。チェイニーは、デヴィッド・レイ・グリフィンが証明している通り、行政府をアメリカ憲法かも、アメリカ法からも超越させるという彼の狙いを実現した。
 更に、モサドが、アメリカ政府内の幹部の支援無しに、そのような攻撃を成功させるのは不可能だった航空管制官やアメリカ空軍を混乱させるために、無数の攻撃シミュレーションを同時進行させることができるのは、アメリカ人幹部しかいない

 重罪だとして、ニューヨーク消防部長に反対されて、イスラエル政府は、事件現場の破壊を命じることはできなかったはずだ。これにはアメリカ政府の権限が必要だ。ナノサーマイトによってしか引き起こされない、あらゆる種類のゆがみを示している鋼鉄梁は、再加工用に、素早くアジアに輸出された。ビルの中で、強烈な火と、溶けた瓦礫が、ビル崩壊後6週間も続いたことに対する公式説明はない温度の低い、一時間も続かなかった蒸し焼きの事務所火事が、一体どうして巨大な鋼鉄の梁を溶かしたり、弱らせたりし、その後、溶けた鋼鉄を6週間も残したのか、現在に至るまで誰も説明していない。

 イスラエルが大儲けをしたというアンスは正しい。9/11の結果、イスラエルは、その拡張に対する制限の半分を始末した。シリアとイランだけ残っており、世界の多くがそうなって欲しいと願っていることだが、その意志次第で、アメリカ合州国とイスラエルを完全に破壊することができる政府ロシアに対してさえ、イスラエルのために、トランプ政権は強引に出ている。

 現在、全くの悪、腐敗したアメリカとイスラエルの政府が、全世界を絶滅への道を進ませているというアンスは正しい。ただし彼は、アメリカの責任、つまりアメリカ国内のイスラエル第五列である悪のディック・チェイニー、シオニスト・ネオコンと、自分たちの生き残りを可能にするための十分な知性や認識を示さないアメリカ人の全くの無頓着さに触れていない。

 Paul Craig  Robertsは元経済政策担当財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニューズ・サービスとクリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

 ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/10/05/everything-is-a-hoax/

----------

 お友達会見、見ても時間の無駄、ということを理解するためなら、見る価値はあったろう。一方、ジャパン・ハンドラー様、新施政方針指示書発表会見時も属国蔑視があらわ属国大本営広報部洗脳部隊は一切触れず、損害賠償金の多寡と与党出馬可能性を報じる。

 それで、IWJガイドによると、岩上氏による下記必見インタビュー実現の運びとなった?

「東京と、日本で最も貧しい県との間で、サンドイッチの肉のようになりたくない 」!? リチャード・アーミテージ元国務副長官がシンポジウムで沖縄に対して侮蔑的発言!? 岩上さんは10月18日「第4次アーミテージ・ナイレポート」について元外務省国際情報局長孫崎享氏にインタビュー決定!

 羽田新ルートで、国際線を増便したくとも、宗主国が支配する横田空域にこだわっていて、許可されない属国の悲哀も、大本営広報部は本気で報じない。下記は、昨年の東京新聞によるまっとうな報道。宗主国こそ、日本をトリモロスのだ。

<すぐそこに米軍 首都圏基地問題>横田空域の返還求めず 羽田新ルートで政府

<転載終わり>



( ̄ー ̄) 国家神道/靖国カルトこそが反日勢力にして反天皇勢力のカルト団体である

 国家神道は日本の伝統ではない。
ゆるねとにゅーす

【本音露わ】靖国神社・小堀邦夫宮司「今上天皇は靖国神社をつぶそうとしている」音声が流出し辞任!「皇室不敬発言」として宮内庁にも謝罪
https://yuruneto.com/yasukuni-kohori/


翁長前知事の県民葬、菅官房長官に「帰れ」「嘘つき」の怒号が飛ぶ!安倍総理は出席せず、菅氏に弔辞を”押し付け”!
https://yuruneto.com/onaga-kenminsou-suga/

日本マスコミが報じた日米の貿易協定「TAG」は捏造!?FTA交渉に入ったことを国民に隠すために政府が”情報操作”した可能性!
https://yuruneto.com/tag-netuzou/

【売国】17年の日米会談時に「米カジノ大手の日本参入の働きかけあった」と米メディアが報道!安倍総理は「米側の要請一切なかった」と国会で答弁!
https://yuruneto.com/casino-usa-sannyu/

【ドン引き】杉田水脈議員が安倍シンパの会合に登壇し”珍説”を披露!「『杉田はレイシスト』との(反日勢力による)工作が世界中で行なわれている」
https://yuruneto.com/sugita-kousaku/

福島原発事故直後の首都圏で高い放射線量が計測されていた!福島の帰還困難地域の年間線量を大幅に上回る数値も!米政府が国内2万地点以上で計測!
https://yuruneto.com/syutoken-housyasen/

リテラ

フジテレビだけじゃない! テレ東、NHKでも差別まがいの入管PR番組! 外国人排斥を煽る安倍政権の入管強化政策
https://lite-ra.com/2018/10/post-4306.html

スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回して居直り! 背景に不動産不正取引など数々の疑惑を隠蔽する大きな力が
https://lite-ra.com/2018/10/post-4304.html

加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員も「ありえない」! 一方、NHKは安倍政権への忖度で完全に沈黙
https://lite-ra.com/2018/10/post-4302.html

翁長前知事県民葬に出席の菅官房長官に「嘘つき」の怒号殺到! 「2人でよく話した」と嘯く沖縄いじめ仕掛人の厚顔
https://lite-ra.com/2018/10/post-4303.html

マスコミに載らない海外記事

背筋の凍るようなサウジアラビア人行方不明事件‘改革者’皇太子という欧米マスコミ幻想を粉砕
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-6acb.html

中国のウィグル問題 - 言及されない側面
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/--201b.html


(* ̄∞ ̄*) 無限
 眺めてると 青い空が地平線の下側にも包み在る広がる まん丸一つの感覚
 夕方 地球の動きを強く感じる
 瞬間の無我


ゆるねとにゅーす
【必見】山本太郎議員の街頭演説が話題!「政府はこの5年で社会保障3兆4500億円もカット」「テレビなんか本当のこと話さない。テレビは誰の物って言ったら企業のもの」
https://yuruneto.com/yamamototarou-enzetu/

【ヤバ目】安倍総理、今秋の国会で改憲案(緊急事態条項含む)を自民単独で提示へ!公明との事前協議も見送り、ますます「ごり押し」路線に!
https://yuruneto.com/abe-kaikenan-teiji/

”教育勅語礼賛”柴山文科相が、”痴漢擁護”小川榮太郎氏の「安倍ヨイショ本」を大絶賛していた!「闘志をかきたてられる一冊だ。」
https://yuruneto.com/sibayama-ogawa/

加計理事長の世紀の「トンデモ会見」に今回も批判が殺到!愛媛県も不快感!「十分な内容ではなく、説明責任を果たしたとはいえない」
https://yuruneto.com/kake-kaiken-hihan/

加計理事長が二度目の会見を開くも、国民の疑念さらに深まる!学園関係者「田中龍作ジャーナル様のご入場はお断りいたします」
https://yuruneto.com/kake-kaiken-ginen/



 悪用させない為の対策として、私は自分の死後にこのブログ無常にpoleikuを残して置くつもりはない。記事作成と投稿や管理にどうしてもエネルギーや時間が費やせないとなれば、その時はこのブログを止めるつもりです。

 グローバリズムと売国犯罪との闘いは、人々の個人的努力に任せたい。
 人それぞれ荒波を乗り越えて上手くいくかもしれない

 今まで自分なりに、この地球上の危険な負のニーズに対し抗い闘って来た。
 幼少期からですが。それは宿命と化した役割です。人生を棒に振った面もありますが。部分的な自己犠牲ですね。虚無感の正体なのか・・・・・。
 全自己犠牲は、さすがに極端すぎると思うよ。バランスをとらないと。禁欲主義の諦観は危険だし。
苦しんでいる人々がいる私も同じように苦しまなければならない社会は普通平等であれ」というのが、質の低い方向へと互いに足の引っ張り合いとなりやすい。つまり共依存病社会の負の連鎖ですね。
 それが誤った倫理全体主義の本質です。個人や群れの苦しみは取り除かれないといけませんね。
 実害との闘いを続ける広瀬隆さんが「人生を棒にふってください」とジョークを笑い言ったのは、半分は皮肉なことでもあります。
 この地球上に実害がなければ個人として違う人生を選択していただろうと。つまり、おそらくは十分な開花と生存を
 人生の欲求不満と不全感、人間の苦悩です(笑い)。洗練されている甘美な蝶や野鳥は人が死んだ後も明るく楽しそうに飛んでいる
 成仏するということは、「生きている間に個性を100%開花する」ことです。個性というものは「唯一無二」、つまり異質です。普通平等は反個性の全体主義です。

 いつの日かこのブログが終了しても、個人の非暴力的な闘いは続くし、真偽から逃げることはできない。無限自然の動きと変化に心身を委ね調和して繋がりながら、心身の余裕をもって継続できればいいと思う。無理をせずに。
 何事も無常であることは承知している。執着したくはない。
 人生は本来明るく楽しくが基本であることも分かっている。

 日本の国民の政治経済状態や教育水準の質という点で、ごく当たり前の事実を認知できている人というのは、実際本当に少なすぎる。日本国民の民度は低すぎる。
 近年になってようやく、「1%の人々と99%の人々」という現実が少しは認知されるに至った。
 もっとも厳密には、1%の人々の上に更に0.0000001%の人々がいる
 グローバリズムな民間中央銀行の国際金融と売国犯罪の構造に対して、正しく抗い闘い対処できる人々は、ほんの僅かしかいない。大多数の人々の知能と思考力や本能は、著しく退化し劣化が進行中だ。
 成人並みの社会責任を負うということは、グローバリストとはどんな性質の者達で、彼らのグローバリズムとはどんな性質であるかを、最低でも熟知するよう努力しなければならない。
 ミイラ取りがミイラにならぬようにしながら。勇気と強い意志が試される。
 そして原因と社会構造を解明し、鎮静化して取り除き克服するのは、この地球上に産まれ生きる全ての人間たちの各自の責任」であることは間違いない。
 それは結局「良心」と「」や「基本的人権」と「財産に関わってくることなのだから。
 多くの人々はエゴイズムと蒙昧主義と「ポジティブ思考」や「ネガティブ思考」で無知の現実逃避を好み、責任感の麻痺に病んでおり、自覚のない自己破滅の習慣と慣習に陥っている。現実の厳しさを知らない。

 グローバリズムと売国犯罪は金融経済と政治や軍事だけでなく宗教文化と学問の分野にまで及び分業されている
 ヘーゲル弁証法の「正」「反」から中立的な「合一」の性質だ。
 それは歴史的なものであり、少なくとも日本に対しては幕末頃には既に入り込み、明治政府を通じて偽装強化されていった。

【滋賀報知新聞 平成30年10月6日(土)】に寄稿された小西理さんの優しいメッセージ、「無理せず出来ることをやる」を読み、その温かい文書に私は賛同したことを
、この記事の最後に、記す。
 人間には、各自自然な固有のリズムというものがある。


 ありがとう。


以下の動画は
BREAKING: Exclusive Video Of Assassination Of Donetsk Leader Zakharchenko By Ukraine's Kiev Regime
https://youtu.be/_FApEbhofC4


<転載開始>


マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/

フランス諜報機関幹部: ドネツクのザハルチェンコ首相は、アメリカとイギリスの支援を得てウクライナ諜報機関に暗殺された
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-4950.html


2018年9月28日
Russian Insider

 本記事は、今朝イギリスの素晴らしいウェブサイト、オフ-ガーディアンにも掲載されたが、おそらく、イギリス当局の圧力で、一時間後に削除された。その投稿リンクはここ。https://off-guardian.org/2018/09/29/capt-paul-barril-we-know-who-killed-alexander-zakharchenko/(訳注:ページはありません!と出る)

 今年早々、対テロと個人護衛で著名なフランス人専門家ポール・バリル大尉はドネツク人民共和国 (DPR)を訪問するよう招待されていた。訪問の狙いは、防御と個人護衛に関する話題のDPR首相アレクサンドル・ザハルチェンコとの情報交換だった。ところが二人が会談する前に、ドネツクのセパル・カフェでの爆弾でザハルチェンコ首相は暗殺された

このインタビューで、バリル大尉は彼の殺害に関する衝撃的な暴露をしている(フランス語から翻訳):

 インタビュワー: バリル大尉、機会を与えてくださってありがとうございます。まず、フランス共和国のためのあなたの重要な公務について少しお話しいただけますか? あなたはGIGN (国家憲兵隊治安介入部隊)共同創設者のお一人ですね?
unnamed-1
バリル大尉(写真は上): ええそうです。ずっと昔、1980年代、活動の最初の頃。

 インタビュアー: 誰かフランス大統領のために働かれましたね?

 バリル大尉: はい、ジスカールデスタン大統領とミッテラン大統領のもとで働きました。
Zakharchenko_3019138b_1
アレクサンドル・ザハルチェンコ

 インタビュアー: 今年9月、あなたは、彼の警護サービスとある情報を共有するため、ドネツク人民共和国指導者、アレクサンドル・ザハルチェンコと会う予定でした。誰が彼を殺害したのかご存じですか(あるいは何かお考えは)?!

 バリル大尉: ドネツクで、誰がアレクサンドル・ザハルチェンコを殺害したか知っていますウクライナ国防軍諜報部第3特殊作戦連隊が実行したのです訓練はウクライナ内にある彼らの基地の一つフメルニツキー訓練センターでアメリカ人教官が行いました

 文脈を理解することが重要です。ドンバスはNATOがロシアに対する代理戦争に関与している非常に微妙な地帯です。ウクライナはNATOの手先をつとめていますがドネツクはロシア側ですDPR (ドネツク人民共和国)のアレクサンドル・ザハルチェンコ首相は親モスクワで熱心なプーチン支持者でした2014年以来様々な欧米諜報機関がドンバスで活動していることを承知しておく必要があります2014年4月ジョン・ブレナンCIA長官が(ユーロマイダン用の)指示を与えるため偽名を使ってキエフに来ました現在CIA教官を現地に置いておりカナダもそうです彼らはドネツク共和国を粉砕するための特別行動をしています

 インタビュアー: するとカナダとアメリカとイギリスがウクライナ諜報機関と繋がっているとおっしゃるのですか? ウクライナ保安庁(SBU)やウクライナ軍諜報部と?

 バリル大尉: ロシアに反対するあらゆる勢力が今ウクライナにいます実際ドネツク指導者を殺害することで直接的でないにせよ連中はロシアに痛い一撃を与えたのです
spearcafe
ドネツク中心部の爆発後の“セパル”カフェ。

 インタビュアー: 彼らは一体どのようにこの殺人を行ったのでしょう?

 バリル大尉: ドネツク中心部の非常にしっかり警備されている地帯にある“セパル”カフェで殺人が実行されました連中は小さなスマート爆弾を火薬捜査犬に探知されないようロビー入り口上に仕掛けました首相が入った際遠く離れたところから爆弾が起爆され爆発しました爆発でアレクサンドル・ザハルチェンコと彼の護衛が死亡し女性一人が重傷を負い副官アレクサンドル・チモフェーエフ(彼は二番目の標的だった)、大やけどし、挫傷を受けた
separcafeunbrokenglasses
爆弾は非常に“スマート”で、方向性があり、バーのガラスは無傷のままだった。

 インタビュアー: “好ましくない連中を排除するためイギリス人とアメリカ人は概して爆弾を使うのでしょうか?

 バリル大尉: 近年の歴史ではチェチェン戦争中アメリカ人教官が街灯柱の土台に爆発物を仕込むようテロリストを訓練しました連中は電気配線を電気起爆装置として利用したのですロシア軍や戦車が道路にやって来ると、テロリストがボタンを押します爆発が数メートルの半径内のロシア機器や要員を攻撃するのですこうした隠蔽爆弾はロシア軍の“遺伝子”にありませんからロシア人は不意を突かれたのですしかしながらアメリカ軍の遺伝子にはしっかり組み込まれています

 CIAとグリーンベレーは世界で最も先進的な仕掛け爆弾を持っており、“セパル”レストランでの爆弾はイギリスかアメリカの仕業だという“痕跡 です。
 カダフィの爆発物専門家連中さえ元CIA工作員によって訓練され装備を与えられていました元CIA工作員は彼らが仕掛け爆弾を電燈や目ざまし時計花瓶ラジオや灰皿を装うのを手助けしたのです。ですから、ドネツクに爆発物を仕込んだ連中はアメリカに訓練されておりああしたスマート爆弾は連中の痕跡なのです。

 アメリカ人とイギリス人は人の殺害に、爆弾を好みますこの場合連中は明らかに集団が実際に仕掛け爆弾を設置するのを支援した現地スパイも利用しました。ですから、フランスは、ウクライナ内戦を終わらせるようと、ノルマンディー・フォーマット各国の枠内で活動しているのですが、イギリス-アメリカ陰の政府は現地で新たな戦争を醸成しているのです

 インタビュアー: もっと詳細をお話し戴けますか? DGSE(フランス対外治安総局)の情報源から、この情報を得られたのですか?

 バリル大尉: 詳細は秘密で、私としては言える限りのことをお話しました。けれども私はドネツクに行くつもりで、共和国のデニス・プシーリン新首相と会う予定です。全ての情報をデニス・プシーリン首相と共有するつもりです。

 インタビュアー: バリル大尉、お招きありがとうございます。

https://off-guardian.org/2018/09/29/capt-paul-barril-we-know-who-killed-alexander-zakharchenko/

記事原文のurl:https://russia-insider.com/en/senior-french-intel-head-donetsk-zakharchenko-was-assassinated-ukraine-intelligence-support-us-uk

----------

 閉店セールの一員、早くも教育勅語擁護暴言。 「人気タレントが転身しキャスターに」という触れ込みの番組が始まった。「大本営広報部で大いに評価されていた人物」というだけで、全く見る気になれない。見る方々の蛮勇?に驚く。呆導番組に決まっているだろう。番組名が実態を反映しているかのよう。先日放映された映画『帰って来たヒトラー』の中の、テレビ番組批判に感心した。

<転載終わり>




(`・ω・´) グローバリストのネオコンのテロ戦争売国商人は、まだ諦めないという

 ゆるねとにゅーすさんの、この冷静で客観的な分析は、本質を指摘してますよ。
 言論について。財政権力を握る犯罪組織は、「両建て戦略」を使ってるってことね。

ゆるねとにゅーす
大阪市がまとめサイト2件の記事を「ヘイトスピーチ」認定!吉村洋文市長がプロバイダに削除要請する方針!ネットでは様々な声が
https://yuruneto.com/oosaka-hate-nintei/

ゆるねとにゅーす

【出た~】6年ぶりに「アーミテージ&ナイレポート」が発表される!中国や北朝鮮の”脅威”に備えた「日米同盟強化」を提言!トランプ政権の「在韓(在日)米軍撤退」なども批判!
https://yuruneto.com/armitage/

【殆ど詐欺】東京五輪の経費、すでに国が8011億円支出!1500億の予定から大幅超過!公費が総額3兆円を超える可能性も!
https://yuruneto.com/tokyo-kuni-tyouka/

東京五輪ボランティアの背後に竹中平蔵氏のパソナ!契約金額は非公表!福島瑞穂氏「パソナにはいくら払うのか。ボランティアには払わない」
https://yuruneto.com/tokyogorin-pasona/

【これは酷い】”痴漢擁護”小川榮太郎氏の「安倍礼賛本」を安倍総理が政治資金で大量購入!幻冬舎の見城徹社長にも小川氏を強く推薦!
https://yuruneto.com/abe-ogawa-tairyou/

マスコミに載らない海外記事
アメリカ・マスコミはいかに破壊されたか
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-ec15.html

イランとの貿易を巡り、アメリカを殴ったEU
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/eu-3acb.html

LITERA
旭日旗問題で炎上した俳優・國村隼の発言は真っ当だ! 日本の侵略戦争、軍国主義の象徴だった旭日旗の歴史
https://lite-ra.com/2018/10/post-4300.html



このページのトップヘ