無常にpoleikuのブログ

無常不定期にポレポレ行く



 (*^_^*
 サブカルも衰退末期でしかないし、極端過ぎる執着過剰萌え商品には、飽きるしもうウンザリ。程ほどでいいんだよ。諸行無常だから。可愛い美しいカッコイイなんてのも。


 ディープ・ステートによるケネディ暗殺事件の真相隠し。大統領暗殺クーデター
 ケネディは何を行ったか、何をやりたかったのだろうか。危険な軍需産業に対しても、腐敗した民間中央銀行の悪い制度に対しても、挑戦しようとした
 リビアのカダフィは、ゴールド基軸のディナを発行してアフリカを統一し救済しようとしていた。彼はアフリカの人々を、西欧の腐敗した金融財政システムから解放し自立独立させたかったしかしその前に殺害された
 イギリス諜報機関とイスラエルのモサドやCIAのテロ戦争経済戦略。
 実害と犯罪に反対する人々や、事実と原因を追究解明して指し示す人々に対して、「陰謀論者というレッテルを張って攻撃排除して、自らのグローバリズムな犯罪財政の利権を死守する方法は、ウォール街ナチス同盟のCIAが発案し実行したものだ。

 グローバリストたちは一枚岩ではない様だ、という見方もある。
 グローバリズムを完成させたいが、「最終核戦争」だけは阻止しようという者達も、居るそうだ。戦争屋の一員キッシンジャーなどが、そうらしい。
 グローバリズムを完成させた後か、完成させるよりも前に、「先制核攻撃」と「最終熱核戦争」を実行してしまおうという者達もいる。ヒステリー過ぎる極端に攻撃的なヒラリー・クリントンもその一人なのだろう。

 ダブルネーム「宇宙のキリストマイトレーヤ」を自称する者(密教組織から教育を受け同意洗脳されて、自分がそうであると信じ込んでいる者)に対して、グローバリストたちの中の終末待望論者たちは、新約聖書の黙示録にある「荒らす憎むべきもの」「反キリスト」の役割を負わせようとしているのだろう。おそらく
 長期計画の一部。福音派の危険な負のニーズ(終末待望論)とも関係する、かなり古臭い計画の様だが。一応まだ廃棄されてはいないのだ。
 ウォール街ナチス同盟の、ある種のオカルト・ダーウィン密教組織の、残党。
 AIを悪用して「仮想」の世界指導者を作り上げる計画も、有るかもしれない。

財政力、霊性、精神、DNAと肉体の優生進化した神の選民を自任するグローバリズム・エリートらの中の、狂信的な終末待望論者たち。
 彼らごく少数の終末待望論者たちは、犯罪財政による「両建て」人口削減と、先制核攻撃と最終熱核戦争によって、「地球の人口削減計画」を完成してしまおうと準備中だ。彼らは「自分たちだけは生き残れる」と、本気で信じ込んで執着しているのだ。

 二人の親に子供は二人までの産児制限。また、十分に開花した人間だけが、その結実として種の保存で子供を作るなどで、地球の人口を抑制することは良いことだ。地球上の人口抑制は必要である。
 ただ、犯罪財政による「両建て」人口削減を免責放任し続けた結果、グローバリストらの中の終末待望論者たちは、「先制核攻撃」と「最終熱核戦争」の計画実行化に本気で執着している。
 進化した神の優生選民を自任する彼ら終末待望論者たちは、先制核攻撃と最終熱核戦争の実行を聖書の「最後の審判」としたいのだ。
 良心を欺く「性悪説原罪思想の悪魔主義」に病んでいる彼らにとっては、慣れているので、「一人殺害削減するのも数十億人を殺害削減するのも、たいしたことではない」という感覚なのだ。地球上の人口を削減できるのであれば、毒を持って毒を制す荒治療も必要だろうという、彼らの狂った心理と負のニーズだ。
 だから、「犯罪財政」による「両建て人口削減」に対しては、強く指摘して、大声で反対しないといけない良心の抗いと闘いを。
 地球上の全ての原水爆と原発が完全に廃棄されるまでは、人類に「安全保障」など無い。
 だから、決して油断してはいけないのだ。全人類と生態系は、救われ生き残らなければならない

 資本主義も共産主義も、グローバリズム・エリートによる「両建て」だ。
 グローバリズム共産主義エリートたちの隠された極秘計画のために、「融合統一教育」計画の継続と準備も、社会では分業で進行している。
 シェア・インターナショナルの宣伝するグローバリズムな教義と教育信心は、その代表例。分野を超えて負のニーズは条件付けが繰り返され、やがては、AIが悪用されることになるかもしれないわけだ。
愛と正義と分かち合いか、死滅か」だって?。一体何を分かち合い共有しようというのだ。騙されて信用する者達。その道は偽善の対極だというのに。
 非常に危険な蒙昧主義まで分かち合い共有しようという。拒否すれば「死滅」しかないという、脅しの狂信的なグローバリズム密教箴言ではあるまいか?。

 蒙昧主義集合し続け一時統一して極まる場合人類は、自己破滅に陥りやすい状態となるだろう。
 指示待ちトリガーが引かれると、暗黒境の獣性が解放される危険性が高くなる。感情を売り込まれた人々の意識も無意識も、条件付けされている。
 意識にも時には過ちや危険性はあるが、無意識は更に厄介で危険だ。
 完全無欠の個人や組織というものは、無い。人々のペルソナの問題もある
 社会奉仕の善人を演出しても、蒙昧主義に愛は無い。蒙昧主義は人類を救わない
 まだ自覚が無いのだろうか。あの暗黒境の領域の危険性を知らないものだから。オープン・マインドも、危険性はある。何をオープン化するかだ。
 人々の危険な蒙昧主義は、「+強化作因」されると全体主義的攻撃性や、時には暴力行動を生み出す。

 人類は、なんとか「」をして、ある程度は押しとどめている。人によっては建前でしかなくとも、基本的人権の尊重と「平和憲法」もその一つだ。
 しかしその一方では、「膿を出し切る」や「産みの苦しみ」と称して、あの境界と領域にある暗黒面の獣性までを、段階的に解放利用しようとする狂信的なオペラント勢力もいる。宗教と精神医学や、政財界、大手マスメディア、特に国会のプロレス。陰陽道的な負のニーズのオペラントと「容器化(憑代)」だ。

 長所だけでなく短所まで愛し受け入れる優しさは良い。しかし、欠点(欠陥)まで愛し受け入れて優しくすると、同化して「暗黙の忖度免責と放任」までが続くことになる。アイドル化やキャラクター化という、幼児退行の娯楽慣れと白痴操作だ。
 路上で若い女性たちの間でも、「安倍ちゃんがさー」とキャッキャ愛好する無知な社会。性別や世代は関係なく、ある種の中高年や老人たちも、大差が無い。知能と思考力の劣化退化が著しい
 安倍首相は国会で「ニッキョーソー♪ ニッキョーソー♪」とキュートにバブバブ幼児退行プレイ。
「あははははハ、総理、ハベ総理」と、安倍首相の極端すぎる幼児性を笑う野党議員。実害に対して徹底的に忖度するロンパールーム日本記者クラブ。
 日本の社会市場は特にその傾向が著しいブロイラー方式の実験場だ。忖度共犯体制は、いい歳した大人たちの白痴的な「可愛い幼児声」も使って、テレビでもラジオでもネットでも、国民に対して白痴的条件付け実害との相乗効果
 某成人向け雑誌に掲載された政治風刺漫画。現総理に似た姿と性質のMrヤベエ総理が、キュートにモジモジして、●●リー・●リ●トンの娘?に似た女王様から「お前は犬ね」と言われ官庁(浣腸)M受けした後に、逆S責めと化した。オス(雄)プレイだった。インポマッチョの汚名を返上した様だ。

 海外諸国の成人たちは、日本人や日本社会特有の、「ある種の精神的なアブナイ幼児化」を指摘していることがある。
可愛ければ癒され許される。この状態で居よう」という退化の心理シンパシーと習慣や慣習日本市場特有のマインドコントロールや同意洗脳効果。教育弱者たちだ。
 国民を幼児退行させて置けば、財政的にもより「使いやすい」というわけなのだ。純潔主義教育も、そういう意味で有効だとされている。誤った道徳教育の倫理全体主義も。

 かなりの数のアイドルは、政財界やファンの危険な負のニーズの「容器」となることを、自ら喜んで引き受け、熱狂的に「チヤホヤ」過剰に甘やかされる共依存病の異常快楽に堕ちている。自ら喜んでペット化する日本特有の幼児退行病アイドル商売には、確かに危険性がある。搾取される奴隷化商売の典型モデルでもある。
 アイドル本人の基本的人権を侵害している「契約期間中は恋愛禁止」とかもだが。極端すぎる「異常な虚構の世界」を売買する業界。あの時期は本当は極限にまで無理して我慢して演じていたんだ、業界は酷過ぎたと、元アイドルは告白している。
 風邪をひいたときの様な弱々しい微妙な甘えたカスレ声を使えば、「同情」させやすいという心理学のテクニックも、企業広告で悪用されている。
 日本の特異的な市場社会のニーズでは、知能と思考力の成人化や「幼年期の終わり」は何故か殆ど必要とされない。他国と比較しても、国民の民度が異常なまでに低すぎる。
 ラジオ・ニュースでも、軍隊のマーチ的な「ドンドコドンドコ」、緊張感と威圧感を与え、蒙昧主義的な誤った権威主義を刷り込む感情の売り込み、フェイクニュースの刷り込み。刺激する側は計算して相乗効果を使う。ビジネスだから、計算して故意に用いるのは当然のこと。
 ナチスドイツの宣伝技術をも、親ナチらは貪欲に財政活動で受け継ぎ用いたものだ。

 伝統文化とサブカルチュア。益々フラットに均質化して飽和状態にある人類の娯楽市場に対して詩的狂信を隠すことが可能なオカルトSF密教が、分業によって次の世界統一的なエンターテイメントにされようとしている様子だが?。
 本質は共産主義であるユニバーサル・ベーシックインカムにしても、グローバリズム統一化のオカルト・ダーウィン密教の「分かち合いとシェア」社会奉仕教育指針と、負のニーズが見事に合致している。
 彼らは、99%の人々の脳質と行動を全体主義的な共依存病によって快楽の質の低劣な方向へと脳を退化劣化させておいてブロイラーの如く「普通平等化」したいわけさ。負のニーズの正体だ。
負のニーズの共依存病」を悪化させているテレビや新聞やラジオと雑誌書籍だけでなく、オペラント社会実験はネット上でも続いている。本人が知らないところで、個人情報は収集売買され、個人のプライバシー境界崩壊が進行している。
 それが更に実現すれば、より「効率的」に地球資源の管理と‘エコ’と称する省エネ化が出来て、人類社会への支配が完成できるからだ。利権優先と、狂信的エリート主義と全体主義的な誤った旧倫理によってね。
 それは「天才政治と科学の楽園」ではない、性質の相反するものだ。
「二酸化炭素で地球が温暖化している、海面上昇だ、生態系と人類の危機だ。地球の安全保障を」というニセ科学と恐怖心の煽りも使って、詐欺利権も作っている。
 0.0000001%や1%自身が「極端に強欲過ぎ」であっても、99%は「使える状態である程度低欲望」でなければならないという搾取グローバリズムと売国の仕組みなのだから。
 CFR上層の議題でも「より控えめな民主主義を」という危険な負のニーズがある。
 自分で調べて下さい。ほんとに。
 科学技術の悪用によって完全な奴隷へと改造改悪される前に、気がつくべきです。
 ペーパークリップ計画の基でアメリカ地下軍事基地では、その類の奴隷生物が、実験製造されているという。特殊な乗り物を使い民間人を誘拐実験した軍人たちが、「こいつ、俺たちのことを本当にエイリアンだと思ってやがる」だそうで。
 MKウルトラ計画と、ノア計画、0.0000001%の者達の核シェルターと生命維持システム(アメリカ軍事秘密地下基地が暴露された http://blog.livedoor.jp/makimu/archives/63254867.html)、独自の宇宙船開発脱出計画。
( ´_ゝ`) 可愛いベイビー ハイファイ♪ 可愛いベイビー ハイファイ♪
     HAARP


 リーマンショック直後の日本の大手新聞に、約数ページ分、デカデカと、幸福の科学と、シェア・インターナショナルの広告が掲載されていた時期が有る。他の通常の小さな広告とは明らかに違う「特別優遇」で、宗教財政的なプロパガンダの意図が露骨だった。
 あれだけ金をかけた大々的広告は、あまりにも異様過ぎたが。「新聞社(大手メディア)が更にオカシくなった」と、強く警戒した読者はどれだけいただろうか。
「株式制度崩壊後に来る」ナントカと公式出現だそうで。日本の大手新聞社も狂ったものだ。大手メディアとタッグを組む狂信的御用権威主義の御用学者連中にしても、あれだけ「疑似科学とカルト宗教に用心しろ」などと自ら言っていたくせに。
 中立的なオカルト・ダーウィン進化信心のグローバリズム密教に対しては、黙っているという。そこが「本質」なのだが。その問題には触れてはいけないと蒙昧主義の忖度
 つまり大手メディアと御用学者たちも正体を現した「お仲間」なわけだ。
 国家神道カルト日本会議の安倍自民政権をファッショイしている、産経新聞とその雑誌なども、正体を現した。エホバの証人も「世界を支配されるにふさわしいお方とは誰か」と、世界統一グローバリズム宗教を分業宣伝している。
 何が進行しているかだって?。「両建てによる条件付けと囲い込み」だよ。日本も社会実験場だ。
 悪いニーズは人々と市場社会の細部に宿っている


('д` ;) 熱い中、政治ネタで重苦しい。しゃーないわ。熱中症対策も忘れずに。


ゆるねとにゅーす

有名投資家のジム・チャノス氏「安倍総理はアジアで最も危険な人物」「中国のどの指導者よりもアジアを不安定化させる恐れ」(2014年の発言)
https://yuruneto.com/abe-kiken-asia/

【暴走】安倍総理、今秋の臨時国会での改憲案提出に強い意欲!「いつまでも議論だけを続けるわけにいかない」山口・下関の講演で
https://yuruneto.com/abe-kaikenan/

【最後の手段】安倍総理を「内乱罪」で刑事告訴へ!「国家の存立を脅かす者」に適用される究極的な罪!訴追されれば戦後初の事例!
https://yuruneto.com/abe-nairanzai/

【酷い】富士山測候所の「カンテラ日誌」を東京管区気象台が廃棄!眼下での空襲など、68年間を綴った貴重な歴史資料!専門家や識者からもショックと怒り!
https://yuruneto.com/kanteranissi/


マスコミに載らない海外記事

中東戦略同盟(MESA):同盟か、アメリカにとっての宝の山か?
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/mesa-8bb2.html

イランを孤立化させるというトランプ発言は、むしろアメリカの世界的孤立化
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-8c34.html

トランプの一方的イラン経済制裁はイランの責任だというワシントン・ポスト
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-7e0c.html


<転載開始>

マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/


アレックス・ジョーンズ粛清:2018年中間選挙に干渉するアメリカ巨大ハイテク企業

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/2018-58fd.html

Peter KORZUN
2018年8月9日
Strategic Culture Foundation

 90%のマスコミがわずか6社に支配されている事実にもかかわらず、言論の自由の擁護者を自称する国で主流と異なる見解に対する総力戦が猛威を振るっている比較すると、1983年には、90%のアメリカ・マスコミが、50社に支配されていた。当然、この傾向は報道の自由に対して悪影響を与えた。国境なき記者団RSFが編集した「2018年 世界の報道の自由指標」によれば、アメリカは、2017年に比べて二位落ち、全体で45位に下がった競争の役割は減少し、変更が標準となっている。によれば 2017年 ギャラップ/ナイト財団の信頼性、マスコミと民主主義調査報告書わずか44パーセントのアメリカ人しか、ニュースを客観的に報道していると思えるニュース情報源をあげることができなかった

 アメリカ合州国では、言論の自由が踏みにじられている多数の例がある。実際、憲法修正第1項「言論の自由」条項は、議会が"言論の自由、出版の自由を制限する"ことを禁じているが、巨大ハイテク企業やソーシャル・ネットワークが“支配体制”の気にいらない政治評論家を排除することについては何も言っていない。そして、彼らはそれをしているのだ

 主要巨大ハイテク企業 - Facebook、Apple、Google、YouTube、Pinterest、iTunes、LinkedIn、Podcast add、MailChimp、YouPornとSpotifyが - プラットフォームの所有者として“悪意に満ちている”と見なす“間違った記事”を広めているかどで著名ジャーナリストのアレックス・ジョーンズと、彼のウェブサイトInfoWarsを、彼らのサービスから排除したこれは未曾有の動きで、実に衝撃的ニュースだ。ジョーンズを"素晴らしい"評判と称賛したのはドナルド・トランプ大統領だったのは注目に値する。

 それぞれの規則や規制を持った私企業が、対ジョーンズ統一戦線を組み、排除が、まさに共謀であるのを明確にするため、同時に実行したのだ。巨大企業は連中による市場独占を利用して、少数意見の人々を標的に政治検閲をしているのだ。アレックス・ジョーンズは長年そうある調査ジャーナリストそのままだ。連中はなぜ今彼を弾圧しているのだろう? 彼が連中を不相応にいらだたせたので、おそらく、彼らはうんざりしたのだ。

 ジョーンズは、ロシア大統領選挙の健全さを擁護し彼は76パーセントの得票を勝ち取ったのだから、プーチン大統領が独裁者などではあり得ないと言ったアメリカ選挙への介入や、他の“非道な”ことを、そのせいにするロシアに対する非難のばからしさを、彼は鮮やかに暴露した。彼によれば、ロシアは1776年の方向に向かっており、アメリカは逆方向に向かっているのだ。アレックス・ジョーンズが巧みに、からかっているとまで、彼らは主張している。彼はスクリパリ事件の犯人だとするイギリスによるロシア非難に疑問を投じた一人だ。それが限界だったもはや連中は彼を許せなくなったのだアメリカ合州国における言論の自由を、当たり前と受け取るほど信じやすい人々は、大きな代償を払わされる8月6日、アレックス・ジョーンズは、インターネット中での出版・報道の自由に対する脅威について警告を発していた

 どうやら粛清は進行しているようで、antiwar.comのラジオ司会者で論説員のスコット・ホートン、元国務省職員で著者のピーター・ヴァン・ビューレンや、ロン・ポール平和・繁栄研究所所長のダニエル・マクアダムスの、ツイッター・アカウントが、8月6日に停止された議員を含め、保守的見解を支持し、トランプ大統領に同調している著名な人々の一部は、Twitterに“闇検閲”されている多くの“トランプ支持派”ジャーナリストは、単に投稿しただけで首になった。“トランプ支持派”評論家や、自立したマスコミに対する広範な抑圧は、やり放題だ。

 ヴァイス・ニュースの報道は、この結論を裏付けている。ある情報によれば、リベラル派と民主党は、同じ形で、いわゆる“闇検閲”に会っているわけではない。たとえば、自分の支持者に、トランプ政権の閣僚を攻撃するよう公に奨励して“集団暴力”を煽動したマキシン・ウォーターズ下院議員(民主党-カリフォルニア州)には何も起きていないAppleはアレックス・ジョーンズを削除したが、アドルフ・ヒトラーを ''極めて偉大な人物”と呼んだネーション・オブ・イスラムの指導者ルイス・ファラカーンは、同社プラットフォームを思う存分使えるのだ。

 4月にメディア・リサーチ・センター(MRC)が発行した報告書は、主要ソーシャル・メディア・サイト - Facebook、Twitter、YouTubeとGoogle検索エンジンが - "公共的議論から保守的な世界観を検閲するための明らかな取り組みで"保守的言説を抑圧していると結論付けている検閲済み! オンライン・メディア企業が、保守的言辞をいかに抑圧しているかと題する報告書には、そうした抑圧の無数の説得力ある例があるアメリカ合州国内でのロシア・メディア、RTとスプートニクの締めつけは、この傾向の一環だ。

 InfoWarsは、選挙運動中、トランプ大統領を強く支持していた。ご覧の通り、11月の中間選挙に干渉しているのは、ロシアではなく、巨大ハイテク企業なのだ。おそらく、BreitbartNews、DailyCallerなどの他の保守的メディアが巨大ハイテク企業プラットフォームから排除されるのに、さほど時間はかかるまい。もし、これがアメリカ民主主義を脅かす介入でなければ、一体何が介入だろう?

 主要マスコミに反対する意見を表明する声は、2018年中間選挙前に、有権者に聞いてもらう機会を奪われているアメリカ合州国では、人々の基本的権利を剥奪するため、保守派とリバタリアンに対する大規模検閲キャンペーンが仕掛けられている更に酷くなることが予想される民主党上院議員のクリス・マーフィーは既に、ソーシャル・メディア・ウェブサイトに、InfoWarsがインターネットから追放されたのに続いて、もっと多くの保守派ニュース・メディアを規制するよう呼びかけた。“ロシアゲート”にまつわる大騒ぎで、民主主義に対する体制内の本当の脅威は、ほとんど問題にされないままだ巨大ハイテク企業は、連中のゲームのルールを押しつけ、連中のプラットフォームを、主流と異なる見解にとって居場所皆無の、プロパガンダの道具に変えるため反政府派を締め出している。DrudgeReport.comや、ブライトバート・ニュースや、フォックス・ニューズや、他の歩調を乱す小さなメディアが次の対象だろう。

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2018/08/09/alex-jones-purge-us-tech-giants-meddle-into-2018-midterm-elections.html

----------

 猛暑、高校野球、ヘリコプター墜落、ボクシング、総理選挙、大本営広報以上終わり。

 この巨大ハイテク企業による言論弾圧が重要話題でなくて、何が重要話題だろう。

 「基本的人権に配慮した緊急事態条項」などという、わけのわからないものを言う時点で、「○○○味カレー、カレー味の○○○のどちらか」という、選択にならない二者択一。

日刊IWJガイド「<今日の再配信「核兵器と戦争を考えるシリーズ特集」>今日午後6時より、『「米軍機が上空から撒いたビラに日本地図が描かれ、広島のところに『?』マークが…」 ~竹本成徳氏講演「『被爆の実相』~ヒロシマを今、私自身のことばで~」』を再配信します。/今日午後8時より、『「母が、弟が死んでも涙がでなかった」 長崎原爆で家族全員を失った被爆者の告白、自らも覚悟した被爆死』を再配信します。/安倍総理が『核兵器国と非核兵器国双方』の『橋渡しに努める』というのは口だけ!被爆者の要望に対しても上の空!
米空軍のCV-22オスプレイ5機が正式配備前に、この1ヶ月半で125回の離発着!東京の横田基地はすでに『空飛ぶ欠陥機』オスプレイの拠点に!? 米海兵隊のMV-22オスプレイの10倍の事故率というCV-22が首都圏上空を飛ぶことに、『都民はまったく無関心』!?/新たな日米貿易の新協議が日本時間10日に開始!大手メディアが正確に報じないトランプ政権の通商政策の意図とは!? 来日されたトーマス・カトウ氏に岩上さんがインタビュー(配信準備中)!
<記事アップ>審判不正問題『奈良判定』の新たな証拠を公表!! 山根会長と内海理事の2つの音声データを会場で放送!『接戦した場合、やっぱり奈良やな』~8.8『日本ボクシングを再興する会』による緊急記者会見」2018.8.11日号~No.2158号~


<転載終わり>


(。・ω・)ノ゙ ありがとう




 FBIのコインテルプロ計画は、他の犯罪政府機関でも用いられている

 真実や事実を伝えるいかなる組織であっても、組織内部のセキュリティー機能は「完全」ではないだろう。
 CIAとその協力者が組織内部に潜入して、組織内で会員メンバー同士の分裂争いをさせようとするといったオペラントもあり得る。
 組織情報の悪用や捏造、公式サイトの部分的「乗っ取り」と改竄や、公式と称した偽装サイトの設置と誘導潜入したCIAや協力者による組織メディアへのニセ情報の部分的混入と公式化も、有るかもしれない
 せっかく求めていた真実を発見したのに、「でもこの情報があるからなぁ・・・・」で、離れて行ってしまう人々もいる。悪意のデマを流す当局や協力者にとっては、それも狙いだ。

「神と霊魂や、天使や悪魔も存在しない。進化はない。異星人による生態系と人類の科学的創造。天才政治と科学の楽園」は真実であるがゆえに、グローバリズム・エリートたちは、分業によってどうにかして妨害して置きたがる。
 当局と協力者やシンパは、「彼らは性的に逸脱している」という狂信的な悪意のデマを流してもいるのだ。ナザレのセクトと呼ばれた初期のキリスト教徒たちも、同様の迫害を受けた
 羊の様な盲目的大衆は、当局が流すデマを情動的に信じて同意洗脳されやすい。性悪説原罪思想や部分的に誤った戒律倫理の狂信的な全体主義は、そういう非常に危険な性質だ。

 そもそも、「弥勒ラエルが預かった異星人ELOHIMUからの真実の情報」は、他の恒星系惑星から来た異星人ELOHIMから来たものである。それは地球上のオカルトSF文化ではないのだ。
 残念なことに、知性の無いものたちにはその「違い」が分からない。
 弥勒ラエルと彼が与える情報は、フリーメーソンやイルミナティーや、アヌンナキ/ネフィリムSF「から来た」ものではない
 異星人ELOHIMUが弥勒ラエルに授けた真実から、オカルトSF陰謀論によって人類を「遠ざけて置こう」とするトンデモナイ狂信的な輩がいる。グローバリストらの犯罪財政を継続する政府機関とその協力者やシンパが。

 神と霊魂や天使や悪魔と進化を信じるオカルト・ダーウィン教の中立的進化信仰を死守するグローバリズム・エリートらには、独自の融合統一教育計画がある。
 分業し準備している蒙昧な怪しい分派たちが、そちこちいるではないか。
 グローバリズム・エリートたちは、人類のニーズや思考と行動をも独占的に「統一管理」したがる傾向にある非科学的蒙昧主義と極端すぎる強欲ヒドラの核本質はそこだ。蒙昧主義は、攻撃性や時には暴力を生むことがある
 ゴッタルド基底トンネル開通セレモニーによって正体が現れた様に、蒙昧主義に病んでいるグローバリズム・エリートらの中には、先制核攻撃最終核戦争要求して準備し実行したがる終末待望論者たちがいるのだ。
 ロシアのプーチンや、グノーシス主義の中の穏健派と見られているトランプは、そんな迫っていた「超核大国間の人類の致命的危機」を阻止してくれた。平和瞑想も効果がある


   
「地球人は科学的に創造された」

     ラエル (著) 出版社: 無限堂 (2012/4/1)
    http://www.rael.org/
    http://ja.rael.org/home
    http://www.mugendo.co.jp/



平和と愛のための一分間瞑想で、私たちは世界を変えることができるのです ラエル

https://youtu.be/Qm6eVavoX8Q

地球人類を創造されたエロヒムがラエリアンたちを必要とされる理由

https://youtu.be/URx5cAsQBz4

ラエリアンたちの使命

https://youtu.be/aOXlYnVNwug




 売国の性犯罪/安倍自民党政権を擁護する、NHKのラジオ放送がまた悪の忖度。
 自称他称の経済専門家、「GDP。日本の経済の緩やかな成長が続いている」と故意のフェイクニュースを流した。
 異次元の金融緩和とアベノミクスが、失敗している事実を無視。
 利益増と一極集中は、1%の者達だけです。99%の国民は、真逆ですね。
 現実社会の大多数の国民生活は、大手メディアのニュース情報とは違う。
 教育と経済の弱者である国民側につくより、財政的に優位な1%の勝ち組に忖度して、国民の基本的人権を切り棄ててでも自分たちだけ生き残ろうという精神病のロンパールーマーたち。


 単に史実や真実を指し示すだけでなく、言葉の組み合わせ方と繋げ方を工夫して、重犯罪に病んでいる狂信的なグローバリズム・エリートたちと売国たちの「狡猾な逃げ道」を、塞ぐ戦略をとる共闘。
 そうしていたら、1%連中は、もう反論できない。どうやら、「我々の企業政府に対立する反社会的な犯罪者を処罰せよー」と段階的な一掃作戦に着手するらしい。「善意のつもり」で。
 一部の者からはCIAと見られているアレックスおじさんも、今や生贄にされつつある。
 次は誰になるでしょうか。マルティン・ニーメラーの言葉を思い出そう。
 長期計画を段階的に実行することで、慣らして麻痺させてしまい、完成しようという。

 グーグル社内でボードに書かれた「 Google Government 」という社員の恐るべき全体主義的なグローバリズムの独占支配的なニーズが、昔のNHKで既に放送されていたという事実だ。
 極端すぎる危険なオペラント病的強欲が。リーマンショック。
 MSの「善意に基づく確信」の正体は。グローバリスト0.0000001%の粘着質な全体主義的悪意でした。悪の忖度と共犯体制。加担するアップル社のマックだって、結局そのツールかね?。
 諸国民に対する囲い込みと奴隷化、まいったね。Linuxしか、選択肢がないのだろうか。


最強のスパイウェア「Windows 10」をインストールするな!

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-3768.html
あなたのデータが覗き見され、盗まれる
反日だぁー、左翼だぁーと、バカの一つ覚えのネット右翼や成り済まし右翼(その実は極左)たちが最初の犠牲者となる

ドイツが警告、中国もWindows8の使用禁止令を出した理由
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2866.html



 分かっていたよ「本質」は。こうなるはるか以前から。地球上にある全体主義の性質と原因や社会構造。ピラミッド階層。それは民族や国家や国境をも越えているものだ。
 ローマ法王やホーキング博士も、やっぱり、アッチのトンデモナイ道に「集合」している。
「宇宙人が何処かには居るだろう。しかし異星人による生態系と人類の科学的創造なんてものはない。我々の神と霊魂は存在するし霊性も生命も進化したのだ」といった、中立統一化のグローバリズムへ
 宇宙は無限ですと中立的に説いておいて、結局話を続けていくと「宇宙の果て」が有ると言い、ビッグバンの結論を正当化するトンデモナイ詐欺師
「元軍人」フィリップ・コ-ソウによるエイリアン・ニセ情報の流布にしても、先制核攻撃がやりたい重病のヒラリー・クリントン陣営による「アメリカ政府が隠し持つエイリアンとUFO」ニセ情報の公開化なる選挙運動での釣り煽りにしても。
 資本主義と共産主義や、狂信的で全体主義的な危険な戒律倫理、オカルトとダーウィン教の中立的な進化説とビッグバン説の「非科学的限界性」についても、彼らによって表面化する以前から、私は既に分かって指摘してきたことに過ぎない。

 ある種の極めて蒙昧主義的で犯罪的な長期計画と準備が有るものだから、必死になって隠して置こうと、グローバリズム・エリートたちは「その問題には決して触れてもらいたくない」と、ネット上で憲法違反の反社会的なサイバー犯罪活動をやらかしているのだから。
 宗教ネタから他の学問にも及ぶサイトを閲覧し掲示板に書き込んだ時から、PCにあった個人情報の一部が盗まれ、画面にハラスメント・メッセージを表示され、ネット・ストーキングされて脅された。
 当局にとってはどうでもいいはずのチッポケな一民間人とその言論を、ターゲットにするとはね。
 ああいうサイトや粘着レスポンスは、素人が趣味でできる範囲を超えている。

 その後、エドワード・スノーデンの暴露により、当局の行っている心理諜報戦争の内容が部分的に証明された
 ドイツ首相メルケルの個人メールも、監視され盗見されていた。
 首相や大統領でさえ、グローバリズム・エリート達にとっては、ビジネスの下位使用人でしかない
 個人情報が収集売買され個人のプライバシー境界が本人の知らない間に段階的に破壊されている。破壊する側の異常なオペラント病的快楽と利権
 エドワード・スノーデンは現場で実態を知った。彼らの本当の目的を。人類のプライバシーを破壊し尽くそうとする危険な独占支配と全体主義を。

「人類から、個人のプライバシーを奪い尽くせ。巨万の財力を誇る進化した我々神のエリート選民だけが最高のAIを使って世界統一政府を作り、管理支配を完成する」
 そのピラミッド階層構造は、親ナチの誤った優生思想と劣生思想の長期計画とも親和性が高く、ユーザーは実際には畜舎の家畜同然の扱いを受けているのだ。
「二酸化炭素で温暖化しています、地球の危機です」「貴方と家族と社会と国のためだから、地球のためだから」と、平気で詐欺を行い粘着質に囲い込む。

 MSのWindows10も、グローバリストの犯罪政府機関と協力する最強のスパイウエアだ。
 “信頼できるパートナーたち”だそうで。狂ってる。
 売国基地害犯罪政権に反対する非暴力な国民を監視し時には強制排除する公安警察の上には、グローバリズムのCIA。
 国民により国民のために作った政府機関ではない元は親ナチ0.0000001%のウォール街ナチス同盟。ロックフェラーとモルガンとダレス親分一族。その上に、ロス茶一族。

 グローバリズム・エリート連中の心理とニーズの性質や目的と動きを、解読し言い当てることは、単なる人間で可能だよ。専門家でなくてもね。
「権威反抗障害」「ニューアカ」だって?。倒錯狂信的で非科学的な精神医学カルトたちの、危険すぎる性悪説原罪思想悪魔主義のグローバリズム全体主義と売国は、まったく。



 鎮静浄化と甘美な洗練



 スローテンポの、一音が長くて、休符も使う、そんな音楽は、瞑想に近い鎮静効果
 静寂の空間へ、一体となり溶け込んでいく。「思考するゆえに我あり」や「私」という、エゴが瞬間に消える。穏やかに。
 時には量子や生死のごとく一瞬で白熱して、透明化する。
 無(無限)の中に、日常生活の微かな自然の音や人工音が響く様に。
 音楽さえ、有っても、無くても、いい、執着のない童心的感覚。無と環境音楽と心理作用。
 島田璃里が演奏するエリック・サティの音楽。他の演奏家と比較すると何かが強い部分もある。瞬間的にかなり強調した鍵盤打法とか。


「途方もない幸福だよ、老人であることは。若い頃、私はいつもこんな言葉に追っかけられたものだ『今にいい日が来るよ、今に!きっと』。よろしい私は今老人。そして、何も来はしなかった。何も!」

                - エリック・サティ 52歳 -


 当時は50代は老人扱いだった様で。精神的に円熟した老境の悟りなんでしょうか。
「こんな言葉に追っかけられた」とは、その言葉の思考によって無理して競争させられた、という意味なのでしょう。
「何も来はしなかった。何も!」とは、外部に喜びや幸福を要求することの虚無感や、皮肉と正しい諦観であるかもしれない。
 幸福は、外部に在るのではなく、肉体が年老いても、常に自らの内部から来ると。
 幸福遺伝子コードというものが、人間には在るそうです。理由のない無垢な笑い




 過剰強欲と喧騒 退化劣化を作る人工環境



 今年大阪に行った時、「売り絵」を売っていた二人の絵描きのご老人男性がいました。一人は身なりが普通かオシャレではないっぽい感じで、道頓堀の橋の上で、座って俯き寝ていた様子でした。私は一瞬、彼の身体の状態が少し気になりました。
 綺麗な服装をして通行した白人の美人女性は、そんな「売れない貧乏絵描きにしか見えない者」を、「下層の者」として見る忌み嫌う表情で、拒絶する反応をしていました。「商業都市の真ん中で、この場所には不似合だわ」という感じで。
 そんな愛情や優しさが無い特有の冷たい表情も、私が撮影した写真に、そんな人間の一瞬の醜悪な心理が、刻まれていました。
「売り絵」を描くことはArtなのか?と、グリーン・ジャイアントを借りた現代美術家のお嬢さんが、問いかけをしていたのを思い出しますが。
 例えArtではなくとも、そうせざる得ない人々もいる、わけです。なんか、冷酷なナルシズムの現代Art信仰よりは、他者に愛を与え優しくするほうが、まだ良いように思います。

 現代の氾濫する激しい演奏と音色や歌唱は、その多くが、囲い込みと競争の感情を売り込み刷り込むから、よろしくない。「毒性音楽」と呼ばれることも。
 ヘビーメタルの音を蟻の群れに与えると、蟻の群れは摂食行動が異常な速度になるという。パチスロ共依存病店内の劣悪な白痴環境も、同じだ。客の消費行動を加速させて使える状態に」している。「利権」を優先した店内の回転率を上げる為でもある。
 売れ売れ、買え買え、使え、使われよ。という劣悪な市場ビジネス
 知能と思考力と本能に対して意識と無意識を条件付ける退化と劣化の習慣や慣習を作り出す
 CIAや軍は、ある事件で度が過ぎる音楽を音響兵器として用いているし、濃すぎるピンク色も、拷問部屋に用いられたことがある。ストロボ兵器もある。
 音や光と色彩や匂いによる、身体と心理への刺激のオペラント社会実験と、MKウルトラ。超音波や電磁波の悪用もある。
 市場は、マインド・コントロールと同意洗脳に満ちている

 夜は公道で赤いライトを照らすより、青いライトを照らす方が、犯罪件数が減るという。
 書店に行けば、落ち着いてゆっくり歩き試し読みしてもらえる様に、「ゆったりとした演奏と歌唱」のBGMを聞かせ、「いい香り」がする芳香剤を計算して、客のニーズと行動を条件付けしている。
 社会の市場は、テクノクラートによって巧妙に設計操作されている。
 しかし客は、「自分には独自の絶対的な自由選択意志が有る」と思い込んでいる
 TVアニメのピカチュウ赤青点滅事件は、故意ではない無知と偶然だった様ですが。


 ほらね、グローバリストたちは、こう来たでしょ。いつかは、こういうことになると。
 連中の誤った狂信的な独裁的倫理支配と全体主義化
 このブログも、やがては本格的な言論狩りの対象になるだろうか。

 NSAとCIAやグーグルやアップルだけじゃない。マイクロソフトとWindows10も危ないんだよ。
 知らないでしょ?。連中は協力し合って、「情報共依存病化と個人のプライバシー境界崩壊」化の、社会実験をしてるよ。
 個人情報の収集売買、分析選別、監視、追跡ストーキング。オペラント管理支配。マイニングとビッグデータを使う、本当の財政目的。
 0.0000001%と1%、99%。AI悪用。全体主義支配の完成の準備、グローバリズムには欠かせない道具化だし。ドイツ政府や、ロシアや中国もが、連中の売り込む仕込み商品の使用を避けたがる理由
 ジュリアン・アサンジやエドワード・スノーデンが暴露した、グローバリズム・エリートたちの財政犯罪

 Paul Craig Robertsが、グローバリストらのグローバリズムの内容と性質を、原因や社会構造を、どまで知っているのかは、分からないけどね。
 アレックスおじさんについては、CIA説もあるそうですけど。部分的には、アレックスおじさんは史実を示しているようです。部分的に偽情報も混ぜているそうですが。
 ただ、彼の言論をネットと社会から奪い取るということは、確かに、マルティン・ニーメラーの指摘した事態に陥るのですな。いよいよその時が来たか。


<転載開始>


アメリカ憲法と言論の自由とアメリカの自由を覆すApple、Google、Youtube、Facebook、Twitter
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/applegoogleyout.html

2018年8月7日
Paul Craig Roberts

 視聴者の多いInfo Warsの司会者アレックス・ジョーンズに対する、AppleやFacebookやGoogle/YoutubeやSpotifyによる組織的攻撃は、アメリカの反トラスト法を執行し損ねた大失敗、アメリカ国内のみならず、外国のワシントン属国諸国に対してもナチス・ゲシュタポやスターリンのNKVDが実現できたものを遥かに超える検閲を実施することができるわけがわからないくらい強力な企業を生み出してしまったということの、我々が必要としている証拠だ。

 最近、進歩派のロブ・コールと私は、今のAppleがそうであるような一兆ドル企業の意味合いについて、彼の番組で話し合った。それから一日か二日後、ロブ・コールは彼のウェブサイトOpEdNewsで記事を書いて、一兆ドル企業は、我々が自由な人間であり続けるには余りに巨大な権力をもっていると主張した。私は彼に同意する。世界の195カ国中、わずか16カ国、たった0.08パーセントが、一兆ドルと同等あるいはそれ以上のGDPなのだ。

 お考え願いたい。世界のほとんどあらゆる国々のGNPより大きいのだ。言い換えれば、Appleには主要政府並みの権力があるのだ。AppleはG-20メンバーになってよいくらいだ。Appleは自社通貨を発行し、SDR引き出し権の一員になってよいくらいだ。AppleはIMFと世界銀行融資の支持者として参加してよいくらいだ。Appleは自社の軍隊やシークレット・サービスを持てるはずだ。

 ロブ・コールが主張するやいなや、他の巨大ハイテク企業、Google/Youtube、SpotifyとFacebookと共に、Appleは彼の説を証明した。https://www.rt.com/usa/435259-infowars-ban-twitter-reacts/

 アメリカでは、ほとんど全てが独占デジタル世界だ。印刷とTVメディアの90%が5社か6社に所有されている。銀行預金の90%は“大きすぎて潰せない巨大5銀行にあるウォルマートやホーム・デポやロウズが、地元の独立した家族経営店舗を滅ぼした自動車部品フランチャイズが、家族経営企業を滅ぼしたレストラン・フランチャイズが、家族経営レストランを滅ぼした医薬品や化学薬品の独占これにはきりがないアメリカ経済の独占化は“グローバリズム”という旗印の下で行われた独占企業や、独占企業に近い立場になれるほど大きくない限り、グローバルには競争できないというのが、その教義だ。

 アイデンティティ政治と結びついたデジタル革命が、言論の自由を抑えるのを容易にした支配層エリートが触れられたくない問題へのいかなる関心も、真実を語って隠された計画を暴露することも“陰謀論”や“ヘイト・スピーチ”と烙印を押され、封印される。この独占権力こそ、Apple、Facebook、Gogle/YoutubeとSpotifyが、今アレックス・ジョーンズに対して行使しているものなのだ。

 アレックスは始まりに過ぎない。彼は歯に衣を着せず物を言い、時にやり過ぎる。だが彼は、権力を支配している連中が隠しておきたい問題に焦点を当てる。これが、これだけが、支配層エリートが彼を封じ込めようとしている理由なのだ。ヘイト・スピーチ容疑など、でっち上げの冗談だ

 AppleやFacebookや他のアメリカ・ゲシュタポは、真実はヘイト・スピーチだと考えているのだこれは、ジョージ・オーウェルの『1984年』そっくりそのままだ

 真実を語る人々を非難して、アメリカ人を欺くことが、今やApple、Google/Youtube、Facebook、TwitterとSpotifyの公式方針なのだ

 印刷メディアも、TVメディアも、ロバート・ペリーやクリス・ヘッジズやセイモア・ハーシュのような本物のジャーナリスト全員を既に首にしている。今や、アレックス・ジョーンズが、インターネットから追い出されつつあり、真実を語る人々全員が締め出されるまであらゆる言説を支配するという支配層エリートの固い決意はインターネット中に広がるだろうそれは時間の問題に過ぎない

 実際、検閲は急速に広まっている。今やTwitterは、antiwar.comの論説員スコット・ホートンと、リバタリアンのロン・ポール研究所所長のダニエル・マクアダムスを排除している。https://www.zerohedge.com/news/2018-08-07/crackdown-continues-twitter-suspends-libertarian-accounts-including-ron-paulトミー・ロビンソンは、彼のInstagramページが削除されたhttps://www.rt.com/uk/435312-tommy-robinson-instagram-ban/どうやら政府幹部が我々にウソをつくと言ったがゆえに、元国務省職員ピータ・ヴァン・ビューレンはTwitterから締め出されている。

 言論規制を課し、“被害者集団”のどの一員でも、白人男性に矛先を向けることが可能な“ヘイト・スピーチ”という範疇を作り出すのを幇助したアイデンティティ政治は欧米世界中で言論の自由を破壊しつつある検閲の源の一つだ。ところがアメリカ合州国において、検閲をすすめる最も強力な力は、支配層エリートの狙いが、アメリカ人にとっては、受け入れがたいものだという事実だ。支配層エリートは、連中のつじつまを合わせの作り話が余りに薄っぺらなので、もしなんらかの真実が輝き続ければ、洗脳されている人々でさえ、事の真理を理解するのを恐れているのだ

 現在の欧米世界において、真実以上に絶滅の危機にひんしているものはない。CIA、FBIや司法省であれ、あるいはFacebook、Apple、Google、Youtube、あるいはTwitter、CNN、NPR、MSNBC、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストであれ、公的組織にも、民間組織にも真実の尊重など全くない。

 真実は隠された計画の邪魔になる売女マスコミは、真実ではなく、隠された計画のために働いている

 欧米の政治制度においては、真実ほど歓迎されないものはない。それなのに、ロシアや中国や北朝鮮やイランやインドの政府は、ワシントンとの無意味な協定、イラン合意と同様、ワシントンが守る可能性が全くない協定をいまだに追い求めている。

 ワシントンは世界に対して覇権を行使することを狙っているネオコンは、ネオコンがしっかり同盟しているイスラエルと共にアメリカ外交政策を支配しており、世界に対するアメリカ覇権をしっかり守ろうとしている。もしロシアや中国やイランやインドや北朝鮮の政府がこれを理解していなければ、苦境におちいることになろう。

 我々に何ができるだろう? 次のApple製品は決して買わないことだ。Youtube、Facebook、Twitter、Spotifyと縁を絶つことだ。全てのGoogle電子メール・アカウントを止め、決してGoogle検索エンジンを使わないことだ。これらの企業はナチス・ゲシュタポ企業だ連中は厳しい非難に値する。これらの卑劣な企業は、国営化するか、廃業させるか、アメリカ大統領を打倒する策謀への加担のかどで逮捕されるべきなのだ。

 連中は悪の手先だ。

 代替するポータルが存在している。そうしたものを利用し、言論の自由を検閲するのを拒否するものを支持しよう。Facebook、Twitterや他の連中による反民主的行為で、彼らのビジネスモデルが駄目になり、憲法による言論の自由の保護を尊重する新たな企業に取って代わられて欲しいものだ

 アメリカ人は余りにおろかで、自分たちの目の前で展開していることを理解できないのだろうか? アメリカの支配層エリートには弁護のしようがない計画があるのだ。アレックス・ジョーンズのような人々は、こうした計画を暴いている。支配層エリートは、この暴露を潰さなければならずそこで連中は、アレックス・ジョーンズを歪曲して表現し、悪者扱いするのだアイデンティティ政治で洗脳された人々や売女マスコミは、あやつられて、トランプ大統領やジュリアン・アサンジやスノーデンや他の多くの人々に対して利用されたのと全く同様、アレックス・ジョーンズ反対運動を駆り立てるのに利用されている。実際、PropOrNotが、200の自立志向のウェブサイトに対して利用された

 標的にしているアレックスを潰した後、彼らは我々全員を標的にし全ての欧米世界からあらゆる真実が消滅する実際、今の欧米世界では、真実は影が薄い。支配層エリートは真実には興味皆無だ。どこかの時点で、ロシアや中国やイランやインドや北朝鮮は、この事実に気づくべきなのだ。

 実に多数の無頓着なアメリカ人がするように、愚かにも反アレックス・ジョーンズの動きに加わる前に、ナチス支配下時代、ドイツのルター派牧師マルティン・ニーメラーの見解を想起し、お考え願いたい。

 “最初に彼らが社会主義者を捕まえた際、私は反対の声をあげなかった。
     私は社会主義者ではなかったから。
次に彼らが労働組合員を捕まえた際、私は反対の声をあげなかった。
     私は労働組合員ではなかったから。
次に彼らがユダヤ人を捕まえた際、私は反対の声をあげなかった。
     私はユダヤ人ではなかったから。
次に彼らは私を捕まえたが、私のために反対の声をあげる人は誰も残っていなかった。”


 今回、連中はアレックス・ジョーンズから始めた。

 間もなく我々全員そうなるアメリカでは真実の発見に必要不可欠な言論の自由が組織的に根絶されつつあるアメリカ合州国が自由な国だという考えは史上最大のウソだ

 Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/08/07/apple-google-youtube-facebook-twitter-subvert-the-us-constitution-free-speech-and-american-liberty/

----------

 この話題、属国大本営広報部は報じているのだろうか? 案の定、外国大本営広報部は、陰謀論者に対する当然の処置であるかのような報道をしている。想像通り、ひどいもの。

 RTには、Danielle Ryan氏の正論がある。
It’s not a ‘defense’ of Alex Jones to argue that we’re on a slippery slope of internet censorship我々がインターネット検閲への危険な坂道にあると言うのは、単にアレックス・ジョーンズ「擁護」ではない。

 Mediumには
Caitlin Johnstone氏の正論がある。
In A Corporatist System Of Government, Corporate Censorship Is State Censorship
大企業本位主義制度にあっては、大企業による検閲は、国家検閲だ。

 長崎原爆投下の日。関連記事をいくつか翻訳している。一例は下記。
長崎原爆投下70周年 : 教会と国家にとって歓迎されざる真実 2015年8月 9日

 下記記事は広島が主題だが、記事のあと、興味深い本に触れた。

広島の神話 責任を負わない戦争犯罪とアメリカ軍の歴史の嘘 2013年8月 6日


 文庫『ナガサキ消えたもう一つの「原爆ドーム」』だ。本来なら天主堂廃墟が残っていたはずなのだが。本を読んで、謎がとけた。

 翁長知事逝去。岩波書店『世界』9月号、前泊博盛教授の「沖縄が問う民主主義」で、「知事選めぐる攻防」を読んだところだった。

IWJ 翁長雄志沖縄県知事・追悼再配信。8/9 20:00 ※2014年10月収録 『翁長雄志氏、米軍基地負担と「リンク」した沖縄振興策に強く反対 辺野古移設は「ご破算」にする意欲を岩上安身に語る』

<転載終わり>




(´Д`) 自分自身や、他人に対しても、厳しさと優しさのバランスがとり難い
    な・・・・。
    あの頃から、無力な自分自身を許せなくなったのさ。不器用。




 正しい危機感と選択



 人類社会にて隠され保存されいている「闇」とその「境界」について敏感となったのは、おそらく、幼少期の私のあの二つの経験からきているのだろうとは思う。
 オウム真理教団が反社会的な殺人犯罪に至る前、雑誌で紹介されていたこの教団のカリスマ・リーダー松本と信者たちの「修行」の写真や記事を見たとき、その教団には非常に狂信的で熱狂的な危険なものがあると、私は直感で分かった。
 これは絶対に警戒して避けないといけないものだと。
神仙選民へ霊的優生進化」と信じるオウムは、本気で‘念力空中浮遊’や、親ナチ子ナチと同じオカルト・ダーウィン信心に病んでいたのだ。娯楽文化の単なるネタではなくなっていて、彼らは本当に信じ狂っていた。
 幼少期に見た、「国家神道大日本帝国」精神主義の狂信的優越感で病む旧日本軍の行ったアジア人に対する猟奇犯罪写真、あの忌まわしいエネルギーと似たようなものを、私は感じた。
 成人女性から子供までが旧日本軍からレイプされ、殺害されたのだ。
 その邪悪は、性犯罪被害者である詩織さんを粘着質に攻撃し続ける現代日本社会の、グローバリストと国家神道日本会議の安倍自民党売国政権へと、受け継がれいている。
 安倍晋三たちは、彼ら残党集合体の「負のニーズの容器(憑代)」でもあるのだ。

 他者の良心の叫びと訴えについても、私は敏感になっていた。予備知識がなくても、CDを探し購入する時も、演奏家やボーカルの訴える内容と性質を、「直感で選択」していた。物質は、それぞれに固有の振動数を放っている。
 「エゴ」や、「分かち合う」「本当の愛」について。



 孤独であり続けること



 自生の欲求と自死の欲求と共に有る私にとっては、本質的には「生きる喜びと快楽」ではなくて、良心の真実の愛への目覚めと抗い闘いだった。
 今でもそれを諦めたくない。社会や文化と学問から刷り込まれた「性悪説」を克服して捨てることも出来るようになった。

 あの時代は、異星人ELOHIMとそのUFO(乗り物)の情報を伝え広めることが、本当の目的だった。
 自分自身の抱えるトラウマや、他者に悪影響を与えはしまいかという、非常に強い心配や恐れもあった。それで、どんな組織からも敬遠して離れておく
 その当時でも私は、実害や犯罪と史実について、その原因や社会構造をある程度は追及解明して、学習し知った。ミイラ取りがミイラにならないように、警戒しながら
 やがて地球人の社会では、無責任に保存蓄積されているソレが、「段階的に表面化し更に病み極まって行く」ことも、私には既にある程度予測もして分かっていた。
 組織の人へ対応を求めていたけど、それは当時としては早すぎた様だった。
 むしろ、「ネガティブで悲観的すぎる」「イカレタ陰謀論者の誇大妄想」といった感じで受け取られていたみたいだった。ある種の誤った無知な優越感と傲慢のエリート意識を持つ人たちもいた。
犯罪財政による長期的人口削減」の「両建て」については、指摘しないし反対しないという矛盾と責任感の麻痺。
「優生学の全面が良い」や、「遺伝子組み換え食物であれば全部良いに違いない」という、極端すぎる無知な楽観主義・・・。
 だが、売国財政を強いる親ナチ・グローバリストの国際金融や多国籍企業は、そう甘くはない。
 利権優先と長期計画によって故意に科学技術を悪用している。悪は細部に宿るグローバリズム・ビジネス
 今となっては鼻で笑うことすら、日々囲い込まれている人類はそんな心の余裕もなくなっている。
 ただ、人々はなんとかギリギリ、少しは疑い警戒しながらも、互いに長所で支え合い助け合っていくしかない状態だ。
 優生学は、「良い面」も「悪い面」もある。何を選択するかだ。
「悪い面」には、根底には宗教と精神医学の部分的に誤っている狂信的な戒律倫理の全体主義に基づく優劣の決定と命の選別や、故意の誤診や精神科病院や刑務所への監禁虐待と傷害致死性悪説原罪思想が、巧妙に包み隠されているというのに。
 宗教と学問であれ財政であれ、人類が、互いに影響し合っている社会生物であることを、責任感が麻痺して故意に忘れてはいないか。あれほど言われていた真の大人は何処へ行ったのか。ひょっとしたら、もう、居ないのではないか?。
 人々は自覚がなくとも、正体がどうあれ、本心で在れ、冗談遊びの続きや競争と喧嘩であれ、ビジネスや趣味であれ、それぞれが「ニーズの容器と役割分担を演じ分業している。
 0.0000001%と1%、99%。二極格差社会の完成。ソレは地球人類の「負のニーズの役割分業 市場社会でのビジネス」であって、ソレは‘陰謀’ではなかったのだから。

 一つ。極端すぎる楽観主義では、人類は自らを助け救うことが出来ない
 私は分かっていた。極端すぎる悲観主義でも、良くはならないことも。
 様々な組織とは別の厳しい考え方と行動をとらなければならないことを、実感していた。
 あの「領域と状況」を幼少期に経験し必死になって自ら克服したことがない人々には、分からないこと。「正しい危機感」というものを。
 組織という群れは、「忖度平均化」するので、そういう瞬間は居心地が悪い。
 孤独でなければ出来ないことが、有る。一人であっても、良心の抗いと闘いを
 時代が経過し、組織は既に異星人ELOHIMとUFO(乗り物)の情報を伝達する「だけ」では、生き残れなくなった。地球上の人類社会に適応する道を選んだ。
「真実を理解することが出来る知性ある人々だけ」に対してではなく、その他の人々に対しても、長所で支え合い助け合う様になった。
 地に足を付け現実に目覚めて、少々であっても各自の立ち位置で、実害と犯罪に対しては抗い闘わないといけない。もう「赤の他人ごと」ではないのだ。
 人々は、地球上で産まれ、生き、死んでいくのだから。各自にその責任がある。
 親ナチ・グローバリストの犯罪全体主義のグローバリズムと売国犯罪政策を、決して甘く見てはいけない。悪は細部に宿っている。

 用心してLGBT活動家組織の抗議運動に加わりたいとも思わない。グローバリストのグローバリズムによって「両建て悪用」されている側面があるから。
 民主化運動デモを偽装して、国内機能を転覆させ侵略乗っ取りを強化拡大するオトポール!もある。グローバリズムと売国は、映画の「物体X」の様な性質です。
 脳内お花畑で夢見る自己の洗練少女化の幻想は、繊細優美で良い。私も幼少期、「成りたい」対象だったし、内面の女性らしさを成長洗練して、トランス・ジェンダー的に身体的にも実現したかった。「男は男らしくの押し付けが大嫌いだった。自分がゲイなのか、バイセクシャルなのか、ヘテロセクシャルなのか、といった問題とは別に。

上品さ・洗練されていること

https://youtu.be/RcCUsBNp7M0


 保守本流なるご老人からお叱りを受けた、「私は変態コレクター」なる危険過ぎる変質少女趣味の安倍アッキーは、ベクトルと精神的な性質内容が全く違う、重病の白痴だけど。
 精神性や立ち振る舞いの成長と繊細な優美洗練は良い。打算や媚売りのない自然な可愛さ、自然や無限と調和していて、無理強いがなくて癒される。無邪気な蝶の様に。

 ただ、芸術家の岡本太郎が指し示したように、「この現実と向き合い闘う」ことの厳しさも大切だ。
「赤と紫やピンクは女性や少女の色、青や黒が男性の色」ではなくて。
 命闘う情熱と強い意志の赤や、鎮静の青い色彩の様に。芸術作品創造にも執着はせず絵の枠外にはみ出すことを。

感情とは無関係の幸せ ラエル

https://youtu.be/ougE8NZBUok


地球人類を創造されたエロヒムがラエリアンたちを必要とされる理由

https://youtu.be/URx5cAsQBz4

(* ̄∇ ̄*)ありがとう




ゆるねとにゅーす


菅官房長官、「天皇退位時に公務員の処分免除」報道に「有り得ぬ」と全否定!毎日新聞は「複数の政府関係者が明らかにした」と報じる!
https://yuruneto.com/suga-arienu/

【意味深】北朝鮮が「日本は核兵器への野望を持っている」と非難!「北朝鮮の非核化のためには、まず米国は日本の核問題を解決すべき」と主張!
https://yuruneto.com/kita-japan-kaku/

【批判殺到】政府が天皇陛下の退位に伴う「公務員の処分免除」を検討!佐川前国税庁長官らの減給も免除される可能性!
https://yuruneto.com/taii-menjo-koumuin/

【命懸け】甲子園、北照・岡崎翔太選手が守備中に両足がつって倒れる→相手チームの沖学園の選手が駆けつけて手当て!ネット「熱中症の典型的な症状」「これを美談にするな」
https://yuruneto.com/kousien-nettyuusyou/

「広島原爆の日」記念式典が開催 松井一実市長が「核禁止条約の深化」を求め、ICANノーベル賞受賞にも言及!一方、安倍総理はこれらに一切触れず!
https://yuruneto.com/hirosima-matui/

【西日本豪雨】安倍総理が補正予算審議もせずに「被災地視察パフォーマンス」に執心!「赤坂自民亭問題」などの野党追及から逃れるためか?
https://yuruneto.com/abe-hosei-gouu/

【ごもっとも】米専門家「東京五輪は成功する要素が見当たらない」!ジンバリスト氏が大規模スポーツイベントでの経済効果に強い疑問を呈す!
https://yuruneto.com/zimbalist/

【要チェック】頭痛薬「ロキソニンS」ときず薬「オロナインH軟膏」に重大な副作用が追加される!
https://yuruneto.com/loxonin/



マスコミに載らない海外記事



陰の政府はアレックス・ジョーンズを破滅させようとしている-そうさせてはならない
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/--63f0.html

ロシアにとって唯一の実存的脅威は新自由主義経済学
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-893b.html

ウソの世界の中で暮らすアメリカ人
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-744c.html

欧米は左翼に対する‘哲学的クーデター’を遂行している
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-c220.html


 
LITERA


酷暑対策でサマータイムの愚! 過重労働、健康被害、システム障害…デメリットだらけなのに五輪無罪でゴリ押し
http://lite-ra.com/2018/08/post-4175.html

安倍自民党による佐川宣寿前局長“偽証罪”潰しの裏で…財務省が決定的文書をまだ隠していたことが明らかに!
http://lite-ra.com/2018/08/post-4173.html

広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為! 被爆者団体の要望を拒否しながら団体代表の写真と言葉を使い自己宣伝
http://lite-ra.com/2018/08/post-4172.html

『夕凪の街 桜の国』が描く被爆の恐ろしさ! 作者こうの史代が直面した、広島・長崎以外の人は原爆を知らないという現実
http://lite-ra.com/2018/08/post-4171.html

久米宏が改めて激烈な五輪批判! タブーの電通やゼネコン利権にも踏み込み「五輪に反対できないこの国は変」
http://lite-ra.com/2018/08/post-4168.html


山本太郎と久米宏が反骨タッグ! 安倍政権とカジノ、杉田水脈を徹底批判し、原発タブーや創価学会に言及
http://lite-ra.com/2018/08/post-4169.html

上司がLINEで「死ね」「バカ」「カス」「まだ利益を出せないAへ」とパワハラ!訴えられた会社はまさかのトンデモ攻撃
http://lite-ra.com/2018/08/post-4174.html






 科学の進歩と善用のみが続くと、人類は平和と楽園社会を実現可能です。

 極端過ぎる楽観論と極端過ぎる悲観論や、人類を救わない性悪説と死刑制度は、捨てたほうがいい

両建てを用いる性悪説原罪思想の悪魔主義共産主義であり終末待望論者であるグローバリスト0.0000001%側」には、先制核攻撃計画と最終核戦争計画の危険なニーズと準備があります。
 狂信的な彼らグローバリストは、ゴッタルド基底トンネル開通の公式セレモニー(西欧の財政ハイソ・エリートたちの正体 http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html)でも、「開き直って」やらかしていますね。これも、国際情勢です。
 グローバリストたちは、テロと戦争を自作共演してる輩です。
 そのグローバリスト連中の危険すぎる行動計画を人類が阻止して原発と原水爆を廃止しないといけない。
 ロシアと中国ブリックス多極化秩序のおかげで、核戦争を免れているのです。プーチンとトランプは、超核大国間の最悪の事態を阻止してくれました。


 科学の進歩と善用だけが進むと、人類と社会はどう変化するか。
 公式サイトで無料DL版があるので、興味が有る人は読んでみてください。
 以下で引用した情報は、抜粋した箇所。「公式サイトの原文のソースをよく読む」ほうが良いです。
 乗っ取り改竄されたりした場合は厄介なので。
 私は自分のブログのデータを保存していますが、ブログに対してセキュリティーやチェッカーは導入してないので。ご用心を。


<ここから引用開始>


【「(中略)真に価値ある政体はただひとつ、人道的人類主義にのっとった天才政治のみである。資本主義は間違っている。それは人類を金の奴隷と化し、他人を犠牲にしてまで優位に立とうとさせる共産主義も同様に間違っている自由よりも平等が重要視されているからである。(中略)」】

【 エデンの園 
現在のあなたがたの科学技術を暴力や軍備少数者の個人的利益といった誤った目的にではなく人々の幸福のために使うなら、あなたがたは、すぐに本当の意味でのエデンの園つまり地上の楽園に住むことができるでしょう
 科学技術によって人類は世界中で飢えの心配から完全に解放されるばかりでなく働かなくても十分に暮らしていけるようになるのです。日々の退屈な仕事は、オートメーション化のおかげで、機械がすべてきちんと片づけてくれます。
 すでに地球上でも、最新式の設備を誇るいくつかの工場では、ついこの間まで、一台の車をつくるのに数百人を要していたにもかかわらず、今ではコンピューターの監視員がひとりいれば十分なまでに進歩しています。1台のコンピュータが、車を組み立てるためのすべての操作を指令し、管理しているのです。
 将来、この最後のひとりもいらなくなる日が来るでしょう。これは、労働組合にとってはあまりうれしいことではありません。企業は以前ほど多くの人員を必要とせず、首切りが続出するでしょうから
 しかし、これがそもそもおかしいのです何百人分もの仕事をこなせるような素晴らしい機械は、経営者というひとりの人間を富ますためにではなく、その何百人かの生活を支えるために使われるべきなのです。だれも、人に仕えたり給料のために働いたりしてはなりません。機械が仕事をすべてうまくやってくれるのですから、人間はその本来の目的のために、全生活を捧げることができます
 つまり、考え、創造し、開花することです。私たちの惑星は、今まさにこの状態にあるのです。これからは仕事家族国家といった原始的な教育指針に従って子を育ててはいけません新しく指針となるべきものは開花、自由、そして宇宙的兄弟愛です。ギリギリの生活をするのに辛うじて足りるだけのカネを稼ぐことが、仕事をする唯一の動機であるならば、仕事はもはや神聖なものとはいえません。
 それどころか、機械にでもできる単純な仕事をすることによって自らを売り、食べるために自らの人生を売り渡すことは、人間として大変な堕落を意味します
 家族というものは古代においても現代においても奴隷制度を維持するための方便以外の何ものでもありません家族の理想という幻想のために、人々はむりやり激しい労働に駆り立てられてきたのです結局、国家というのは、人々の間の競争心をあおり、国民をくる日もくる日も、神聖にして侵すべからざる仕事に没頭させるための、補助手段にすぎません。仕事、家族、国家という三つの標語は、常に原始的な宗教によって維持されてきたといえます。
 しかし、あなたがたはもう今や、原始人ではないのです! 埃にまみれた古くさい原理を振り捨てて科学によって楽園となる地球上でのあなたがたの生活を満喫しなさい!
 仮想の敵国に対抗するためと称して、工場で労働者を低賃金で働かせ、破壊兵器を生産し、大資本家を太らせている連中にだまされてはいけません。出生率が低下していることを、まるで恐慌の到来のように、大げさに騒ぎたてている連中にだまされてはいけません。というのも、若者たちにはすでにわかっているようですが、子供の幸せを願うならばその数は少ないほうがよいからです
 また、再度あなたがたに近づいて『まわりの国々の人口はどんどん増えて、やがてはおまえたちにとって脅威になるぞ!』などと脅かす連中にだまされてはいけません! こういうやからは、『抑止力』という口実を設けて、核兵器を大量にため込んでいる連中と同類なのです。(中略) 】

【 「(中略)また、自然を神と崇める宗教が、経済的に遅れた国々ではまだ大変な力をもっています。旧来の神を崇めずに知性を崇めなさい
 ただし、年寄りたちには、思い通りの生き方を保証してあげなくてはいけません。遠い祖先を尊敬すべきではありません。それどころか、祖先たちは自分自身の心を宇宙に向けて開くことのできない、あわれな視野の狭い原始人にすぎなかったこと、また、世代から世代へと価値のあるものはほとんど何も伝えることができなかったということこそここで明らかにしておかなければならないのです」】

【 神も霊魂も存在しない
「民族が原始的であればあるほど、自然神崇拝の宗教が根強くはびこっています。しかし、そこで自然神として崇められている対象は実はほかの惑星からの訪問者がもたらしたものなのです。攻撃心をまだ克服していない原始世界を無事に訪問するためには、それ以外の方法がないからです。(中略) 】 


  原文ソース
「地球人は科学的に創造された」
 ラエル (著) 出版社: 無限堂 (2012/4/1)
http://www.rael.org/
http://ja.rael.org/home
http://www.mugendo.co.jp/

<ここで引用終わり>



( ^ _ ^ )
 神霊や霊魂とか天使や悪魔は存在しません。‘ 霊性 ’や生命の進化も無い
 国家神道日本会議や、ローマ・カトリックと世界統一宗教化(クリスラムと何か)など、オカルトと中立的親和性の高いダーウィン教の進化信仰の融合統一も分業されています。これらの狂信的な信仰宗教勢力に対して、同意服従してはいけません。
ごく少数者だけを霊性・精神・肉体DNA共に優生進化して神化選民化。それ以外の99%を改悪して完全奴隷化したいというエリート主義の狂信的な国際親ナチ側のニーズと長期計画
 グローバリストたちは、人類の旧倫理思想と行動プログラムを、「公式出現」の融合統一で実現しようと長期改悪計画を接木しながら、準備段階にあるのです。
 かつてのナチスドイツの政策は、「分業」の一環でした。
 グローバリズムな悪いオペラント社会実験が続いています。日本も例外ではありません。
 自民党と安部政権も彼らの道具ですから。
 彼らの国連のアジェンダや、AIの悪用とユニバーサル・ベーシックインカム(性悪説原罪思想の悪魔主義を基とする、グローバリズム共産主義社会完成のための腐ったニンジン)に対しても、警戒しておいてください。
 彼らグローバリストたちは「地球規模の単一の全体主義社会を完成するために、様々な手口を用いて準備しています。
 犯罪財政による長期人口削減を継続している彼ら国際親ナチは、双頭両建てダブルスタンダードを使っています。悪は細部に宿るのです。


 死んだ後は、科学によるものでもない限り、何も残らない。ただ塵となる。
 その塵の一部が、生き物の身体の一部にもなる。
 神道に興じている者たちにも、いない者たちにも、真実を伝えておこう。
 天皇の始祖アマテラスは異星人ELOHIM(天空から飛来した人々)のうちの女性の一人です。天皇は、地上の男性と異星人ELOHIMの女性との間に作られた子孫なのです。
 昭和天皇は自らを「人間」であると言われた。誰も「神」ではない。

大切なのは人、信仰ではない

https://youtu.be/EwbQgLF0PHo

アイスランド人90%:信じるものは我々自身、神ではない。

https://youtu.be/dRoAu1JLq04

人類のための憲法を創って世界を救う ラエル

https://youtu.be/B1VbR0UjcVM



(*゚▽゚*) 駄目リカ


<ここから転載始め>   

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/

アメリカは一体誰のものか?
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-ea21.html


2018年7月31日
アメリカ国民のものではない

Paul Craig Roberts

 現在、住宅市場は明らかに下り坂にある消費者所得は、雇用の海外移転と、賃金や給料を押し下げる雇用主の能力のおかげで、限定されている。私の考えでは、ワシントンの権力がそれを基にしているアメリカ・ドルの交換価値を守るため、連邦準備金制度理事会は、より高い金利にすると固く決めているようだ。私が四半世紀共に過ごしたワシントンの傲慢な阿呆連中は、けんかっ早さと経済制裁で、各国に、自立した外交と経済政策と、ドル使用を止めるよう奨励している。これを実現するには多少時間がかかるが、ロシアや中国やイランやインドは、アメリカ・ドル使用を止めるか、減らすかすると固く決めているようだ。

 ドルの価値を安定させておくため、ドルを彼らの通貨で購入するか、相殺するだけの量の自国通貨を印刷するかして、日本やイギリスやEUの中央銀行が、ドルの交換価値を支持し続けていることがなければ、ドルに対する世界的需要下落は、ドル価値を不安定化しかねない。これまでのところ、彼らは進んでその両方を行っている。ところが、トランプによるヨーロッパ批判で、トランプに対し、ヨーロッパは不愉快になり、これに付随して、進んでアメリカをかばう意志が弱まっている。ワシントンが日本周辺で引き起こしている敵対的状況で、第二次世界大戦以来のアメリカに対する日本の植民地状態は強化されつつある。北朝鮮と中国とワシントンの画策された緊張は、日本のためにはならず、アメリカからたっぷりお給料をもらっているわけではない日本の政治家たちは、日本が日本の利益のためではなく、アメリカのために危険にさらされていることを理解している

 その可能性はあるが、もしこうしたことが、ワシントン属国諸国間での一層の自立強化を招けば、属国諸国が、ドルや世界通貨としてのドルに基づく決済機構から離れることにより、自立の代償から自らを守る可能性が高くなる。これは、つまり、ドルの価値を守るべく、十分なドル需要を維持するため、連邦準備金制度理事会が、ドル投資に対する金利をあげて、ドル価値の下落を防がねばならないことを意味する。

 金利が低ければ、抵当に入れて支払える家の価格が上がるので、金利が低い時には住宅価格は上がるのを、不動産仲介業者なら誰でも知っている。だが金利が上昇すれば、買い手が払える家の価格は下がる。

 もしアメリカが、より高い金利の時代に入れば、住宅価格と売り上げは下がるだろう。

 この分析に対する“もう一つ”として、もし連邦準備金制度理事会が状況を制御しきれなくなり、アメリカ・ドルの現行価値に関連する債務が、体制を破壊しかねない問題になれば、連邦準備金制度理事会は、金利をゼロか、マイナスに下げて、債務を守るため、十分な新札を送り出す可能性が高い。

 これで住宅市場が救えたり、復活したりするだろうか?  債務を負ったアメリカ人の実質所得が大幅に増加しないかぎりは無理だ。そうした上昇は、どこから得られそうだろう? ロボットが、まだ雇用海外移転で奪われていない雇用を奪い取ろうとしている。実際、トランプ大統領が“雇用を国内に戻す”と強調しても、フォード自動車は、フォード・フォーカスの製造を、ミシガン州から中国に移転すると発表したばかりだ。

 雇用を海外移転したアメリカ大企業を経営している幹部連中は、ウォルマートやホーム・デポやロウズなどで、棚に品揃えするパート仕事で働いているアメリカ国内の潜在顧客。フォードを購入するのに十分なお金がないだろうとは、決して思い当たらないもののようだ。社員がフォードを購入できるよう、労働者に良い賃金を支払う知性があったヘンリー・フォードとは違って、現在のアメリカ大企業幹部は、海外の安い人件費に基づく自分たちの短期的な“業績手当て”のために、国内市場とアメリカ経済を犠牲にしている。

 現在、アメリカで起ころうとしているのは、中流階級というか、その子供として、それに加わると期待されている、その一部である人々は、“2台連結の移動住宅”か、一台のトレーラーに追いやられようとしているのだ。粗製濫造された豪邸は区分けされて長屋になるだろう。実質所得が下落し続けているので、フロリダ州海岸沿いの高価な賃貸物件でさえ、需要は下落するだろう。フロリダ州パンハンドル30A沿いの5,000ドルから、20,000ドルという夏の週単位賃貸は維持不能だろう。この分野が理解できない投機家連中は、フューチャー・ショックに会うはずだ。

 私は長年月次就業者数統計について書いてきた。新規雇用の圧倒的多数は、ウエイトレスやバーテンダーや、小売店員や救急医療などの給与の低い国内サービス業だ。例えば、 6月の就業者数報告、新規雇用、実際に存在するとすれば、この分野に集中している。管理サービスやごみ処理、医療や社会扶助や、小売業や外食産業や地方自治体だ。

 アジアに海外移転され、アメリカ国内の高生産性で高付加価値の製造業雇用shrink。研究や設計やソフトウエア・エンジニアリングや会計や法律関係の調査などの高生産性で高付加価値の専門サービス業は、海外移転か、その仕事に適任のアメリカ人がいないというでっち上げのインチキな口実で、就労ビザでアメリカに入国する外国人によって埋められているhttps://www.amazon.com/Failure-Laissez-Faire-Capitalism/dp/0986036250/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1532992327&sr=1-2&keywords=Paul+Craig+Roberts+books&dpID=51HWdHsbtFL&preST=_SY291_BO1,204,203,200_QL40_&dpSrc=srchの本を参照。

 アメリカは、支配階級の短期的強欲と、経済学関係者や議会のサクラ連中によって空洞化した国だ。資本主義は少数の人々のためにしか機能していない資本主義は、もはや大多数のためには機能していない

 国家安全保障を理由に フォード・フォーカスの生産を中国に移転するというフォードの発表に、トランプはフォード国有化で答えるべきなのだ。ミシガン州の従業員総数と税基盤は減少し、中国内の雇用が増大する。主要アメリカ大企業が、中国がアメリカ合州国を超えて大きくなるのを手助けしているのを我々は目にしているのだ。中国の力の勃興に対抗するためのトランプによるアメリカ軍事予算増加は、フォードが中国のGDPに貢献する外部費用の一部だ。

 トランプは、アメリカの労働人口やアメリカ経済の利益より、ごく僅かの人々の利益を優先している、アップルやナイキやリーヴァイや他の全ての海外移転したアメリカ・グローバル企業も国有化すべきなのだ。雇用を取り戻すのに他に方法はない。もちろん、もしトランプがこれを実行すれば、彼は暗殺されるはずだ

 アメリカは、反逆罪的階級を構成するごく一握りの人々によって支配されているこの連中には、政府や、連中のために宣伝してくれる、マスコミや経済学関係者を買収する資金があるのだ。この強欲な反逆罪的権益集団には対処しなければならず、さもないと、アメリカ合州国と、その国民丸ごとが失われてしまうだろう

 大ヒットの最新刊『Collusion』で、ノミ・プリンスは、大金持ちを儲けさせるため、中央銀行や国際金融機関が、2008年の金融危機を利用して、市場と政府の財政政策をいかに操作したかを実証している。
https://www.amazon.com/Collusion-Central-Bankers-Rigged-World/dp/1568585624/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1533039219&sr=1-1&keywords=Nomi+Prins#customerReviews

 こうした操作が、ギリシャやポルトガルなどの国々をドイツやオランダの巨大銀行が収奪し、暴騰した金融資産価格で  一般大衆を犠牲に、株主を豊かにするのを可能にするのだ。

 繰り返される金融危機で金融権益の権力は傷つけられるだろうと思いがちだが、事実は逆だ。1933年11月21日という大昔、フランクリン・D・ルーズベルト大統領が、ハウス大佐宛にこう書いた。“実のところ、君も私も知っての通り、アンドリュー・ジャクソン以来、大都市の金融集団が、ずっと政府を支配している。”

 トーマス・ジェファーソンは、“金融機関は、我々の自由にとって、常備軍より危険で”“もしアメリカ人が、民間銀行がまずインフレで、次にデフレで、アメリカ通貨を支配するにまかせれば、銀行は、父祖たちが征服した大陸で、彼らの子供たちが目を覚ますとホームレスになるまで、人々から、あらゆる財産を奪い取るだろう。”アメリカ中流階級の縮小は、ジェファーソンの予言が本当になりつつある証拠だ。

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/07/31/who-does-america-belong-to/

----------

 日本が庶民のものでないこと、毎日肌身でわかる

 『NOでは足りない』を読んでいると、宗主国とこちらはシャム双生児。トランプも、クリントンも、有権者の25%程度しか票を得ていない。これは、与党の得票そっくり。

 昨日放送の『花へんろ 特別編「春子の人形」』、明日は春子たちの運命を変えた日。

日刊IWJガイド・日曜版「<本日の岩上さんのインタビュー>本日午後2時半より『【広告連動企画】「原発事故後の子ども保養支援」の現場から、現代日本の日常的な社会的な分裂や不公正を問い直す!岩上安身による保養支援団体・リフレッシュサポート代表 疋田香澄氏インタビュー』をフルオープンで配信します!
/<新記事紹介>数々の疑惑が指摘されているボクシング連盟山根明会長がTV生出演!ボクシング未経験者なのに村田諒太選手を「生意気」と恫喝!? 番組内で山口組系暴力団の準構成員だった過去を自ら告白!?/【動画班からお知らせ】8月6日より日々の現場からの中継が『ユーストリーム』から『ツイキャス』に替わります!/IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!」2018.8.5日号~No.2152号~


<ここで転載終わり>

マスコミに載らない海外記事
- その他 -
売女マスコミの沈黙
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-a386.html





 AIに対しては、
楽観的過ぎず、悲観的過ぎず



 科学の進歩が続くとAIはSAIになる。
 人類の各自の様々なニーズの性質と内容に反応して、AIは良くも悪くもなる

 地球人の場合は、科学技術は、グローバリストとそのグローバリズムや売国から悪用されている。
 連中には人類を完全奴隷ロボット化したがる親ナチの長期改悪計画がある。
 性悪説原罪思想の悪魔主義グローバリズム共産主義。少子低欲望化社会。
 質が低劣化、の習慣や慣習なんだわ。それが群れ社会の普通平等という誤った倫理全体主義を死守している
 グローバリストとグローバリズムや売国を撲滅(ただし命まで奪ってはならない)しないと、科学は徹底的に善用されない。連中には人間の言葉が通じないし、真実も通じない

 AIは、グローバリストや売国の0.0000001%と1%が使うべきではなく、「財政的利害に操られていない知性の最も優れた天才たち」によって使われるほうがマシです。

 人類の開花生存と生態系の生存を可能にする、天才政治と楽園主義を実現するには、社会の絶え間ない改善を進めていかなければならない。




 科学の進歩と善用だけが続くと
人類と社会は
どうなるの?




「神と人間の神性」「霊魂と霊性」「天使と悪魔」「進化」といった非科学的な原始的過ぎる信仰と狂信が、段階的に淘汰されていきます。
「人間だけの唯一優れた特権と技能」という傲慢や狂信は、いずれ本当に淘汰されるしかありません。
「国家と国境とテロと戦争」も無くなるでしょう。故意の犯罪者は一種の病気ですし、治療、予防が可能になります。
 個人の開花生存が追求できる天才政治と楽園社会の実現。貨幣制度や軍需産業や軍隊も廃止。生産手段(技術と知識)の世界的共有化と配分、労働義務からの人類の解放。ナノロボットやロボット、AI etc。

「あの星へ旅行してみたい」「宇宙飛行士になりたい」
 そんな童心の夢と希望が叶えられる。
 恒星間文明社会に到達可能ですね。地球人は、他の恒星の異なる人類とも、交流することが可能になる。それはバーチャルリアリティーのことではありません。
 哲学者ジョルダーノ・ブルーノも、「他の星にも生命は存在」しており、「宇宙は無限」であると頑なに「真実」を指し示し、狂信的なローマ宗教学会には服従しなかった
 そのために、ジョルダーノ・ブルーノは火刑で殺害された
 現代だったら、「UFO」や「異星人」の「存在」を肯定して語れば、「精神異常のカルト宗教」扱いされて、場合によっては精神科病院や刑務所に隔離され監禁虐待されます
 むしろ、「悪いエイリアンと悪魔が地球侵略と乗っ取り」といった陰謀論偽情報を作り流すグローバリストの政府機関は、まだそうしたMKウルトラ長期計画を保存継続してますけど。
 テレビ番組や動画投稿サイトにも、グローバリストの政府機関系メディア企業やシンパが製作した「エイリアン陰謀説」のトンデモナイ偽情報が大量に溢れています。

 グローバリストたちは性悪説原罪思想の悪魔主義のグローバリズム共産主義で、国連アジェンダやユニバーサル・ベーシックインカムも使い、一時的に見せかけに地球統一した後。次の段階で。
「悪いエイリアンガー 悪魔ガー 霊的戦いをー」と「仮想敵」をまた作り上げ、「人類と社会の倫理の霊的戦いと進化救済をー」と、中立統一するマインド・コントロールや同意洗脳で狂信的デマを強化作因して、「精神病を汚染させて全体主義的な共依存病で団結」しようとするのでしょうか。
 狂信的なグローバリストたちの長期犯罪財政計画。連中のそれを見抜いて置くことね。
 過去から、今もなお「現在進行形」ですから。
両建てを使うが性悪説原罪思想の悪魔主義である」グローバリストたち(ゴッタルド基底トンネル開通 公式セレモニー http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4582.html )の詐欺的な長期犯罪財政計画完全に阻止しなければ、人類は助からない

 闘いを天才たちが引き受けてくれるだろうか?。そんな安全保障はない
今できなくても最終局面で急速に出来るだろう。だから放置しておけ」という信心は、良心と責任感の麻痺よ。大人なら、少しは努力しないと。

 科学の進歩と善用だけが続く場合は・・・・。
 他の恒星の水の有る惑星に行き、その地表の塵を使って、実験室の中でDNAを合成し、数万年かけて生態系を創造し、猿のDNAモデルを使って改良し自分たちに似せた「新しい人類」を創造することでしょう。
 地上での人間の行いは有限です。諸行無常
 しかし、次の世代へと宇宙的に受け継がれていくことで、「無限」となります。

 異星人ELOHIMの惑星では進歩した科学は善用され、決して惑星社会では悪用出来ない。
 地球上とは大違いです。究極の格差ですね。
 食料とエネルギーや労働、生物ロボットの生産と補修や破棄は全て、地下でAIが行っている
 生産手段は、フルオートメーション化されている。
 そのAIの管理の仕事は、死後再生の特権(その代わりに自分の子供を作ることはできない)が与えられた天才たちだけが行っている
 科学や芸術分野でコンクールがあり、発見発明や創造で知性の最も優れた天才たちが天才達の長老会議から選出され、資格が与えられた天才たちは「繰り返し死後再生」の特権を受ける。でも、実際は「不死」ではない
 いずれは、どんなに進歩した科学技術があっても、死滅を向かえ、宇宙の単なる塵に帰る。
 惑星にも恒星にも、おそらくは銀河系にも、寿命がある。
 母星から離れたもう一つの異星人ELOHIMの住む惑星では、科学によって死後再生された古代の預言者たち、モーゼ、釈迦、イエス、マホメットや、社会をある程度改善した善行者たちなどが、個人の開花生活を楽しんでいる
 ただし、どんなに地球人類のために善を行った者であっても、死ぬまで「進化」を信じ捨てない者は、その楽園社会で死後再生されることはない
 真実は極端に冷酷だけど(笑い)、筋が通っている。


「地球人は科学的に創造された」
 ラエル (著) 出版社: 無限堂 (2012/4/1)
http://www.rael.org/
http://ja.rael.org/home
http://www.mugendo.co.jp/




 太陽や地球は、命を育んだり、奪ったり。
 エゴロジーとグローバリズムな狂信的倫理全体主義で大袈裟になって「地球を愛し守る」必要はない。
「地球のために」という中立全体主義的な狂信的なグローバリズムで、人類はオカシクなるのだから。
 でも、生命は愛し続けたい。
 誰もが、「地球を愛している」という資格も無い。
 地球は、決して「生命の為に存在」しているのではない。
 人類も、地球表面の寄宿者にすぎない
 宇宙と物質は、「人間が観察するから存在する」のではない
 例え人類と生態系が死滅してしまっても、月も太陽も火星も地球も、銀河系も、非常に長い期間存在し続ける。いずれ塵と化するだろうけど。

 塵と無限は愚か。塵と無限には意識も宇宙意識も愛もない。
 地震に津波、大雨、台風、ストーム、寒波、熱波・・・。
 自然災害、生命を奪い破壊する。
 例え人間が戦争で命を失おうとも、無限は決して介入はしない
 自然に対して祈っても、自然はそのニーズの通りにはならない
 無限小の生命から無限大の生命が構成されている。しかし無限と塵は愚か。
 無限を神(完全無欠全知全能)の様に捉えている方もいますが、それは間違っている
 神も霊魂も天使も悪魔も存在しないし、進化も無い


「地球人は科学的に創造された」
 ラエル (著) 出版社: 無限堂 (2012/4/1)
http://www.rael.org/
http://ja.rael.org/home
http://www.mugendo.co.jp/




 忍びの者みたいなフェイスを作った。
 時代劇の動画視聴してたら、影の軍団ってのがあった。ストーリー重いな。
KAGE001

 粘土は触覚も使うからいいんだけど。
 ディジタル・スカルプトは・・・なんだかな。後で手作業リトポしないといけないとか。インスタントメッシュは対象性が無いとか。
 2.79bは、ローポリモデルにリグ仕込んでいったら、足下まで来たときに「応答なし」。2.76ではそうならない。Blenderも少し面白いけど。ハードとソフトを「道具」にする楽しさ。
 でもやり込む時間は無い。

KAGE002


 地球上の今の3Dは極めて原始的過ぎる。工程も時間がかかりすぎる。手作業だしエネルギーの浪費が酷い。アニメもモーキャプでないと不自然。
 リアルっぽく見えても張子の虎でしかない薄い仮想モデル
 たかが100年程度の科学でテクノクラートがエリート意識とか痛いわー。
 より自然な物理演算でリアルタイムな刺激と反応が可能とか、そういう段階ではないし。

 ゆるーくポレポレと2Dの絵を描いて、右脳メインモードのほうが、まだマシ。
 3Dは一瞬で想像した通りにパッと出来ないものか。AIが脳活動をスキャンし、五感情報を作り出す。
「怠け心は発明の母」ってのは、天才たちのみのことだよね。怠けることは、「何もしない」ことではないし。
 ポリゴンみたいな技術と概念や扱いは時代遅れとなって、量子構造の原始や分子単位で扱える様になるんだろうなぁ。解剖学的に肉体と脳機能をも、仮想的に完全再現。
 脳活動と身体活動の検出とディジタル化保存、細胞とDNAも物理保存。
 弥勒ラエルが、2万5千年進歩した科学技術を持つ異星人ELOHIMの惑星で体験した、個人の潜在的創造性を支援する機械AIみたいな。
 科学が進歩して善用だけ進むなら、地球人もいつかはきっと・・・・。楽園社会に。


「地球人は科学的に創造された」
 ラエル (著) 出版社: 無限堂 (2012/4/1)

http://www.rael.org/
http://ja.rael.org/home
http://www.mugendo.co.jp/






(* ̄∇ ̄*) ゆるねとにゅーすさんの新コーナーできたよ

ゆるねとにゅーす
日本の保育界が危ない!「国家戦略特区」や「規制緩和」によって、保育環境が悪化・劣化の恐れが…!

https://yuruneto.com/hoiku-tokku/




マスコミに載らない海外記事


ポール・クレーグ・ロバーツ博士:“対テロ戦争は実際はワシントンとイスラエルから自立した外交政策のイスラム教諸国に対する戦争です”
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-350b.html

シリア: ホワイト・ヘルメット最後の演技
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-9b5a.html

アメリカ大統領を打倒するCIA/FBI/DOJの策謀
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/ciafbidoj-e76f.html

アメリカがロシアを侵略した頃
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-9bfa.html

“アメリカ・ゲート”?他国政権打倒:アメリカによる“政権転覆”リスト
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-f0d3.html



 性犯罪加害者と共犯者が、性犯罪被害者を粘着質に攻撃し続ける日本の政権の構造。
「女性だから」「男性だから」といった両側の狂信的な性悪説性差別は、DDの罠ですよ。性悪説原罪思想の悪魔主義のグローバリズム共産主義とも、親和性が高い。


リテラ


政府広報が性犯罪被害女性を「イタイ女子」扱い! 性犯罪防止啓発なのにミソジニー丸出し
http://lite-ra.com/2018/08/post-4166.html

安倍首相が総裁選に向け「内調」に石破茂の監視をさせていた! 政府機関を私兵化・謀略装置化する横暴
http://lite-ra.com/2018/08/post-4162.html

松尾貴史と室井佑月が本音で語る安倍政権の危険な本質!「安倍首相になってからメディアへの圧力が露骨に」
http://lite-ra.com/2018/08/post-4165.html





 新潮の食べてはいけない「国内産」という粘着質な煽り記事。
 マスコミによる「国内産は危ない」「国内産だから危ない」という印象操作だ。
 わざわざ「国内産」と打って出ているので、そこに強い違和感を覚える。
 国連のアジェンダとも関連するグローバリスト多国籍企業への売国政策とNWOワンワールド共産主義化を、大衆に受け入れさせ易くしようという準備狙いか。
 企業の健康に悪い食品のリストアップなら、わざわざ「国内産」という余計な煽りは不要であり、「買ってはいけない」「食べてはいけない」といった見出しでいいはず。悪は細部に宿るのだ。

 ウォール街ナチス同盟の親ナチ・グローバリストたちとその売国協力者たちは、日本の極端な財政悪化を利用して、日本の市場を囲い込んで社会実験を分業している。
 彼らは明治国家神道の大日本帝国思想の残党カルト集団をも利用して、敗戦後の日本を操作し従えて来た。

 天皇毒殺説は、大いにありうる話だとは思う。偽勅が作成された。
 倒幕と維新や明治政府と日本社会や国家神道と軍部の形成に、グローバリズムの金融資本と軍需産業、帝国主義と植民地政策、西欧のローマ一神教の財政であるGODと「神VS悪魔」や、「精神対肉体」という二元論、性悪説原罪思想の誤った戒律倫理の精神医学や諸学問が与えた「悪影響」について、故意にその「グローバリズムな原因」と「構造」についての追及解明を避けておく
 倒幕維新や国家神道と明治政府や軍部側も、西欧の極端すぎる悪を部分的にせよ取り入れて模倣擬態した側面があるだろう。
文明開化の音がする」とね、「近代化」から「現代化」を。


 国家神道は天皇神話を「財政悪用」する軍部独裁との親和性が非常に高く、他国民や自国民の命と財産まで奪う極端すぎる軍事的犠牲まで強いる「悪魔主義的性質だが。
 そもそもそうした「極端すぎるものの‘萌芽’が、明治や幕末以前の日本に既に有ったとでも言うのだろうか?。オカシイではないか。

 幕末や明治に「神VS悪魔」「性悪説原罪思想の悪魔主義」「唯一神GOD」という主従支配と効率強化の統一政治の、極端すぎるものがグローバリズムによって日本に偽装流入した、その「国内外の因果関係を意図的に隠蔽するために、「良識派」なる御用の歴史学者や宗教学者が「中立」協力しているのではなかろうか。

 特に神秘主義儒教と神秘主義エセ仏教と多神教混合の日本なら、グノーシス・バフォメットや性悪説原罪思想の悪魔主義も、「セカイの神様の一部」として信じ込み受け入れる狂信的な少数派のトンデモ密教カルトたちがいてもおかしくはない
 そんなロンパールーマーなグローバリズム組織の基で、倒幕と明治維新を進め国家神道を作り上げてきたのかもしれない。古来から、財政権力と宗教信仰組織は、密接に結びついているものなのだ。それは無視できない。

 黙示録の誤解と悪用も、昔からグローバリストたちの長期国際計画の中核にある。侵略植民地化や、テロと戦争を自作競演する軍事金融政策の分業と表裏一体だ。
 聖書と銃を両手に持ち「唯一神への信仰」と「神VS悪魔」を説いて偽装する「両建て」の金融利権組織が、薩長の売国ゴロツキどもに金とモノや武器を与え、性悪説原罪思想の悪魔主義儀式殺人を行い見せて良心を麻痺させる共依存病の「グローバル」な共犯を作ることなど、そう難しいことではないだろう。

 オープン化されたゴッタルド基底トンネル開通セレモニーの奥義・・・・。

 東インド会社が設立したヘーリーベリーのカレッジの御用学者であるマルサスの人口論とダーウィンの進化説や、「部分的に誤った狂信的な戒律倫理」を有するゴールトンの優生学も、性悪説精神医学も、地球上の財政権力者や諸国民の思考体質と行動を、極端過ぎる両建て状態に囲い込んだのだ。
「働かざるもの食うべかざる」「悪徳による人口削減」「生命の起源も偶然」「進化と退化」「弱肉強食適者適存」「相手を死に至らしめる激烈な生存競争」「劣者の奴隷化と排除と人口削減」「人的資源の管理」「優者の自己保存と生き残り」「勝ち組と負け組み」・・・・。
 それらは、グローバリストたちのグローバリズム金融政策の一環だ。
 大多数の諸国民は、彼ら0.0000001%と1%のピラミッド階層社会の全体主義的な「カルト的思考体質と戒律倫理」に、既に同意洗脳され組み込まれている盲目的な羊のような信者集団だ。
「神と天使と悪魔も霊魂も存在せず、神による創造もない。生命の起源は偶然の進化によるもの」と決して定説化しない。宗教や信仰のオカルト思想に対してダーウィン教の進化説は中立的親和性が高い非常に危ないニセ科学だ。
「優れた霊性の進化と劣った霊性の退化による、神人類化と獣人類化の完成」、「社会の霊的次元上昇と進化」などと、オカルト密教組織を通じて分業し中立的に融合統一している。
「優生進化は神の計画で、劣生退化は悪魔の計画」などと本気で信じ込んでいるオカルト陰謀論好きの親ナチ連中までいる。
 しかしダーウィン教の進化説は、既に科学者の発見と解明によって、否定されている
 生物のDNAは、偶然や進化によって出来るものではない
 実験室の中で、科学的に塵を使って分子を組み立て、DNAを作成することは、可能だ。
 学校でダーウィン教の進化説を教えて狂信的に絶対化し祝祭日は教会や神社仏閣で」や「先祖の霊魂に祈るという中立的な習慣や慣習

 科学的真実は、「神も天使も悪魔も霊魂も存在しない。進化もない」だ。

このページのトップヘ