Moon 月に想いを・・

一人暮らしの初老女の独り言 誰かと繋がりたいとか、誰かと共感し合うなんてもういいの・・ 月に向かって独り言・・ 

2017年05月

今思い出してもハラワタが煮えくりかえる程ムカつくわ・・
あの事は一生忘れないわ・・

一年前の事なんですが、当時はあまりの激しすぎる憎悪で記事には書かなかったのだけど・・
また、あの事が頭をよぎる事があったの・・
あの事とはね・・
バーバが死の淵から生還を果たした時の事・・
奇跡的な回復で退院することができたのだけど、、
退院直後に何があったのか??急に元気が無くなったのよ・・
それまでは、退院出来る事になってウキウキで張り切ってたのに・・
理由を探る為に色々話をして、急に落ち込んだ理由が解ったの・・
バーバとしては、退院できたので、これから美味しい物食べたり旅行出来ると思ってたのに、
退院当日の朝、看護婦から退院後の生活について説明があったらしいのよね・・
その際の癌患者の今後の食生活についての注意ってのが、どうもバーバを一気に奈落の底に
落とし込んだようなの・・
まあ、俗世間で言われるような事よ・・ アレ食べるな!とかよ・・
その中に、大好物の生ものが含まれてたってわけ、生魚よ・・
生魚好きなバーバにとっては生魚を否定されるって事は人生の楽しみの全てを奪われるのと
同じなのよね・・(旅行の目的も生魚ありきだしね・・)
おかしいわ??だって主治医は好きな物だけ食べたらいいから!って言ってたはずなのに・・?
で、どういう事か妹達とバーバを連れて4人で主治医に確認しに行ったのよ・・
そしたらね・・

主治医 ”生魚が好きならじゃんじゃん食べて下さい!”
私達  ”でも、看護婦さんからダメだと言われて、すっかり落ち込んでしまって・・”
主治医 ”ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!あれはマニュアル通りの説明なんですよ・・
    一応誰にでも説明する事になってるから、気にしないで! 私の指示に従って下さい!”
これを聞いた途端、みるみるバーバは元気を取り戻したってわけ・・
ほんま、生きるか死ぬかの体験をした患者にマニュアルかなんか知らんけど、偉そうに勝手な事
言ってくれてほんまバカか?!その看護婦を殴り倒したい気分だったわ・・

で、昨日バーバからメールが無いので気になって電話したの・・
そしたら!!今にも死にそうな喘ぐような声で・・ 
バーバ ”メールなんて痛くて出来ない・・こんなに苦しむのは嫌・・もう死なして・・・”
私 ”とにかく今からすぐに行くから!!”

何でやねん??モルヒネ投与してもらってるん違うん??
と、そこであの出来事が頭をよぎったってわけ・・
看護婦が薬をマニュアル通りかなんか知らんけど?痛みを訴えてるのに与えてないんじゃない??
もうダッシュで病院へ向かったわ看護婦を怒鳴りつけてやる勢いよ・(前回の恨み分上乗せ)
病室に到着して、直ぐにナースコールバンバン押したったわ・・
看護婦 ”あの薬は6時間間隔なので、あと1時間後しか出せません・・”
私   ”でも、かなり辛そうなのでお願いします。”
看護婦 ”先生に聞いてきますね!”
10分待っても音沙汰ないのよ・・(1時間放置するつもりやな・・)
持って来ないのだったらこっちから取りに行ってやるわ!!
看護婦の詰め所に行くと、主治医が居たの!!
主治医 ”こんばんは!どうされましたか??”
私   ”母がかなり痛がってるので薬頼んだのですが、なかなか持って来てくれないので取りに
    来ました!” (先程の看護婦そこに居る)
主治医 ”君、(先程の看護婦) 何をしてるのだ!薬ををりに来られてるじゃないか!
     さっさと持って行きなさいよ!!”
私   ”まだ、6時間経ってないんですけどいいですか?”
主治医 ”構居ませんよ!痛いなら我慢する事ありませんよ!痛む前でも飲んで結構です”

先程の看護婦は下を向いて顔が真っ赤にしてたわ・・
私は再度看護婦に今後の指導?を含めて再度先生に看護婦の前で確認したの。

私   ”この薬6時間空けなくてもいいんですね?”
主治医 ”最低2時間空けてれば、構いませんよ!
     出来る限り、傷みが起こる前に服用するようにしたほうがいいですからね”
私   ”解りました。これから痛くなる前に薬もらうように母に言っておきます”
主治医 ”私からもお母さんに言いますね!”
と言って病室に来てくれたの。

で、昨日は死にたい!というほどボロボロでヨレヨレの状態だったのに!!!
今日は別人よ!!!
生き返ったように元気なの!! 嬉しすぎて、病院でお寿司で復活お祝いしたわ~
20170530_18223120170530_182424
生死に関わる病を患ってる人には、”ダメ” というワード禁句なのよね・・
”今日も元気でタバコが美味い!” ヾ(=^▽^=)ノ

どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ     

落ち着かない日々を過ごしてます・・
医師の診断?判断?(もうすぐご臨終?)とは裏腹に、
バーバは頭もしっかりとしていて、毎朝夕と私にメールを送ってくれてます。
肉体的にはもう生きてるのが奇跡?のような状態なのだけど、
一人で食事も出来るし、トイレにも歩いて行けてます。
おばさま達(バーバの姉妹たち)いわく、”うちの家系は心臓が強いからね~!”
なんて言ってるのよね・・
確かに、バーバだけじゃなく、その姉たちも、高齢の割には皆さんピンピンしてるし、
親族の中で”死んで欲しい!”と思われるまで介護された人など皆無なんだわ・・
なので、私も介護の大変さは現実的には解らないのが現実??

前回の記事で、息子と叔母A(バーバと一番仲良しの姉)がお見舞いに来てくれたと
書いたんですが、その次の日に、その叔母Aから電話が掛かってきたの・・
ちなみに叔母Aには、バーバの遺言は伝えてるの・・”お葬式は親戚は一切内緒にする”って事。
でも、叔母Aだけは住まいが関西で、うちから比較的近いのよ・・
なので、この叔母Aだけは知らせる事になってるの。その事は叔母Aも承諾済みなんですが・・
やはりこの状況を黙ってられなかったのか??
叔母A ”マキロンちゃん御免ね・・ 実は広島の妹(叔母B)がお見舞いに来たいといってる
    んだけど・・ いい??”
私   ”私がいいとか悪いとか言えないわ・・ 
    でも、うちの母親からすれば、人に迷惑掛けるのを一番気にしてるし・・ 
    お葬式だって知らせないで!って言ってる程だから、恐縮すると思うんだけど・・”
叔母A ”わかる!!わかる!! そうよね・・”
私   ”でも、叔母Bがバーバに逢いたい気持ちを、私が拒否する事はできないし・・”
叔母A ”わかる!わかる!!私から上手に言っておくから、気にしないでね!”
と、電話は終わったの。

そして今朝、いつも通り?病院へ行ったら・・(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? Σ(=゚ω゚=;)
 ”あら!ヤダ!! 見つかっちゃった~!!”
20170527_113637
な!なんと!!広島の叔母Bが居るのよ!!
叔母B ”たまたまなのよ!!神戸のお友達に逢う予定があったので
     ついでに来たの・・ 叔母Aにはダメだと言われたんだけど・・”
私   ”あら!!そうなの? お会い出来て嬉しいわ~”
叔母B ” 予定があるからすぐに帰るつもりだけど、マキロンちゃんにも
     逢えて良かったわ~!”

なんて言ってたけど、多分、朝一番の新幹線でバーバに逢う為だけに来たに違いないわ・・
この叔母Bはバーバより2歳下の76歳なんですが、、とっても美人さんなの・・
バーバが凄くお婆さんみたいでバーバが可愛そうなので写真載せるのを迷ったんだけど・・
バーバも病気さえしてなければ、叔母Bに負けず劣らずなのよね・・(ノ◇≦。) ビェーン!!

退室される時はバーバの手を握って目を真っ赤にされて泣いてたわ・・
最後のお別れに来てくれたんだわ・・
お葬式に参列して ”最後のお別れが出来た” なんて言ってるのをよく耳にするけど??
私的には意味不明よ・・
最後のお別れは死んでからは無意味だと思うわ・・

どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

虫の知らせ??
調子の良い時に、叔母と息子が同日ににお見舞いに来てくれるなんて・・
ホンマラッキーだわ・・ 明日はどうなるかわからないしね・・

今日は叔母(バーバの一番仲良しの姉)と私の息子が病院へお見舞いに来てくれたと
とても嬉しそうに話してくれたわ・・
ちなみに私は毎日病院へは行ってるの。
昨日はすき焼きが食べたいだなんていうから、ダッシュで作って病院へ持っていったわ・・

そうそう、バーバの記事が続いてるんだけど、
訪問してくださる御方にチョッピリ心苦しいのよね・・
ブログは日記と言えども?やはり公開してるわけで・・
見ず知らずの他人の母親の事など興味ないのは重々承知してるのですが・・
私的には重要なのよ・・
断捨離しまくり、思い出の物質はほぼ残ってないのよ・・(子供の頃のアルバムも全て処分済み)
バーバとの思いでの品なんて生活必需品ではないので・・何も残ってないわ・・(;^ω^)
唯一、最強?の思い出が残こせるのは、このブログだけなのだから・・
もし、これが紙で綴った日記帳なら、いつか処分しなくてはならないでしょ?
ブログは一切物質が残らないのよ・・
埃も付かないし、いくら書いても物質的には”無”なんだわ・・
物が無い代わりに私にはブログがあるってわけなのよ・・
なので、ウザいと思われようがそこは自己中でやらしていただくのでアシカラズ・・

↑ここまで書いてから2時間経過後・・

” もう、お別れかもしれないから、覚悟しておいて・・”
とバーバから電話が!!
先程大出血して、担当医は不在だったので他の先生に応急処置してもらったとの事。
今夜は大丈夫だと言われて一息ついたところらしい・・と
数時間前とは大違いの弱々しい声で・・(ノ◇≦。) ビェーン!!
数時間前の病室では
”私が死んで欲しいと思うまで生きて!” という代わりに・・
私   ”年金支給日までは絶対に死なないで!!”
バーバ ”了解!!それまでは絶対死なないわ!!もし死んでも、車椅子に座らせて!
     生きてる振りするからな!!”
なんて大笑いしてたのに・・(TДT)

どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ


”もう死んでくれ・・” と思うまで生きていて欲しいんだけど・・
もうダメかも・・・ その前に私が世間知らずだったんだわ・・
この場に及んで、ホスピタルや介護施設の意味が解ったわ・・そーゆー事だったのね・・

今朝早朝に、バーバが苦しみ出したの・・
バーバ ”救急車読んで!!”
私   ”私が病院へ連れて行くから大丈夫!病院へ連絡するから!!”

とすぐ、かかりつけの大学病院へ電話したの、大学病院は予約制で融通が利かないのは
解ってたけど・・ダメ元で?_
私  ”そちらでお世話になってるものですが、容体が急変してすぐに観て欲しいのですが・・”
病院 ”わかりました!自力でこちらに来れますか?’
私  ”なんとか車で連れて行きます!”
で、たまたまラッキーな事に、主治医が診察担当日だったのよ・・
で、受付で車いす借りて、診察までの時間ベッドを用意してもらって予約の空き時間に
順番横入り?させてもらって診てもらったの。
何度もブログに書いてるケド、
治療の手立てはないのよ・・ 治療はお断りしてるし、主治医にしてもらえる事は
緩和治療だけなのよ・・
バーバ ”先生、私もう何の欲もないので苦しまず死なせて下さい・・”
先生  ”再度腹水抜いて、痛め止めをモルヒネに変えますね!
    今から入院してください、今回は一週間程かかります・・”

という事で、またもや緊急入院となったのよ・・
もう、入院手続きは慣れたものよ?
ちゃちゃと済まして、一旦自宅に帰って要るもの(入院セット)運んで、
絶対すっぽかせないアポイントがあったので、仕事へ行ったの。
今回は、ダ妹がSOSに反応してくれて、私が仕事行ってる間に
病院へ駆けつけてくれたの・・

ここでようやく解ったわ・・
大学病院の先生がが掛かりつけでは自宅で死ねないのよね・・??
24時間体制で往診はしてないのだから・・
医師の看取りが無ければ、警察沙汰の事件扱いも避けられない??
だから、ホスピタルや介護施設をひつこく?勧めて来たんだわ・・
そーゆー事だったのね・・気が付くのが遅すぎたわ・・

最後まで主治医にお願いしたんだもの・・
主治医としては看取りも視野に入れたのかも??
だから、入院させたんだわ・・

あまりの急激な展開についていけないわ・・
色々短期間に事が起こり過ぎてちょっとパニック状態で、
日にちと記憶の感覚がおかしくなってきてます・・m(_ _"m)

どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ



想定外を期待したのですが、、やっぱり??
腹水抜いてからのバーバは日に日に弱々しくなってきたわ・・(p_q*)シクシク
本気の終活もそろそろ最終段階??
ここまで来ると胸が張り裂けそうよ・・
バーバ ”長年お世話になった刺繍の先生に何かお礼したいねん・・
    デパート行く元気がないからインターネットで注文してくれる?”
私   ” 解った!!”

とバーバのリクエスト(木箱入りの今治タオル)を割引なしの公式サイトから注文したの。
というのは、紙袋が必要でしょ?? (ネットで類似品だった場合失礼になるかと・・)
で、自宅送りで、紙袋付で注文しようとしたらね・・

バーバ ”紙袋要らんで!”
私   ”なんで??こっちに送ってもらって、持って行くんじゃないの??”
バーバ ”もう、行けないから、直接届けて! それと他にもあるから、
     住所後で書くから送っておいて・・のしは”御礼”にしておいてね!”

もうバーバは、知り合い関係とはこのままおさらばする気なんだわ・・
40年以上通い続けた刺繍の先生やお仲間達ともこのままお別れする気なんや・・
バーバらしいわ・・ 弱った姿を最後まで見せないつもりなんやろな・・
40年以上の付き合いの人達に、サヨナラを言う代わりにタオルを贈るんや・・
そう思うと、先日書いた ”未練” という文字が頭をよぎる・・
”終活”とはそーゆー事なんやろな・・
”断捨離”ごときでの未練断ちとはレベルが違うんだわ・・
バーバの清々しいまでの終活は神々しさをも感じたわ・・
。゜゜(´□`。)°゜。


そうそう、ホスピタルの話なんだけど・・
かなりムカついてたの!! 結局、主治医とは別で、病院の事務員?が関わってたのよね・・
市役所の介護認定を受けさせたのには思惑があったようなのよ・・
私達家族には、市の介護認定とホスピタルはセットだと勘違いさせるような話の仕方だったけど、
結局そんなの関係なかったのよ・・
ホスピタルや介護施設から頻繁に連絡が来るようになり、話が通じない??
私は自宅介護するつもりで同居してるのに??
何度説明してお断りしても、〇〇大学病院から紹介されたから・・
と、何度も、何度も電話があるの・・
もう、堪忍袋が切れたわ!! で、先週のバーバの緊急入院の際、
再度、主治医にも、私が最後まで自宅介護します!!と伝え、看護婦、事務局に、
主治医から私の意向をその場で電話してもらったの。
それから、もうホスピタルからは電話は掛かって来なくなったのよね・・
結局、看護婦や事務員たちって介護施設やらホスピタルから袖の下でも貰ってるんじゃない?
そんな気がしたわ・・
で、主治医にはあらためて、最後の最後まで宜しくお願いします!と頼んだの。
勿論、主治医も、最後まで私が担当します!!と言ってくれたの。

介護疲れが問題になってるけど・・
”もう、死んでくれ!” と思うまで介護できたなら本望だと思うわ・・
私がそう思うまでバーバ!!死なないでーーーー!!

         どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ