Moon 月に想いを・・

一人暮らしの初老女の独り言 誰かと繋がりたいとか、誰かと共感し合うなんてもういいの・・ 月に向かって独り言・・ 

2017年08月

あの記事を書いた翌日の事・・
朝起きると食いしん坊(小食だけど)のテルはいつものように餌場にちょこんと座って
餌をジーと待ってたの。
エサを入れたのに食い付かない??エサが見えてないのか??(悪い予感がして動悸がした)
お皿を叩いてやると、食べだしたのですが、、なんか様子がおかしいわ・・
で、食べたあと、ウロウロしだしたのだけど、壁にぶつかりながらのそのそ歩くのよね・・
見えてない!!(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
慌てて抱き上げるとフーっと吹くのよ・・(((( ;゚д゚)))
そー言えば、最近触るとすぐにフーと吹いてたし・・って事は??
見えてないから急に触られると怖かったんだわ・・(; ̄Д ̄)

バーバと同居しだしてから、バーバは入退院を繰り返し、7月半ばから電動式介護ベットに
したのよね・・ このベットは高さがあるし、柵もあったので、その時は全く気付かなかったけど、
介護ベットになってからテルはこのベッドに上がった事なかったんだわ・・
介護ベッドに寝てる間のバーバはテルにしてみればバーバが居ないのも同然だったって事よ・・
だから、ヘルパーさんや看護師さんが来てバーバがベッドから出るとみんなの輪の中に入り込んで
たってわけやな・・
存命中のバーバを写した写真はたくさんあるのですが、、
いつもテルが写り込んでるんだわ・・
BlogPaintBlogPaintBlogPaint
そしていつの間にか全く姿を現さなくなったバーバ・・
ストレスから失明????
それまで目やにとか全く無かったし・・
それにしても急に視力を失うって事なんてあるのかな???
直ぐに病院へ行こうと思ったのだけど・・
目が見えなくて、触るだけで怯えてる状態よ・・
健康な猫でも病院へ行くだけでかなりのストレスなわけで・・
ストレスで失明してるのであれば、病院へなんて連れて行けないわ・・
ゲージに入れるだけで拷問よ・・
それを炎天下の中、駐車場まで行って車に乗せるのよ・・
目の見えないテルからすれば虐待行為よ・・
なんでもかんでも直ぐに病院へ連れて行けば良いってもんでもないのよ!!

5年前に亡くなったシロマ(白猫)の事は今でも激しく後悔してるのよ・・
猫は死ぬ前に自分で死に場所を探す習性があるのだけど、、
その頃、頻繁にベランダの隅の箱に隠れてたわ・・
今から思えば寿命だったのよね・・
それを、引きずり出して病院へ行きまくり、最後は壮絶に苦しそうな死に方させてしまったのよ・・
ほんと今でも激しく後悔してるの・・
ほんと可哀想な事をしたわ・・

でもね、、実際、、死にかけてる命を目の前にしてノーリアクションで居られないのが現実よ・・
愛猫じゃなくても、そのような事に遭遇したら、とりあえず??
”救急車!!救急車!!”とか”病院!病院!!”ってなるんじゃない??
シロマの時は、シロマは15年以上飼ってたし、今まで飼ってた猫の事を忘れてたのよね・・
私の猫飼い歴は長くて、子供の頃から猫を切らした?事がなかったの・・
振り返れば、猫を病院へ連れて行くような事があれば、おしまいよ・・
どんな治療をしたって遅かれ早かれ死が待ってるのよ・・
子猫の怪我などは別だけど、、10歳以上の猫の場合、病院へお世話になる事態に陥れば
まずダメって事・

シロマの記憶がまだ鮮明に後悔の気持ちと共に残ってるので、
直ぐにテルを病院へ連れて行く事に躊躇しまくりよ・・
で、私の決断はテルは病院へ連れて行かない・・
と決断したのだけど、、クルクル決断が揺らぐのよ・・
やっぱりノーリアクションではいられない???

情けないけど一人で決断できないわ・・・
で、テルを譲ってもらった人に電話したの・・
長くなるので続きは次回にしますm(__)m

どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

20170827_223248
視力を失ったテル・・
でも、食欲は旺盛です。テルの記事は疲れてるので今日は書けませんm(__)m

バーバの残務?で知識の無い私は限界を感じてます・・
”兄弟は他人の始まり”と言われてますが、、後々些細な事で揉める事だけは避けたい・・
一応、3姉妹での話し合いの協議はまとまってるのですが、、
なんせ、テキトーな三姉妹の協議なわけで・・
葬儀の支払いやその他、バーバの介護費用や入院費モロモロ・・
私が全て取り仕切ってるわけで・・
後々、ネコババ?疑惑を持たれないとは言い切れない??
特に私は事務的な事すべてに疎いしね・・
家計簿も付けないタイプだし・・
テキトーというわけではないのよ・・
きっと家計簿付けてる人より正確に把握はしてる(?)のだけど、
それを書面に残すのが苦手なんだわ・・(書く必要がないので)
分かりきった事をするのがバカバカしいと思うのよね・・

で、私なりにきっちりやってるのだけど、それを証明するものが無くては
揉める元になるのでは??なんて・・
というより??ど素人以下の私はギブアップすることにしたわ・・
で、知り合いの司法書士の先生に丸投げすることにしたの・・(;´・ω・)
20170828_220931_Burst01
いくら私が公平に物事を進めても信用性を証明できないしね・・

そうそう、遺産分割って3姉妹なら3人平等なのよね・・

親の介護したからと言って・・
親に悪態し続けたからと言って・・
親と同居してたからと言って・・
親と疎遠だからと言って・・
葬儀やその他に尽力したからと言って・・
葬儀にも顔を出さなかったからと言って・・

そんなのは関係なく平等なのよね・・
それをあらためて言われると私だけ苦手な事にジタバタしてるのがバカバカしい・・
なのでお任せすることにしたの・・
今後将来揉めない為にはプロにきっちり公平に遺産分割してもらうのが一番よね・・
20170828_195634
慣れない話に疲れて、居酒屋でビール一杯飲んで帰ったら
強烈に疲れがどっと出てわ・・
家では何杯飲んでも平気なんだけど、外で飲むと疲れるわ・・(´?д?;`)

どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

バーバロスが止まりません・・(´;ω;`)
三姉妹の中でもダ妹のロスっぷりは深刻よ、、
今日も朝から家にΩ\ζ°)チーンしに来たわ・・
私はまだバーバが生前お世話になった方々への報告や御礼(大学病院の主治医含む)
や色んな支払い手続きが残ってるので、どっぷりロスには陥ってないのですが・・
それでも、やっぱりダ妹の訪問はありがたいわ・・
ダ(だらしない)妹と言えども、やっぱり居てくれるだけで心強いわ・・
ダラシナイだろうが役立たずだろうが、生きてるだけでありがたい・・
生きる価値の無い命なんて存在しないわ・・そもそも価値ある命ってなんなん???
BlogPaint
バーバの祭壇?にお花が途切れる事がないのよね・・
萎れた頃を見計らうように、私の見知らぬ人から届くのよ・・
死亡のお知らせハガキの影響かな??ハガキには”一切のお供え物等はお断りします”
と書いておいたのに・・(-_-;)
なのに送ってくるという事は???
その方々にとってはバーバ以外にバーバの事を知らせてもらえる人が居ないわけで・・
全く私としては存じ上げない御方達なんですが、、
令状やお品をお返しするのではなく、お電話差し上げてるの・・
”〇〇の娘です!”と言って電話掛けるのだけど、、初対面?なのに結構長話になるのよね・・
で、納骨予定場所を教えてるの。
バーバロスは私達の知らない所でも続いてるようで・・
これにはグッと来たわ・・( -д-)↓
20170826_223359
これ見て衝撃が走ったわ・・
幾らお香典を包まれてもこの一筆には敵わない・・

で、悩んでた大学病院の主治医への御礼はダ妹とガッツリ意見が合い、
お手紙に即決よ!!
早速今日お手紙書いて持って行ったの・・
といっても、やっぱり直接渡す事は出来なくて・・というか??
直接渡す事は止めて、院内に設置してある ”ご意見箱” に投函してきたの。
ご意見箱に投函すると病院中に知れ渡るのよね・・
主治医への御礼と感謝の意をありったけ書いておけば、主治医の株も上がるんじゃないかと??
思いっきり主治医を賞賛した文面にしたわ・・
御礼の気持ちはプライセスって事で・・(;^ω^)

 ps テルの記事書けなくてゴメンナサイm(__)m 
どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

前回の記事をアップした後にテルが失明しました・・

動揺して眩暈がして心臓が凍りつき目の前が真っ白です・・(TДT)
まさかこんな事態になろうとは思いもしなかったわけで・・
バーバが存命中のテルとミーちゃんの様子をバーバを偲んで書くつもりだったのに・・
ほんと人生一寸先は闇です・・
失明してる事を確認し、すったもんだありましたが、、
バーバが存命中のテルとミーちゃんの事もしっかり記録しておきたいので、
この様な事態の最中に不謹慎?だろうけど??
前回の記事の続きを書くことにします(≡ω≡.)


同居してからバーバが亡くなるまでのたった3か月だったけど、、
その短い間にバーバは入退院を繰り返してたのよね・・
同居スタート時は、バーバと私の猫たちの心配事(不仲、喧嘩)は一応クリア!となったのよね・・
テルは綿菓子みたいな弱い猫だけど、それをミーちゃんが敬う感じ??
ホッとする反面、親バカ?な私はミーちゃんが不憫に思ったわ・・
テルにはプープー吹かれるし、押入れに隠れっぱなしだし・・
でもね・・バーバが入院すると、態度が逆転するの!!!!
バーバが居なくなると、ミーちゃんが走り回るようになり、テルが隠れだすのよね・・
どうやら?ミーちゃんはバーバが怖かったみたいなの・・
テルはいつもバーバの側にピッタリ張り付いてるしね・・
ミーちゃんはテルを敬ってるんじゃなく、バーバを恐れてたんだわ・・
551の蓬莱のCMさながらよ・・
551がある時バーバが居る時~(ワッハハ)ない時居ない時~(シューン)” 
2匹の生活を左右するバーバの存在・・
テルはいつもバーバの帰りを待ってたわ・・
ミーちゃんは待ってたんじゃなくて警戒してたんだわ・・
20170720_17144920170720_171416
バーバが居ない時はミーちゃん優勢・・バーバが居る時はテル優勢・・
バーバが在宅中はテルったら自分が猫ということを忘れてるかの様な態度なのよね・・
訪問看護師さんや訪問医師が来ると、バーバと一緒にソファーに並んで座り、
お話を熱心に一緒に聞いてるのよ・
すっ飛んでバーバと私の間にちょこんと座って・・・
まるで私と同じくバーバの娘??ほんま人間みたいな態度するからいつも不思議がられてたわ・・

で、バーバが亡くなってから・・テルの意気消沈ぶりは語るも涙・・となったの・・
そして・・ 昨日失明してしまったわ・・||||||||/(≧□≦;)\|||||||
今現在の状況は次回にします・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・

どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

去年の4月、広すぎる家からアパートへ引っ越したと思ったら、同居の為にまた引っ越し・・
本当に落ち着かなかったのは私だけではなく、ミーちゃんも・・
私とミーちゃんは一心同体なわけで・・ 私が落ち着くとミーちゃんも落ち着くし、
私がバタバタするとミーちゃんもバタバタするのよね・・

アパートに越してきた時はほんとうに可哀想だったわ・・
以前は体育館みたいな部屋を全力疾走して走り回ってたミーちゃん・・
以前はベランダ菜園してたベランダで一緒に収穫して野菜を食べてたミーちゃん・・
以前は窓から一日中空と海を眺め鳥を目で追って日向ぼっこをしてたミーちゃん・・
アパート引っ越し後はその全てを失ったミーちゃん・・
でも、慣れるしか仕方がない・・オモチャなどでそれなりに工夫して遊んであげたわ・・
ようやく慣れた?頃にまた引っ越し・・

引っ越し先には見た事のない珍獣(テル)が居るわけで・・
ちなみにミーちゃんは産まれて直ぐ息子が拾って連れて来たので猫を知らないのよね・・
記事にアップする写真ではテルとミーちゃんの大きさがわからないケド、
実際はミーちゃんの方がはるかにテルよりデカイのよ・・
重さはテルが1キロ程度?(超軽い)ミーちゃんは6キロあるわ・・
テルは綿菓子みたいで、ミーちゃんはパツンパツンなの・・
テルは15歳で、ミーちゃんはまだ4歳になったばかり・・
ややこしい関係でしょ??(力関係的に)
実際同居にあたってバーバの私もドキドキだったのよね・・

同居してからの2匹は私たちの心配はよそに、お互い無関心??
適度な距離を保って警戒しあってる感じ・・
もし、喧嘩するような事があれば、多分ミーちゃんの一撃でテルは瀕死の状態間違いないわ・・
ミーちゃんは筋肉の塊?私だって突進されればよろける位の勢いだしね・・
実際、私の体には生傷が絶えず、コレを見た人はミーちゃんを怖がるし・・(;^ω^)
トラよ・・トラ・・小虎よ・・トラも猫科という事はミーちゃんもトラ??茶トラだし・・(;^ω^)
テルにとってはミーちゃんは命を脅かす猛獣よ・・

でも??しかし??猫の世界は神秘的だわ・・
単に弱肉強食ではないのよね・・(というか?意味が違うケド・・)
驚いたことに!!!
肉弾ミーちゃんがか弱いテルを恐れてるのよね・・?q|゚Д゚|p
というか??プープー唸ってるのはテルの方で・・
ミーちゃんは怒ってるテルの顔を覗き込んでは、心配そうな顔して後退りするだけよ・・
偉いわ!偉い!!ミーちゃんってお利口さん♪
プープー吹かれても、後退りするだけで、相手にしないのよ・・
テルが一方的にミーちゃんに弱い猫パンチを繰り出すケド、
ミーちゃんは絶対に手を出さないの・・(もし出したら、テルは死ぬわ・・)
年功序列?それとも先住民優先??
なにわともあれ、ミーちゃんはテルの顔色を見てるだけで小さくなってるの・・
この2匹の関係の鍵となってるのはバーバだって事に気づいたのだけど・・
長くなるので続きはまたにするm(_ _"m)
BlogPaintBlogPaint

どれか1つクリックしてね   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ


↑このページのトップヘ