こんにちは。歯科衛生士の池田です。

今回ご紹介させて頂く本は、東野圭吾の『白夜行』です。

東野圭吾作品の中でも評価の高い作品です。有名な作品なのでご存知の方も多いと思います。

すごく、分厚い本なので読む機会がなかなかなかったのですが、読み始めたらさすが有名な本だけあり、
とても面白くサクサクと読めました。ミステリーなのですが目を見張るようなトリックやどんでん返しがあるわけでもないのですが、主人公二人の迫力で最後まで引きずられるように読めました。
深い悲しみと鋭い痛みに胸が苦しくなります。読み進めるのが苦しく、けれど止められない。
なんだかこれ、忘れられないかもしれない…。読んだ後も色々と考えさせられる本です。
白夜行 に対する画像結果

お好きな方は、続編に幻夜もあります。