人生なんて、まるでおとぎ話。

I know we've come so far, but we've got so far to go

ロンドン旅行の話も放置してはや2か月、、、
いやまじで、、、気力がわかない、、、
そのうち書きます。

なんか4月以降、特にGW終わってから全く気力が湧かず。
一昨日、ちょっといいものを見つけたときは若干テンションあがったので
これからの今年の目標。
Finding something new everday。
毎日新しい何かを発見すること。

まあ通勤経路を変えてみてもいいし、
どこかお店を探して行ってみてもいいし
そんな感じで気分転換を図ろうと思います。

Sloane SQから緑のDistrict Lineに乗って、ホテルのあるWest Bromptonまで戻ってきました。
チェックインを済ませて朝食の説明を聞いて荷物を受け取って、部屋へ向かう。
部屋はなんだかデザイナーズ風の壁でした。モダンな絵も飾ってある。
この日実は行くべきところがもう一か所あった。
それはホテルのわりかし近くにある、TESCO super store。
街中にしては大きい店舗なので、チェックは勿論マスト。
ホテルの前からバスに乗って、ほんの5分ほどで到着。近い。

誤算だったのは(割とあるあるなんだが同じ番号のバスでも往路と復路で通る道やバス停の位置がだいぶ違うことがある)帰りのバス停がものすごく遠かった。それでもう一度来る予定だったが結局これきりしか来ることはなかった。

2階建てで、閉店は平日は深夜0時。日曜日はどこもなのだが17時や18時には閉店する。
残念ながら1階の食品売り場しか見ることはなかった。2階では衣料品などを販売していた模様。
私がジャムやら紅茶やら見ている間に、オット氏は目的のエコバッグを探しに行った。
出前一丁やらキッコーマン醤油やら、ゴールデンカレーなど日本の食材も置かれている。

オット氏がエコバッグの場所を見つけたので私も行ってみたら、なんと、
パイセンが欲しがってたアニヤハインドマーチのユニバーサルバッグを発見。
これ、明治屋とかでもコラボしてたんだが、販売価格は2,750円、しかも送料別。
11時だかに販売開始して午後には売り切れてしまっていたという人気の商品である。
ていうかユニクロとコラボ商品出るまでアニヤハインドマーチって知らなかったんだけど。
TESCOとのコラボバッグは£10。この日レートは1£=193円なので1,930円。だいぶ安い。
色は明治屋と同じく青だった。
(因みに他のスーパーともコラボしてたみたいで、WaitroseかMorrisonsとのコラボ品(緑)が欲しかったんだがついぞ見つけられなかった。)
とりあえず自分用とパイセン用と2枚購入した。(パイセンには非常に喜んでいただけた。)

買い物を済ませ、少々小雨が降る中、バス停を探してたくさん歩いて、帰路についた。

出発日は1日目にカウントするので2日目です。
ホテルを出てカフェに行って朝ごはんを食べて、
最初の目的地「Covent Garden」に向かいます。
ここも有名で人気な観光地の一つで、色んなお店やマーケットが集中しています。
ロンドンに行ったら毎回訪れる場所の一つです。
留学してた時はクラスメイトとメキシコ料理を食べに来たことも。(2009年9月7日参照。)
目的は中心地にあるショッピングセンター。ここの「Whittard」に行きます。
紅茶の店です。私はElderFlowerのブレンドティーを買いました。
オット氏はホットチョコレートの3個入りを買っていました。
私もホットチョコ欲しかったけど、円安のため見送り。

covent garden


















その後マーケットをぐるっと一周して、寄り道をしながら隣駅のLeicester SQへ向かいます。
この辺りは駅と駅の感覚が非常に狭いため、15分もあれば4駅とか軽く歩きます。
特にLeicester SQとPiccadilly Circus駅は近く、5分とかかるまい。
この辺りは学校があって通っていたこともあってだいぶ詳しいが、なんかだいぶきれいになっていました。

Leicester SQ

Piccadilly



































TWG(シンガポールの高級紅茶の店)のでっかい店とかできてるし。
しかしコロナの影響でか、オット氏と行った思い出のハーゲンダッツはなくなっていました。
M&M'sをひやかして、スーパーマーケットなんかものぞき見しながら、次の目的地「Waterstones」という書店へ向かいます。
Waterstonesはこの街中での貴重なトイレポイント。(ロンドンの地下鉄は基本トイレがないので、行けるトイレを探すのが大変なのだ。)
5階建てだかなんかで、最上階にはカフェもあります。無料のWi-Fiも装備されていた。
この時日差しが大変強く、3月のわりに気温が高かったので、窓際に座ったことをちょっと後悔した。
冷たい飲み物とチップス(フライドポテト)を注文して3,000円ほどかかった。ああ円安。

waterstones


















Waterstonesで休憩したあと、この通りで外せないのがFortunum&Maison。
始めて来てから早20年。店内はだいぶきれいになり、地下とかもできたり、フレッシュベーカリーがあったり、お酒があったり、品ぞろえも変わったと思う。
そしてロンドンに来てる観光客はすべからくここへ来るだろう。というほど空いてる時を見たことがない店だ。

ここを出たら次はHarrodsに行くというのが私のお決まりの買い物コース。
ここからは(歩けるが)少し離れているのでバスに乗る。
Harrodsは勿論日本でも有名で人気のデパートだが、そのすぐそばにあるHarvey Nicholsは実は英国に永住権を持つオットも知らない隠れた名店である。
ていうか普通にガイドブックにも乗ってるのでオット氏が何も知らんだけやねん。
だがこちらも最後に来てから9年ほどの時を経て、食品売り場がだいぶ狭くなっていた。
その代わりレストランが何軒か出来ていた。
因みにここの場合、食品売り場はデパ地下ならぬ「デパ最上階」。
特に何も買わずにHarrodsに向かう。
ここもロンドンに来てる観光客は(以下略
そしてまた何も買わずに店を後にする。いや普通に高いて。

harrods



















再びバスに乗り、本日最後の目的地Partridges(高級スーパー)へ向かう。
(後で知ったのだが、この道中にアニヤハインドマーチの旗艦店があったらしい。)
Slone SQもおしゃれでハイソな街で、好きなエリアの一つ。
前回来たときはここでAmorinoという映えるアイスクリーム屋に行ったのだが、変わり種が好きじゃない私は残念ながらチョコやバニラなど色がだいぶ茶色っぽいアイスが完成してしまった。
Partridgesでは日本では見つからないTiptreeのパッションフルーツカードを発見した。
オット氏はエコバッグを購入。私は以前買ったことがあるので今回は買わなかった。
とりあえず一旦行程はここまで。
Distric Lineに乗って、ホテルへチェックインしに行くことになった。


ロンドンには早朝到着しました。
天気は曇り微妙に雨。典型的イギリス。
まずは荷物を預けようとホテルまで移動。
ホテルはWest Brompton駅の近くなので、
乗換のEarls Court駅までPiccadilly線で移動します。約40分。
ちなロンドン交通機関では現地民なら銀行のデビットカードで地下鉄やバスに乗れます。
私みたいな普通のクレジットカードじゃだめだった、少なくとも楽天カードはだめだった。
まあOysterカードっていう現地のICOCAみたいなんを持ってるので
普通に駅の券売機でTop-Upして使いました。
ちなみに9年前の残高がそのまま残っていて使えました。なかなか優秀。

泊まったホテルはibis Earls Courtっていうところだったのですが
Earls CourtもWest Bromptonもホテルも、映画「けいおん!」に登場したみたいです。
「けいおん!」といえば滋賀県(豊郷町)。
なんか縁があるけど「けいおん!」見たことない。
今度映画くらい見てみようかな。

とはいえWest Brompton駅前は特に何もないので、Earls Court駅まで移動。
徒歩で移動したら意外と遠かった。。。
Earls Court駅周辺はお店が充実しています。
スーパーもカフェも何軒もあるし、ドラッグストアもある。
ホテルこっちに近い方がよかったなあ。
駅前のPret A Mangeでハムとチーズと挟んだだけのトーストとラテを注文しました。
一人大体£8〜9、二人分で日本円に換算して3,500円超え。円安よ。。。
食べた後は当日の旅程の出発地「Covent Garden」へ向かいます。

昼前に南海電鉄で関空へ移動。
関空でランチしてお店ブラブラ見て、15時にツアーデスク集合。
と思ってたらなんか工事中かなんかでご飯屋さん以外一切開いてないの!
ハア!?て感じ。
551で天津飯食べて、何もないので
カフェでコーヒーでも飲もうと思い「LE PAN」に行きました。
ちなみにWi-Fiは空港内で問題なく使えます。
関空のご飯は全体的に高め。551は他の店舗と同じくらい?

15時少し前にツアーデスクに行きました。
最近は荷物を預けるのも全部自動っていうか「ピー」なんですね。
パスポートをスキャンしたら搭乗券出てくるっていうね。すごいね。
そもそもオンラインチェックインで48時間前に座席も決めてたので
メールで搭乗QRコードも来ていたんだけどね。

ついでに出国もパスポートをスキャンして顔写真を撮影して終了。
9年経ったらこんなに変わるのね。ハンコも押さない。
(必要があれば押してくれるみたいだけど。)

免税店にも正直がっかりでした。もっとたくさんあってもいいのにね。
ガイジンばっかりでした。日本人はどこへ。
免税店の店員もガイジンばっかり。日本人だったのは資生堂くらい?
日本〜香港はわりかし空いてたが、香港〜ロンドン間はほぼ満席。
飛行時間は13時間超え。今ロシア上空飛べないしね、、、
しかしイケメン添乗員が搭乗していた。ちょっと中近東系よりの顔の。
(なおロンドン→香港もアジア系イケメン搭乗していました。
接客はロンドン→香港より香港→ロンドンの方が感じが良かった。)

続く。

絶賛有給休暇消化中なのですが、長い休みなんて金輪際なさそうなので
思い切って海外旅行することにしました。実に9年ぶり。
一人でどっか行くかーとも思ったのですが、
本来2020年に新婚旅行でイギリスとか行くはずだったので
色々考えた結果、遅れて来た新婚旅行ロンドン4泊7日間の旅に決定。
直前の予約だったのでちょっと思ったより高額になってしまいましたが、、、
明日より出発いたします。

とりあえず給料手続きだけ済ませて残りは有休だ。
有休中は暇なのでバイトをしてます。毎日じゃないけど。
あと旅行もしたいし友達とご飯も行きたいのでなんやかんや忙しい。。。
あっという間に3月が終わりそう!
無職だとバイトじゃなくて就活が加わるから結構やること多いね。
とりあえず今月は有意義に過ごしたいものです。
スマホゲームは控えて時間を有効に使うように頑張ります。
とはいっても明後日から一週間旅に出るから帰ってくる頃には下旬だよ。
ほんと、、、やることが多い、、、

なんかまたカバが意味不明なこと言ってた。
もう来ないから、請求書の引継ぎをしようと思ったら、
いきなり仕事を丸投げするようなことをすんなって
ろくに人の話も聞かずにネチネチ説教タイム。

……そういうとこやぞ

しかも、もともと子会社にやってもらおうと思ってたというか
子会社の請求書なんやから子会社がやって当然なんだが
それを言ったら「恨み言に聞こえる」だのなんの
寧ろ恨み言でしかないが。
こういうことが至極頻繁に行われていたのに、
なんで辞めないと思ってたのまじで!?

今日はとりあえずひたすら1月までの仕訳を入力しまくって
なるべくパイセンの仕事を減らすように頑張った。
あとは4日と7日の午前中だけ給料のために出勤して終わり。

長のお休みです。
闇バイト()もする予定だけど、3月は自由に過ごします。

知人に、4月からお願いしますって連絡しました。
あとは退職届を出すのみです。

家族や友達が来阪する際は、船に乗せてあげたいです。
絶対面白いことがあるはずだから!!

今日は自分的に最後の面接に行ってきました。
知人に紹介された仕事の面接です。
というか面接はいらんって話しだったんだけど、
私的にどうしても形式的にやっておきたくてお願いしました。
U社のH社長は色々な会社を手掛けており、
基本的には社員を持たず、人を育てて、あとはそこで独立させる、
みたいなやり方をずっとされてきたようなんですが、
今回万博やIRを見据えた事業を展開するにあたり、
どうしても「運営されている」会社が必要とのことで、
社員を雇用することになったとのこと。
そこでちょうど年始に「どっかいいとこあったら紹介してね」
とのたまってた私に白羽の矢が立ったわけです。
そういうわけで当面の業務は「会社を会社にすること」。
多分難しいこととか大変なこととかあると思うけど、
将来どうなるか心配ではあるけど、
もし万博が終わって万一会社がなくなることがあっても
2年間やってきたことは絶対マイナスにはならんはず、、、
というわけで、殆どこちらの会社に決めようと思ってます。
正直茅ヶ崎という新天地に魅力を感じなくはないけど、
せっかく小型船舶免許もとったし、
船会社繋がりで、このままキャリアを積んでいくのが良いのかと。

というわけで返事はまた月曜日にしますってことにしてるけど
Job Hunting Season9、2か月弱をもってここに終結します。

このページのトップヘ